愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

福島県飯舘村2日目活動

 

2日目は、昼頃までの活動予定だったので、朝早くから、訪問しました。

水が出ないお宅や、水のタライがどこかに飛んで無くなっている給餌ポイントが多い為、ペットボトルの水は必需品です。

 

随時、途中何度も購入します。みなさんのご支援でこちらも現地調達させて頂いています。

ありがとうございます

 

2か月訪問しなかったので、取り壊されたお宅がさらにあることを目の当たりにし、ショックを受けながら周りました。

 

かつて、鳥や、野生の被害が多く、ボランティアのみなさんが、ネットを張ってくれたり、皿が落とされないように1枚目を打ち付けて、2枚重ねて固定してくださったり・・猫の口に入るよう力を合わせて作ってくださった給餌場も壊されていました。

しかし、隣の小屋に、ちゃんと代わりの餌場があり、嬉しく思いました。

 

適度に残っていたので、今のうちはまだ野生に食べられていないように思いました。

しかし、肝心の猫さんはこの日は姿は見せませんでした。

 

遠くから車の音を聞いて走って出迎えてくださるピッコロ。

この日も、駆け寄ってきました。

ピーちゃんの無事を確認できると、あぁまた今月も福島にきたんだなぁと思うのです。

 

ここは猫さんがたくさんいます。

飼い主さんも、よく面倒を見て下さっています。しかし、フードの減りは数が多いこともあり早く減ってしまいます。

しっかり補充してきました。

 

さらに、次々にパウチを求め、猫さんが来るので、たくさんの皿に小分けに御支援のパウチを入れました。

変わるがわる寄ってきて熱心に食べています。

 

同じ敷地に住んでいても警戒心の強い子がいます。

ここはすべてTNRしてあるので、この先も殖えずに安心です。

 

鶏小屋の水も交換しました。

 

マメがいたお宅です。

もうこの地区はどのお宅も、何度来ても猫の姿が見えないことはわかっています。

しかし、BOXを見るとちゃんと猫が食べた痕跡がどこのBOXもあるので、生き延びていることがうかがえます。

 

こちらの給餌場も猫のフードはちゃんと機能されており、荒らされることなく適度に残っていました。

しかし、外の犬の餌場は何かが食べに来ていて餌は少なくなっていました。

犬も帰ってきていないようで心配ですが、犬が食べに来ていると信じ根気よく餌を入れて待っているのです

 

 

そして、ここの餌場は来ていたボランティアさんは少ないと思います。

しかし、このすぐ近くのBOXが強制終了させられました。

残念ながら、そこで生き延びていた子は、エサがもらえなくなりました。

ここがその地点から一番近い給餌ポイントですが・・この日も、エサは空っぽ。

小さなタライが1個しか置かれていません。

ここのお宅の猫さん用に用意されているものしかないので仕方がありません。

さらに猫以外にも食べに来ている可能性も大です。

強制的に撤去された、唯一の近隣の餌場なので、気にかけてあげてもらえたら助かります。

 

さらに強制終了のポイントの近いと思われるポイントがこちらですが、近いと言える程近くはありません。しかしここしかないので、こちらにも多く給餌してきました。

もしかしたら、流れて流れてここへ辿り着くかもしれません。

その期待だけが強いです。

 

 

こちらの子は小屋の高い位置で鳴いていました。

餌を補充する音を聞いて反応していました。

パウチを入れて呼びましたが降りてきませんでした。

何かに警戒しているようでした。

 

かつてはたくさん猫さんがいたお宅です。

家の方がちょうどおられて話をしましたが、猫は1匹程度見るとのこと。

荷物や畳がはがされているので、取り壊しも考えているのか聞いたら、そのまま残るとおっしゃり、猫の餌場も残るので、ここもとてもありがたい給餌ポイントです。

しかも外は豊富に水も流れていて、安心です。

 

 

山木屋の給餌箇所ですが、工事を行っていて猫達は姿が見えませんでしたがパウチは様々な箇所に置きました。

BOXの餌は、水分が少し中に入ったようで、下の方がふやけていました。

不良な部分だけ除いてきました。

 

最後に、途中おじいさんが猫を可愛がっていてくださる場所に寄り餌を補充しました。

サッと白い猫が逃げました。

 

仕事の都合で長い滞在が出来ませんでしたが、写真に載せていないお宅も、hibiさんのいつもまとめてくださっている、訪問状況シートに従いながら周りました。

次の訪問もがんばって仕事の合間にいけるようにしたいと思います。

たくさんの御支援を託してくださりありがとうございました。

今回の残ったフードや御支援は次回にそのまま使用させていただきたいと思います!

AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:

福島県飯舘村 給餌活動 4/12、13日

 

仕事の都合もあり、長い時間の滞在が出来なかったのですが、2日間活動してきました。

帰村も進み、激変かな・・と思いましたが、予想よりも犬も猫もいまもなお孤独なお宅が多かったです。

 

前夜、静岡を出発して翌朝早くから1件でも多くなるべく周れるよう頑張りました

夏に向けて、水が確保されているお宅は安心です。

 

やはり、変わらぬ光景。

餌場のすぐ側には、放射能の積まれた土の山です。

 

鶏の水がカラカラで奇声をあげていた所も、気になり寄りました。

無事に水も確保されていました。

 

新築が建ったお宅は、人が消えた生活もおわります。この子はこれから、餌を毎日もらえるでしょうか

そうしてもらい、給餌ボランティアは住人にバトンタッチすることが本来は、最終目標でしょう

 

 

BOXはとても活躍しています。

どこのBOXも猫達の為に命の餌場になっています。

しかしここのように、まったく空になっている場所もまだまだあります。

次々と餌場が閉鎖される中、どうか猫達の口にエサが入っているよう・・願うばかりです。

 

この日は、真冬が戻ったのか・・と思うくらい、冷たい強風でフードをかぶらないと、寒くていられない程でした。

後に聞いたら、静岡はこの日半袖で過ごした程暑かったそうです。

まだまだ寒い飯舘村。みなさんからの応援フードはどの子も喜んで食べていました。

 

 

臆病なこの子も、おやつを入れると警戒しながらも嬉しそうに食べました。

この子は、夏はまた昨年同様、直射日光を気にかけてあげないとなりません

 

離れている子はここでご飯をもらっているようです。

二匹共仲が良く、餌をわけあっているのでしょう。

二人には、高栄養のad缶を与えました。

 

妊娠を繰り返して気がかりなももちゃんです。また嫌な季節が来ます。

この日は餌が何も入っていませんでした。

ご支援の小分けのサンプルフードはどの犬も、勢いよく食べます。

色々混ぜてあげて置いてきてあげました。

 

この子も歓迎して飛び跳ねて下さりながら、おやつも待ちきれず嬉しそうに食べました

 

2か月来れなかったので、車を走らせていると、所々に、ソーラーパネルの設置がされていることが多かったです。

 

山の上にいる二匹です。

本当に寂しい。二匹だから、がんばれる・・といったようにわたしは見えます。

 

この子達にも、サンプルの良質なフードをすでに入っている餌に混ぜてあげると・・おいしいので、かき分けて食べていました。

ad缶も共に与えました。

 

チョコちゃんも相変わらず、元気にされていました。

後ろをついてまわり、人に逢えることが嬉しいようでした。

 

たろじろさん二匹です。

ぴょんぴょん跳ねて元気でした。

おやつもパクパク食べました。

 

バス停前は、ついに猫餌場が閉鎖されました。1つ閉鎖されれば、そこでかろうじて食いつないでいた子は、確実に餌場を無くします。

 

すぐ近くには他の餌場はありません。ここしかないので、流れて行き付く為にも、私はこの餌場がとっても重要だと思います。

多めに補充してきました。

 

しかし、この重要な餌場にはワンコさんもいます。

敷地内を放されていますので、猫の餌へも行けますし、果たして、行き場を失った猫さんがここで食べることが可能なのか、とても不安でした

 

むさしも気になる1匹です。

むさしーと呼びながら入りましたが、私たちに気づくことが前より遅くなりました。

耳が悪いのか、歳をとったのか、

 

さらにとてもお腹を空かしていて、カロリーエースを入れている先から一気にたいらげました。

 

福光のKさんがとても気にかけてくださっていたタイヨウです。

元気がない・・と伝言をいただき、見に行きました。

確かに鼻がグズグズしていることを確認しました。

わたしたちが初対面だったこともあり、中から出てこなかったのですが、カロリーエースを差し出すと、全て飲みほしました。

栄養をつけさせてあげることができたことは良かったです。

 

すると、おじいさんたちが偶然来られました。

久々の対面にタイヨウは喜んで小屋から出てきました。

もし具合が良くなければ、福光の方が気にしてくださっているので病院の事もお伝えしました。

さらにカロリーエースをよく飲んだので、多めに支援としておばあさんに渡してきました。

とても喜んで、与えるとおっしゃりました。

 

この子の小屋は直す為?か?外壁が外され、外からの強風を直にあびていました。

この日は雪も降ってくるほどでしたので、震えていました。

あまりにかわいそうで、早く小屋の壁が直されることを願います。

 

 

この子は自宅の工事の方がとても親切に、散歩をさせてくださっていました。

乾燥フードはほとんど食べないというので、カロリーエースや缶詰を上げてきました。

 

チーズも餌が全く入っていませんでした。

サンプルフードを色々入れてあげると、やはりポリポリ喜んで食べました。

リードに絡みそうな木の枝や木材が近くにあるので今後も注意です。

 

また別の場所で、新設置のソーラーパネルが多く見られました。

 

ここの餌場も、危険です。

ほとんど餌が残っていることはありません。

猫さんの口に入っているか不安です。

餌やりさん達も気にかけて頂けると助かります。

 

みーちゃん宅も工事の方が多く見えました。

猫はさっきもあのあたりで見かけたよ~と教えて下さりました。

餌を用意していると・・走ってこちらへ駆け寄ってきました。

 

ここは置き餌はほとんどできないので、なるべく水分もかねてパウチを与えてあげます。

 

 

ここも猫さんが多いので、減りが早い、周りに飛び乗れるものも多い為、野生に侵入されていることも原因のようです。

たぶん前日か当日午前中に満タンにBOXにはフードを入れて下さってあったと思われますが、すでに半分近く無くなっていました。

 

この日は、目標の地区まで周り切り、暗くなったところで終了しました。

翌日、3地区を残し1日目の給餌を終えました。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

福島へのフードや御支援本当にありがとうございます!

2月と3月に活動に行けなかったのにも関わらず、みなさんには暖かいご支援をたくさん託していただき大変感謝しています

 

今までの知識がいかせるように見つけたせっかくの仕事ですが、ほとんどと言っていいくらい連休が取れなかったり、毎日体力をかなり消耗し、仕事の時間帯もバラバラでほとんど身体も気持ちも休まらない日々を過ごしてきました

 

連休が無いと活動ができなくなってしまうので、不安です

 

今週ようやく連休を入れ込んでもらうことが許されたので、いつもより短い時間の活動ですが、福島へ向かいます。

 

==================

その間、ご支援やフードを託していただいています、お礼がとても遅れてしまい申し訳ございません!!

 

「仲間のCちゃん」

ご支援をいただいてお礼がとっても遅れてしまいごめんなさい!

仕事で心が疲れていた所を励ましてくれて本当にありがとう!

そしてたくさんの御支援を感謝しています

御支援は下記に写真を載せますね☆また積み立ててある分で次回も購入させていただきます☆

 

「東京山田さん」

いつも応援いただきありがとうございます!

飯舘の事も忘れずに気にかけていただき感謝です

現地に行くことがなかなかできず、御礼も遅れて本当にごめんなさい

託していただいた分はまた来月分にも購入させていただきますね☆

下記に今回必要だったフード購入写真載せました☆ありがとう!

 

「豆男さんとまこちゃん」

たくさんの犬用のおやつや小袋のフードなどなど、色々ありがとうございます!!

犬達は混ぜて与えるといつも喜ぶので、今回も与えさせていただきますね☆今週行くことが決まったので持って行きます!

しばらく訪問していなかったので、飯舘が気になっているので喜んでくれますよ、ありがとう☆

 

 

 

 

エリザベスさん、にこちゃん、そして東京山田さん、仲間のCちゃん、カムノンさん達ご支援の中から、今回必要なフードをこちらで吟味し購入させていただきました!!

7キロ大袋の無着色フードや、ヒルズの高栄養の犬猫兼用のAD缶詰2ケースなど、揃えさせていただきました。

 

さらに託していただいてある残りのご支援は今後来月も、必要な分を購入させていただくので、お預かりいたします

 

ありがとうございます!!

 

 

↑↑↑

「猫と暮らす幸せさん」

いつも飯舘の猫達の為にカロリーエースのご支援ありがとう!

2箱も託していただき助かります☆

エサがすぐなくなる場所に暮らす猫達はいつ次、ご飯が食べられるかわからないので、特にそのような猫達に与えるようにしてきますね

感謝しています☆

 

 

↑↑↑

「カムノンさん」

いつも福島で利用している黒缶を託してくださりありがとう!

合わせてメッセージやご支援も感謝しています☆

御礼が遅れて本当に申し訳ないです、御支援は必要なものを購入させていただきました

上記に写真載せました、今週持って行き与えてきます☆ありがとう!

 

 

 

 

 

↑↑↑

「茨城のSさん」

朝日新聞の「声」。私の投稿を読んでくださり、飯舘の事を知って御支援を託してくださりありがとうございます!

Sさんご自身も猫さんの保護などもしてくださっていてとても嬉しいです。

同行避難に同感してくださったことも私は嬉しいです☆

今週飯舘へ向かいますので、与えさせていただきます!

 

みなさんありがとうございました

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

福島へのご支援や、フードの応援をありがとうございます!!

お礼を先に書かせていただきます☆

次回の福島訪問までに、フード購入させていただきますので、みなさんからのご支援は、購入後また写真は載せますね

 

「エリザベスさん」

早くにご支援を託していただいていたのにお礼が遅くなり大変申し訳ないです!いつも、猫達のことありがとう!またご支援での購入は後に載せますね、待っていてね☆

 

「豆男とまこさん」

犬たちのおやつや、小分けのフード、猫缶まで使いやすいものをいつもありがとうございます!

色々な味を与えられるので、みんなに喜ばれますよ☆

 

「にこちゃん」

メッセージと共にご支援のご連絡もいただき感謝です!私のことも気にかけていただき、いつも慰めの言葉もありがとう☆温かい想いも共に福島に届けますね!

 

「こちびさん」

いつも心配してくれてありがとう!そして、フードをこちらにも託してくださるご連絡をいただき感謝しています。想いを引き継ぐことができてあの子も喜んでいるでしょう

 

 =============

 

プレミアムフライデーいいですね
安定したお給料をいただきながら、最終金曜には早く帰宅できるなんて、心がウキウキ豊かになります

Yahooニュースの写真にもこぼれる笑みを浮かべて帰宅する方々が載っていました

でもきっと私が勤めていた前の会社では、とうていこのような社員への還元なんて無いでしょうから、きっと不満でさらに心が塞いだかもしれません

今、プレミアムフライデーよりも毎日時間があるにもかかわらず、私の心が豊かではないのは、安定した収入が無く猫たちにも節約させてるからでしょうね

やはり生活がしっかりできる収入は気持ちも豊かになるということです。

そこにきて、、、

さらにまた一匹ネコサンの保護をすることになりました。
廃業で安定した職も無いのに、あれから少しずつさらに4匹も猫同居者が殖えてしまいました。


「うちでは飼えないけど助けたい。」
これが一番頭を悩ませる依頼です

むちゃくちゃです。

すったもんだ色々ありましたが、悩みに悩んでもう、苦労を覚悟で引き取りました。

1匹殖えると、その分私が長生きしなければならなくなります。

この子達より先に私が死ぬわけにはいきません。残された猫達は誰が面倒見るのでしょうか。

飼い主不在、行き場が無ければどこに行くのでしょう。

それこそ虐待ですから。

 

ケージから一式揃えるのは、なかなか厳しいものでした。しかしまた何か節約していけばいいか…とがんばりました。



楽しくイキイキと、気に入って住んでくれてます。

トイレは一発合格。
教える前にちゃんとひのきのチップの上でトイレをしてくれて、2段目のベットにちょこんと乗り、おしっこなどの粗相もせず寝てくれました

なんて手がかからない住民なのかしら

ネコサンの能力には日々感動です。

来たばかりはガリガリで貪るように食し、鼻はグズグズ、目はくっついて開かない、身体は傷だらけ。よほど人間社会が憎たらしかったでしょう
私が猫なら当然恨みますね。

 

今は2段部屋にしてありますが、もっと元気になったら、3段目を組み立ててあげるのです。

さらに広い住宅で喜んでもらえるでしょう。

 

名前は、「ひろちゃん」にしました。

 

拾われたひろちゃんではなく。

『いのちひろい』した「ひろちゃん」です。
 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
飯舘村給餌活動 2日目
 
hibiさん宅で宿泊させていただきお世話になり、
翌朝も、猫達の為のお湯を用意していただきました。
パウチを湯で温めて保温して村へ向かいました!
 
 
山木屋には、いっちゃんが、やはり待っていました。
朝の冷たい風の中を今日もご飯を待っています。
ホカホカのパウチを急いで入れます。しかし、入れている先から外気でパウチが冷めてきます・・
 
他の猫達は姿が見えませんが近くにいるでしょう。
栄養のあるパウチを混ぜて置きました。
 
高い位置にフードを置いていると、茶の猫さんが出てきました。
ここは家の換気口の中から出入りして、基礎部に住んでいます。
 
春には家が壊されると聞き・・餌場を新たに作らないとこの子たちが消えてしまいます。
 
ジムニーでも道幅がわからないところは入れません。
時間はかかりますが、雪道を歩き入ります。
 
フードは比較的入っていて、空で危険な箇所はhibiさんにも連絡させていただき、次回お願いしました。
雪道に様々な足跡があり、何が来ているか、だいたいの推測が出来ます
 
マメがいた家も、何匹か隠れて生きています。
この辺りはBOXだけが頼りです。
パウチと、フードをしっかり補充しました。
 
この先のお宅に餌場があります。わだちが無かったのですが、歩くと時間もかかるので、ザクザク入りました。
 
放射能区域で侵入できないゲートがあり、このお宅から先はいけません。
話によると、入れない区域の猫は悲惨だそうです。
餌が無いから死ねばいい。ではありません。
無くても生きる為に子孫を殖やそうとします。減るどころか餓死に近い状態で産まれてきます。
だいたい、保護に行くことも、入ることも餌もおいてもダメだ。というならば、放射能の事故を起こした人が責任もって助けてきてください。
 
水道も、先が凍っているので蛇口付近で逆流して破裂しそうになるだけで、出る気配がありません。
ホースも雪に埋もれ完全に凍っています。
水分1つ取ることも、猫達には過酷な状態です。
 
家の中の水道から水を少しづつ出してあるお宅でも、そのまま凍っていました。
 
ここのお宅に来られるボランティアさんは、必ず外に犬の餌をお願いしたいです。
どこかで生きている犬が、ここへ食べに来ていると聞きました。
フードは全部食べてあって空でした。
雪には足跡もしっかりあります。
 
ぴーちゃん。私たちに気づき急いで雪の中に飛び込みお腹を見せていました。
震えながら喜んでいるので、なんだかかわいそうでした。
 
犬は寒さに強いとはいいますが、とっても辛そうでした。
ぶるぶるしている姿を見ると過酷さがわかります。
高栄養の缶詰を与えます。
 
猫達がたくさんいるBOXです。
やはり多くの猫がいるので減りも早そうです。たっぷり補充しました。
 
水は完全に凍って蛇口から水も出ません。
 
餌を補充していると、次々顔を出してきました。
水分の多いパウチなどを入れ与えました。
 
こちらも、雪を避けてパレットの上で、丸まって餌を待っていました。
ここは2匹猫さんが来ていました。
この区域は飯舘の中でもとても雪が多いです。
 
むさしは、ワイヤーで繋がれた場所にはいませんでした。
しばらく呼んでいると、物置小屋から出てきました。
雪が多いので放されているのかもしれません。
餌は何もありませんでした。
 
お腹をとてもすかしていたようで、缶詰は入れた先から一口でたいらげました。
餌が無いことが多いので、カロリーエースも与えると、缶までペロペロ舐めていました
給餌に行かれる方はむさしの事も気にかけてもらえると助かります
 
hibiさんも厳しい場所だとおっしゃっていましたが、このポイントはすぐ餌が無くなってしまうようです。
案の定一粒も無い状態でした。猫は7匹ほどいるお宅なので心配です。
 
やっぱりお腹をすかして、陰からこちらの様子を伺っていました。
今日餌を入れても何日持つか・・
 
冷めないうちに温めたパウチを急いで置き、ここを出ました。
 
こちらの犬は、お父様がいつも餌を入れてくれてあるので、安心な場所ですが、缶詰だけ少し与えました
 
そしてこの子は、前日、作業員さんが乾燥フードを食べないから置いてないし、皿も無いと言っていたので帰りにおやつやフードを購入し、再度寄りました。
作業員さんへわかるよう手紙を書きましたが・・与えていただけているか不安もあります。
 
人が来てるから、つい安心しがちですが、だからと言って餌をしっかりもらえているかは、わかりません。作業員さんもお仕事で来ています。
今までとは状況が変わりつつあり、その都度気にかけていかないとならないと感じました。
 
ボランティアさんが激減になっているようで、給餌が厳しいようです。
もう一息、飯舘の犬猫たちに寄りそって、共に苦しみをわかちあってあげるようボランティアさんもがんばりましょう
 
フードのご支援ありがとうございました!
そしてご支援金で現地の不足分も購入させていただくことが出来ました、皆さまありがとうございました!
いいね!した人  |  リブログ(3)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。