弁理士による中小企業向け「ヒトゴトでない身近な商標講座」

商標・ブランドの情報を千葉県佐倉市の弁理士宮下桂輔がご提供します。


テーマ:

商標登録をするときには、商標登録を受けたい商標を使用する商品・役務(サービス)を指定します。

 

それらの商品・役務は、「指定商品・指定役務」と呼ばれます。

 

商品・役務は、45通りに分類されたいずれかの「区分」に属します。

 

区分は、第1類から第45類まであります。

 

第41類は、役務に関する区分の1つですが、この第41類には「技芸・スポーツ又は知識の教授」という役務が含まれます。

 

「技芸・スポーツ又は知識の教授」なんて、日常あまり(というか、ほとんど)使わない表現ですが、要は、”ものを教える”サービスのことです。

つまり、学校で教育すること、スポーツ教室、語学学校、生け花教室、セミナーなど、およそ何か教えるサービスは全て、第41類に含まれるサービスといえます。

 

ということなので、学校の名称なども商標登録の対象になり得るということです。

 

前置きが長くなりましたが、

岩手県立大学や石川県立大学が商標権侵害の警告を受けたという報道がありました。

 

岩手県立大学

⇒英訳すると、Iwate Prefectural University

⇒略して、IPU

 

石川県立大学

⇒英訳すると、Ishikawa Prefectural University

⇒略して、IPU

 

両大学とも「IPU」を使用していたところ、「IPU」の商標権を持っている法人から商標権侵害の警告書が届いたそうです。

 

学校も商標とは無関係ではいられなくなってきていますね。

 

ちなみに、第41類の「技芸・スポーツ又は知識の教授」は、最近非常に人気の役務なので、商標的には、競争が激しい分野です。

 

”ものを教えるサービス”を提供している方は要注意ですね。

 

弁理士事務所LABRADOR(ホームページ
弁理士 宮下桂輔
 
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓こちらをクリックして応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

時間が経つのも早いもので、

先日、6月が終わって今年も半分が過ぎたなと思っていたら、

7月も今日が14日で、ほぼ半分が過ぎました。

そして、先週金曜日に、商標のセミナーを開催したかと思えば、もう1週間が過ぎています。

 

そんな訳で、先週の商標セミナーですが、商標の基本的な事柄をお話しさせて頂きました。

 

例えば、商標登録をすると、願書に記載した指定商品・指定役務について、その商標を独占的に使用できますよ、といった具合です。

(商標登録を受けたい商標を、どのような商品・サービスに使用するのかを願書に記載するのですが、その商品・サービスを指定商品・指定役務と呼びます。)

 

あと、商標によくありがちな誤解についてもお話しさせて頂きました。

 

中小企業経営者:

「ウチの商標は認知度が低いからマネされる訳ないし、それにマネされたって構わないよ。」

 

弁理士ミヤシタ:

「(確かに誰もアナタの商標をマネしようとは思わないだろうね~)

でも、商標登録していないと、誰かが偶然先に、アナタの商標と同じような商標を登録してしまうかもしれませんよ。」

 

中小企業経営者:

「そんな偶然起こりっこないでしょ。」

 

弁理士ミヤシタ:

「偶然ですが、年間10万件以上の商標出願がありますからね。それだけの数の商標出願があるので、偶然同じような商標を登録されてしまう確率はそんなに低くないかもしれませんよ。」

 

中小企業経営者:

「でも、ウチの商標は随分前から使っているから先使用権みたいなのがあって大丈夫でしょ。」

 

弁理士ミヤシタ:

「先使用権という制度はありますが、周知性という要件があって、アナタの商標が有名になっていないと認められませんよ。」

 

中小企業経営者:

「でも、結局、ばれなきゃいいんでしょ?」

 

弁理士ミヤシタ:

「(立場的にいいとも言えないんだけど)これだけインターネットが普及しているし、結構ばれてしまうもんですよ。」

 

実際、商標について、こんな問答を中小企業経営者や個人事業主の方とすることがありますよ、なんてお話です。

 

 

弁理士事務所LABRADOR(ホームページ

弁理士 宮下桂輔

 

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓こちらをクリックして応援頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日(7/5)付の人事で特許庁長官が変わるそうです。

 

新しい特許庁長官の宗像直子氏。

 

女性初の特許庁長官とのことです。

期待したいですね。

 

でも、正直、特許庁長官が変わって、知財行政がどう変わるのか?

よくわかりません。

 

個人的に、特許庁長官が変わって思うことは...

 

これ↓

 

商標登録証の下の部分なんですが、特許庁長官のサインの欄があります。

 

この特許庁長官のサインって結構目立つんですよね。

 

なので(自分のことは大きく棚に上げますが)、

あまり字がお上手じゃない特許庁長官だと、商標登録証の見栄えもよくない。

 

宗像さん、字がお上手であることを願います。

 

 

-----------------------------

【セミナーのご案内】
 
『「PPAP」の先取り商標出願はヒトゴトじゃない?!』
経営者が知っておきたい商標の基本のキホン セミナー

東京エンブレムのパクリ疑惑、無関係人による「PPAP」商標騒動など、ニュースで度々聞かれるようになった「商標」。
何となくわかるようでいて、よくわからないのが商標ではないでしょうか?
実は、商標のことを知らないでビジネスを展開すると思わぬリスクが発生する可能性があります。

商標登録に特化した弁理士 宮下桂輔が商標の基本を解説します。

【こんな方にオススメ】

・自社も商標登録が必要なのか迷っている経営者様
・新商品開発・新規ビジネスの立ち上げをされている経営者様
・複数店舗お持ちの飲食店・美容系サロンのオーナー様
・クライアントから商標について質問を受けたことがある士業様(弁理士はNG)

【得られる効果】

・商標登録すべきかどうかの、たった1つの基準がわかる
・他人の商標権を侵害しない方法がわかる
・他人に商標をマネされるのを防ぐ方法がわかる
・商標の簡単な調査方法がわかる

【特典】

商標簡易検索マニュアル

【詳細】

日時:2017年7月7日(金) 
   14:45       受付開始
   15:00~17:00 セミナー

場所:ちよだプラットフォームスクェア B1ミーティングルーム003
   東京都千代田区神田錦町3-21

アクセス:竹橋駅(東西線) 3b KKRホテル東京玄関前出口より徒歩2分
     神保町駅(三田線・新宿線・半蔵門線) A9出口より徒歩7分
     大手町駅(三田線・千代田線・半蔵門線・丸の内線) C2b出口より徒歩8分
     小川町駅(新宿線・千代田線) B7出口より徒歩8分
     JR神田駅 西口出口・出世不動通りより徒歩12分

参加費:5,000円(税込み)
(お支払いは当日会場にて現金で)

お申込:こちらのURLからでも、お申し込み頂けます。
http://www.kokuchpro.com/event/1a20b5930f0fe8800caadd9c152213fa/
 
【講師】
弁理士事務所LABRADOR 代表弁理士 宮下桂輔
事務所ホームページ http://www.paolabrador.com

大手食品企業にて10年以上、都内特許事務所にて3年間、商標、特許等の知的財産業務に従事した後、2015年春に独立開業。過去60,000件以上の商標に関わった実績を武器に商標登録に特化した弁理士として活動中。


【お問い合わせ・お申込み】
弁理士事務所LABRADOR 宮下まで
電話:043-372-1500
Email:email@paolabrador.com
 
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓こちらをクリックして応援頂けると嬉しいです!

 

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。