ゆるキャラという言葉が生まれてからどのくらいたつのかわかりませんが

すっかり定着しましたね^^


ゆるキャラまつりゆるキャラパレードゆるキャラコンテストなどなど

様々なイベントが開催されています。

これにより地域活性や観光客を増やしたりされているわけですね^^



そんな時にゆるキャラスタンプラリー企画なんていうのはどうでしょう!?


ゆるキャラ1体1体にFelicaリーダーを首からぶらさげてもらい

ユーザーは携帯電話またはスマートフォンをFelicaリーダーにかざすと

そのゆるキャラのスタンプがもらえる。


何体のゆるキャラスタンプを集められるかを競うとか音譜


Felicaリーダーの方が簡単・かつスピーディーではありますが、

コストがかかるので、QRコードが書かれたカードなどを首からぶらさげるという形でも

いいかもしれません。


かくれんぼしているゆるキャラを見つけるとか。

レアキャラを用意しておくとか。

ゆるキャラは移動するため、各商店街や観光地のいろいろなところに出没させて

その出没情報をモバイルスタンプラリー情報でリアルタイムに流すとか。

色々なわくわくするようなアイデアが浮かんできますよねアップ



これを紙のスタンプラリーでやるとなると、ゆるキャラごとのスタンプを用意する必要があったり、

そのスタンプが盗まれた時のことを考えたり、

同じキャラクターのスタンプを押してないかどうかをチェックしたりする必要がありますが

モバイルスタンプラリーなら一度スタンプが表示されれば、

同じキャラのスタンプが表示されることはないのでチェックの必要がありません。



またプレゼントも5体集めたらゆるキャラ待ち受け画像プレゼントなどとすれば

賞品を配る手間も省けます。



もちろん頑張って30体とかたくさん集めた方にはリアルに渡せる賞品があった方が

イベントは盛り上がるかと思います。



モバイルスタンプラリーシステム をベースに

様々なカスタマイズを行うことが出来ますので、イベント企画会社、販促企画会社様などは

ぜひ一度ご相談下さい。









AD

商店街やショッピングセンターでモバイルスタンプラリーを実施するのは

色々なお店に立ち寄ってもらいたいから。


イベント企画会社や運営者側はそれでさらにそこで買い物してくれたらいいなって考えますが

お客様からすると、スタンプラリーを制覇しても粗品くらいしかもらえないとなると

あまりお得感がありません。

かといってショッピングセンター側も予算の関係でいつも豪華な賞品を用意できるわけではないかと思います。


運営者側もハッピー、お客様もハッピーになる1つの案として

お買物クーポンを先に配布してしまうっていうのはどうでしょう?


モバイルスタンプラリーのスタート地点でまずお買物クーポンをプレゼント

携帯の画面で100円クーポン5枚つづりのようなイメージで用意しておきます。

1店舗につき1枚ずつしか使えないという制限はつけておきます。


スタンプラリーに参加しながら、クーポンを使ってお買物をしていただく。

スタンプラリーを制覇したら、500円クーポン3枚つづりなどお買物クーポンをプレゼント

というのも一つかと思います。


クーポンの価格についてはお店によって単価は異なるかと思いますし

そのクーポン分の価格をどこが負担するのかということになるかと思いますので

先着●名様限りスタンプラリーに参加出来ますというような仕組みは必要かと思います。


お買物クーポンにすることで、店内で使用してもらえる、100円割引で300円のものを買ってもらえるなど
お店とお客様が少しお得を感じる王道的な方法ではないかと思います。


AD

「PSYCHO-PASS サイコパス」のテレビ放送開始を記念して

2012年10月11日より携帯スタンプラリーが開催されています。


当社の携帯スタンプラリーシステムを採用していただきました。

導入実績詳細はこちら



携帯の販促ノウハウと成功、失敗事例

携帯スタンプラリーシステムの概要は以下の通り。


●都営地下鉄の新宿駅、日比谷駅などの8つの駅にあるポスターのQRコードをモバイルで読み取りアクセスすると、サイコパスオリジナル待受け画像がGet 出来る。

●8つの駅全てのスタンプをコンプリートすると、スペシャル待受け画像をGet 出来る。

●スペシャル待受け画像プレゼントページに表示される応募フォームから応募するとサイコパスレアアイテムが抽選で当たる。


レアアイテム目指してぜひコンプリートを目指してもらえるとうれしいです。


今回、待ち受け画像は携帯電話用、Android用」、「iPhone用」などサイズ違いの4種類を用意しました!

ブログなどで、サイコパスの携帯スタンプラリーやってきたよーという声を聞くたび

嬉しくなります^^


当社の携帯スタンプラリーシステムは

FeliCaリーダーにかざして参加出来るタイプとQRコードを読み取って参加出来るタイプと

両方に対応しています。

携帯スタンプラリーシステム専用サイトはこちら


iPhoneでも参加出来るため多くのユーザーに参加していただけることや

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル様などでもシステム導入いただいていることから

高評価をいただいております。


シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル様での実績詳細はこちら





AD

最近QRコードでのメール会員募集からFeliCaリーダーへ

切り替えられるお店や企業が随分増えてきました。



機種によってQRコードの読み取り方法が違うため

どうしても「QRコードってどうやって読み取るの?」とか

「QRコードを読み取れないんだけど代わりにやって」とか

そういう感じでお客様に言われてしまうそうです。



自分の携帯電話ならQRコードを読み取れる方も

他人の携帯電話となるとどこにQRコードを読み取るツールが!?と

それを探すのに一苦労。

今や少数精鋭で店を運営しているのにそこにスタッフをとられてしまうと

レジ待ちのお客様やその他待っているお客様にも申し訳なく

会員登録してくようとしているお客様にも中途半端な接客となってしまいます。



FeliCaリーダーは携帯電話をかざすとメーラー起動となり、

あとは送信ボタンを押すだけで空メール送信が出来ます。

また会員登録用URLに誘導することも出来ます。



その時間はわずか数秒のため、お客様もスタッフもストレスを感じることなく

スムーズに会員登録作業が終了します。



またFelicaが搭載されたスマートフォンにも対応しているため

現在増加し続けているスマートフォンもFelicaリーダーにかざしていただくと

登録が短時間で終了します。




2012年3月26日から3月31日まで決算セールを行っています。

Felicaリーダーを激安販売していますので

一度のぞいてみて下さい。

FeliCaリーダー決算激安セール

Felicaリーダーの動作を確認されたい方はFelica動画ページ をご覧ください。

レジ横にメルマガ会員募集のPOPを掲示し、

フェリカリーダーをおいた。準備万端だ。

後はお客様がフェリカリーダーに携帯をかざして会員登録してくれればOK!



と、張り切ってお客様が登録してくれるのを待っているのだが・・・。

ちっとも増えない!!(怒)

フェリカリーダーまで買ったのに!!



という方も中にはおられるかもしれませんね。



ここで1つ質問

「あなたならその状況でそのお店の携帯会員になりますか?」


答えはそこにあります。



レジでお金を払っている。

店員はいつも通りの対応。

POPに目はいくものの、じーっと見ているのも恥ずかしいし

特典は登録時に300円のお買物割引だけかー。

登録者の中から抽選で5名様に○○が当たるとは書いてるけど

そんなの当たるわけないしなあ。

面倒だからいっか。

店員に勧められてもいないのに、会員登録するなんて

いかにも登録したい!と言っているようなもので恥ずかしいなあ。



店員の

「携帯会員への登録いかがですか?こちらに携帯電話をかざすだけですよ。」

のひとことがあるのとないのとでは全然お客様の反応は違います。



もちろん、携帯会員のメリットを打ち続けることはとても大事ですが

日々の努力も大切です。



我が家の近所の靴屋さんでもメルマガ会員募集されて

フェリカリーダーも置いてありますが、

店員のひとことはいつもありません。

もったいないなあと思います。

我が家は新聞をとっていないため(ネットで済ませるため)

チラシがありません。なのでセール情報などは携帯メルマガで知りたいのです。



新聞を取らない客層も取り込める携帯メルマガ。

店員のひとことの声かけは、会員登録率が2倍以上になるはずです。