LGBTコミュニケーションアドバイザー・深谷恵斗

LGBTコミュニケーションアドバイザー/GIDナビ編集長をしている、深谷恵斗です!購読・リブログ歓迎!


テーマ:

 

朝、起きられないわけではありませんニヤニヤ

現に僕は、7時には起きて愛犬たちの散歩に行ってます。

 

あと2日で籍が抜け、晴れて新しい道へ進む。

 

仕事柄、朝のスタートが遅かったわけです。起床は9時くらい。寝るのは1時くらい。

今は君が悪いほど健康的な生活で、一昨日くらいには23時くらいに就寝したと思うひらめき電球

 

 

僕は夜が好きなんです、静かでいいんです。

他の人も一緒に休んでいる感覚が好き、他の人がシャカリキしてる時間にゆっくりしてるのは気が滅入ってしまう。怒られると思ってしまうあせる

恐らく長いこと刷り込まれてきたもののせい。

 

 

「働かざるもの、食うべからず。」

婆ちゃんがよく言ってた言葉。

「苦労は買ってでもしろ。」

これもそう。

 

 

僕の価値観は、僕のものではなくて最初は親か家族から刷り込まれている。

だって生まれた時は何も知らなかったわけでしょう?

 

 

今まで信じてきたものが、実はそんなに価値の無いものだとしたら?

デタラメだったら?

最初は怖いかも知れないけど、新しい発見ができたら。

 

 

夜はそういう想像をするのにも持って来い。

あんまり頭動かしすぎると、甘いもの欲しくなる。

僕は、「夜遅くに食べると太る」というのを信じていない。それがどんなに理論付けられていても、僕の食生活では、夜ご飯は22時半以降だったんだから。

僕は自分を太っているとは思わない。かといって、痩せてるとも思ってない。

 

 

物事は思ったように成る。

うまくいくと思えば、うまくいくように成る。「きっと失敗する」と思えば、失敗するように成る。

意識を集中させたように、現実が動いていく。

 

 

 

さて、明日のイメージをしてみようかなニヤリ

家にいるな。笑

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

久々になんでもないブログを書きますパー

 

 

11日の山の日からお盆休みに入ったね~世間は。

皆さんはどんなふうにお過ごしでしょうか。シャカリキに働いてる人をちらほら見かけます。

特に接客業は書き入れ時だからね!休んでる場合じゃないね!ニヤニヤ

 

 

僕はというと、長い夏休みをひたすら家の中で過ごしています。w

{C7EDD99F-44A1-4F63-A399-A927D936A500}

これはInstagramにもあげた、久々に買ってきたブロック。アイアンマン(*´∀`*)

 


だいぶ一人暮らしらしい部屋になってきて、愛犬たちも落ち着いてきた。

そういえばあんまり酒を飲まなくなった。

 

朝は7時に起きて、犬の散歩にいって日を浴びて焼けて(笑)、炊事と家事をもろもろ片付けてもやっと8時半くらい。


GIDナビの記事を書いては消し、書いては消し、トレンド探しに奔走して結局書けなかったり。

アドバイザーの次の講演企画を練ってみたり、相談に答えたり。

読めずにいた本を読んで過ごしたり。

そろそろ次の仕事の勉強も始めないとな~と思いながら、まったく手をつけていなかったりあせる

 

 

大人になると、良くも悪くも人を選ぶことができるようになるよねひらめき電球

こどもの時って、家族と教室とクラブ活動の狭い世界がすべてというか、ここを追い出されたらどこにも居場所がないというような感覚があった気がする。

けど大人になると、”この人うざいな~”と思ったら堪えて対応ができるようになるし、理不尽なことがそこらへんに普通に転がってるから、それに慣れるというか。

 

 

それは違うと思う事、自分がどう思ってるかっていう事を素直に表現できるようになる気がしていたのに、実は大人の方が不便なのかも知れない。

 

 

それでも変わっていないのは、自分にとって大切なんだよなと思う人には泥臭くてもいいから向き合う。

あんまり人に執着がないから友達も少ないと思うんだけど、連絡を取り合う友達はそうやって自分でこだわった人達だと思う。



大切にしたいからこそ厳しいことを言うし、言ってほしいと思う。

言われる事も少なくなって、だからこれが正しい感覚なんだとは思いたくない。

そこで相手が答えてくれなければそこまで。僕はせっかちで、待つというのが苦手だあせる

それで似たような失敗を重ねてきたし、少し前までは”それが自分だもん、受け入れよう”と思ってきたけど、こうも思うひらめき電球

いつもやってきた事とは、逆の事をやってみると新しい気づきがあるって事パー

 

僕の場合は、感情や直感に任せて判断すること。今を大切にすることは、この気持ちを大切にすること、それが自分を大切にする事、というのがいつもやってきた事。

 

そうじゃなくて、本当にちょっとだけ、間を置いてみる。足元をみて立っている場所じゃなくて、前を向いて行きたい方をみる。

そうすると、冷静なまま気持ちを大切にした、自分と誰かを大切にする選択肢がみえてくる事に気づいたひらめき電球それが意外と悪くないニヤリ

良いことも悪いことも、変化も、全部そのまま受け取ればよかったのに、選りすぐりだけをとろうとすると全部無くなる、事もある。

 

 

変わらなければいけない、とは思わないけど、今はちょっと変わってみたい。自分でも知らない自分が、誰かの目には映っているんだ。それを自分でも見てみたい。

 

 

お盆が終わってからの方が、外に出る予定があるのはありがたいことだキラキラ

少し足を伸ばして、行った事ないことに行って、会いたい人にも会いに行こう。

夏が終わると、あっという間に年末。今年の年末は何して過ごすんだろうなぁ。

 

 

またあっという間に歳を重ねるもんだなぁあせる

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも!LGBTコミュニケーションアドバイザーの深谷恵斗ですパー

今日は前回の記事の続きです。

 

 

【久々に”打ち明けた”】

普段からよくメールのやりとりをする方と、たまたま時間が合ってお会いすることになった時、ふと僕はこの人に自分のことを話していないことに気がつきました。
 
いつもだったら自然と話しだせる”自分の事”を、なぜかその時は話したくない気持ちになったんです。
それは面倒だったからではありません。
「本当の僕を知ったら、この人の中で既に出来上がっているであろう僕のイメージをぶち壊してしまうんじゃないか」
「ひどい隠し事をしていたと思われるのではないだろうか」
そういう恐怖心が沸いて出たんです。
 
どういう関係であれ、大切にしたいと思う人には嫌われたくないと思うのが自然な心の動きかと思います。
 
結局、親しく話せば話すだけ、他愛ない話でも噛み合わなくなってくるので、タイミングをみて打ち明けました。
打ち明けた、という時点で、いつもの僕のペースでなかったことは想像できるかと思います。
僕にとって自分の事は、もうこれが当たり前なのです。つまり、自分がトランスジェンダーであるという事は僕のたったの一部であり、すべてではないという事。
しかし時としてそれがネックになることもある。長所であり、短所でもあるみたいなもんなのです。
 
 

【僕には僕の、人には人の】

乳酸菌の話ではありませんパー
 
受け入れる領域があるということです。価値観が違うのですから、”僕のこと”はすべての人に受け入れられてきたわけではありません。
強い拒絶もありましたし、その後の関係が脆くなってしまった人もいます。
時間をかけて、少しずつ受け入れ続けてくれる人もいます。
その反対で、すんなり受け入れてくれる人もいますし、話しただけで感謝されることもあります。
 
話す前、聴く前から決め付けてしまうのはあまりにもったいないという事。
 
自分でコミュニケーションの幅を狭めてしまっていませんか?
 
 
2記事に渡って、最後まで読んでくださりありがとうございました!
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

どうも!LGBTコミュニケーションアドバイザーの深谷恵斗ですパー

 

普段、執筆やブログを通して、僕は僕が自分らしく過ごせるようになった方法を発信しています。

そこにはあまりLGBT云々は関わっていないと思います。

何故なら僕にとって、自分が性的マイノリティであるかどうかは、大した問題ではないからです。

 

 

【人をなにで判断するか、という事】

僕は女性として健康な身体をもって生まれてきました。

しかし自分を男として、もうずっと認識しています。男としての自我をもち、女の身体をもっているという不一致が、しばらく僕を苦しめてきた事は認めます。

そしてそれは、今でもたまに苦しめてきます。

 

僕は誰かと関わる時に、名前や顔、その人の話し方、話す内容、持っている価値観で人を覚えます。

顔と名前を一致させるのは、実は苦手ですあせる

長いこと接客業をしてきましたが、お客様の事は「どんな話をしたのか」で覚えています。

今でも付き合いが続いている友人と、例え数年ぶりに会うとしても、共通のエピソードは今でも鮮明に思い出す事ができます。

「よく覚えてるね」と、よく言われますひらめき電球

 

長い間、僕は僕自身の性別にとらわれていました。

見た目、行動、言動、すべての事を必要以上に自認に寄せようとしたし、一刻も早く身体の間違い(これは僕の表現です。当事者の方がみんなそう思っているかはわかりません)を取り除こうと、必死に働いた時期もあります。

 

まったく何にも満たされないんですね~これが。笑

何故なら、「頑張って作り上げていた」からです。

頑張って作り上げたものは、頑張ることを止める、もしくは休むと、途端に消えてなくなってしまう。

それが無くなる恐怖が、僕をずっと頑張らせていたんです。

 

「こういう振る舞いをしなければ、女とバレる」

「女とバレると、自分の事を話さなければいけなくなる」「それは面倒だし、それでも女じゃない!」

「でもどうせわかってもらえない」

みたいな思考回路だったと思います。

行き着くところは、本当はありのままの自分を、そのまま受け入れて欲しい。という想い。

 

自分がありのままを受け入れていなくて必死に隠してビクビク過ごしているのに、誰が受け入れてくれるんでしょう。

 

【カミングアウトと意識しないようにしている】

活動をする、という事は必然的にFTMである事を公言して歩くことになります。
仕事でもプライベートでも、初対面の方との出会いが増えてきました。

特にプライベートだと、”僕の事”を知らない方が圧倒的に多い。しかし今は、昔のように理解を押し付けるように、なりふり構わずカムアウトする事は無くなりました。

 

自分の事を”話す”というのは、日常的にあるあるです。

好きな漫画、映画、ドラマ、人。仕事、ペット、家族。

僕にとって、”自分の事”はそういう自然な会話の一部でしかないのです。

自分の話をするとき、たまに会話が噛み合わなくなった時に、「あ、この人に”僕の事”を話してなかったな」と思い出す。

 

カミングアウトは、自分の性志向や性自認についてを”打ち明けること”とされていますが、僕にとっては打ち明けるというような、思い悩んでやっと開放するような、そういうものではないのです。

 

だってこれが僕なんだもん。笑

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

どうも!LGBTコミュニケーションアドバイザーの深谷恵斗ですパー

 

 

先日、無事に最終出勤を終えたという事で友人からケーキを頂きました!

甘いものは正義ですキラキラ

 

 

相変わらずとてもゆっくりした夏休みを過ごしております。w

好きなものに好きな時に好きなだけ関わっていけるのは、恐らく後の人生をイメージしても、今この時だけかと思っています。

執筆も慎重に、丁寧に書いてる。半年前、一週間に7本書いてたんだよなぁ。よく書けたなぁあせる

 

 

時は金なり、というけど、僕にとって、時は時です。同じように流れていくもの。二度と戻ってこないもの。

 

【実は声が出なくなった】

先日の記事で、うつと診断された経験を書きましたが、それよりも前にストレスから声が出なくなった事があります。
僕が高校生の時です。
 
自分は男だと認識しながら、それでも、周囲や自分の身体が女であることを突きつけてくる。
元々の僕の声は高く、きれいな声だとよく褒められた覚えがあります。それは自分では、実は何とも嬉しくなくて、鬱陶しくて仕方なかった。
今思えば、どうして素直に受け取れなかったのか。
そこだけ受け取ってしまえば、その頃すでに身体治療を頭に入れていたのだから、楽しめばよかったんじゃないか。声が出なくなるほど、自分を追い込んでしまった
 
当時の僕は、誰かに相談する事が下手でした。
自分の問題や想いは誰にもわかってもらえないと決め付けていた、という事です。
 
 

【言葉にすること】

ノートを作り、そこにひたすら自分の想いを吐き出した。そのノートだけが、僕のすべてを受け止めてくれた存在でした。今でも大切に保管しています。
 
自分の問題や想いは、誰にもわかってもらえない。今でもそう思います。
何故なら自分の問題だと、わかっているからです。今すぐ解決しきれないそのイライラを、誰も話を聞いてくれないからだと変換して、八つ当たりをしていたんですね。
 
心の在り処を自分で大切にできていれば、何の問題もないことに気がつきます。
目の前の問題は、自分が勝手に作り上げたもの
まずはきちんと言葉にしてみましょう。僕はノートで文字に起こしました。
 
自分の気持ちをまっすぐ、自分でみること。
それが自分を大切にする第一歩。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。