愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

いつも福島の犬猫達の為にフードご支援ありがとうございます!

↑↑

「猫と暮らす幸せ U-knouさん」

いつも、栄養を考えてご支援いただきありがとうございます!!

5月は行く事が出来なかったので6月は、必ず託してきますね

いつもメールでの応援も、ありがとうね!!

(前回のブログで書き間違いがありごめんなさい)





↑↑

「こちびさん」

いつもフードの応援を、ありがとう!!

猫たちの事を考えていろいろ見繕ってくださり感謝しています

6月こそは、いってきます!

TNRもやりたいので、とにかくがんばりますね!

(こちらのミスで、お礼のブログ遅れて本当にごめんなさい)



===================


生き埋め事件の署名締め切り。その後のご報告を上原みなみさんより・・・

↓↓

署名提出と、キャンペーンの終了宣言

Minami Uehara
Kobe-shi, 日本

2015年5月30日 — 千葉県立薬園台高校教諭による仔猫生き埋め事件に対する署名について


昨日も、北海道で72歳の女性が、飼い猫を10年以上にわたり100匹以上水に沈めて殺していたというショッキングな事件が報じられました。

これは、動物の命に対する軽視という問題もありますが、背景には繁殖し続ける仔猫の対処に苦慮する社会であるという政策課題があります。


同様の理由を挙げ、3月6日、生徒に穴を掘らせて仔猫を生き埋めにした千葉県立薬円台高校の男性教諭について、


今後も教育者として在り続けることへの危惧と、背景としてある増え続けるノラ猫対策として現在最も有効である

TNR(Trap Neuter Return*捕獲して、不妊去勢手術を施し、元の場所に戻して地域猫として総数管理する)活動を推進する事で、


遺棄や虐待、殺処分される不幸な愛護動物を限りなくゼロに近づけるため、約2か月間にわたり署名活動を行ってきました。

途中で、署名数が伸びなくなり、当初の目標である1万筆を達成できず、事件の風化とともに注目してもらえるタイミングを探っていたこともあり、署名提出が遅れたことをお詫びいたします。


現在事件当事者である男性教諭(停職3か月)は千葉県教育委員会の管理下で1年間の更生プログラム指導を受けているとの旨ですが、問題の根本的な解決には至らないとの危惧・懸念が残ります。

そこで今回、動物愛護推進に注力している東京都議塩村あやか議員と千葉県議会水野ゆうき議員の協力を得て、私を含めた3女性議員が合同で、

千葉県教育委員会に対し再発防止と問題の根本的解決を求める要望書を5,519筆(平成27年5月29日現在)の署名と共に提出することとなりました。

早速、明日の朝刊に、読売新聞(全国か千葉だけかは不明)が記事を掲載して下さるそうです。

各報道機関へのプレスリリースは済んでおり、当日の様子は、テレビや新聞にも取り上げられそうな印象です。


これにより、教育的観点からも動物愛護意識が向上することを願います。

署名数:インターネット署名2903+ペーパー署名2616=5519(5月29日現在)


実施日時:平成27年6月1日(月)午前10時半
場所:千葉県議会 水野ゆうき議員会派控室(工事中のため、別部屋を準備中)


署名渡し人:東京都議会議員 塩村あやか
    千葉県議会議員 水野ゆうき
    神戸市会議員  上原みなみ
署名受領人:千葉県教育委員会(予定:教育指導課長と室長)



生き埋めなんて、断じて許せません


どうか弱き、どうぶつの為に、

これからもお力をおかしください

塩村議員さん方々、動物の事をいつも代弁してくださり、本当にありがとうございます!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

福島へのフードの応援ありがとうございます!!


福島の原発事故から、4年も経った今でも

被害者である、ペットに目を向けてくださり、お力をありがとうございます!!


終りが来るのを待っているのは、何も悪いことをしていないこの、ペットたちでしょう。


「金儲けの再稼動」が、すでに、動き始めました。

懲りない金のモウジャ達です。


また、事故が起きたら、ペットは死ね。ですか。

こんなこと。いつまでくりかえすのか。



↑↑↑

「ななちゃん」

いつも飯舘村の応援や、色々メールもありがとう!!

そして、フードのご支援もありがとうね!!

早々送っていただいたのに、お礼が送れて本当にごめんね(泣)



↑↑↑

「MANAママちゃん」

ななちゃんのお友達さん、フードを一緒に託してくださりありがとうございます!!

お礼が遅くなり本当にごめんなさい(泣)

飯舘村の事を、応援してくださり感謝しています!!






↑↑↑

「がた ねぐらさん」

いつもフードを託してくださり感謝しています!!

出発に合わせるようにいつも気にかけてくださりありがとう

5月は先生のご都合により、ごめんね、次に託して来ますね!






「地元の原発学習会に参加の牧師さん」

以前、学習会での私の飯舘村の活動報告の際に、福島の現状を知ってくださったことから、今回、フードのご支援をいただき、ありがとうございます

フードは追って購入させていただき、託させていただきます!


=============


飯舘村には、この3年は、餌やりと、合わせて、猫の繁殖予防の、不妊手術捕獲を主に行なう意志で活動していました。


福島へは、静岡からは気軽に訪れる事は困難な移動距離なので、


ずっとお世話になってきているフクシマスペイクリニックの開催日に合わせ、飯舘村には、行こうと思っています。


みなさんからは、1日も早くフードを届けて欲しい・・という想いを預かっていながら、なかなか日程が決定できず、申し訳ないです・・

もうしばらく、お預かりさせてください


そして、4年経った今でも、各地から福島へ通い続けてくださっているボランティア様方々。

身体を壊しながら身を削りながら・・犬猫たちへの愛情を、本当にありがとうございます。



=============

今月の地元でのTNR。


夜の飲食店街の端で、いつも、おこぼれを頂いて生きている猫さん

この飲み屋街には、おこぼれをもらう数匹の猫達が、耳カットされている



耳カットが無かったので、もしやと、病院へ。

しかし、手術済だった

以前は飼われていたネコさんだったのだろう。


手術済の証だけつけて、また夜の飲み屋街へ帰って行った。



============


継続しながら、定期的におこなっている自宅の周りの野良猫さんTNR。


仕事から私が家に帰ると、少しのフードをいつもの位置に置く。

そこへ訪れる野良猫さんを、見張り、取りこぼし無くTNR、と、決めている。


餌だけやって、殖やすことはしない。

餌はむしろ、耳カットを確認する為の重要な「アイテム。」


数ヶ月にわたり。何度も目撃してきた白黒くん。

やっと。やっと。タイミングよく来てくださった。

長かった。ひとつ、楽になった。




手術した、仲間を迎えにきたか

耳カット済の黒ねこさん。


これでまた1匹、迷惑かけずに、自由にいきられる

このくりかえしを、永遠に続ける。


=========


千葉の生き埋め事件の付近は、驚くほど、妊娠猫さんが歩いているそうです。

機会を与えていただけるならば・・その区域の一斉TNRのお手伝いを、いつか、したい


そして、生き埋め事件の署名ご協力ありがとうございました!!


上原みなみさん書かれていました。

ペーパー署名を含め「6000人分」集まったそうです

6月頭に、千葉県教育委員会委員長に届けてくださるそうです


なお、この教員は5月20日付けで、3ヶ月の停職(この期間のみ無給)となっているそうです。




(教員が、生きたまま殺しておいて、千葉県、なかなか、甘いですね・・)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

福島へのフードの応援を、ありがとうございます!!




↑↑

「ハルちゃん☆」

いつもフードの御支援をありがとう!!

今月の飯舘村行きは、スペイクリニックの予定が決まり次第いきます☆

猫さんが暖かくなって出てきたので、託させていただきますね!

ありがとうねー!!





↑↑

「カムノンさん☆」

カムノンさんも活動をされている中、福島の事も応援してくださりありがとう!!

猫達が、里親さんに元へ、旅立ってゆくこと、大変な活動ですが、どうか頑張ってください!私も、繁殖させないように地道ですががんばります☆





↑↑

「ポメちゃん☆」

メールをいただいて、現地入りの日程がなかなか出ずに、本当にごめんね(泣)

ワンニャン達のフード、いろいろ詰めて送ってくださりありがとう!!

いつも飯舘の為に、心配をしてくれて感謝しています!!




5月の飯舘村の活動は、フクシマスペイクリニックの開催日にあわせて、入る、予定です

猫さんのTNR(不妊手術)を中心の活動です!!



==============



先週の、地元野良猫さんTNR活動







この時期の猫さん達は、妊娠が多い・・


オスでも、メスでも、選ぶことなく、不妊手術をする事が必要

3匹オス


2日間張り込んでようやくトラップへ入ってくださった3匹。

あと1匹、取りこぼしている猫がいる。

何としてでも、手術にだす為に、さらに張り込む。


=============


そして、記憶に新しい

千葉の船橋の高校での、教師の子猫生き埋め事件



「親猫がいなかったので、どうせ死んでしまうのだから」埋めたと、女性週刊誌に書かれいた。



そして、

「犬は保健所が引き取ってくれるときいたことがあるけど、猫は引き取ってくれないとおもっていた」

だそうですよ。



どの道、殺すのです、この教師は。



生きたまま土を次々かぶせられ、身動きも、とれないまま、圧迫され殺された。

この痛みがわかるか、船橋の残虐教師よ。



泣きだす生徒もいたようです

この罪は、軽いのですか



日本は、生き物に、冷たい。いつもそう感じるのは私だけでしょうか


書類送検されたのに、日本は、こういう事件の関心が低すぎる



生徒に、生き埋めする穴を、掘らせたのだ。

そんな残酷な事件、もっと騒げ。マスコミよ。



引越しや、異動が多いこの季節


毎年この時期


いらなくなったと、棄てる人が多いそうですね

引越すたびに、いらなくなるのなら。


飼う必要ない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。