震災により、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

当日は、日帰り出張のため、東京本社にいました。


震度5弱?5強?だと思いますが、

ビルの6階、ということで、想像以上に揺れました。


もちろん、内部はクチャクチャ。

本棚も観葉植物も、灰皿も倒れました。

ちなみに、このビル、近隣のビルの中で、

最後まで揺れていました。

まずは、階段を利用して降りた後、

目の前にある公園に避難しましたが、

15時から打合せ予定だった、

広告代理店さんが来社されましたので、

再度、本社内に入りました。


でも、さすがに打合せできる環境ではなく、

もう一つ、別にあるオフィスに移動。


で、移動中、余震が結構きたので、

また、別の公園に避難。

打合せ開始は、結局16時過ぎ。

余震の中、制作物やCGなどの打合せをしました。

神田から来ていただいた代理店の方、

本当にありがとうございました。

電車は当然止まっており、

また、当日は、日帰り出張予定だったため、

ホテルなど手配もしておらず、

また、携帯も不通ですので、

ホテル確保のため、近くのホテルまで走りましたが、

当然混んでいて確保ならず。

そんな中、部長さんが、

なんとかネットで東陽町のホテルを確保していただき、

とりあえず泊まる場所を確保できました。

近場でご飯を食べて、地下鉄の駅でいうと5駅分、

2時間歩いて、東陽町まで移動。


しかも、コートも何も持って来ませんでしたので、

かなり寒かったですが、なんとか辿り着き、

とりあえず寝る場所で、ホッとすることができました。

夜中は、余震が多く、なかなか寝付けませんでしたが、

寝るベットがあることに、感謝しました。


今回の地震は、本当に想像以上の災害であり、

あるかないか位の連動性だと思います。


M9に、津波、原発危機。

大変な時期です。


個人的には、日本人であることを誇りに思い、

思いやりの気持ちをもって、

出来ることを果たし、

様々な所属・繋がりの中で、

自分にできる役割を果たして行きたいと思います。


▼東陽町へ移動中
Kekachi日記♪


▼閉鎖中の首都高
Kekachi日記♪


AD
前々から楽しみにしていた、
「太陽の塔」の目が光るヤツ。

ついに光りました!

僕は感動しましたが、
周囲の評判はイマイチでした。

それが残念です┐( ̄ヘ ̄)┌

▼光る前
$Kekachi日記♪

▼光った後
$Kekachi日記♪

▼感動の動画!


万博公式HPより
≪日本万国博覧会開催40周年記念事業≫太陽の塔黄金の顔目玉点灯
日本万国博覧会開催40周年を記念し、万博閉幕後40年ぶりに太陽の塔黄金の顔の目玉を恒久点灯します。また、点灯の記念イベントとして、花火とレーザー光線のショーを太陽の広場で行います。黄金の顔の目玉は博覧会当時、運輸省(当時)から期間限定の許可を得て強い光を放つクセノン投光器により点灯されていました。今回、環境に負荷をかけないLED投光器に更新し、太陽の塔の命を蘇らせます。
AD

「太陽の塔」の“目”が40年ぶりに輝きを取り戻す。独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」(大阪府吹田市)は22日、大阪万博(昭和45年)から今年3月で40年となるのを記念し、塔の顔の目玉の夜間点灯を恒久的に復活させると発表した。3月27日から。

40周年記念事業の一貫。40年前の万博期間中は、塔の一番上の「黄金の顔」の目玉(直径約2メートル)に投光器が設置され会場を照らしていた。大阪空港の路線に配慮したため期間限定の措置だったが、当時に比べて照度の弱い白色発光ダイオード(LED)を使うことで復活が実現した。

点灯は、従来実施している塔全体のライトアップと同じ日没~午後11時。担当者は「今は夢や希望を持てなくなっている時代。万博当時の元気を感じ取ってほしい」と話している。

◎画像:40年ぶりに両目が点灯する太陽の塔。
http://sankei.jp.msn.com/photos/life/trend/100222/trd1002222036008-p1.jpg

◎ソース:産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100222/trd1002222036008-n1.htm



大阪へ出張して、早2ヵ月経過。

今、一番楽しみにしているイベントです。


わたくし、大阪万博の時は、

残念ながら生まれていませんので、

当時の熱狂はわかりませんが、

今更ながら、毎日、毎日、太陽の塔を見ています。


本当に、素敵過ぎます。

AD

今日で阪神・淡路大震災から15年。

自分が仕事で、住宅業界に入るきっかけになった、

震災ボランティア参加 から15年経ちました。


で、何の縁かはわかりませんが、

そんな関西地区に今月から出張。

会社の大阪支店立ち上げに来ています。

本当に、不思議な縁です。


こちらに来て、テレビや新聞など、各メディアを通じて、

「阪神・淡路大震災」に触れることが多くあります。


実際の被害を経験していない自分では、

被害に遭われた方の、

本当の気持ちは決してわかるものではなく、

分かった気でいるのも失礼なことではありますが、

やはり、その都度、胸が熱くなります。


「地震による被害者の約9割が倒壊による」と、いわれます。

住宅業界の人間の使命は、

建物の倒壊を防ぐことで多くの生命と財産を守ることが、

そして、幸せを守ることが、第一義だと思っています。


ありきたりで、使い古したコピーではありますが、
〝全ての方に「安全」「安心」をお届けする〟
その姿勢を、再度、確認する機会となりました。


地元の浜松は、東海地震が危惧される地域です。

これからも、その気持ちを忘れず、

正直にやっていきたいと思います。


阪神・淡路大震災にて、大切なご家族、

ご友人を亡くされた方に心からお悔やみ申し上げます。



【阪神・淡路大震災 被害状況】


 ▼人的被害
  死者:6,434名
  行方不明者:3名
  負傷者:43,792名


 ▼住家被害
  全壊:104,906棟
  半壊:144,274棟
  一部損壊:390,506棟


 ▼規模(マグニチュード)
  M7.3


 ▼震度
  震度(最大):震度7


 ▼加速度(ガル・gal)
  南北方向:818gal
  東西方向:617gal
  上下方向:332gal
  3成分合成:891gal

Kekachi日記♪
Kekachi日記♪

2009年10月8日0時30分発表
非常に強い台風18号は、7日23時には潮岬の南南西約110kmにあって、北東へ毎時45kmで進んでいます。中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/sです。この台風は、8日9時には高山市付近、8日21時には花巻市の北西約30km、9日21時には根室市の東約160km、10日21時には千島の東で温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は、シケ~大シケとなり、また陸上では、暴風や大雨に、厳重な警戒が必要です。(yahoo より)


台風18号
アジア名 Melor(メーロー)
位置 北緯32度40分
東経135度10分
大きさ ---
強さ 非常に強い
中心気圧 945hPa
最大風速 中心付近で45m/s
進行方向 北東
速度 45km/h
暴風半径 中心から260km
強風半径 中心から東560km
中心から西430km


はぁ、、、台風嫌だな。

名古屋の後輩も心配してた。

「うち、大丈夫ですか?」


大丈夫だよ。多分。


▼後輩の家
Kekachi日記♪


なんか、伊勢湾台風とコースが似てるみたいで、

愛知県とか三重県とか、学校が休校みたい。


ガキの頃は、台風だと、なぜかワクワクしたけど、

今は、出来れば来てほしくない。


大人の事情ですね。