愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

飯舘村活動2日目

hibiさんのお宅にいつもながら、お泊りさせていただき、奥様にも食事を気遣っていただき、大変お世話になりました!

 

山木屋は最近は白い猫さんが中心を占領しているようです。

 

みんな待っているので、お皿にそれぞれ入れて与えました。

 

比曽ですが、ここは猫ではない他の動物がすべて食べているような気配です。

フードが空でした。

 

ここの隣の家の給餌BOXに突然餌を置かないように指示されてしまったようです。

ここにその分多く置きますが、ここは完全に猫以外の野生にやられています。

猫の口に入るかどうかとても心配です。BOX1つ閉鎖されることにより、たくさんの猫が餓死する可能性が増えるということです。

 

マメがいたBOXです。いきなり猫さんがシュッと逃げる姿がみえました。

水が凍って心配なので、水分の多いパウチはとても役にたちました。

 

立ち入り禁止区域のすぐ手前の餌場です。

1匹毛づくろいしながら待っていました。

立ち入り禁止区域、いわゆる高線量の区域です。

閉鎖したことで、中にいた猫達は餌も無く餓死している可能性はかなり高いです。

 

日本は原発が稼働してる以上、事故はこれからもおきます。

そのたびに同じ繰り返し、閉鎖して餓死させる連鎖は終わりません。

他の県でも、こうやって原発事故がおきたら、必ず餓死を強いられることでしょう。

何も解決しない、しようとしない。これが日本です。

 

ブルーシートの餌場は外になったので皆外で待っています。

 

ここもたくさん猫がいるお宅です。

納屋の上に次々現れてきました。ここでもパウチが活躍です。

 

外の水飲み場は、分厚く凍っています。

想像を絶する寒さです。

 

ネットの餌場は2匹待っていました。そして1匹茶?が走り去りました。

 

ピーちゃんがお出迎えしてくれました。

この日はおじいさんが来られていたので、ウエットを少し支援でお渡ししました。

 

道路に面した餌場です。

かろうじて少しだけフードは残っていました。

裏で鳴き声がしたので、パウチを置くと急いで出てきて食べました。

 

前日、ワイヤーがゴミで絡んで動けなくなっていたので、ムサシが気になり、もう1度寄ってみました。

今度は大丈夫でしたが、タライはひっくり返り餌も水もないままでした。

 

亡くなったペットのブタさんの小屋です。

やっぱり居ません・・悲しかったです

原発災害の被害者として一生懸命生きた象徴でした。

 

いつもシッポを振り、歓迎してくれました。

喜びをしっかり表現してくれるかわいい子でした

 

いつも元気に出迎えてくれます。

この日はワイヤーに木やゴミがぐるぐる絡まっていました。

幸いなことにワイヤーが長いので、動き回ることはできますが、放置しておくとまた、どんどん絡んできますので、カッターで除去しました。

 

フードも何も無かったので、すごい勢いで食べました。

 

ひめちゃん宅です。

物置の中の餌はやはり、まったく残っていません。

 

ひめちゃんの所でTNRした黒猫さんは無事に生きています。

穴から顔を出しました

 

コロは耳が聴こえません。呼んでも気づかず私たちに気づき寄ってきました。

餌に薬を混ぜていれて与えました。

福光の家のボランティアさんに逢い、産まれた子犬の話などしました。

その後、すぐ駆けつけてくださったようで、本当にありがたく心強いです!

 

こちらのBOXで猫さんを見るのは久しぶりでした。

真っ黒の子が、餌台の上に乗りパウチを食べ始めました。

 

家の方が工事で来られていました。

乾燥フードが入っていなかったので聞いたら、缶詰を朝あげました・・と言っていました。

この子にとって足りないようです。少しフードを与えてきました。

 

福光の家の方から聞いて初めて来ました。

ラオウという犬です。しばらく家の方が来ることができないから、給餌を任されたようだったので、代わりにこの日は私たちが寄りました。

とにかくすごい元気で勢いがあります。

 

いつも餌が気がかりなみーちゃんです。

空腹がひどくこの日も、パウチをガツガツ食べて、その後も乾燥フードをガブガブ食べるほどでした。この小さな皿に入る程しか餌は入れてはいけないという飼い主さんの指示で、何時間もつかわからない皿に入るだけ詰め込んで、後ろ髪ひかれながら・・ここ出ました。

 

なかなか出逢えなかった「松川くん」

掃除の方もこの日は誰も居ない。珍しく自分から出てきてご飯を欲しそうにしていました。

車の通りが激しい所にいます。

どうかこの先も元気に顔を見せてほしいです。

 

2日間の活動を終えて、

帰村に向けての住宅工事が多くなった印象があります。

だったら猫達も餌にありつけるようになるか・・というと、そうでもありません。

実際、帰村計画と共に撤去された餌場が増えているのです。撤去の為にボランティアさん達がそこの猫達を捕獲して保護先を探したり、見えない部分でとても苦労されています。

そして、保護されない野良猫さんもいるでしょう。餌場がある日突然撤去されたら、もうご飯を食べることが出来なくなります。

当時BOX設置するのにも、許可を取るのにみなさんとても苦労されてきました。

その命のBOXが減らされつつあります。

 

新しく犬や猫をまた飼う可能性もあります。TNRで保ってきた無駄に産まれる命の数が、殖えることも考えられ、また1から行わなければならないことも危惧されます。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

愛ちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。