弁理士による中小企業向け「ヒトゴトでない身近な商標講座」

商標・ブランドの情報を千葉県佐倉市の弁理士宮下桂輔がご提供します。


テーマ:
ペンパイナッポーアッポーペン」とか「PPAP」関連で、”本家”とは無関係の会社が商標登録出願しているということが話題となっています。
我々、商標業界人からすると、”あ~また、あの人ね。”という感じですが...
その”あの人”は、残念ながら元弁理士らしく、その彼個人名義や関連会社が大量に商標登録出願を行っていて、昨年、特許庁は、「特定の出願人が大量に商標登録出願をしているとして」異例とも言える注意喚起を行いましたが、”あの人”は同様の行為を繰り返しているようですね。
 
商標登録出願の費用は、弁理士報酬と特許庁に納付する印紙代です。
でも、商標登録出願は必ずしも弁理士に依頼する必要はなく、商標登録出願の実務を知っている人は、自分で手続をすることができます。
なので、元弁理士であれば、弁理士報酬は発生しません。
 
問題は、特許庁に納付する印紙代。
商標登録出願の際に必要となる印紙代は、¥3,400+¥8,600×区分の数。
なので、最低でも1件の商標登録出願に印紙代は¥12,000かかります。
 
ところが、特許庁はやさしい。
この印紙代を納付しなくても、一旦、商標登録出願を受け付けます。
そして、印紙代が納付されていなくても、すぐに出願を却下処分にはしません。
なので、しばらくは印紙代を納付しなくても”商標登録出願中”という状態を作り出せるのです。
 
振り返るとですね、知識があれば弁理士報酬も発生しないし、印紙代もかからない。
つまり、しばらく”ただで商標登録出願中”の状態を一定期間維持できます。
 
ここをついているのが、その”あの人”。
 
問題の一旦は、印紙代を払わなくても、とりあえず商標登録出願を認める特許庁の姿勢でもありますが、冷静に対応すれば、このような”無差別大量出願”にも対応できる場合が多いと思います。
 
弁理士事務所LABRADOR(ホームページ
弁理士 宮下桂輔
 

ブログランキングに参加しています。

こちら↓↓↓をクリックして応援をお願いします!

 
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京オリンピック・パラリンピックのマスコットキャラクターの選考議論が始まったとのこと。

エンブレムの失敗があったので、何かと話題になりそうですね。

 

前回エンブレムの際は、当初、商標権と著作権の問題を混同して議論がなされていたような印象がありましたが。

高名な専門家の方々が関わっているのでしょうから、今回はスムーズにいくことを期待します。

 

商標に限ってみても、問題のないキャラクターを選定するのは至難の業になりそうです。

 

キャラクターといえば、キャラクターの図柄とキャラクター名前ですよね。

図柄はいいとして、名前は気が遠くなる程難しそうです。

 

キャラクターの名前は、「親しみやすく・覚えやすい・わかりやすい」ことが前提になると思うので、シンプルな名称になりがち。

でも、シンプルな名称は、その辺にゴロゴロとありそうで、世界各国で、あらゆる商品・サービスの分野で商標調査をクリアできる名称を探し出すのは大変なことのように思います。

 

ちなみに、余談になりますが、オリンピック絡みの商標となると、45個ある商品・サービスの区分の全部の区分で商標登録するのが”お決まり”のようなイメージですが...

本当に「鉄砲」や「戦車」にもオリンピックの商標を使うのかなぁ?!とか思ったりもして...

 

弁理士事務所LABRADOR(ホームページ

弁理士 宮下桂輔

 

ブログランキングに参加しています。

こちら↓↓↓をクリックして応援をお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

世の中のあらゆるものに”名前”がついています。

 

ビジネスの関係で言うと、

・会社の名前

・事務所の名前

・店舗の名前

・商品の名前

・サービスの名前

・イベントの名前

等々。

 

こういった名前を皆さん、どう名付けているのでしょうか?

”ネーミング”ってやつですね。

 

個人的に、こういうパターンが1番多いのかな、というのが、

”提供している商品・サービスの内容を暗示させる言葉を2つ組み合わせるパターン”。

 

商品・サービスの内容を直接表現した言葉だけでネーミングをすると面白味に欠けるんですよね。

だから組み合わせる言葉2つのうち少なくとも1つは”暗示させる”言葉になります。

2つとも”暗示”もアリです。

商品・サービスと無関係の言葉だけでネーミングしてしまうと、何の会社か、どんな商品・サービスか全く不明になってしまいます。

それよりも、ネーミングだけでも商品・サービスの内容を伝えたいと考える人が多いように思います。

言葉1つだとネーミングとしてヘンテコリンだし、3つだと長すぎる...ので2つがベスト。

 

もちろん、これ以外にも色々なネーミングの手法があるでしょう。

 

その道(ネーミング)のプロによれば、1つのものに対して何十個もネーミングの案を作るそうですね。

それらのネーミング案をスクリーニングに掛けて絞り込んでいって、最後に「商標調査」をするそうです。

大事なネーミングが他人の商標権を侵害するものであったら大変ですからね。

 

弁理士事務所LABRADOR(ホームページ

弁理士 宮下桂輔

 

ブログランキングに参加しています。

こちら↓↓↓をクリックして応援をお願いします!

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。