愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

今年も1年間、福島の原発事故の犠牲になっている犬猫たちの応援を、ありがとうございます!!


いまだに、餌も足りない区域や、犬も猫も。不妊去勢されずに、産まれ殖え続けている実態も、否定できません。



たくさんの有志の餌やりさん達が、地方から自費で給餌に駆けつけて下さるから、生き延びている命は、多いのです。


早く、地元の方だけで、自ら犬猫達の命を、最後まで責任持って面倒をみる 。

こういう体制になるよう。


政府は原発事故前の状態に早く戻してもらいたいものです。




飯舘村へのフードご支援のお礼です!


(12月25日現在までのお礼です)


「にこちゃん☆」

いつもTNRの事を気にかけてくださり、飯舘村の猫達の繁殖予防の為のご支援をありがとうございます!!


メッセージちゃんと読んでいます!いつも同感☆ですよ

怒りも、もどかしさも、喜びも、にこちゃんと一緒です!ありがとう!






↑↑

「たんぽぽさん☆」

飯舘村の猫さんのために、フードのご支援をありがとう!!

いつも、命を殺さず、命を救うべジフード感謝しています


本来はこの形が一番理想ですよね☆

この想いを来月は猫さん達に、必ず届けてきますね!









↑↑

「仲間のCちゃん☆」

いつも信じて応援してくださりありがとうございます!!

吟味してくださったのがよくわかり、感謝しています


TNRの時も、猫さん搬送に、捕獲機の中でトイレをしてしまう為、シーツは特に欠かせないのでフードと共にありがとう!!






↑↑

「アグリッピナちゃん☆」

飯舘村への猫さんのフードをありがとうございます!!

メッセも共にありがとう!


さらに冬になり、寒さに耐える為にも、野生に食べられないような位置に、託してきますね!





↑↑

「ぼくD君☆」

ダフィバちゃん!飯舘の犬たちへのご支援をありがとう!

いつもゆめまるの応援もありがとう!


今月はどうしてもゆけなかったので、1月は必ず託してくるからね

雪の被害が少ないように祈っていてね!



================


12月の地元の猫のTNR


いつも私がTNRに目を光らせている浜での猫さんです

餌やりさんも、不特定多数。


ここは、どうしても、必ず新規の野良ネコさんが、居つきます。


そのつど、見つけては即TNR。


こうやって、子猫を産ませないようにしてきました。



見つけてから、1ヶ月以上、追い続けてきた、猫さん。

棄てられたのでしょうね。非情な、人間に。


シャム風の、綺麗な猫さんでした。

餌を求め、浜にきた野良さんです。


オスでした。


この子が今年最後のTNR(不妊去勢)の猫さんになりました。


不妊手術専門病院の先生には、地元で今年もたくさんお世話になりました。

こういう取り組みがある、地域に住んでいる事が、私の喜びです。


すでに暮れの休暇に病院も入ってしまった為、引き続き地元の活動も来年に持越しです。





飯舘で、殺してくれと依頼された「ちょび」も、私の家で今年も元気に1年暮らしました。


飯舘から保護されて来た時は、

ゲッソリ、骨でギロギロ、癌で顔はグジュグジュだった姿はもうありません



ボランティアさん方々、フードや資金の応援を託してくださった、みなさんのおかげで、今年も、命は繋がってきました。

いまだに、福島に入っている動物ボランティアさん達に感謝を抱きながら、今年最後のブログになります


1年間。ありがとうございました!!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

引き続き、福島への犬猫さんの、フードご支援や、TNRご支援など、託していただいてます!!


みなさんありがとうございます!


仕事の関係上どうしても12月はスペイクリニックでのTNR活動に参加できないのですが、来月はがんばります

(スペイクリニックは、期限を延長してまで、私達ボランティアたちの協力をしてくださりました)


=============


「そぼろさん☆」

今月も、さらにご支援を託していただきました!!

ありがとうございます!

お礼のメールを送信したのですが、届いていないようで心配です

ブログだけのお礼になってしまいごめんなさい・・

フードの補充に、使用させていただきますね☆

購入しましたら、また写真載せますね!!









↑↑

「みおちゃん☆」

フードのご支援ありがとう!!

飯舘の子達の喜ぶものを☆と考えてくださったようで感謝です!

いつも応援をありがとう!

身体を崩さないようにと気にかけてくださり嬉しかったです☆

福島の子達に託してきますね~









↑↑

「こつぶまめさん☆」

たくさんの活動をいつもありがとう!!

その大変な中でもいつも福島の事を忘れないでいてくださり感謝です!

猫さんへの愛情をいつも拝見させていただいています☆

活動、お互いにがんばろうね!


=================


今月の地元猫さんTNR(捕獲、不妊手術、リターン)活動。



仕事の関係のお客さんのご協力で、野良さん情報を頂けました

建築現場には、たびたび猫さんに遭遇する事が多いです


餌はかろうじてもらえてるのに・・不妊去勢されていずに、どんどん繁殖しているところは意外に多いのです。





お客さんのご協力で、ご近所に理解を求めてくださり、捕獲と去勢と、背中に大きな傷もあった事がわかりコンベニアもできました





こちらも、オスでした

耳カットもされて無事に放しました。


私の住む地区の近隣市では、地域猫活動が盛んになり、市からの助成金も、すでに予算を超えている、と役人さんに聞きました


「子猫を見なくなった」と、新聞にも書かれていたようです

そのとおりですね


やれば、成果は必ずでています。

犠牲になる猫も確実に減ってきます。




もう1匹今週はTNR出来ました

いつもの、浜の猫さんです


定期的に餌を与えながら、耳カット無しの子をわたしはチェックして、見つけたら、病院へ出し、リターンしています


ここはもう数十匹TNRしています


浜なので、警官さんも、見回りにきて、不審者とおもわれがちな私ですが、TNRの事を話すと、すぐに理解してくださります



オスでした。

栄養をつけさせて、また逢えることを願い放す。

一気に走り去ってくださりました。




実は2日前に、道路で、子猫がひかれている場所に遭遇しました。

道には、血が、吹き散らされていました・・・・

暴走運転車があとをたちません!!



昔は、月に何度も見る光景だったのですが、TNR活動が進み、ここ数年は、そういう犠牲の猫は少なかったんです。


しかし、この無残な姿を、また見ると、


「何を言われようと、無駄に産まれる命は食い止める。TNRを辞めたら、またひかれて苦しむ猫が殖える。

だからやめない」


と、再決意し奮起します。

「継続」は、必ず結果がでます。


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんいつも福島の犬猫さん達の為に、ありがとうございます!!

(ご支援のお礼は追ってアップいたします)




「マーナミーナままちゃん☆」

いつも犬達の為にフードをご支援ありがとう!!

珍しいおやつなど色々、飯舘の犬達が喜びます☆

いつも、気にかけてくださり感謝です!!




↑↑

「ハルちゃん☆」

いつも、フードの応援をありがとうございます!!

メッセージも同封をありがとう!!

これからも、出来る限り福島で、頑張ってきますね☆





↑↑

「ポメちゃん☆」

いつも現地まで持ってきて頂いて、声をかけていただいていたのに、なかなか逢えずにごめんね

フード応援ありがとう!!

これから厳しい季節だけどがんばります!




↑↑

「カムノンさん☆」

今回も、フードのご支援をありがとうございます!!

猫達の活動の中、福島の猫達の事も応援を感謝します

飯舘の子へ、託してきます☆


=================


いよいよ、今やる??疑問が一杯の選挙が始まります(12/14日)


やるというなら、受けてたちます。

原発稼動させるような政党は、私は選びません。


議員削減もせずに、税金ばかりあげて、庶民を苦しめる政党は、私は選びません。


今回は野党VS与党。

と考えています。


各地方の与党候補に確実に勝てる、対抗できるであろう野党候補に1票をいれる。


100議席を減らし安倍氏を退陣。

これを、全国に広める。



緑茶会さん(脱原発政治連盟)より転載

↓↓↓

【「原発大好きイレブン」の選挙区にお住まいの方へ】


イレブンを落選させることは可能です。

どんなに得票しているイレブンも、有権者の50%の得票を得てはいません。絶大な強さを誇る安倍総理ですら有権者の44%からしか得票していません。

前回の投票率は59%。もし棄権した41%の有権者全員が「安倍以外」に投票していたら?2位だった民主党候補が48%から得票する結果となります。


あきらめないで下さい。


有権者は本当は結果を左右する大きな力を持っているのです。


好き嫌いとか、正しいとか悪いとかでなく、まずは「原発大好きイレブンが落とせるか?」です。

私たちは、そういう「戦略的投票」を今度の総選挙で、とくにイレブンの選挙区では実践してみてほしいのです。

そのために作成したこの「落選させるべき議員のリスト」をぜひご活用下さい



=======================


私の、脱原発の学習会の仲間達は、東京8区の、候補の「鈴木たつお」さんの応援に、続々駆けつけています♪


注目:東京8区です。


原発大好き、金目発言。石原氏倒そう




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村 猫TNRリターンと餌やり活動 3日目 11/24


報告遅れてすみません


3日目の活動は不妊手術した猫さんのリターンが主でした。

合計6匹、オスが3匹

メスが2匹。1匹手術済でした




最近猫がいないと書かれている山木屋ですが、やはりこの日も、ゴエモンさんしか見えませんでした




カラスもたびたび、覗き込んだりしていますので、減り具合いは早いですが、ここがこのあたりのたくさんの猫達の命の餌場です。



そして、ここは、チョコ色の母猫さんが先にTNRされました


しかし、ほぼ不可能・・とおもわれていた子猫さんを、今回手術出せたので、ようやくここは、食い止められたということでしょう




その子猫さんです

メスでした、本当に食い止めてよかった


子猫を早期に不妊できることは、病気にも、なりにくい、身体への負担も少なく、良いことばかりです


なんといっても、放射能の地で繁殖させないことになります






餌やりさんの皆さんがいつも栄養を与えてくださるおかげで、本当に、毛並みも、だいぶ綺麗になり、自ら、ご飯を欲しいと寄ってきたり、ダブルキャリアとは思えないくらい調子がよさそうです


がんばってやわらかいパウチは召し上がっています




ここも、ついに子猫を手術に出せたので、未手術は、ほぼ終了とおもわれます







その子猫も、メスでした!

半年追い続けた甲斐がありました






最近姿が、見えない・・といわれていた、「飯舘村のチョビ」です

餌の補充に、車をつけると、後ろから鳴きながら寄って来ました





いつもと様子がちがかったので、何か変だとおもっていたら、首筋をやられていました


それとお腹が円盤状に出ていたので、わたしとジュピターさんは、「マンソン」を疑っていました


マンソンは、帯状の奇妙な虫で、お腹の中で数メートルにもなる事があり、おしりから出さないと、危険なのです


とにかく病院にだすしかないので、ちょびを車に乗せました




高校前の付近です


ずっと、挑発されていて、この子もなかなか捕まらなかったのですが、彼が執念で、TNR出してくれました


ここも10匹近く手術しましたが、まだまだこのエリアには未手術がいると、予想しました




この子は、手術済でしたので、耳カットだけして放しました



この子は、高齢とおもわれていましたが、先生の見た感じでは5歳。

個々に判断し、TNRしなくていい年齢なんて、無いと、確信しました


オスでした

ここのTNRも、hibiさんに情報いただきました

食い止めてくれる事に協力していただけて感謝です






猫の為に村に残って暮らしてくれている、おばあさん宅です


この子猫も、数ヶ月追い続けてきました

遺棄をされたのですが、生き残って帰ってきたのです


もうこれ以上子孫を殖やすことは、この地で必要ありません




いつものように、おばあさんには、皆さんからのフードを託してきました!喜んで受け取ってくれました






そして大倉地区

餌やりさんならすぐにわかる畑の中にぽつんと2匹でおかれている犬です


ここの左の子の首輪がゆるゆるで、交換しないとならないという心配を・・前日に寄った、福光の家の女性スタッフさんから託していただきました



畑の中で番犬なのでしょうか

さぞ暗い夜には、心細いでしょう




問題の左の子です

そうとうビビリさんなのか、すでに来た時は、この小屋の脇の竹やぶに入り込んでいました




隠れるのはいいですが、見て、ゾッとしました!!

竹の間を縫ってしまってか、ぐちゃぐちゃに絡んで、抜け出せない状態だった事が判明。



このまま、もし、誰も気づかなければ、小屋にも入れない、餌も届かない、雪の季節なら、凍死もなりかねません


野生の動物からも、身を守ることすらできません


かといって、この竹は、夏の日よけにもなるのです

こういう危険をボランティアではなく、飼い主さんがもっと早く、気にかけてあげるべきでしょう





そしてゆるゆるの首輪を、交換してきました


久々に行った場所で、こういう問題をさらに目の当たりにして、ボランティアだけに全ての負担がかかることへの疑問も感じました



途中、ジュピターちゃんとまた合流しました

ジュピターちゃんは私なんかよりも、たくさんの日数、飯舘に通ってくれて、たくさんの犬たちの面倒や、不妊もしてくれています


私に託してくれた皆様からのフードの応援も、ジュピターちゃんにもわけてあげました




この日のメインは、本当は飯舘で手離す犬の搬送でした

一時預かりの「ラディアンさん」のところに、待ち合わせで引渡す予定です。


しかしチョビがどうしても、心配で、見てもらいました

首の傷は野生に噛まれたであろう、そこが塞ぎ始めたのですが、さらにまた膿か?破裂してしまったという先生の見解でした


お腹の円盤型のぽっこりは・・・脂肪??食べすぎ??と言われたのです


飯舘の地で餌の食べすぎ??なんて想像もできません

先月出ていなかったお腹があれだけ張っているのに。


チョビを飯舘に搬送する時間がもう取れず、hibiさんが翌日行ってくださりました、チョビの為にありがとうございました





郡山でシャンプーされ搬送するみーちゃん



ジュピターちゃんに飼い主さんから、もらってくれと、依頼が来たそうです。

シャンプーされて、こんな車の多い道を歩くのは、この子にとって初めてだったかもしれない


震災直前に産まれた子だったそうです

この子の人生、ほとんどは、人の消えた村で、この3年生きてきたのです

愛情をちゃんともらえたでしょうか。



「まさにあの原子力の被害者。」


犬を手離すということ。


こうやってジュピターちゃんにもたくさんの資金がのしかかり、私たちみたいな搬送係りも動き、一時預かりの迎え先も待っている


こんなにたくさんの人が動いている

生き物を手離す事がどれだけの人に苦労をかけているのでしょう



そして、1番の被害者が、このように次々に移動させられるワンコさんたちです。


車にも、外の世界にも、とにかくキョロキョロ、神経をやられたかもしれません




搬送には人間でも疲れる数時間。


途中何度も、散歩をさせては、とにかくあと少し辛抱して・・と願い、ラディアンさんのところまで、頑張ってくれました


この間1度も吠えず、暴れることもしませんでした

放射能からの被曝はこれで軽減はされます

しかし、この子が、信じていた人とはもう離れ離れです。


犬も猫も。「不妊手術の必要性」を、この子から、私は痛いほど感じさせていただきました。





搬送先のラディアンさんのお宅では、みーちゃんの受け入れに、温かく、待っていてくださりました


何もなかったかのように、元気にぐんぐん引っ張りさっそうと、入ってゆくみーちゃんを見て、「これからが幸せだよ」と。


ラディアンさんからは、こちらにきているご支援を、福島の子の為に託して欲しいと言われている支援者様から、私に託して頂きました

ありがとうございました!!


みーちゃんの里親さんが決まるまで、どうかよろしくお願いします☆



(12月は平日が、クリニックの開催の為、私の仕事の都合上日程が合わず、TNRは行えなくなりました。発情時期までには何とかがんばります)



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。