愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

 福島県飯舘村活動2日目

レンタカーでの活動の為、フードが途中足りなくなることもあり、そのようなときは、また、ホームセンターのある隣町へ出向かないとならない事があります。

しかし、そのように困っていた時に、飯舘や熊本での活動をしてくださっている「ナツミント隊」さんから、不足分のフードを分けて頂けるとの、ご連絡をいただきました!

 

隣町へ行く時間の短縮も出来て、大変助かりました!ありがとうございます!

 

前日、水が無く、奇声をあげていた「鶏さん」の小屋が気になり、朝来てみました。

この日は、水はあり安心しました。一応水は入れ替えもしました。

私たちが以前取り付けた「日よけ」が、壊れていたので、下を固定しなおしました

 

直射日光が、鶏たちにガンガン当たる場所だったのに、以前は、日よけがまったく無かったので、とても気になる場所です。

陰と、通気の確保をしました。

 

山木屋で生きている子達。

ここは、この日は2匹でした。

 

次の拠点も、ちゃんとご飯を待っていました。

みなさんからのご支援をトッピングして水分と共に、与えました。

 

ここは、フードがちゃんと残っていました。

かろうじて野生の害も少ないという事でしょう

 

先月来たときに、とても気になっていた場所です。

中には、老猫さんが1匹います。

やはり歩き方も、ゆっくりです。

もし、この細い釣り糸のようなものに絡まって事故が起きてからでは後悔するので、張り替えをしようと思いました。

 

マグロの療養用ペーストを少々口にしました。

しかし、すぐ飲むことをやめてしまいました。

だいぶ、以前より年老いてきたように見えました。

 

「カラス除けネット」というものをご支援で購入させていただき、張り替え完了しました!

人が出入り出来るように、左側はU字のフックを2か所取り付けました。

緑のテープ部はフックあり。とわかるように貼りました。

下は両端から、猫さんがすり抜けられるよう、フリーにしてあります。

 

こちらは、こたつ上のフードは半分入ってる程度でした。

久しぶりにここで、猫さんを見ました。

 

やはり厳しい、餌が入っていないポイントが今回は多かったです。

 

ここはこの日は、家の方が来られていてお話ができました。

この子はもう16歳だそうです。原発事故後5年間も・・留守番させてしまっている・・とおっしゃっていました。

 

フロントラインを付けてあげたいけど、いただけないか・・と相談があり、ちょうど持っていなかったので、hibiさんに、急きょ、お願いをし、次回の訪問時に持ってきていただける事になりました!

 

こちらは、外に犬の餌を置いてあるのですが、表面がカビていました。

追加でフードを入れてゆくことになるので、減りの悪い場所に関しては、カビの問題もあるのだと気づきました。

 

猫さん用の餌を補充していると初顔の黒猫さんが外から走ってきました。

フードの食べ方や、逃げ方からも、野良さんのようです。

未手術だったのでTNRが必要です。この子も、出会えれば次回の候補です。

 

この子は、フードを与えている時に気づきました。

首にひどい傷でした。

なんかいつもより、警戒心が強いな・・変だな・・と感じていたら、首がこんな状態でした。

フードも途中で辞めて、隠れてしまいました。

私たちも捕まえてあげることができなかったので、申し訳ないですがhibiさんに引き続き様子を見て頂けるかお願いしました。

 

ここは猫達がたくさんいるので、やはりBOXは減っていました。

パウチを入れてあげると、続々と猫達が顔を出してきました。

 

ピーちゃん宅です。

いつも必ず家で留守番しているピーちゃんですが、居ないので、もしかしたら・・と離れた集会場裏へ行くと・・

 

やはりここにいました。

もしかしたら、この付近でピーちゃんは餌を食べてここが気に入ってしまったのかもしれません。

 

でも、なにが怖いかっていうと、大型のダンプや、工事車両が猛スピードで走ります。

ひき殺されてしまったら、困るのです。

ピーちゃんは、家の敷地を出ない子だったので、心配です。

誘導しながら、自宅へいったん戻しました。

 

途中の餌BOXの拠点です。

1粒もフード無しでした。

 

 

この子の餌場も、カラスが数羽飛びたちました。

おじいさんが亡くなって、この子や猫のフードの事も心配です。

 

ムサシは元気にしていました。

寝ぼけて出てきましたが、飛び跳ねていました。

フード補充と、高栄養の缶詰を与えました。

 

サロンは2匹だけしかこの日は見えませんでした。

水が相当汚れていて、飲める状態でなかったので、洗い、入れ替えもしました。

 

ここも、聞いていたとおり、厳しい箇所です。

1粒も無く、補充していると、待っていたかのように猫さんがきました。

空のBOXの箇所だけでも、「ハクビシンなぜ逃げる?」が効果的ならいいのですが、次回までまずは自宅で実験です。

 

ここのお宅も、近隣から猫達が食べに来て生きているので、少々多めに補充させてもらいました。

 

ここも、パウチをあたえました。

数か月前には、疥癬のような皮膚炎でしたが、2匹共とても綺麗になっていました。

 

 

大火のここも気になる箇所でした。

実は、近くの家で、猫にずっと餌を置いてくれてたおばあさんが、猫来なくなったからもう餌置かなくていいと先月言われました。

確かに2匹いるのですが、与えないというので、それでは死にます。

その2匹にはせめてここの餌場を、見つけて食べに来てほしいのです。

だから、ここは切らしたくないという気持ちで見ると、空でした。

 

 

今回の活動は、未手術猫さんを数匹確認できました。

TNRも、引き続きおこなっていかないと、あっというまに元の木阿弥になってしまうので、自分にできることはこれくらいしかないので、捕獲を次回トライしたいと思います。

 

村に一生懸命足を運んでくださる餌やりボランティアさんたちがいるおかげで、生きている犬猫達がたくさんいます。

たくさんの時間や自己資金を削り、繋いでくださることに、あらためて感謝します

そして、フードの応援や支援をしてくださった方のおかげで活動ができていることをさらに感謝します

ありがとうございます!

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(5)

テーマ:

福島県飯舘村給餌活動9/14、15日

 

きっとシルバーウィークは、各ボランティアさん方々、お休みなど利用して、飯舘の活動に入られて、給餌が集中しそうな感じだったので、急きょ給餌の人が少ない平日での活動を決行しました。

 

静岡からの運転の疲労などを考慮し、今回も、新幹線―現地レンタカーでの活動にしました

詰めるだけのものを持って、向かいました。

以前、ハルちゃんから託していただいた大きな袋のフードは、車で向かう時まで、預からせていただきます☆ありがとう

 

活動に向かう前に、仲間の「ちいにゃん」から、飯舘へのご支援を託していただきました!

ちょうど、現地でのフード購入を考えていたので、猫の乾燥フードは、BOXなどに特に1番使用するので、活躍できました、ちいにゃん本当にありがとうございました!

 

 

 

そして、皆さまからの今までのご支援の積み立てで、ありがたく足りない活動品や、今回は、ネット張り替えもしたかったので、そのようなものを購入させていただけました!

川俣のダイユーエイトの中には「100円ショップ」もありましたよ。餌やりさん方々、活用してください。

 

そして、いろいろ見ていたら、「ハクビシンなぜ逃げる?」というものをダイユーエイトで見つけました。

「給餌BOX」を餌やりさん方々が、一生懸命作ってくださるのに、ハクビシンの知恵にはかなわず、みなさん苦労されています。

猫達の口に餌が入る前にやられてしまうこともたびたびです・・

しかし、もしこれが、猫達をも避けてしまう品であれば、死活問題です。

 

1度自宅に持ち帰り、自宅の猫達で試してみてから、活用できるようでしたら、さらに購入して、飯舘の給餌BOXに活用したいと思います。

 

 

2日間の活動。

水が無い箇所が、開始すぐに、見受けられました。

 平日でもあるので、大工さんや、解体作業員さん、除染の方々が行く先行く先、いらっしゃいます。

その合間を縫いながら餌を運ぶので・・やはり休日より活動に時間がかかります。

 

ちょこちゃんの所も、作業員さんが来られていました。

顔を出すとちょこちゃんは、勢いよくネット越しに突進して歓迎してくださりました。

 

 

たろう、じろう君たちは、この日も元気にしていました。

子犬の時に、ここへ来た時を見ているので、本当に大きくなったのを感じます。

おやつをくわえると、すぐ隠したりします。

 

いつも放されているももちゃん

この日は、繋がれていました、なんとなくお腹が大きいと感じたけど、まさか、また!!と、不安になりました。

 

 

この子の水は、雨水がたまっているような色でしたので、水を交換です。

 

いつも、BOXのフードが空の猫さん宅です、到着すると、2匹とも、お顔を出しました。

 

新しいタイプのBOXを作ってくださってありました!いつも、BOXを作成してくださるボランティアさんたちには、感謝です!これがあるから、命が繋がっているのです

効果があるようです、半分以上フードは残っていました

 

厳しい現場なので、こういう子には特に「カロリーエース」や「高栄養パウダー」を与えます。

水分も一緒に!

 

 

次のお宅も、7匹ほど、一斉に駆け寄ってきました。

フードの残りが、いつもよりすくなかったです。

 

みんなが食べ終わるころ、耳カットがない未手術の猫さんが、きました。

 

この子は、きっと先月も、見かけた子です!

オスのようでした。やはり未手術の子は、強いので、他の子たちは一斉に逃げます。

次回のTNR候補になります

 

ここの犬達にも、おやつだけ与えました。

いつも喜んでくださります!

 

この子たちもやっぱり待っていました。

大きな声で鳴いて近寄ってきました。

やっぱりフードも、1粒も残っていませんでした。

 

2匹とも、高栄養のフードを混ぜて与えました。

すぐ、横の道路には、作業員さん達のトラックが、ひっきりなしに、猛スピードで通りすぎています。

いつも、ひき殺されやしないか・・不安でなりません。

原発事故で被害を受けた5年間の、あの人が居ない静かな時とは、今は大違いです。

猫達には危険も増えました。

 

 

フードが1粒も残っていないお宅です。

到着すると、黒猫さんがフードを待っていました。

 

犬のクマがいるお宅です。

横の鶏小屋で大騒ぎしている声が聴こえます。

不安で覗き込みました

 

3羽入っている小屋の、水が、1滴もない!!

からっからでした!

 

たらいを取り、急いで水を入れ運んでいると、その「運んでいる水」が見えた瞬間・・3羽が、聞いたことないくらいの危機感を持った奇声をあげました

私もひるむくらい、危機感を持った叫び声でした

 

どうやら水が切れてからかなり時間が経っていたようです。

水が欲しくてたまらないSOSだったのです。

 

犬や猫に心があるのはあたりまえです。しかし、鶏にも同じように感情や、苦しみはあります。

水をくれ!!早く!!という、「奇声」が、私は自宅に戻った今でも、頭に響き忘れられないのです

人間の残酷さは、生き物に計り知れない苦痛を与えています。

 

この3羽は、水を入れた瞬間、一気に駆け寄り片足を、たらいのふちに、引っ掛け、下を向いて水を含み・・上を向いて飲み込む・・

こうやって3羽で5分くらい飲み続けていました

 

先月カラスの被害の為に、作ったBOXです。

この日は、お母さまが来られていたようです。餌は入れてくださってありました。

こういう厳しい箇所にあの、ホームセンターで見つけた「ハクビシンなぜ逃げる?」が活用できたら、被害が少なくなり、猫達の口に餌が入るのですが・・。

 

ペットのブタサンの所で、いつも頑張って飯舘の犬たちの面倒を見てくださっている「福光の家」の方に、偶然逢えました!!

福光で預かっている犬たちの世話が終わって休む間もなくこうやって、餌を与えに来てくださるのです。

この日は私たちにお任せくださいと、お伝えし、近況などをお聞きしました。

現地で、被曝の危険もあるのを承知で懸命に飼い主さんの代わりにお世話をしてくださっています、感謝です!

 

先月、小屋のブルーシートを張替えた子です。

いつものように、歓迎してくださりました、この子も、高栄養の缶詰を与えました。

 

あたりが暗くなってきました、身体も、疲れてきた頃ですが、私たちは、地区ごとにhibiさんが作成してくださっている、犬猫たちのいるお宅のリストに沿って、訪問しています。

この地区が終わったら、今日の給餌はいったん終了・・という区切りにしています

 

 

 

給餌ポイントのこのお宅は、たらいが、飛ばされて下に落ちていました。

もちろん空でした。

水も、何も入っていませんでした。

 

猫も保護されて、1匹で寂しい様子がうかがえる子です。

咳き込みながらも首が引っ張られて苦しいくらいにこちらに駆け寄っています。

 

人に逢える事、ご飯がもらえる事。

ペットであれば、そんな事、当たり前の事なのに、ここでは、5年も留守番をひたすら我慢して行っています。

 

見て頂けたらわかると思いますが、あたりが真っ暗で、この写真のフラッシュだけが、唯一の明かりです・・。

 

今こうやってブログを書いているこの真夜中の時間も、あの真っ暗で、静まり返った中、1匹で居るのです。

きっと、それは、この子にしかわからない恐怖です。

 

(2日目に続く)

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

熊本の震災時、震災ペットたちの光となった獣医師、竜之介先生を知らない人はいないだろう。

 

 

4日情熱大陸での放送。

 

竜之介先生は、熊本の震災で非常に問題になった「ペット可の避難所」、この課題を市長に直談判された。

 

そして、この提案が叶い、8月には、ペットと暮らせる仮設住宅もでき始めてきたようだ。

 

竜之介動物病院は、知っている人が多いだろうが、

東日本大震災の教訓を生かし、建て替えられた病院だ。

ビルの中にある、動物専門学校は、いざというとき、ペット同伴の避難所に早変わりするようになっている。

 

徹底的な耐震構造。

自家発電。

貯水タンク。

念には念を入れてあるそうだ。

 

やり過ぎではないか・・・。とささやかれたことも、あったようだ・・・・

しかし、このおかげで、この熊本の震災でもたくさんのペットと家族が救われたのだ。

 

 

熊本の震災で、倒壊した建物の下敷きになった犬の飼い主さんなどの、話もでてくる。

 

日本は、地震を軽視できない国だからこそ、まずは、必ず、同伴避難が重要だと。この配信を見て、改めて強く私は思った。

 

 

竜之介先生の言葉で、とっても響くものがあった

 

「犬猫を置いて逃げるのは、飼い主たちにとっては意味の無いこと

人を助けるのなら、動物も一緒に助けないと、ダメ」

 

 

情熱大陸「獣医師・徳田竜之介」

http://www.mbs.jp/jounetsu/

見逃し配信中→配信期限  9月11日 22時45分まで。

 

*「MBS」のページから→「MBSオンデマンド無料見逃し配信中!」をクリック

 

 

しっかり、視聴し、今一度、地震の時にどのように行動したら良いのか・・・・

考えてください。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(5)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。