ランキングが落ちまくってますよ。


 まあ、それは良いんですが、5月に入って遊び呆けていたツケが回ってきてます。


 今日もいつ帰れるか判らない・・・・


 土曜日の川崎戦にも影響が・・・・・ 

 

 それだけは避けたいので、一生懸命頑張りましょう。


 それではさようなら。(皆さんのブログ、日曜の夜から全く見てません。流行に後れても許して下さいね。)

AD

 Very Very Verdy より、土曜日に最後のお題が出ていました。


 『12番目の選手として』。最後は直球勝負っていう感じですね。
 この表題ですと、今までのようにユーモアやおちゃらけを交えて(いい加減に?!)書くことは出来ません。

 ちょっと時間がかかりました。(その割にたいしたこと無いのが悲しいですが・・・)



 始めから恐縮ですが、私は「12番目の選手」という表現に、少し違和感を持っています。プロフィールにも書いてあるとおり、もう45歳。「選手」というよりは「選手の親」の年齢です。実際、ゴール裏住人の中でも、上から数えて5本の指に入る位ではないかと思います。


 また、自分には、負い目があります。それは、サポーターグループに属していないということです。

 ゆーじんを連れていては、活動が難しいという言い訳は出来るのですが、それでも、弾幕・襷・旗などの管理、ミーティングなど大変な仕事をこなしていただいていることを考えれば、頭が下がりっぱなしです。グループの皆さんの努力によって、自分たちは楽しませてもらってるんだということを痛感しています。
 また、グループはその存在する過程で様々な試練を経験し、それを乗り越えてきた歴史を有しています。その歴史を知らずして、軽々しく自分の意見を主張すべきではないことも承知しています。


 こんな私ですが、年を取ってる分だけでも色々な経験をしてきています。

 私はスポーツを通して自分が経験してきた色々な喜び、例えば仲間との繋がり・努力の成果・満足感の清々しさなどを他の人にも経験してもらいたいと思っています。
 そのために、自分の出来る範囲で、自分の経験を活かし、自分の行動を通して、少しでもサッカーの楽しさを他の人に伝えることが出来ればと思ってブログを書いたり、ポスカ配ったり、スタジアムで一生懸命応援したりしているのです。


 そんなの、自分の個人的な娯楽じゃないかといわれるかもしれません。

 確かに、楽しいからやっている事ですが、自分が楽しみつつ、その楽しみを他の人に伝えることが出来れば、こんなに良いことはないじゃないですか。

 サポーターグループで、地域活動で、懸命に活動している方は口に出さなくてもこのように考えておられるのではないかと思います。



 ヴェルディに何らかの形で関わった事で、その発展に少しでも寄与することが出来れば、「12番目の選手」として立派な戦績を残せたことになると思います。
 言い換えれば、ヴェルディの歴史は、ヴェルディに関わった全ての方がみんなで作っていくということです。

 過去の歴史は教訓として活かし、輝かしい未来を作るため、「12番目の選手」としての自覚を持って行動できるようにこれからも努力していきたいですね。 




AD

少年相撲大会

 今日は、ゆーじんが千代田区の少年相撲大会に参加しました。


 1年生から6年生まで、予選、決勝トーナメントと1日で行われますから、集合は午前9時、終了は午後3時半まで、延々と相撲が行われます。


 お察し?の通り、相撲はゆーじんあねの得意技。力は男の子より強く、腕相撲は圧倒的に1位。小学校4年生・5年生と参加しましたが、同じ学校に体が一回り大きい子がいて、腕力だけでは太刀打ち出来ず、連続3位(ちょうど準決勝でその子と当たるんですね)でした。


 ゆーじんあねは体格に恵まれていましたが、ゆーじんはちょうど中くらいの体格。けれども、力は強くて(ゆーじんちちやゆーじんあねに対抗してたからですが)、投げ技が得意です。

 例年ですと、どう考えても勝てないような体格の違う子が数人いるのですが、今年はそれほど大きな子はいませんでした。


 さて、予選です。参加者はそれなりにいますので、2グループに分けて3人連続勝利で勝ち抜ける方式で行われます。

 これが結構きついんです。一応相撲大会に出ようという子ですからそれなりに力はある。3人連続というと最後はかなり疲れますからなかなか勝ち抜けません。ここは、出来るだけ早く勝ち抜けないと、ゆーじんのような小さい子は後になればなるほど厳しくなります。


 さて、ゆーじんの出番です。ちょうど良い位置に並んでいて、体格もゆーじん並の子が後ろに並んでいます。ただ、前にいる子(やる気満々で初めから並んでいた子)はみんな大きめ。大丈夫でしょうか。

 ところが、ちょうどゆーじんの前で3人勝ち抜けが達成され、後ろの子と当たる事に。きっちり3人連続で投げ技を決めて勝ち抜けました。ゆーじんが勝つときは、相手を投げて結構派手に勝負が決まるんで観客も沸きます。


 遅いお昼休みを挟んで、決勝トーナメントが開催されます。敗者復活はなし。本当の1発勝負です。


 入場してきた3年生。あんまり大きな子はいないと言いましたが、それでもゆーじんは一番小さい。背が頭一つくらい高い子も2,3人います。さて、ゆーじんの対戦相手はというと、おっ、2番目に小さい子。体重も同じくらいでしょう。これはチャンス。


 ゆーじんの出番です。相手といい位置で組もうとしますが、なかなかうまくいきません。しびれを切らして、相手を十分引き寄せないで投げを打つゆーじん。見事に返されて、反対に投げられてしまいました。


 ゆーじんに勝った子は、その後も大きい子相手に勝ち続け、最後は善戦しましたが、体格負けで、準優勝。聞いてみたら、相撲が大好きで習いに行ってるとのこと。


 相手が悪かったですね。また来年、入賞目指して頑張りましょう。






AD

 (T_T) (T_T) (T_T) (T_T) (T_T) (T_T)


 あーーーっ、悔しい悔しい悔しい。


 勝ち点3を信じていたのに。


 ワシントン選手と平本選手のコンビプレー、一樹のシュートなんて最高だったのに・・・


 勝ってれば間違いなく今季のベストゴールに推してもよかったのに・・・・


 


 あと2試合、全勝、しかも完勝でいってくださいよ。




 2点目、ゴール裏からは、押し込んだみたいに見えたんだけど、キーパーも反応できないスーパーゴールだったんですね。さすがワシントン選手。

 でも、決勝トーナメント出られないと得点王も難しくなりますよね・・・・。


 がんばれヴェルディ!!!