2008-01-05 20:11:19

風邪

テーマ:映像・音楽関連全般
正月早々風邪でヘタっております。

倉科カナちゃんブログにもツイていない出来事が書いてあり、「あぁ、そんなこと、オイラもあった、あった・・・」などとうなずきながら、同じようにこの年始の風邪が今年のこれからを象徴しているのではないかと暗澹たる気持ちになってしまったのでありました。


・・・というわけで、風邪をひいた以外にネタが無いので、先日の昨年良く聴いたオススメCDについてのコメントはこちら↓



クインシー・ジョーンズ
ザ・ヒップ・ヒッツ

とにかくこれは、さすが希代の音楽プロデューサー!と喝采を上げたくなる様な素晴らしい編曲と構成。
どの曲も原曲の良さを最大限に活かし、かつポップに誰もが楽しめるアレンジになっています。
誰もが知っている、あるいは耳にした事のある名曲「TAKE FIVE」もシブく格好良い原曲のイメージを最大限に発揮し、ビックバンドとしての幅の広げ方も見事。
とにかく「ジャズって小難しくね?」「ジャズなんてわけわかんねぇ」と思っている方にも聴いていただきたい!とういか、聴いてください!!

個人的に好きな曲は「EXODUS」と「BOSSA NOVA U.S.A.」。
「EXODUS」は冒頭の荘厳なブラスセッションからテナーサックスのソロまでのくだりと、後半の盛大に盛り上がるところ、ここがもうシビレるくらいに格好良い!
そして「BOSSA NOVA U.S.A.」は他のベスト盤でもラストを飾っているけれど、これも冒頭のパーカッション~テナーのソロにかけてが素晴らしいソリストの実力を堪能でき、そして中盤から後半にかけて、まさに「ビックバンド」の醍醐味とも言える盛り上がり方をする。
もう、オイラのiPod Touchではヘビーローテーションなのであります。




ジョージ川口&ビッグ4
キャラヴァン

「昔は良かったねぇ・・・」なんて言うつもりは更々有りません。というか、そもそもこれがレコーディングされた時、オイラは未だ生まれていないしね・・・。
というわけで、1966~1967年に録音されたジョージ川口さんのレコードがCDになって再販されたもの。

しかし、昨年はじめてこのアルバムを聴いたオイラは年代を超えて「凄み」と「新鮮さ」を感じました。
なんと言っても、演奏が「熱い」!!
そして、熱さに相まってその気迫が伝わって来て凄みを覚えました。
そう言えば一昨年、白木秀雄さんの「祭の幻想」を聴いて感動したときも、同様の事を感じました。
演奏スタイルが古いとか言う人も居るかも知れませんが、その当時から聴いている人はそう感じるのかも知れません。
しかし、初めて聴いたオイラの耳には非常に鮮烈で、その気迫の激しさから、最近のアーティストの新譜よりもよっぽど新鮮に感じました。
この時代の名盤に比べ、今のアーティストの方のCDは、たしかに技術的には非常に優れていると思うのだけれど、ちょっと斜に構えて格好付け過ぎじゃ有りませんか?と言う気がしてならない。
遮二無二、魂で叫ぶ演奏を聴く・・・これがなんとも気持ちいいんです。

朝、仕事に向かう電車の中でこれを聴いて「パワー」を充電するんです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

後藤啓太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。