愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

ずっとアメブロにより消されていたプロフィール欄が、ようやく元に戻されていました

被災地のどうぶつの為の物資の送り先のやり取りでさえも、アメブロはさせないという事が、よくわかりました


プロフィール欄が消されると、私が「いいね」を押しても、相手に名前も出ませんし、抹殺された人物となってしまっていました。

気をつけましょう


=============


前回のブログで、福島へのフードの応援を託して頂いたのですが、差出人様が書いていなかった為、お礼をお伝えできなかったのですが・・・

「仲間のCちゃん☆」からのフードだった事がわかりました♪



いつも気にかけてくださりありがとう~!!!

私へのマスクも、相当活躍していますよ!!


=============


そして、今週もフードありがとうございます☆

福島の猫さんへのフードのお礼です!












↑↑↑

「まろちゃんの、ママさん♪」より

福島の猫達へ託してくださりました!!

震災当初より常に応援をしてくれて・・救われています☆

たくさんの、フードと、私がいつまでも喉をやられていたので・・のど飴まで気にかけてくれてありがとう!


==============



「ここからは・・署名のお願い」


みなさんの記憶に新しい
教師が子猫を生き埋めにした船橋の事件の、教師に対する厳罰などを求める署名運動がでました

下記の元タレントで現職、神戸の市会議員さんの「上原みなみさん」からの提案です


https://www.change.org/p/%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-%E4%BB%94%E7%8C%AB%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E5%9F%8B%E3%82%81%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%9F%E6%95%99%E8%AB%AD%E3%81%AE%E5%8E%B3%E7%BD%B0%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%A8-%E6%84%9B%E8%AD%B7%E5%8B%95%E7%89%A9%E9%81%BA%E6%A3%84-%E8%99%90%E5%BE%85%E3%81%AE%E6%A0%B9%E7%B5%B6

↑↑↑↑↑

子猫を生き埋めにした教師の厳罰処分署名
お願いいたします!!





上原みなみオフィシャルブログ「みなみかぜ」
↑↑↑↑↑


この神戸の議員の「上原みなみさん」のアメブロ記事。


犬猫の殺処分を、限りなくゼロに・・。この記事をごらんください!!


署名を持って千葉県教育委員会に行くつもりです。

と力強く書かれています!!



参考に・・・
http://minami-uehara.com/
(上原みなみさんのアメブロやオフィシャルサイトです
不妊手術の必要性についても切り込んでくださっています!!)



================


「今月の地元猫TNR」


ずっと追い続けてきた、浜の黒猫くん





数週間前には捕獲を失敗をして、とぼとぼ、歩いていってしまった黒くん


その後、ひどい怪我になっていた

縄張り争いのような喧嘩の痕


不妊手術とともに、大傷はコンベニアでの治療もしてもらえた


不妊手術、浜での捕獲は、今期この子で、7匹になった



リターンの時は、少し元気になってきた


相変わらず、どの子も、リターンは一気に走り去る。

そして数日間は、姿も見せない。


手術を受けているから、身を潜めて完治させているのだろう


必ず、お腹をすかせ、また元気に姿を見せるものだ

そのために、定期的に餌を運んでいる


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

福島のフードをありがとうございます!!


実は、数日前にアマゾンより、到着していたのですが・・・・

差出人様の御名前が、どこを探しても書いていないので、お礼が伝えられずにいました・・(ノ_・。)


しばらくしたら、メールがくるかな・・と待っていましたが、お礼をお伝えしたいので、ブログ見ていたらご連絡くださいね♪










↑↑

たくさんのフードを託してくださりありがとうございます!!

次回は4月の始めに、飯舘村へゆきます

たくさんシートも助かります☆今度も、TNRは数匹で覚悟していますが、給餌もその分頑張ろうと思います


そして、早速マスク・・・使わせていただいています!!

今年に入ってマスク無しではいられないほどの、咳で、もう本当に嬉しい限りです、色々考えて詰めてくださりありがとう!!


===============




今日の出来事。

あまりに嬉しくて・・・

フェイスにも、早速書いて、みなさん、いいね!をありがとう!!


これ!!

↓↓

10日の朝日新聞の広告欄です


「3.11から学ぶべきこと

それは、命の大切さと自然の持つ巨大な力。


だから、原発は要らない。

もっと資金と人材を自然エネルギーに注いで新しい日本をつくりましょう」


と書かれていた


その新聞記事に・・私の住む地元近隣で、「小水力発電システム運用開始式」と、書かれていた・・!?


日本発民間主導による地域共生をめざす水車発電!!だそうだ


やった~

近隣にも再生可能エネルギーができた~☆


16日が、開始式のようだ!!

さっそく、開始前の現場へレッツゴー


試運転中のそのエネルギーを見てきたのだ!!


↓↓↓



「自然エネルギー利用促進協議会」


幅は2、5メートルの、農業用水

農業用水をこのように利用するのは、水利権など・・何かと厳しい条件の中、地域の住民さんたちの理解の下で、同意に結びつけたようだ



すごい迫力~♪


立ち止まり感動していると、会の方が話をしてくれた


小規模なので、これで全ての電力をまかなう事はまだ出来ないが、原子力に頼らない先駆けになる


課題としては、近隣が住宅地なので、水のバシャバシャ音をどうするか・・などがあげられる


しかし、水力のいいところ。

太陽光などと違い、24時間発電可能ということ

災害時停電などにもつかえる





ここが発電機


水車がグルグルまわり、ぐんぐん発電機が作動していた

今後、設置が広まるようだ!!


そして全国からも、今後、かなりの方が視察に来ると、おっしゃっていた


「防災先進県の、静岡モデル。として全国に広めたい」

静岡新聞より  「農業用水路で水車発電 長泉・桜堤で試運転開始」


再生可能エネルギー。


今の政府には、こういう命を守る取り組みには、目を背けるのかな

いつまでも、再稼動、再稼動・・の言葉は、私には、とても不気味だ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村 活動2日目


前日(2/28日)にTNRの為に保護した、うたちゃんもどき。さんを、朝一で、スペイクリニックへ、搬送


当日リターンすることになっていたので、手術が終わり、搬送時間まで待って、昼過ぎに白河を出発。





うたちゃんのお宅へ到着

まず、フードの支度をする。


リターンすれば、一気に走り去る猫はほぼ100パーセント

フードなんて目もくれずに、走り去る。

いつ帰ってきても食べれるように、陰にフードを隠して置いた。






もどき。さんは、自分の居場所と気づき、この後、一気に上の小屋へ走り去さった。


オスだった。


ほとんど姿を見せないお方。

餌やりさんが来ても、住民さんが居ても、見守り隊さんが来ても、人の姿を感じると、すぐ逃げてしまう野良さんのようだ


いまだに、リターン後の姿が見えないと、餌やりさんのブログには書かれているが、オスなので、術後の身体の負担はかなり少ないので、必ずでてきてくれるはず



こちらは、今は、一人で、頑張って生きている方


よろよろと出迎えてくださった

本当によく頑張っている


見ていてもつらい・・病気も抱え、いつあえなくなってもおかしくない

栄養をたくさん与えてきた



カロリーエースや、柔らかなフードなど入れると同時に、一気に食べる




よろよろとはしているが、食欲はとてもあることが救いであった


乾燥フードも、お気に入りになってくれて、ボリボリ食べてくださった

煮干もよく噛んで食べている




ジュピターちゃんが心配していた猫さんの餌も、机の上に入れた。




そして、ここは猫さんが数匹いる餌場

残っているフードにさらに補充


猫さんには出会えなかったけど、しっかり減っているところを見ると、ちゃんと生きていると思える




ここは、道の途中にある、命の餌場

ここには山の中から猫さんが降りてきて食べているようだ


のぞくと、この日は、フードはしっかり補充されていた



立ち入り禁止ゲートのすぐ手前のお宅

フードは、着々と減っていた




私たちが来ると、みな隠れる

この子も、機械の下で、ジッと身を潜めていた




フードを補充

もし、ジャンプできない猫さんがいて、食べ物にありつけない事が怖い

下にも、フードをたっぷり補充




「まめ」さんがいたお宅

今はもう、まめさんはいない


でも、居ついている猫さんはここで生きている


まめさんが居なくなった今、もうここに居る猫さん達は、ボランティアさんが餌を与えてあげない限り、誰からも餌をもらえなくなったようだ・・・・






この子達も、餌をもらえる保障はもう無くなってしまったようだ・・


ボックス設置もダメなのだろうか、不安になる







ジュピターちゃんからも、必ず寄って欲しい!!と託されていたので、フード補充とウエットも与えてきた

元気にしていた


外の小屋には、犬のフードを補充

なかなか捕まらない放浪しているワンコさんが、居るとのこと!!

食べに来ていると信じて、餌を置いてくる




小屋の周りには、犬?と、おもわれる足跡もあり、希望を持ちたい



餌やりポイントに寄る

タライには、餌が空だった




飯舘村も、雪がほとんど溶けていたのに、ここは、車で入れない

まだ雪がかなり残っていた


きっと、夜なんか想像できないほどの凍える寒さなのだろう

もう私も、すでに、長靴の中の指も、ひりひり痛む冷たさだった


一人で暗い中を毎日毎日人が来るまで待つ、これは想像を絶する、どれだけツライ、仕打ちだろう。



なかなか近寄ってくれない

皿に、おやつを入れてその場を去ると、駆け寄り一気にたいらげた




小屋の上に忍ばせてある、猫さんフード

空になっていた


前回、餌場に気づかなかったお宅。

この中だったことを知り、開けてみると、減っていた

この場所には、以前TNRしたメスネコさんがいた


あれ以来一度も逢えていない


どうかここで皆、餌を食べさせてもらえていると思いたい




餌を補充していると、飼い猫さんが、出てきてスリスリしてきた

もう真っ暗になっていた


スペイクリニックでの手術待ちで出発したので、いつもより遅い開始だった為に、出来る限りまわって帰るつもりだった


見守り隊さんには、「暗くなる前には帰ってくださいね!」と言われていたので・・先を急いだ





この付近の餌を補充した




翌日も、飯舘村での給餌活動をしてくれるジュピターちゃん。

置き場に、猫さんフードを帰る直前に託してきた


猫さんは犬よりも多い

私が周り切れない場所にどうか、翌日、託してくれるよう・・・。


今回も、TNR1匹だけという厳しい現実の、活動だった。





この日は3/1日。


常磐道が全線開通の日だった。

写真にあるように、南相馬のIC入り口にも、空間線量の表示があるのだ。


福島第一原発から、たった6キロしかないところも、車が通るという信じられない開通なのである


もちろん、20キロ圏内を通過することになる。

この間、町を見る。

右も左も、何も光のない

信号も、車のライトも何にもない


ここには、生き地獄、餓死をいつしてもおかしくない犬も猫も、いまだにいるのに。

助けもせずに、開通だけする政府。





南相馬ICに入る時の車の中での胸の位置での空間線量

0,1マイクロシーベルトほどであった







原発付近に近づにつれ、ぐんぐん線量計の数値が上がる。

道路の所々に、線量を示す電光掲示板の線量は、5マイクロ・・・

非常に高い


車の中でも、これだけの数値が出た。


飯舘村の方がおっしゃった・・

「この高線量の中、広野~浪江間で事故なんかあったら。

誰が行くのか?被曝せずに間に合うのか?」



これが、本当の被災地の声なのではないのかと思う

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2/27日夜、静岡を出発、福島県飯舘村へ向かう


ご支援のフードが出発ぎりぎりで到着!、即座に積ませていただいた、とてもありがたい限りだった!




↑↑
「miccuさんへ」
今必要なものを何度も確認してくださってありがとう!!
飯舘村で住んで、猫を面倒見てくれているお婆ちゃんにも託させていただきありがとう!



福島県飯舘村給餌、猫TNR活動1日目

今回も一番の目的、飯舘村の猫達の繁殖予防のTNR


先月は、雪でまるっきしダメ
粘った1匹を何とか手術に出せた苦い活動だった

今月もそんなことにならないように早朝から狙ってる場所に向かう



今でも、庭に置かれている除染の袋。

この側で猫達は住んでいるのだ




以前も、仲間のジュピターちゃんもTNRトライした場所。

うたちゃんのお宅。


ここには、うたちゃんに良く似た「うたちゃんもどき。」さん、がいる。

そのお方を追っているのだが、なかなか捕まらない・・








うたちゃんが、登場
今日もよく食べる

「うたちゃんもどき。さん」が出てくるまでトラップを置き、先を急ぐ




サロンの餌場にもまだ未手術の猫がいるよと、hibiさん情報あり

この時間は、粘ったけど現れず、さらに先を急いだ

このサロンには、のちほど、もう一度様子を見に来ると、飯舘村見守り隊の「しょうじさん」に逢う♪


ボランティアさん達は、いつもいつも、フェイスなど、しょうじさんからの飯舘村情報で、雪の様子や道路の状況などを知る事ができる、強い味方なのだ!!
やっと出逢えた

こんな時に限って、化粧もしてない。わたし。
しょうじさんごめんなさい(*_*)





そして、避難せずに寄り付いた猫達の為に餌をあげてくれているお婆ちゃんのお宅。
着くなり猫達があちこちからピュ~っと走り去る

7匹以上いるそうだ
フードが無くなってしまい困ってると、みゅーちゃんのとこに電話が入ったようで私も皆さんからのフードを分けさせていただいた

お婆ちゃんご支援にとても感謝されていた
ここで生き延びてる猫は多い。支援は継続させなければ






そしてここは、子犬を身ごもってしまい…みゅーちゃん達が懸命に小屋やバリケードを作ってくれたチョコちゃんのお宅

子犬たちはみゅーちゃんたちや里親さんを探してくださった方々のおかげであちこち旅立っていった…

今後妊娠しないようにまた皆で考えていってあげたい、可愛いチョコちゃんの為に。




チョコちゃんの近くのお宅にいる老犬さん



フードが残っているところを見るとちゃんと管理されているお宅なので、フードはたくさん補充したりはせずに見守った






チョコちゃんの近所で以前ネコサンの餌場を見つけたお宅


やっぱりこの日もフサフサの耳カットされているネコサンが出てきた



この日もフードは無かった


入れたと同時に、食べに来た
帰宅頻度が読めないので難しい…




飯舘村に餌やりに来ている仲間のジュピターちゃんがまた翌日も来てくれる
時間さえあけば飛んでくる彼女。

彼女が飯舘村の犬猫達の為に与えるフードを、私も回りきれないお宅の分を、ジュピターちゃんに託し、置き場に少し提供させていただいている


わたしもジュピターちゃんもご支援で支えられている感謝…






こちらのお宅は、とても久しぶりに訪れた
見守り隊の方だろうか、帰られている形跡もあり、焼きかつおを与えて様子を見た






こちらのお宅も以前未手術の雄をみつけたので今回もTNR対象で来たが、あれ以来見かけることは無くなった




とにかく村にいた猫達が減っているのは否定できないのだ…





ここにも未手術情報があり、訪れたが、猫達一匹すら出てこない…


ありがたいことに、他の団体ボランティアさん方々が、このような小屋をあちこちに設置してくださったようだ
猫達にはこの寒さを乗り越えてほしい


またしても、今回のTNRも苦戦になった








途中、月のほとんどを給餌活動に費やしてくださっているhibiさんに逢う

餌やりポイントとひょっとしたら未手術が来るかもしれないから、ついてきて~と同行する

手際よくフードを用意して・・・



こうすると、出てくるから見てて~と言われ、hibiさんはあっというまに、呼び出してくれた




右前足がブラブラ…
完全に折れているネコサンだった

でも、よく訪れてくれるhibiさんをやっぱり、信頼しているのだろう




そして・・

うたちゃんのお宅へ、トラップの確認にゆくと、

もどき。さんが、入っていてくださりました!!




上がもどき。さんで、覗き込んでる下が、うたちゃん・・・

本当にそっくりなのである



これでようやく1匹、TNRに出せる

ずっと狙っていたお方だったので、ホッとした


フードを補充して、うたちゃんともお別れ






集会場裏、餌場ポイント

よく、ここにはちょびがいたな・・
ちょびは野生にやられたか・・怪我をしているところをボランティアさん方々が、病院に連れていってくださった・・

みなさんの優しさがとっても嬉しい
ちょびはもう、この村には戻っては来ないかもしれない

少しずつ保護されて、そして、新しい命も無駄に産まなくなれば、ようやく光が見えてくる

猫達も、4年もまわり続けたボランティアさんたちにも。




この日もフードは荒らされずにネットの中に残っていた
ボランティアさん達の懸命な餌の補充で、繋がれていること。


現地を見ると本当に、感じる




みんなのアイドルピッコロ
ピーちゃんは必ず、車が道路を通ると必死で走り駆け寄り歓迎してくださる


ピッコロは、なんか言葉を話せそうな気がしてならない


なんか、ウキウキして、「来てくれて嬉しいよ!!」と言われてる気がする

帰るときの寂しい顔を見ると、「もう帰っちゃうの…
」って。今にも口からこぼれてくるんじゃないか。って毎回思う

絶対、敷地から脱走しない
本当にしっかりした方なのだ



この辺りは飯舘村の中でもさらに雪が深い
姿の見えない猫達は、この冬をちゃんと乗り越えられたか不安になる



TNR活動も、耳カットされていないネコさんを見かけなくなってきて、私の方は今回も苦戦の一匹のみ。

しかしジュピターちゃんの方は翌日頑張ってくれて、さらにTNRに出すことができた

猫達が、減っている事が、TNRを続けてきた成果になっていたら少しだけ報われる。






この日はhibiさん宅に、また夜はお世話になり、宿泊させていただいた
ママも、暖かい料理を作って待っていてくださり、感謝しながら、翌日の予定などの情報交換をさせていただいた


今月もTNR一匹という厳しさに、めげそうな初日の活動だった・・・
(二日目活動に続く)
 


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。