2011-02-25 17:19:23

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック改善方法 柔道整復師の名医、徳永英光

テーマ:柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消するプログラムです。

柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成です。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付きです。


頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックと診断された方へ。手術をせずに原因から改善し解消 症状 治療法


>>>詳細を先にみる



神奈川県の相模原市で徳永接骨院を構え12年になる柔道整復師 徳永英光先生は

単なる治療だけではなく根本的な原因に対する施術を行い

整形外科医で手術を勧められた人々も症状を改善し、延べ9万人以上の施術実績を持ちます。


慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付きです。


のべ9万人以上の患者さんを救い続けている「首の治療の専門家」が病院や治療院に通わなくても、
「頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネックを改善する方法」をお教えします。


この方法は手術を受けることもなく、高額な薬やサプリメントを飲むこともなく、
「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を改善する手法です。


1日 5分間 のプログラムを実践して下さい。

たった 5分間と聞くと怪しいと思ったかもしれませんが、

大切なのは、毎日少しずつだけでもいいですから継続するようにする事です。
新陳代謝も高まります。


これは20年の治療歴を持つ、現役の柔道整復師が21日間で実際に結果を出したまぎれもない事実です。
では、その秘訣を包み隠さず公開しましょう!


神奈川県相模原市 徳永接骨院・院長 柔道整復師 徳永英光先生が

「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を自宅で誰もが簡単に改善できる方法を公開!!


この「頚椎症・頚椎ヘルニア・ストレートネック改善プログラム」は、


●誰でも自宅でできる


●簡単、1日5分


●薬・サプリメントなし


●「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」の根本原因を解決できる


頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックと診断された方へ。手術をせずに原因から改善し解消 症状 治療法


本当は徳永接骨院にて、直接あなたにお教えしたいところなんですが、
現在開業医として一日に何十人もの患者さんを診ていて、
直接お教えするには時間的に限界があります。


そこで、「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」でお悩みのあなたのために、
この「改善法」の秘訣のすべてを初公開した「DVD」を作成しました。


DVDなら自宅でいつでも、何度でも見ることができます。
また映像を見ながら真似をするだけでよいので、誰でも簡単に実践でるんですよ。



>>>慢性的な「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」の根本原因を解決


>>>詳細はこちらから



















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-02-25 17:12:14

頚椎ヘルニアで手術をしたが、症状が残っている場合の改善方法。.

テーマ:柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9

手術をせずに頸椎ヘルニア・頸椎症・ストレートネックを原因から改善・解消するプログラムです。

柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成です。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付きです。

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックと診断された方へ。手術をせずに原因から改善し解消 症状 治療法


柔道整復師 徳永英光先生は神奈川県の相模原市で徳永接骨院を構え12年。
単なる治療だけではなく根本的な原因に対する施術を行い、今まで9万人以上の施術実績を持ちます。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しない場合は100%返金保障付きです。


>>>詳細を先にみる




このページは良くあるご質問をまとめたコーナーです。
参考までにご覧下さい。
↓ ↓ ↓ ↓


Q、 現在治療に通っているのですが、平行して行っても構わないでしょうか?

A,  おそらく、現在行っているのは対症療法だと思います。

つらい症状があるときには対症療法も、もちろん必要になりますので、かかりつけの先生で対症療法を行い、

原因を解決するために、このプログラムを実践という形で平行して行ってもらって良いと思います。


もしかかりつけの先生から止められている動きを含むエクササイズがあれば、そのエクササイズは行わないでください。


Q, 症状の改善が見られるのはいつごろでしょうか?

A, 早い方であれば1週間で効果を実感していただける方もいらっしゃいます。
  ただ多くの場合はステップ2のエクササイズを1週間継続したころに効果を実感できる方が多いようです。

  つまりプログラムを初めて2週間くらいは必要だと思います。


Q, 既に頚椎ヘルニアで手術をしたが、症状が残っています。そのような場合でも有効でしょうか?

A, 有効です。

姿勢や体のゆがみを治すことで手術後にも残っている症状の改善にも役立ちます。

また手術をした部分以外の場所が悪化することの予防にもなります。

しかし改善プログラムに取り組む時期は主治医の先生によく相談してから開始してください。
また主治医の先生から止められている動作を含むエクササイズは行ってはいけません。



>>>詳細はこちらから


>>>「頚椎症」「頚椎ヘルニア」「ストレートネック」を根本から改善する





















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-02-25 17:05:55

手術を勧められた人々も症状を改善 頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消する

テーマ:柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消するプログラムです。


柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成です。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付きです。


頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックと診断された方へ。手術をせずに原因から改善し解消 症状 治療法


「頚椎症性脊髄症」


脊髄症と診断されたら慎重な対応が必要です。


頚部の安静を保ち傷害の悪化を避けるためにカラーやブレース(装具)を使用する場合があります。
 
万一転んだり頭を打ったりすると一気にマヒがでる恐れが大きくなります。
とくに四肢のマヒ傾向や痙性から転びやすくなっていますので、注意が必要なのです。
 
入院安静として頚椎持続牽引も行われます。症状によってはトイレもベッドの上で、という厳重な安静となります。
 
脊髄の腫れやムクミをとる目的でステロイドホルモン剤を内服したり点滴する場合があります。

改善がみられない場合には手術が必要な場合もあります。


圧迫が原因ですから、トンネルを拡大する除圧手術です。
頭を支える頚椎の強度を低下させないための工夫が重要です。


頚椎の不安定性がある場合や、椎間板の問題の場合には当該部位の椎間板を切除して橋渡しの骨を移植して頚椎同士を癒合させる固定術も併用されます。

若干頚椎の動きが制限されますがやむを得ないと言うのが現状です。


マヒの改善傾向があっても一定のシビレが残ったり、
脊髄障害の後遺症として痙性(ギクシャクする)などの所見が残る場合があります。


いずれにしても頸椎の手術は大変なリスクが伴う事を理解して下さい。
しかし、症状によりそのリスクを取る事がやむを得ない場合もあるでしょう。


ですがその前に、知っておいて頂きたい事があります。


首治療の専門家、柔道整復師 Dr徳永英光は根本的な原因に対する施術を行い
整形外科で手術を勧められた人々も症状を改善し、延べ9万人以上を救って来ました。


この様な方法もまだ残されています。
きっとあなたの役に立つ情報が見つかると思いますよ。



>>>手術をしなくても頸椎症を改善できる

>>>詳細はこちらから




















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-02-25 16:57:48

柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成です。

テーマ:柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9

頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善・解消するプログラムです。


柔道整復師の名医、徳永英光先生の今まで9万人以上の施術実績の集大成です。
慢性的な【頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネック】根本原因改善プログラム
改善しなければ100%返金保障付きです。


頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックと診断された方へ。手術をせずに原因から改善し解消 症状 治療法



●一般的な病院での治療法


「変形性頚椎症」


寝違え状態の場合には安静が必要です。
姿勢に気をつけ、上手に休憩と体操することが基本です。


温熱治療や頚椎牽引が補助的に用いられます。レーザーも普及してきました。

薬物治療では、短期間の鎮痛消炎剤の内服で悪循環をとめる場合があります。
その他、鎮痛消炎剤の外用剤も用いられます。

しかしそれらは対処療法となります。


「頚椎症性神経根症」


神経所見のある間は安静が大事です。

頚部安静のため顎当て付きのカラーや装具を一定期間使用する場合があります。
鎮痛消炎剤や短期のステロイドホルモン剤が投与されます。


急性期を越えたら、痛みがひどくならない姿勢と程度で日常生活に復帰します。
どういう姿勢と動作、体操がいいかなど十分な注意が必要です。


激しいマッサージなどは腫れて弱った神経にとどめをさす結果となりますので要注意。


慢性期には温熱治療、頚椎牽引を行います。

運動マヒがある場合には低周波で筋肉を電気刺激するケースがあります。
痛みについては神経ブロックが有効です。


症状によっては硬膜外ブロックという手技があります。

一定期間を経過すると、神経の通路が調整され、骨のトンネルとの相性がよくなり適応して、
一旦症状が軽快します。そのあとは長期間再発に注意し、予防に配慮します。
 
マヒが明らかで回復傾向が少ない場合や、痛みがひどくて生活に支障があれば手術を検討します。

その場合、圧迫部分を削って広げる方法と、

患部の安定を確保するための椎間固定手術の組み合わせが一般的。


マヒが一旦発生すると原因を解決しても症状の回復には半年1年単位の時間がかかります。
マヒから一定期間を過ぎて手術という場合には完全な回復が望めないことがあります。

どちらにしてもリスクは相当高いものになります。




>>>手術を検討する前に必ずお読み下さい。

>>>手術をせずに解消させる方法
があります















いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。