ケルリズム

ケルピィの頭の中、公開します。


テーマ:

 

昨日はArtists for Kumamotoチャリティーイベントにお越しくださり

ありがとうございました!

たくさんの方に来ていただき、ハッピーな笑顔がたくさん見られた

温かいイベントになりました。

 

ちょっと気合が入りすぎなんじゃないかと思うほどの量のいきなり団子も

なんとなんと完売!

箱買いのお客様も続出、熊本産の材料を使った熊本の郷土菓子の味を

たくさんの方に楽しんでいただきました。

 

そして昨日の売り上げと募金の合計額は104,805円!

こちらもArtists for Kumamotoの支援金として使わせていただきます。

 

 

改めて出演者のみなさん、協力してくださったみなさん、

JZ Bratのスタッフのみなさん、来てくださったみなさんや

応援してくださっているみなさんに大大感謝です。

写真が下記リンクにアップされていますので是非ご覧くださいね。

https://www.facebook.com/artistsforkumamoto/photos/?tab=album&album_id=1602560663374230


次のアーティストフォークマモトイベントは9月18日、渋谷はBar Rhodesです!

こちらはJYONGRIとKelpieのコラボになります。

是非こちらもお見逃しなく!

artists for kumamoto

【タイトル】Artists for Kumamoto

【場所】Bar Rhodes(http://barrhodes.com/)

【日時】2016年9月18日

First Open 15:00 | Start 16:00 | close 18:15 

Second Open 18:30 | Start 19:30 

【チャージ】2000円

※入替制、ワンオーダー必要

【Act】Jyongri、Kelpie(support Takashi Yonezawa)

ご予約はBar Rhodes(03-6427-0149)もしくはartistsforkumamoto@gmail.comまで!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ケルピィ9〜10月の決まっているイベントです〜!是非会いに来てねん

 

☆2016/9/4(日)

Artists for Kumamoto Charity Live as NU minor

http://www.jzbrat.com/liveinfo/2016/09/index.html#20160904

【タイトル】Artists for Kumamoto
【場所】JZ Brat(http://www.jzbrat.com/)
【日時】2016年9月4日
Open 16:00 Close 21:00
【チケット】予約 3500円
当日 4000円
VIP席 5000円(良席確約、予約のみ)
※ドリンク別、VIP席以外はスタンディング・自由席
【Act】椎名純平、Hiro-a-key、NU minor
DJ Hiroking、DJ TOSHI(ラッパ我リヤ)、TAKASHI TESHIGAWARA a.k.a Tessie、 5el(Live Paint)

ご予約はJZ Brat(03-5728-0168)もしくはartistsforkumamoto@gmail.comまで!

 

☆2016/9/9(金)

music for kumamoto「縁音-enishine-」as Kelpie

https://www.facebook.com/events/864003777062978/

【出演者】Schroeder-Headz w/玉木正太郎(Bass)、番長(Drums) / 戸渡陽太/
Opening Guest:Kelpie (NU minor)
【時間】OPEN:18:30 / START:19:00
【料金】前売:3,000円 / 当日:3,500円*共に税込/入場時1Drinkオーダー500円
【チケット予約】rollcafe@ktd.biglobe.ne.jp
公演名、お名前、枚数を明記してください。
席数に限りがありますのでキャンセルの無いようにお願い 致します。
【会場】ペいあのPLUS' 〒860-0803 熊本市中央区 新市街1-3 ホクショウビル4F
【問い合わせ】ROLL CAFÉ 096-288-0469 / rollcafe@ktd.biglobe.ne.jp

 

☆2016/9/18(日)

Artists for Kumamoto Charity Live as Kelpie

http://barrhodes.com/schedule/2016/9/18/artists-for-kumamoto-charity-live

【タイトル】Artists for Kumamoto

【場所】Bar Rhodes(http://barrhodes.com/)

【日時】2016年9月18日

First Open 15:00 | Start 16:00 | close 18:15 

Second Open 18:30 | Start 19:30 

【チャージ】2000円

※入替制、ワンオーダー必要

【Act】Jyongri、Kelpie(support Takashi Yonezawa)

ご予約はBar Rhodes(03-6427-0149)もしくはartistsforkumamoto@gmail.comまで!

 

☆2016/9/24(土)

Kissyou☆Kyushu music感謝祭!as Kelpie

https://www.facebook.com/events/327184667626212/

会場 宇田川カフェ別館 6階
   The Closet 7階
時間 open DJ 19:00 / Live 20:00~
   close 夏の扉が閉まるまで
Entrance ¥2,000

 

☆2016/10/10(月・祝)

川口ストリートジャズフェスティバル2016 as NU minor

http://kawaguchi-fes.org/outline.htm

詳細TBD

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

20年。

 

1996年にデビューしてから、20年。

初の来日。

本人も、待望だったんだろう。

 

DJのミックスが消え、会場の照明が消え、Princeの”Kiss”が流れる。

徐々にバンドメンバーが位置につき、Kissがまるまる一曲終わった瞬間、

映像が流れ始めた。

ネルソンマンデラ・・・キング牧師・・・アフリカの風景・・・

そしてバンドイン。

ステージ奥には日本の旗が・・・国民の祝日だっけ今日・・・?

するとMaxwellがその旗を振りながらDance wit meでライトの中に登場!

だって日本の国旗よ、もうブチ上がりとともに大爆笑!w

グレーの細身なスーツに、グレーの細いネクタイ。

がっしりした上半身とすっきりした足腰にスタイリッシュなスーツがよく似合う。

そしてEverwanting: To Want You To Want、Bad Habitsと続ける。

それがさ、サビで上がりきるかと思うじゃん、サビでめちゃ落とすの、

もう腰抜けるかと思ったわ。

 

そして早くもスツールに座ってしっとりモード。

MCをやってるかと思うと後ろのピアノに合わせてMCを歌うのよ~

なんで話すように歌えるのよ~

人にありがとうって、Thank youって伝えるのにこんなかっこいいやり方ある?

意味わかんねーくらいかっこいいし~

そしてそのままの流れでピアノデュオのルバートでLove You、

バンドインしてHostage。

 

女性の声でThis Woman’s Workが流れる。どうやらこれが原曲らしい。Kate Bush。

映像には曲に合わせて歌詞となんと日本語訳も出てくる。

映像とKate Bushのバージョンが終わるとMaxwellが同じ曲を歌う。

その後映像にはモハメド・アリ、プリンス、そして、ち、千代の富士!?

え、大橋巨泉?

最近亡くなった方達のRest in peaceコーナー・・・会場からは驚きと拍手が。

どんだけ日本仕様で作ってくれてるのよ・・・

最後にはAaliyahを恋しいと言って、

「だから人生っていうのはかけがえないんだ、一瞬一秒を大事に、

花を手に包み込むようにいつくしまなきゃいけない」とLifetimeを始めた。

 

長いLifetimeが終わると、暗闇の中でフー!フー!フー!と何やらテンション高い声が。

明かりがつくとその声の主がMaxwellであるとわかる(まぁそりゃそうなんだけどさ)。

「そうだぜ日本にいるんだ東京だぜ!」ってめちゃはしゃいでるw

Lifetimeからのそのテンションの差w 子供かw

Lake by the Ocean。最後にはラテンっぽいリミックスで。

 

ここからは1996年へのThrowback。

Sumthin’ sumthin’, Get to Know Ya, Fortunate。

Fortunateでは映像で花火が上がってて、あぁ、花火が弾ける音ってスネアの音だなぁと

映像と音がリンクするのをうっとりしながら聞いてた。

そしてトランペットソロ。

溶けた。

「本当にみんな最高だよ、こんな観客、期待してなかった。

もっと静かで、控えめかもしれないと思ったんだ。

こんなに盛り上がってくれてありがとう」

Ascension(don’t ever wonder)でバッキバキのビートで躍らせて、終わり・・・

 

期待するような長い拍手の中、ステージに明かりが再びついて、カーテンコール。

メンバー一人一人にマイクを回しての挨拶。

観客の中に少し戸惑いの色が見える。もしかして、アンコールなし・・・

だって20年待った猛者もいるんだぜ。

でもすっきりあっけなく、すぐにまた戻ってくると言い残して、彼らは行ってしまった。

そのあとも5分くらいアンコールを期待して拍手し続ける観客たち

 

なんだか物足りない感じはしたけど、大人な別れ方なんだろうな。

次また会いたくなるじゃん。

演出の端々で、どれだけ日本に来るのを楽しみにしてたかが伝わってきた。

曲の中でも何回も歌詞をTOKYOやJAPANに変えてた。その度に観客が湧く。

20年、日本と共有できなかった時間を惜しむように、

デビュー当時からの曲をたくさんやってくれた。

思ったほど新しいアルバムからやんなかった印象はある。

個人的にはPretty WingsとかAll the ways love can feelとか色々聞きたかったけど。

また次を楽しみにしとけってことか。

大人。大人な魅力にやられた夜でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。