わくわく海賊団

Compass of Your WakuWaku


テーマ:

 

 

 登場人物が、魅力的であること

 

 魅力的な作品であるかどうかは

 人間をかけているどうかの一点だけ

 動物だろうが、ロボットだろうが

 魔物であってもそれは同じなんだよ

 

 キャラクターさえしっかりしていれば

 エピソードなんてどうとでもなる

 

 鳥嶋和彦

 

 

 鳥嶋さんは、少年ジャンプが

 発行部数でマガジンに負けていたとき

 ジャンプの編集長に任命された方で、

 その結果、生まれた作品が、

『NARUTO』『HUNTER×HUNTER』

 そして、『ONE PIECE』です。

 

 結果、ふたたびジャンプは頂点へ。

 

 あ、鳥嶋さんといえば、

『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』の

 編集者であったことも有名かな。

 

 そんな鳥嶋さんが、

 新人漫画家に必ず伝えている

 あるたとえ話があるんです。

 

「たとえば、君が大好きな相手との

 デートの約束をようやく取りつけて

 待ち合わせ場所に急いでいたとする。

 

 そのとき、交通事故で

 倒れている人がいたらどうするか?

 

 知らない人だったなら、

 君は迷うんじゃないかい?

 

 でも、じぶんの兄弟、家族、

 あるいは友達だったらどうする?

 迷わず助けるだろう。

 

 そして、そのときの君の判断は

 その人を『身近』に思っているか

 どうかにかかっているんだ。

 

『キャラクターを立てる』の本質は、

 ここに尽きる、とわたしは思うんだ。

 キャラクターの『身近さ』を

 うまくつくれているというだけで

 同じエピソードでも切迫度が

 一気にちがってくるのがわかる。」

 

 ミステリー小説好きの友人は、

 シャーロックホームズの謎解きを

 陳腐だ、とよく話しています。

 

 ほんとうのミステリー好きは、

 もっと魅力的な『謎解き物語』を

 いくつも知っているよ、と。

 

 それでも、シャーロックホームズに

 ミステリー小説のコアなファンも含め

 多くの人たちが魅了されているのは、

 彼の強烈なキャラクターにある、と。

 

 ここでもやっぱり、キャラクター。

 

 たぶん、きっと、名作って、

『人間』のことを魅力的にかいた

 作品のことなのかもしれない。

 

 今日も、「わくわく海賊団」にきてくださってありがとうございます。

 

 人間がいちばん興味あるのは、

 たぶん、人間のことなんだろうな。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

にしむらけいすけさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります