1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-14 16:49:54

東京都新サービス創出スクール

テーマ:ブログ

7月1日に東京都が運営する「新サービス創出スクール」にケース・スタディとして、90分間のプレゼンをしました。

 

 

公益財団法人東京都中小企業振興公社

http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/service/school.html

 

 

当社の創業からビジネスモデルの移り変わり、現在の詳細な戦略モデル、競争優位性の構築方法、人事評価制度の導入とその効果、海外戦略、これからのビジョンなど盛りだくさんでした。

 

 

特に当社は、総合リユースショップから、電動工具を選択し資源を集中してきました。通常、売上が落ちてくると、商品やサービスフィールドを増やしていきます。

 

 

いや、増やしていきたくなります。

そして、選択することで売上が減少する恐怖と闘うことになります。

 

 

選択するからには、他を手放さなければなりません。

とても怖いことです。

 

 

しかし、大事なことは、「狭くして深くする」のです。

狭くすることで、知識も技術も深まります。

 

 

そうすることで、お客様の期待値を上回ることができるのです。

感動して頂けるのです。

 

そこから、また少しずつ広げていけば良いのです。

ご参加いただいたみなさま、ご静聴、ありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-11 18:57:29

人事評価制度による理念経営の実践

テーマ:ブログ

暑苦しい毎日に、堅苦しいタイトル、失礼しましたw。

 

 

6月23日に日本人事経営研究室様からのご依頼で、2011年から取り組んでいる人事評価制度の成功事例をプレゼンしました。

 

 

 

ビジョナリーカンパニーを読んでいて、その必要性を感じていながら、仕組みとして理念経営の実践するにはどうすれば良いか。

 

私には、大きな課題でした。

 

 

その答えが、ビジョン実現型(理念浸透型)人事評価制度だったのです。

 

 

そこに至るまでに、一度に50%の大量退職を経験しました。

 

お恥ずかしい話でございます。

 

 

「人材教育の前に理念経営が必要」と必死になって取り組んできました。

 

 

 

今回は、すでに人事評価制度を運用しているみなさんに、当社で運用しながらどのような考えで評価基準を作ったり修正してきたかをご案内しました。

 

 

目標も、業績目標、成果目標、能力目標、情意目標からなっており、新入社員からベテランまで、どこに比重を置いたら良いのかを解説しました。

 

 

会社で一番の問題は、

「能力が高く、人徳のない上司」

ではないでしょうか?

 

 

成長意欲のない人も問題ですが、害は少ないのです。

 

 

それよりも、能力が高いだけあって、部下の心を傷つけ、追い込み退職させてしまう人の方が、昇進してしまう方が長い目で見れば害なのです。

 

 

せっかく入社しても辞める。入っては辞め、教えては辞めのスパイラル。

 

 

しかし、そういった人格の乏しい人を排除するわけではありません。

 

 

そういった人は、人格の成長よりも能力の成長の方が早かっただけです。

 

 

ここから、人格の成長を促せば、会社は人財の宝庫になるでしょう。

 

 

そのためにも、評価基準は、以下のことが大切です。

1.まずは、情意目標をクリアする。重点に置く

2.難易度は、「影響力」を基準にする

 

1については、新人ほど情意目標に配点を高くするということです。

人徳が高い人ほど、昇進しやすくするということです。

働きやすい環境を作ることが先決とも言い換えることができます。

 

 

 

2の影響力について説明しましょう。

新人は、明るくあいさつできれば良いですが、2年目には、見本になり、後輩に指導できる必要があります。

 

 

3年目には、その方法をマニュアルにする必要があるかもしれません。

 

 

課長は、複数のマニュアルを部下に作らせることで影響力が高まります。

 

 

部長は、マニュアルについて、長期的な展望を作る必要があるでしょう。

 

 

役員は、マニュアルの運用について、全社的に統一する呼びかけや発表をするかもしれませんが、とにかく、より影響力が大きい仕事をすることが求められているわけです。

 

 

それを評価基準で表現し、より影響力の大きい、高い基準を目指すよう設計する必要があります。

 

 

 

とても学びの多い1日でした。

ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-18 20:01:27

父の日のプレゼントに感動と学び

テーマ:ブログ

うちの娘は、高1になりました。

毎年、父の日のプレゼントをくれて、とてもうれしいのですが、それを自慢したい・・・わけではないのです。

 

 

え?まー、ちょっとはあるかも・・・しれません。

 

 

夜、そっと、キーボードの上に置かれたソニプラの小さな買い物袋が置かれていました。

 

 

朝、中を空けると、大好きなサラダ煎餅。

 

 

おー、俺の好みを知っているなと、取り出してみると、なにやらマジックで文字が書いてある。。。

 

 

うわぁっと、文字数の多さにビックリ。

 

 

 

しかし、読み進めていくと・・・。

 

 

 

明日、死ぬかのように生きよ。

永遠に生きるかのように学べ。

by ガンジー

 

そして、その裏には。

 

 

 

100歳まで生きろー!!!

ってことで、健康には気をつけて!!

by みはね

 

 

偉人のことばと、それにかけた自分の言葉でのメッセージ。

ぐっときました。

 

 

死を身近に感じながら、精一杯、お父さんも生きるよ。

後悔しないようにね。

 

 

 

自分を信じてみるだけでいい。

きっと生きる道が見えてくる

by ゲーテ

 

毎日感謝しています。

ありがとう!

by みはね

 

自分を信じてみるだけでいいんだね。

君は、自分を信じていることが

お父さんには、わかるよ。

 

お父さんも、それに恥じないよう、

信じられる自分でいよう。

 

さらに、

 

 

あなたは笑顔が素敵です。

あなたの笑顔はゲンコツを

握手に変える不思議な力があります。

by みはね&金八先生

 

金八先生より、先に名前書くんだ。

その裏は、こんなことが。

 

 

 

これからも私のことを優しく、

きびしくしてください!

みはね

 

優しくだけじゃなく、きびしくしてくれなんて。

君が叱られたときに影で見せる悔し涙に、

お父さんの心の中にも、雨が降っているんだ。

 

 

人生とは自転車のようなものだ。

倒れないようにするには、

走らなければならない。

by アインシュタイン

 

アインシュタインまで出てきました。

その裏は。

 

これからもチアとかバレエとか、

バリバリ頑張るから応援よろしく!

みはね

 

はい。もちろん、どんなことがあっても

お父さんは、君を死ぬまで応援し続けます。

 

 

道はいくらでもある。

でもな、逃げ出せば、

道は1つしかない。

 

逃げ道という道だ。

by 金八先生

 

ずっとかっこいいパパでいて!

かっこいいっていうのは

見た目だけじゃなくて、

その優しい心と

元気な笑顔のことだよ。

 

そうだね。

困難から逃げずに、

立ち向かっていった数だけ、

優しい心で笑顔になれるんだね。

きっと、君にも困難がたくさん訪れるけど、

君なら逃げずに立ち向かうと信じているよ。

 

 

チャンスなんて

そうたびたび巡ってくるものではないわ。

だから、いざ巡ってきたら

とにかく自分のものにすることよ。

by オードリー・ヘップバーン

 

 

私はいままでも、

これからも

パパを尊敬して

生きていきます。

みはね

 

お父さんこそ、みはねを尊敬して

生きています。

しっかり見ていてください。

もっと、尊敬されるお父さんになります。

 

 

To live is to be musical, starting with the blood dancing in your veins. Everything living has a rhythm. Do you feel your music?

 

by Michael Jackson

 

生きることは音楽的であること。体内の血が踊り出すところから始まる。すべての生命がリズムを刻んでいる。君は、君の音楽を感じているかい?

 

マイケルジャクソンが大好きな親子。

家族の中でも、お父さんと君に、リズムを刻む血が流れているようだね。

 

その裏は。

 

 

どんなときも私はパパの第一番の応援団です。

みはね

 

お父さんこそ、君のスペシャル応援団だよ。

 

 

 

人生に失敗がないと、

人生に失敗する。

by 斎藤茂太

 

いい言葉だね。

失敗しまくっているから、

お父さんは、成功するよ。

 

そして、最後に。

 

 

泣いた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。