2013-07-29 06:35:28

あの朝に戻る

テーマ:ショートショート

※ このショートショートはKAZE OKE からアイディアが浮かびました。

あと最近読んだ本で、妻が事故死した朝に妻とケンカした話がありましたが、

タイトルも作家も忘れてしまいました…。



あれから3年たったが、いまだに心の傷は癒えない。

妻の事故死は、私からすべてを奪ってしまった。

しかしいまだに心を痛めているのは、あの朝、どうしてあんなことを言ってしまったのか、ということ。

妻との最後の会話が、妻を傷つける言葉だったのだ。

妻の悲しそうな顔が私の脳裏から消えない。


「義兄さん、いつまでも悲しんでてては、姉もうかばれないっすよ」と義弟が言った。

「僕はもうふっきれましたよ」

「君はそうだろうが、私には無理だ。しかも彼女との最後の別れは、最悪だった」

「まあまあまあ、このゴーヤ、苦いっすよ」義弟はゴーヤチャンプルーを食べると顔をしかめた。

「いつまでもそんなだと、姉が天国に行けないっす」

「君の家は浄土真宗だろ。もとから天国には行けない」

「面白いっすね」義弟はケラケラ笑うとミミガーを口に放り込んだ。

「ひゃあ、ふぁれ、ほうふか。もぐもぐ」

「何言ってるかわからない」

「じゃあ、あれ、どうっすか。過去に戻って姉に謝るんです」義弟は珍しく真剣な目で私を見た。

「そんなことできるはずが」

「簡単す。この泡盛を一気飲みしてください」

「それはただ酔うだけで」

「いえいえいえ、あの日の朝に戻りたいと強く念じて、ぐぐっといっちゃってください」

こいつ、バカだと思った。

しかしバカだけど愛すべき愚弟、いや、義弟だ。

ま、話を合わせてやるか。

私は「あの日に戻りたい」と熱烈に念じると、泡盛をぐいっと飲み干し……



頭が、ガンガンする。痛い。

「大丈夫?二日酔い?」

「大丈夫、大丈夫。大して飲んでない」差し出された手にはっとした。

見間違うはずもない、彼女の手だった。

居酒屋で義弟と飲んでいたはずなのに、ここは自分の家の寝室だ。

ベッドの上で、体を起こすと、そこに妻がいた。

死んだはずの妻。

「……、死んだのに」

妻はびっくりした顔をして「なに、それ。夢?私が死んだ夢だなんて、縁起わるいよ」

「いや、それは」夢だった?いや、違う、過去に戻ったのか。

「今日は何月何日だ」

「今日は7月29日でしょ」妻が呆れた顔をする。「どれだけ飲んだのよ」

「何年だ」

「2010年。もう、記憶喪失?しっかりしてよ」

2010年7月29日、妻が死んだ日だ。

私は立ち上がって妻を抱きしめた。

実体がある。幽霊じゃない。夢でもない。

「ちょっと、ちょっと、どうしちゃったの。仕事行かないと」

とまどう彼女、でも3年ぶりの再会だ。私はずっと抱きしめていた。

あの朝、ご飯が炊けてなくて、そんな些細なことから喧嘩になって

彼女を傷つけることを言って家を出た。

今ならやり直せる。

「ごめん、君を傷つけて。些細なことだったね。ご飯が炊けてないなんて」

「えー、なんで知ってんのー。ミスしちゃった、ごめんね」

「いいんだよ、それくらい。そんなことより、君の顔、もっと見せて」

「化粧してないんだよね、恥ずかしいよ」

「いいんだ、モモはモモのままで」


頭が、ガンガンする。痛い。

「大丈夫っすか??」

「大丈夫、大丈夫。大して飲んでない」差し出された手にはっとした。

義弟だ。ここは居酒屋。

飲みすぎてつぶれたか。

でもその間に見た夢は素晴らしかった。

彼女に会えたし、謝ることもできた。

「モモに会えたよ」

「会えたって?姉とはいつでも会えるっしょ。結婚してるんだし」

「は、モモは事故で死んだんだ」

「は、事故死?飲みすぎっすよ。今もトイレに」

「どうしたの」

モモだ。本物だ。幽霊ではない。さっき夢で会えたモモだ。

いや、あれは夢ではなかったのかも。

あの時、過去に戻ったんだ。

モモと喧嘩しなかったから、モモは事故で死ぬことはなかったんだ。

これは現実か?

「いやだ、幽霊でも見たような顔をして」モモがにっこり笑った。

「ああ。いや」モモが隣に座る。モモに触ると実在している。

「さ、飲もう、今日はいい日だ」















「妻が事故死する話をテレビと本で立て続けに見て、

彼、私が事故死したと思いこんでしまったの」

「なに、それ。頭おかしくない?」

「思い込みが激しい人だから。私が見えないのよ、信じられる?」

「信じられないけど。事実なら困るよね」

「困るどころでないから」

「あ、いい考えが浮かんだよ。俺に任せてくれ、姉ちゃん」

「お願いね」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

keita2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。