1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-18 08:29:11

「誰かの笑顔を作っている志事」

テーマ:ブログ
会社の新人向けの研修を行いました。

質問をたくさんもらったのですが、どの質問も鋭く良い質問でした。

その中では、もっと根本的な仕事の楽しさやマーケティングを考える楽しさ、
コンサルティングの楽しさを伝える場を増やさないといけないなぁと思いました。

どうやってスキルを上げるか、数字をどうやって達成するか、
どうゆうキャリアが成功確率が高いかっていうのはとても大事です。

ただ、あくまで私見ですが、仕事の楽しさややりがいをいかに早い段階で
理解することができるかが、一番成功確率を上げる方法なのかなと思います。

どの仕事も、スポーツ選手そうですが、夢中になっている人には、
夢中になっていない人は、勝つことはほとんど無いためです。

夢中になるってのは、なろうと思うことも大事ですが、
やっぱり今見えていない景色が見えた瞬間や誰かの役にたった時に、
楽しさを感じる場合が多いのかなぁと思いますので、そうゆう機会だったり
経験を伝えることってすごい大事なことだと思います。

多くの仕事は本質的にはそうだと思いますが、
「誰かの笑顔を作っている志事」だと思いますが、その誰かの笑顔っていう所まで、
視点をもっていけてないケースは多いのではと思います。

今目の前の些細で無味に思える仕事であっても
誰かを幸せにしているので、そう思って志事してもらえるといいかなぁと思います。

これはどの仕事にも通じるかなと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-03 07:58:40

「『仕事』から『志事』へ。今を楽しみ、未来を作る」

テーマ:ブログ
「何のために働くのか?」「自分の役割とは何か?」

何かに迷った時や苦しい時に自問自答することがあるのですが、
皆さんはいかかでしょうか。

この問いに対して正解や不正解は無く、置かれた状況や立場、
タイミングによって異なるため、全ての答えが正しいのだと個人的には思います。

ただ、「描いた以上の夢は達成できない」と言われるように、
高い視点を持ち、かつ明確な回答を持つことができている方と
できていない方とを比較すると、成長率においても、
結果においても大きな差が生じていると思います。

「真剣」に「働く」ことで、「何のために働くのか?」「自分の役割とは何か?」が
見えると思いますし、もしかしたらそうしないと見えないのかもしれません。

もし、今に充実感が無い場合や未来が見えないという場合には、
ちょっとだけ真剣に働いてみると見えてくるのかもしれません。

私も数年前までは、今と比較すると「仕事」という意識でしたが、
最近は、自分自身の役割が見えてきており、
「志事」をすることができているなぁと思う時が多く、以前よりも楽しさが増しています。

私が専門としている法律事務所業界は、業界の特殊性として、
公的な要素が強く、収益性と共に社会性を追求するという側面があります。

公的分野に企業経営の手法を導入するという取り組みを、
10 年近く実施してきましたが、そこから学べる事柄は非常に多かったです。

企業経営に公的分野・非営利分野の経営手法を導入することが、
今後より必要になってきていると思いますし、
今までの経験を活かすことで、まだまだ十分にコンサルティングができていない、
企業と非営利組織の融合に向けたコンサルティング分野を
開拓するために「志事」をしていきたいと思っています。

人生において仕事をする時間は、家族と過ごす時間よりも長いですし、
最も多くの時間を割くことになる方は多いと思いますので、
その時間を充実させることは、とても重要だと思います。

組織を束ねる立場として、一人でも多くのメンバーが「志事」をしていると感じ、
日常に充実感を持てるような環境を作っていきたいと思います。

その実現に向けて、今を楽しみながら、
未来を作るような挑戦を日々していきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-08-08 09:49:24

氣脈の関係を作る

テーマ:ブログ
幸せな状態とはなにか?

数多くある幸せを感じる中で、私は氣脈の関係が作れた時、
氣脈の関係の人に囲まれている時にとても幸せを感じます。


哲学博士 出口光先生は、人間関係には
4つの段階があると話されています。

第一段階 お互いの概要を知る ⇒ 知人
第二段階 お互いの人生を知る ⇒ 親友
第三段階 お互いの志を知る ⇒ 同志
第四段階 お互いに「良い世の中を作ろう」と約束する ⇒ 氣脈

第一と第二段階は、心と心の会話であり、
第三と第四段階は、魂と魂の会話と定義しています。


個人的には、対クライアント、対社内、対友人、対家族、
日々触れ合う方のできるだけ多くと第四段階の関係を作りたいと思っています。

よく夢を語ったり、暑苦しい会話をクライアントに対してもしますが、
氣脈の関係になりたいと強く想うためです。


お金はとても大事ですが、全ではないとやっぱり感じます。

世の中にとって良いことを本気でやっていく。
誰かを幸せにすれば、結果として自分も幸せになる。

コンサルティングを通じて、本気で世の中に良いインパクトを与えたいと想います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-19 13:10:01

顧客に選ばれる弁護士は 「2つの軸」で商品を差別化する

テーマ:ブログ
ダイヤモンドオンラインに掲載をして頂きました!

是非、ご覧下さい。

顧客に選ばれる弁護士は
「2つの軸」で商品を差別化する

経営コンサルタント 鈴木圭介氏インタビュー

社会保険労務士、税理士・公認会計士、司法書士、弁護士などの「士業」は、資格者増や競争激化などにより業界内の二極化が進んでいる。厳しい経営環境の中で「選ばれ続ける事務所」になるためには何が必要か。士業の経営指導で抜群の成功率を誇る船井総合研究所の経営コンサルタントが、業界の現状と差別化のポイントを語る。連載の最終回は、法律事務所の経営コンサルタント・鈴木圭介氏に話を聞いた。

更に詳しくはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-15 08:24:13

学校では教えてくれない。ビル・ゲイツが高校生に語った「人生で大切な11のルール」

テーマ:ブログ
優秀な70人の新人が弊社を選んでくれて入社してくれた。

お世辞抜きにポテンシャルの塊のようなメンバーばかりで
とても頼もしく、とても嬉しい。

会社に入ると学校では教えてくれない「生きる術」を学ぶことができる。

最初はそのギャップや知らなかったことに対するストレスを感じると思うが、
乗り越えて欲しいし、乗り越えれるようサポートをしたいと思う。

http://tabi-labo.com/113776/billgates-life-11things/
で紹介されていた

学校では教えてくれない。
ビル・ゲイツが高校生に語った「人生で大切な11のルール」

が秀逸だったので、紹介したいと思います。


01.人生は公平ではないそれに慣れるべき

世の中は残念ながら、不公平。自分の力でどうにもならないこともある。
でも、自分には才能がない、環境に恵まれない、チャンスがこないと嘆いていては何も始まらない。
今の状況を認め、それを打破するために前進し続けた者だけが成功を手にするのだ。


02.努力は当たり前とにかく、結果がすべて

世界は君のプライドを気にかけてはくれない。
世界は君の気分に関係なく、君が何を成し遂げられたかを見ている。
学生の頃は努力した過程も誰かが、褒めてくれるかもしれない。
しかし社会に出れば結果がすべて。
世界に影響を与えたいと思うなら、気分がのらないなんて言い訳はやめて、とにかく結果を出せるように努力しよう。


03.すぐに成功することはない

高校を出てすぐに6万ドルの年収を稼ぐことはできない。
何事も下積みがある。
どんなに素晴らしい人でも、すぐに成功することはない。
地道に一歩一歩進んでいくことが大切。


04.叱ってくれる人を大切に

先生が厳しすぎると思うなら、上司を持ってみろ。
彼らは、君を簡単に手放すだろう。
あなたが怠惰なら、先生は叱ってくれる。
しかし上司なら、すぐにあなたを手放すだろう。
厳しく叱ってくれる先生は、とてもありがたい存在だということを忘れてはいけない。


05.すべてのことは、何だってチャンスになる

ハンバーガーを引っくり返すということは、君の尊厳にかかわることではない。
祖父母たちは、それをチャンスを呼んでいた。
例えば、ハンバーガーをひたすらに焼いて、引っくり返すような低賃金な仕事を、カッコ悪いから、そこでは成長できないからと決めつけて投げ出してはいけない。

あなたたちの祖父母は、どんな仕事であってもチャンスの第一歩だと思い、一生懸命に働いてきたはずだ。
どんな仕事でも、それを生かすか殺すかは、あなた次第。


06.失敗はすべて自分のせい。そこから学べ!

君が失敗したら、それは両親のせいではない。
君のせいだ。だから弱音を吐かず、失敗から学びなさい。
自分で判断し行動できる年になったら、すべての責任はあなたにある。
誰かのせいにしているうちは、失敗から成長することはない。


07.両親のためにも自立せよ

君の両親は、君が生まれる前は今のように退屈そうではなかった。
君のために学費を支払い、服を洗い、君の自慢話を聞いているうちにそうなった。
だから、君が熱帯雨林を寄生虫から救う前に、まずは自分のクローゼットのダニ退治をしなさい。
両親が疲れたように見えるのは、いつでもあなたのために身を削ってきたから。
あなたがもっと自立すれば、両親の人生も再び輝き始めるはず。
まずは自分のことは自分で。
少しずつでも自立できるようにしよう。


08.人生は、誰も助けてくれない

学校は勝者と敗者を決めなくなったかもしれないが、人生は違う。
学校は君が落ちこぼれそうになったら、正しい答えが導き出せるまで、何度でもチャンスをくれる。
実際の人生とは似ても似つかない。
間違いを教えてくれたり、やり直すチャンスを何度も与えてくれる学校教育。
でも社会に出れば、それは通用しない。
はっきりと勝者と敗者に分かれるようになり、敗者になっても誰も救ってはくれないのだ。

結局のところ、人生は誰にも頼らず自分の力で歩いていくしかない。


09.人生はマラソンのように走り続けるもの夏休みはない

人生は学期ごとに分けられていない。
夏休みはないし、君が自分自身を見つけだすことにボスは興味がない。
それは自分の時間でやることだ。
人生は、マラソンのように走り続けなければいけないもの。
ひたすら自由に過ごせる長期の夏休みはもう訪れないかもしれない。

それに、あなたの自分探しに会社は付き合うことはできない。
気分がのらなくたって、きちんと仕事をしていかなければならないのだ。


10.テレビの世界と実際では違う

テレビの中の世界は、本当の人生ではない。
現実の人々は、カフェを出て、仕事にいかなくてはいけないのだ。
ちょっと悲しい気もするけれど、これも現実。

11.ギークやオタクに親切にすること

オタクには優しくしなさい。
彼らの下で働く可能性は高い。
一つのことに夢中になり技を究めるオタクたち。
彼らはいつか大物になる。
これからロボットや、オートメーション化が進む中では、一つのことを極めている人の方が、平均的に何でもできる人よりも重宝されてくる。


うーん、学ぶことばかりですねぇ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。