弁理士による中小企業向け「ヒトゴトでない身近な商標講座」

商標・ブランドの情報を千葉県佐倉市の弁理士宮下桂輔がご提供します。


テーマ:

↑↑↑イメージ↑↑↑

 

最近、すっかりブログの更新頻度が落ちまして...

なので、少し前の情報になりますが。

 

「〇〇」が商標出願されていた?!

 

というと、皆様「PPAP」を思い起こすのではないでしょうか?

 

2017年3月4月の朝日新聞の朝刊の千葉版です。

 

「チバニアン」が商標出願されていた

 

という記事が載っていました。

 

千葉県市原市にある「地磁気逆転地層」なる地層があり、

地球のN極とS極が最後に逆転した約77万年の痕跡がわかるとのことで、

国際地質科学連合の定める国際標準模式地の候補になっていて、

模式地になると、ネーミングできるようで、

関係者らは「チバニアン」という名称で申請を行うとのこと。

(ちなみに「チバニアン」は、ラテン語で「千葉時代」という意味だそうです。)

 

前置きが長くなりましたが、そんな中、市川市の男性が「チバニアン」を商標出願していたことが判明したとのこと。

 

商標のデータベースで調べてみたところ、この市川市の男性の商標出願は、特許庁の審査に通り、登録査定となっています。

つまり、特許庁に登録料を納めれば商標登録されるという状態です。

データベースにはタイムラグがあるので、既に商標登録されているかもしれません。

 

ちなみに、千葉市の男性も「チバニあん」という商標を出願しています。

 

これらの男性がどういう目的で、こうした商標を出願したのかはわかりかねますが、

「「〇〇」が商標出願されていた」で有名な元弁理士のU氏やその関連会社BL社の影響で、このような事件が増えてくるかもしれません。

 

最善の防御策は、ご自分の商標を他人に先を越される前に商標出願しておくことですね。

 

弁理士事務所LABRADOR(ホームページ

弁理士 宮下桂輔

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2月はブログ記事を書く時間をとれず...遂に3月を迎えてしまいました。

 

本日、特許庁より「色彩のみからなる商標」について、初めて2件、商標登録を認める判断をしたとの発表がありました。

 

「色彩のみからなる商標」というのは、その名の通り、色だけで構成された商標です。

2015年4月から導入された「新しいタイプの商標」の1種です。

 

商標は、自社商品・サービスと、他社商品・サービスとを区別するための標識です。

商標は、この「区別」(識別)できることが重要です。

なので、基本的には色だけで「区別」できるのか疑問があるのですが、長年使用されていたりして有名になると、色だけでも「区別」できる商標になるのです。

 

ちなみに、今回商標登録を認める判断が下された2件の「色彩のみからなる商標」は、

 

(株)トンボ鉛筆のこれ↓↓↓

 

(株)セブンーイレブン・ジャパンのこれ↓↓↓

 

確かに、色だけでわかりますよね。

 

これら2件の商標は、新しいタイプの商標登録制度が導入された2015年4月に出願されましたが、商標登録の判断まで2年かかっています。

特許庁も相当迷ったのでしょうね。

 

いずれにしても、「色彩のみからなる商標」は、どちらかというと大企業向けの制度かもしれません。

 

中小企業・個人事業主の皆様は、まずは従来からの通常の商標登録制度のご利用からご検討されることをお勧め致します。

 

弁理士事務所LABRADOR(ホームページ

弁理士 宮下桂輔

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ペンパイナッポーアッポーペン」とか「PPAP」関連で、”本家”とは無関係の会社が商標登録出願しているということが話題となっています。
我々、商標業界人からすると、”あ~また、あの人ね。”という感じですが...
その”あの人”は、残念ながら元弁理士らしく、その彼個人名義や関連会社が大量に商標登録出願を行っていて、昨年、特許庁は、「特定の出願人が大量に商標登録出願をしているとして」異例とも言える注意喚起を行いましたが、”あの人”は同様の行為を繰り返しているようですね。
 
商標登録出願の費用は、弁理士報酬と特許庁に納付する印紙代です。
でも、商標登録出願は必ずしも弁理士に依頼する必要はなく、商標登録出願の実務を知っている人は、自分で手続をすることができます。
なので、元弁理士であれば、弁理士報酬は発生しません。
 
問題は、特許庁に納付する印紙代。
商標登録出願の際に必要となる印紙代は、¥3,400+¥8,600×区分の数。
なので、最低でも1件の商標登録出願に印紙代は¥12,000かかります。
 
ところが、特許庁はやさしい。
この印紙代を納付しなくても、一旦、商標登録出願を受け付けます。
そして、印紙代が納付されていなくても、すぐに出願を却下処分にはしません。
なので、しばらくは印紙代を納付しなくても”商標登録出願中”という状態を作り出せるのです。
 
振り返るとですね、知識があれば弁理士報酬も発生しないし、印紙代もかからない。
つまり、しばらく”ただで商標登録出願中”の状態を一定期間維持できます。
 
ここをついているのが、その”あの人”。
 
問題の一旦は、印紙代を払わなくても、とりあえず商標登録出願を認める特許庁の姿勢でもありますが、冷静に対応すれば、このような”無差別大量出願”にも対応できる場合が多いと思います。
 
弁理士事務所LABRADOR(ホームページ
弁理士 宮下桂輔
 

ブログランキングに参加しています。

こちら↓↓↓をクリックして応援をお願いします!

 
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。