2012-05-23 14:38:36

豊臣秀吉家系図 ~話題の家系図

テーマ:系図集

こんにちわ!


家系図作成の専門家「家族の樹」です。


今日は豊臣秀吉の系図を取り上げてみました。


秀吉の家系はベールに包まれている部分が多く、


定説はありませんが、


紹介のつもりで系図を書いてみました。


参考にどうぞ


========================

家系図と御先祖様のルーツがよく分かる-豊臣秀吉系図
卑賤の身分から、一代で天下人に登りつめた豊臣秀吉。

下克上の戦国時代とはいえ異例の大出世。


そういうことが可能なのか?

時代の変革期、転換期には、

常識を超えたことが起こりえます。

秀吉の能力や努力は大前提ですが、

秀吉をそこまで押し上げたものは何か?

これは大きな疑問でした。


秀吉の氏素性は全く不明というのがこれまでの通説です。

朝廷の記録によると、天正11年に「参議従四位下 平秀吉」

天正13年には「関白正二位 藤秀吉」、

摂家近衛家の猶子となって藤原氏に改姓しています。

そして翌14年には豊臣朝臣を賜わっています。

氏姓を簡単に変えれるものなんだと正直不思議に思いました。


天下人を狙うにあって氏素性は重要です。

権威の正当性を裏付けるものになるからです。

それだけに出自の詐称は結構多い。

(信長も家康もそうですし、地侍においてもある)


特に出自において系図史料の信頼性が低い理由は

こういう所にもあります。


さて、秀吉です。

国学者にして尾張藩士の天野信景が著した随筆集『塩尻』に

よると、秀吉は曾祖父・国吉の代に尾張国中村へ定着した初めと

されています。


この国吉は近江国浅井郡の生まれて、叡山の僧侶(昌盛法師)

から還俗し尾張国へ移住したといいます。


それ以降、吉高、そして秀吉の父・弥右衛門昌吉と続きます。

この流れの秀吉系図は宮内庁所蔵の『中興武家系図』にも

あるといいます。


父・昌吉は足軽というの通説です。

足軽とは戦争に駆り出された武装農民という感じですから、

天下人の父というイメージは全くないわけです。


ところが、『武功夜話』には、(偽書という研究者もいますが)
秀吉は「村長のせがれにて」とあり、

秀吉にはリーダーの血が流れていたわけです。


私は秀吉が突然変異的に天下人の器量を備えられていたのではなく、

リーダーの素質を父から受けついでいたと考えています。

----------------------------------------------

ご先祖調べのノウハウを記した「家系図作成講座」を無料進呈中です。
家系図と御先祖様のルーツがよく分かる-無料作成講座 家系図と御先祖様のルーツがよく分かる-お客様の声



☆★読者登録お願いします!!


$家系図と御先祖様のルーツがよく分かる-アメブロ読者ボタン


人気ブログランキングへ


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。1クリックをお願いします。

◆代行調査コース
http://www.kakeisi.com/html/daikou.html
「自分で調査する時間がない」
「専門的に調べて欲しい」という方のために

★あなたのご先祖調べの費用はいくら?

無料お見積もりは→http://kakei-info.com/20111106a.php


◆原稿清書コース
http://www.kakeisi.com/html/genkou.html
「取った戸籍を系図にしたい」
「自分がまとめた系図を清書したい」
「古い家伝系図を作り直したい」という方のために


◆メディア掲載
http://www.kakeisi.com/html/media.html

☆★取扱店募集中!!

感動の家系図作りを一緒に広めませんか

加盟金・保証金一切無料

http://www.kakeisi.com/html/dairiten.html


-----------------------------------------------------

家系図調査制作「家族の樹」

http://www.kakeisi.com

★ご意見、ご感想などをお待ちしております。



AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード