2008-09-15 18:09:11

オーディオ的JAZZ鑑賞

テーマ:映像・音楽関連全般
For Jazz Audio Fans Only
For Jazz Audio Fans Only


↑先日発売したCDです。
その名もズバリ、「For Jazz Audio Fans Only」。

ジャズオーディオを提唱する吉祥寺のジャズ喫茶「MEG」の店主、寺島靖国さんが選曲した「これぞジャズオーディオ向け高音質盤!」というコンピレーション盤。


まずは「ジャズオーディオ」についての説明。
寺島さんの提唱するジャズオーディオとは、全体の音の「バランス」を重んじるハイエンドオーディオとは異なり、「聴きたい楽器を聴きたい様に鳴らす」事に主軸をおいたオーディオのこと。
例えば寺島さんは、ジャズを聴く時にベースとドラムに耳が行ってしまうそうで、特にドラム、その中でも特にシンバルの音を聴くのが至福という方。
なので、自分のオーディオ機器でジャズを聴く場合も、どうしても自分思う通りのシンバルの音を出したい!と、せっせとシンバルの音が自分の心地よい音で出る様にオーディオ機器をセッティングしているわけです。
セッティングは、機器の置き方はもちろん、ケーブル(寺島さんは特にケーブル狂)やインシュレーター(オーディオ機器の足)をとっかえひっかえして、自分の望む音が出る様に調整するわけです。
ちなみに、寺島さんの言う「バランス型」とは、最低音から最高音までどこかが誇張される事無く鳴るオーディオ機器のセッティングの事。
そういう意味で言うと、クラシックでも「オレはバイオリンの音が好きだ!バイオリンが一番綺麗に聴こえるセッティングをするんだ!」という方もいらっしゃるでしょうから、「ジャズオーディオ」とは「反バランス主義オーディオ」と言い換えられるかもしれません。

ちなみに、そんな寺島さんでも「大前提としてバランスの良いシステムから好みの音が出る様に調整をしていく」のが正当な調整方法だと申しております。



というわけで、そんなベースやドラム(特にシンバル)が好きな寺島さんが選曲したので、この「For Jazz Audio Fans Only」もこれらの音が良い曲が中心に収録されています。
また、特にピアノトリオが好きな寺島さん、収録曲全14曲中なんと11曲がピアノトリオという徹底ぶり(笑)。
ピアノトリオ好きにもお薦めのコンピレーション盤となっております。


というわけで、曲紹介です。

■1曲目
曲名 Patchwork
アーティスト Georges Paczynski Trio
収録アルバム Generations

寺島さんが去年からことあるごとに紹介しているGeorges Paczynskiのアルバム「Generations」の7曲目に収録されている「Patchwork」という曲。
確かに寺島さんが主張する通り、シンバルの音がリアルでカツーン!と出てきます。
でも・・・演奏としてはベースとドラムのせめぎ合いが面白いのですが、「これからジャズを聴いてみたいな」という人向けではありません。玄人向け。


■2曲目
曲名 It Don't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing
アーティスト David Gordon Trio
収録アルバム Undiminished

この曲はジャズに詳しくない方でも聴いた事があるかもしれません。「スウィングしなけりゃ意味ないね」です。
この曲は出だしから軽妙でノリが良いのでジャズ玄人でなくても楽しめると思います。
で、この曲の聴き所はベースでしょう。シンバルやハイハットも良いのですが、ベースの存在感、量感、胴鳴りは見事。
聴き応えのある1曲です。


■3曲目
曲名 Stenson
アーティスト Stefan Orins Trio
収録アルバム Natt Resa

この曲はベースの最低音の沈み込み、ドラムの各パーツの奥行きが聴き所。また、クリアなピアノとドラムの音色も必聴。
バラード調のスローで綺麗な旋律の為、先ほどの「スウィングしなけりゃ・・・」よりも浸って聴き入ることができると思います。
演奏もとても綺麗にメロディーを奏でているのでジャズに馴染みの無い方でも十分に楽しめる1曲です。


■4曲目
曲名 What Are You Doing The Rest Of Your Life
アーティスト Helge Lien Trio
収録アルバム What Are You Doing The Rest Ofyour Life

Helge Lienは正に耽美の世界。
寺島さんは以前はHelge Lienの演奏を「上澄みみたいな演奏」と好んでいませんでしたが、アルバム「トゥー・ザ・リトル・ラジオ」を聴いてから評価がガラリと変わり、今では好評価のようです。
この曲の聴き所は、その耽美な世界を象徴する様なクリスタルサウンド。
一点の曇りの無い晴れやかで見通しの良い音でありながら、決して腰の弱いサウンドではなく、ベースにせよドラムにせよ、しっかりとした量感があります。
サンンド、メロディー共に「美しい」1曲。


■5曲目
曲名 Schizoblues
アーティスト Greg Holloway Trio
収録アルバム FULL CIRCLE

先ほどのHelge Lienとは真逆の世界観。
うっすらとスモークがかかった様なくすんだ音と、4ビートのハードバップ。
いやぁ、「ジャズ」だ。
演奏もスピード感があり、ドラムがリーダーと言う事もあってドラムの主張が心地いい1曲です。
ライナーで寺島さんも書いていますが、聴き所はドラムでしょう。
ちなみにこの曲は今までの曲と比べて音の方向性が全く違うので、チョット面食らうかも。


■6曲目
曲名 Dienda
アーティスト Times Three
収録アルバム Times Three

寺島さん曰く、この曲の聴き所は「太いシンバル」とのこと。
実際にシンバルが分厚いわけではなく、恐らくスティックもそんなに太くはないでしょう。
ただ、シャンシャンと鳴るシンバルではなく、カツンカツンと鳴るシンバルは確かに聴きごたえがあります。
スローな曲でアドリブの旋律が綺麗な1曲です。


■7曲目
曲名 Moonlight In Vermont
アーティスト Olaf Polziehn Trio
収録アルバム American Songbook 2

ここでようやくピアノトリオではなくテナーサックスが入ったカルテットになります。
テナーサックスは寺島さんご推薦のHarry Allen。
テナーサックスならではの野太くかすれた音色が聴き所です。
サックスのホーンの先が見えてくる様な音色で、「あぁ・・・テナーを聴いているんだなぁ」と実感できる1曲です。
アルトはアルトらしい音色、テナーはテナーらしい音色、演奏がありますが、やはりテナーはこういうスローな曲を、低い音で演奏するのが一番色っぽくて素敵です。
ある意味、テナーサックスの「エロさ」を実感できます。


■8曲目
曲名 Arrival
アーティスト Bob Ravenscroft Trio
収録アルバム Intersections: 1

ピアノもベースもドラムも、主音が左右のスピーカーの中央に定位して、その「勢い」に圧倒されます。
パノラマチックに、ステレオ的に左右に音が分離せず、まるでモノラル録音の様に分厚い音が出てくるのが何とも言えません。
それでいながら、音が団子にならずに、各楽器ごとに奥行きが見事に分離され、非常に見通しの良い点もこの曲の聴き所です。


■9曲目
曲名 My Heart Belongs To Daddy
アーティスト Solveig Slettahjell
収録アルバム Solveig Slettahjell

ここでボーカルです。
楽器もこのCDで最多の構成。
Solveig Slettahjellの歌声も良いのですが、個人的にはバックの演奏、楽器の音色が聴き所だと思っています。


■10曲目
曲名 Moon River
アーティスト Solveig Slettahjell Slow Motion Quintet
収録アルバム Silver

この曲も先ほどのボーカリスト、Solveig Slettahjellの別アルバムに収録されている曲です。
非常に短い曲で2分ありません。
その短い中で凝縮されているのは、今度はボーカリストのSolveig Slettahjellの歌声。
なんだか気怠い様なを醸し出しつつ、Solveig Slettahjellの世界に引きずり込まれる様な、なんとも面白い1曲です。


■11曲目
曲名 I'm Glad There Is You
アーティスト Cedric Caillaud
収録アルバム JUNE 26

特にこれと言った「聴き所」が無い様に思うのですが・・・それでも「良い録音」と感じる曲です。
スローバラードのピアノトリオ演奏はこのアルバムにも他に収録されていますが、それらとは少し異なる、「綺麗すぎない」ジャズサウンドという感じの曲で、ついつい聴き入ってしまいます。


■12曲目
曲名 Loose Connection
アーティスト Tim Lapthorn
収録アルバム Natural Language

出だしから軽妙なリズム、バスドラムのドドン!ドドン!という地を這う様な低音が気持ちよい曲です。
バスドラムの音圧が高過ぎてベースが負けてるんじゃないか?と思う程ですが、これぞ「ジャズオーディオ」ということなのでしょう。
バスドラムが刻むリズムにノリながら楽しく聴ける1曲です。


■13曲目
曲名 Softly As In A Morning Sunrise
アーティスト Hank Jones
収録アルバム For My Father

今年で90歳のジャズジャイアント、Hank Jonesが87歳の時の録音。
ジャズアーティストに年齢は関係ない!と実感できるそのピアノ演奏には脱帽です。
音も各楽器の音色がリアルに録音されており、再生するオーディオ次第でどのような音にでも変身させられるのではないかと、オーディオマニアの心をくすぐる音質です。
さてさて、一体どの楽器の、どの音を一番美味しく楽しめる様にオーディオをセッティングしましょうか・・・


■14曲目
曲名 Elinbari Express
アーティスト 松尾明トリオ
収録アルバム ベサメ・ムーチョ

ブログでも何度も紹介している松尾明トリオのニューアルバムに収録されている曲です。
寺島さんが自分の名前を冠したレーベル「寺島レコード」から発売していることもあり、なんとも寺島さん好みの「音力」のある大迫力サウンド。
こんなに各楽器の力感あるCD、一体寺島さんの家のAvantgardeではどう鳴るんでしょう・・・。



そんなわけで、オーディオファンの方、ジャズファンの方、そしてこれからジャズを楽しんでみたい、オーディオを楽しんでみたいと言う方、どなたにも楽しんで頂ける1枚だと思います。
また、現在では入手困難なCDからも楽曲が収録されているため、美味しい所取りのこういうコンピレーションはオススメですよ!


今後はもっと「楽器別」に特集を組んだり、別のオーディオ評論家の選曲で特集を組んだりすると、「For Jazz Audio Fans Only」はもっともっと楽しいシリーズになるんじゃないでしょうか?
どうでしょ?寺島さん?菊田さん?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

後藤啓太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。