愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

昨日は(10/26)、福島県知事選でした


私は静岡県民ですので、もちろん選挙にはいけません。

皆様、選挙にいかれましたか


誰にも流されない。

悔いのない「自分の1票」を投じてくださりましたか



悔いは絶対ないと言うならば・・、結果に私は何も言いません。



動物たちがもう、

(圏内に閉じ込められそこから餓死しようが、出さない!!)、などという冷たい対応に、二度としない福島を、これからは、ただ望むだけです。



================


福島の飯舘村へのフードのお礼です

3年経っても変わらぬみなさんの優しい愛情に感謝します!!



「にこちゃん☆」

飯舘村の猫さんのTNRの賛同をいつもありがとう!

そして手術のご支援を毎月ありがとうございます☆

先日も、殺処分の動画もわかりやすいイラストで作成をしてくださりました、みんなの心に響きましたよ!











↑↑



「仲間のCちゃん☆」

いつもフードの応援をありがとう!!

今回、欲しいものをまとめてくださり感謝していますよ☆

不妊手術の搬送には、おしっこシートは必需だからね

色々ピンポイントに揃えてくれてありがとうね!!





↑↑

「カムノンさん☆」

ご支援のお申し出をありがとうございます!!

せっかくたくさんご用意してくださったのにお逢いできず残念でしたが、今度是非お話できるよう、またご連絡取り合いましょう

地元TNRも、ご心配していただき感謝しています☆








↑↑

「ゴマさん☆」

可愛らしいブランケットを色々ありがとう!

私が使用したいくらいの可愛いデザインで、飯舘の猫達喜びますね

どこか、寝床になるような所に忍ばせてきますよ☆

私たちにまで差し入れをありがとう!!







↑↑

「そぼろさん☆」

以前託していただいていたご支援で、今月もフードを買い足させていただきました!!

11月の終わりの飯舘入りの為に猫さんフードを購入しました

いつもTNRの、応援もありがとう!!




================



昼間会社でご飯食べてると、TVで、宮崎あおいさんのCM
「アースミュージック&エコロジー」が。
何気に見てると

「動物の毛?」と問われ
「動物じゃないしー」

と発言する


http://www.earth1999.jp/sp/

↑↑(アースミュージック最新CM)



わたしはCMの中で、このやり取りがあることに衝撃でした、


「毛皮」ばかりが上質と騒がれる中で、アースミュージックは絶大な人気ブランドだし、殺される生き物への、光の第一歩ではないかと、思いました

どこもかしこも、この時期は成分を見ると、ダウンにカシミヤ、ラビットにタヌキ…
成分札を触るのに、躊躇してしまう

首にフワフワついてると悲しくなる



先日もアウトレットモールで、成分を見てると…「タヌキ」…が目についた


「あぁ、飯舘村にも、猫たちと一緒におこぼれを食べて、必死に、生きていたタヌキさんがいたな。・・・」



「またこれもか…」と、可愛らしいポンチョ型のコートを手に取ると、毛皮ゼロ。
良くできたフェイクファーでした。






生地にも毛は一切なし
これでじゅうぶん暖を取れるではないか

嬉しくて購入しました

いままで知らずに購入していたダウンにマフラー。


それらを大事にするのは当たり前だけど、これからは、服を買うとき、靴を買うとき、「成分札」を見ること、それが野生動物への、愛情の一歩ですね


AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
福島県飯舘村、猫不妊手術リターン3日目続き



やっと手術に出せた「親分」の居つき先


除せん作業員さんのお邪魔にならないよう、お昼休みを狙ってリターンにきました





待ちきれないようなので、昼寝を終えた、親分にパウチと栄養満点カロリーエースをあげました

やっぱりパクパク
リターンされる前にこんなタイプのネコサンは久々です





みんな一目散に走り去るのに、親分はゆっくり伸びをしていました
本当に性格のいいお方でした

来月また逢おう



親分とこは10匹くらいネコサンいます
フードが空になるのも早い
ジャンプできない子の為にも低い位置にもフード隠しておきました






こちらのニャンコさんも、とても可愛がられています


我が家に来たことが景色でわかり、ソワソワ…
放してあげると道を挟んだ向かいの小屋へ一気に走り去りました


スペイクリニックの先生の数センチしか切らない手術方式は当日リターンしてもリスクが少なく早く傷も治り信頼できます



初訪問のお宅でしたので餌場がわからず、からす避けもされていたのでこちらにもおかせてもらいました



雨の予報でしたのでなるべく雨のかからない所へ餌を補充

このあたりの寄り付きのネコタチの不妊虚勢もやりたいな…と思いながら次のお宅へまわりました




工務店のネコサン
本当にいつもすごい空腹




ここは、いつきても、乾燥フードが残ってる事はありません


ちゃんとネコサンがありつけているのかもわかりません



本当に空腹の猫が食べるような、ガツガツした食べ方で食べてました
心が痛みました





ここは、飯舘村の中の広い敷地内でのシェルター。

「福光の家」(ふっこうのいえ)に寄ってきました

ここに居る子はほとんどが、飯舘村の中に残っている犬たちになります

かつて、餌やりにまわっていた顔馴染みのワンちゃんもちらほら♪



わたしが、訪れた理由として、


犬たちの不足してる物や何か困っていることなどを聞くこと。

そして、何より飯舘村の放射能区域に滞在時間が長い代表の身体の心配でした



こちらにくる前にフェイスブックで、福光の家のことがわかるボランティアさんが、御親切に、いま、あったら助かる支援物資。をメールくださりました!!



使うものを教えていただき無駄にならずに助かりました


わたしが行くタイミングで必要なものは老犬の餌などにまぜて与えるミルクなどど、いうことで、ピンポイントにそれを個人的に支援してきました




ネットであれこれ言うよりも、「来て、見て、話を聞くこと」
これに勝るものはありません

一匹一匹のここに居る事情や、経緯。
やむなく一時的に来ている犬など…ちゃんと聞くことで、見えてきたものもあります



印象的だったのが、かつてシェルタ出来た頃よりも、快適に犬たちが過ごせるスペースが確保されていること。

そして、犬たちが最初は吠えたけどみんな代表が来ると尻尾を振ってイキイキとしてる姿。

見ているなかで、この柵は少し隙間がありすぎるから改良がいいね!!、など、話ながら一匹一匹挨拶しながらまわりました







犬小屋など全国のみなさんが、すぐに送ってきてくださることなど、本当にありがたいんですよ~と代表は笑顔でした

しかし被爆しながらの犬たちの面倒は、並大抵のものではない
毎日毎日身体は蝕まれながら、生活をされてます

村には人が、住んでない。スーパももちろんない。たいしたものも食べれないでしょう
そのあたりの支援なんかも、私達なら毎月行くし出来るかもしれません





あ…ゴンですね!!
久しぶり!!



小屋の中と言えども歩き回る広さはじゅうぶん確保されていますから、イキイキとしてます


出来る限界のことを、できる人が、弱者(犬猫)の立場にたって行うこと。

また飯舘村に来るときは寄りたいと思います
福光のボランティアさん達にも感謝しています



今回の飯舘村の目的はいつもと少し異なりました

この方は、2年以上前にも妊娠が発覚しましたが、その時…すでに子犬は見つからず。
今回はナナパパが子犬を引き取ると飼い主さんと約束してくれたようなのです

意味もなく妊娠を繰り返し産む。それを結局ボランティアさんが必死に駆け回り里親に出す…。
もう、こういうのはボランティアだけが負担になるだけです


ボランティアは遺棄をしないからです
命を繋ぐことしか目の前にはありません。
負担をなくしてもらいたい、それには一度の「不妊虚勢手術」しかないのです



子犬は一匹
ちゃんとこんどは育っていました

刺激しないようそっとしました



ビスケットを嬉しそうに食べました
まだ授乳をさせないとならない身体です

このお宅。不妊手術了承は得ているそうです
年齢が高い事がひとつの山だそうです






そしてもうひとつの目的の訪問先
こちらは、山道をひたすら入り寂しい場所になります





仲間のボランティアのみゅーちゃんが、ずっとずっと支援したり餌を与えてきてくれたお宅です

みゅーちゃんブログ


こちらも妊娠が発覚

みゅーちゃんが一生懸命飼い主さんと連絡を取り合い、子育て用の立派な囲いを作ってくれました



あちこち村で、妊娠犬を見るのは、わたしの推測では、一時的に帰られた飼い主さんが、散歩を自由にさせるために鎖を外し、あちこちで種をまくことが一つ。

あとは、まだ放浪犬が村に居る。

この二点かと思われます
みゅーちゃんが、一生懸命飼い主さんと今後を、話されています、犬に関してはさらに莫大なお金が手術にはかかると思います

不妊などの方向になるならば、私も、個人的に資金もみゅーちゃんに協力したいと思います



こちらはフードは入ってましたので、おやつにパンをあげました





そして、珍しくネコサンに逢えました
ここもちゃんと手術はされてますので、あとは、寄り付きのネコタチがいればまた行います





ここのお宅もネコサンがたくさん居るので毎回餌が無いので補充しました




この日は、二日目の不妊手術の捕獲のお手伝いをしたネコサンのリターンを、まだおさんがしてくださる日でした

猫と、放す場所が間違いないか…途中でまだおさんど合流して猫顔を確認!!



間違ってリターンしたら生きては行けないから、きっちりみんなで確認しました





山木屋の親子のリターン。


まだおさんありがとうございます
いつもちゃんとメモ用紙に注意事項など書いて、とてもしっかりされていて、安心しています


3日目も妊娠犬の様子など、いつもの給餌のようにはいかなかったけど、スペイクリニックの閉鎖も近づいてきてます


今回は丸二日は不妊手術の為のネコサン捕獲でした


しかしジュピタちゃんと合わせて15匹(内2匹は不妊済みの猫)
妊娠も居ずに成果は高いです
ジュピターちゃんブログ




来月は終わりの連休にTNRにまた飯舘村へ入ります

いつも、無駄に命を殖やさない活動に、賛同してくださりありがとうございます

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村
ネコサン不妊手術のリターン3日目

初日に繁殖予防の為の不妊手術をした8匹を村にリターンしました

合計8匹で今回はほとんどが雄でした


山木屋の交差点の寄り付きのネコさんリターン時に、ゴエモンさんが偵察にきました!!


ゴエモンさんはここのボスのようで、タヌキさんに関しては怒らずご飯を分けてあげてました


顔は怖いけど優しいやつです




一気に元気よく走り去りました




山木屋の命の餌ボックスです


空にはなっていなかったけど、着々と減っていて、一番理想な形です
中で食べてる姿も帰りに見たりもします




低い位置の餌ボックスは空です


初日にタヌキさんも入ってく姿を見ましたが、ここがあることで、子猫などジャンプできない猫が生きてくためには、必要だと感じました




長泥ゲート前

ゲート先は生き物が居ようが、ボランティアが餌さえ運べない


中に身内のお墓があろうが、住民が限られた時間、許可をとり、入る以外は許されない


住民でなければお参りすらできないという

放射能が与えた仕打ちはもっと怒るべき、問題です




このゲート前のお宅はこれで7匹くらい不妊手術してます

後ろ向きに出る猫さん


いま除せん真っ只中
本当にカウンタで計ると線量が高く、捕獲にいくたび切なくなります


放射能を、自らが踏み。

計り、頭痛や吐き気、身体の異変で体感する
そして、怒りを覚え、思いっきり「反対運動」をやる。


誰に意地悪を言われようが、このスタイルは変えません





生き物の細かい部分まで考えてくれてる「まだおさん」の作品

「まだお式給餌機」新作です





野生からの被害を無くす為に試作を重ねてくださってるようです!!
とてもガッチリと止まってますね



ネズミ返し的な支えがやっぱり一番野生から餌を守れるのですね

ジャンプできない子の対策も…まだおさんまたお願いしますね♪




3日目はわたしも割れるような頭痛にずっとつきまとわれて…彼にも任せることが多く申し訳なかった

そんなときにリターン前の、やっと捕まった「親分」を見てみると…


リターン前にこんなくつろぐ猫は珍しくて
スヤスヤ寝てました



リターン終わるまでは、命を預かる以上、いつもピリピリですが、この姿には少し力が抜けました



飯舘一有名な「マメ」ちゃん


細身ですが、この堂々とした、風格です
のっそりのっそり…向かってきました

逢うのはわたしは初対面





しっぽが、ぐるりと巻いています



マメ宅の、不妊手術も雄のこの子で終了になります!!


これで子猫がまた殖えるのを防ぎました




「マメ」宅も除せんが始まってます








フードは入っていませんでしたので外の鍋に補充


いくら有名猫さんといえ、餌がからっぽなのは、みんなおんなじ。





そして、ひとつの楽しみ


ちょびに逢えた♪
この日は集会場奥にいました
除せん真っ只中!!
ちょび、袋にマーキングするふりしておしりを振ったりして(手術は済んでるよ)




一時の、殺気だったちょびはもういません


ご飯にありつけているからかな?
まだおさんの「まだお式餌場」が効果あり!!



サロンのネコサンのリターン
すごい勢いで走り去りました!!





これだけたくさんの猫を不妊虚勢手術出してもさらにいるのは、こういう餌場を設置させてくださるサロンの方のおかげです

私達、殖やさない協力は、限りあるまでがんばります



木の小屋のネコサン待ってました!!



向かいの小屋の中にも必ず餌の補充をお願いします

このあたりはここに餌を求めにくる猫がいます


ここにずっといついていたネコサン
手術済みでした
メスです

なぜか後ずさりして出てスリスリしてきました☆



お腹切らずに、手術跡でわかりました


伸びをして、ご飯をパクパク食べていました
元気です

でも最近痩せてるので餌を切らさないようにボランティアさんたち気にかけてあげてくださいね


ここも、とにかくたくさん、寄り付いています



石材で捕獲した不妊手術したネコサンのリターン



餌が減るのが早すぎる気がします

野生でしょうか・・


除せんも始まり、猫さんはあまり姿はみえませんでした




石材の、白は元気にきました!!


ピュリナをポリポリよく食べました
こぼれた粒も丁寧に一粒ずつ拾ってたべました

真っ白な子は病気がちが多い・・・

ボロボロになってもとにかく頑張って生きて欲しい



(3日目後半記事、ネコサンリターンと、福光の家の訪問へ続く)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村 

活動2日目


この日は仲間のジュピターちゃんの猫さんの不妊手術の捕獲の、お手伝い


朝一でスペイクリニックへ8匹の子を搬送。

その足で私を新幹線で拾ってもらい飯舘入り。


昼近くにようやく村へ到着。

ジュピターちゃんたちと、現地で合流し、それぞれ捕獲開始




老犬のいるお宅、私はここは初のお宅になります

猫の不妊手術の依頼を飼い主さんからどなたかが受けてきたようです


ジュピターちゃんと、お手伝いしてくださるボラさんがこられていました


夜中まで頑張ってくださったようです

ほんとうにありがたいですね





いままで手術した子達がここに居付いたそうです

やさしい方で、居付いたことも不快に思わず、餌場にしてもよいとの事でした





以前、子猫が産まれ、手術にだすのにどうしても捕まらなかったお宅。

ここはおばあさんが住んでいます


おばあさんが、部屋に入れておくといってくれたのですが、結局この日は見つからず・・

次回の捕獲までには、妊娠の可能性はまだ低いとおもうので、次回また寄ることをお伝えしました






手分けしての手術の捕獲でしたが、こちらも、ジュピターちゃんの方も、まったくかからず。

猫の行動を推測して、すでに時間帯が悪いとはわかっていましたが


もうここで時間ギリギリまで粘る事に絞りました。


「三毛と子猫。」





交差点の餌ボックスで生き延びた猫です

そしてその母親が子供を産み、育った子です


ボランティアさんも年をとります

生活もあります

永久に死ぬまで給餌活動ができる方は少ないと思います


子猫の命を考えたら、私たちが面倒をみれる年数は限られています

今は餌を与えられても、「もういけないから、餌あげない」

となれば、産み続け育った子は人も消えた村で誰が将来をみてあげられるでしょうか


さらに産まれて産まれて


わたしの中ではさらにもっと重要なこととして、この事、考えて見ます。





裏のお宅で吠えていたので、歩いてゆくと、犬がいました

クッキーだけあげてみました

おいしそうに食べてくれました



いままできづかなかったですが、hibiさんが、その後、この飼い主さんとお話できて、なんと、毎日帰って面倒みて下さっているようです


安心できる飼い主さんです

そして、そうであれば、餌を私たちが与える事で身体をこわすので、ここは餌やりのポイントから外します


この日は結局、スペイの搬送時間を遅らせていただき・・・

私とジュピターちゃんで7匹でした


ジュピターちゃんたちメンバーみなさん必死に遅くまでありがとう!!

じゅんじゅんちゃんがみんなの為にお弁当まで、ありがとう!

手作りで感動していただきました


(3日目、猫さんリターンと餌やりにつづく)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村 猫さんTNR活動 10/11日 1日目



前夜、仕事上がってから、夜中に彼だけ1人、静岡を出発。

わたしは、1日目だけ仕事の為、猫さんの捕獲を彼に任せました。



本当は2日目、3日目も、いつも福島の活動を心から応援してくれていた大事なお客さんの、通夜と葬儀があった。


泣きながら、悩み、私は、それには出席せず、応援してくれていた飯舘村での活動を優先しました。




彼は、夜中の3時半ころ隣の川俣に到着し、2時間の仮眠のみで、朝から、猫さんの不妊手術の為の捕獲を開始しました。




飯舘村の餌やりさんと言ったら、この方が居なければ、未来は無かったと言っても間違いはないhibiさんが、依頼を受けてくださったお宅などを、不妊手術の為に捕獲しました






ここのお宅も、餌やりさんには有名な場所ですが、ここは水がなく、毎回餌やりさんには、お水を用意していただくようお願いしたいです


あと、寄り付いている猫さんもいます。


この小屋の向かいにある小屋の中にも、乾燥フードの補充お願いします。




最近痩せていると書かれていたネコサン


メスなので手術に出そうと決めていたのになかなか出逢えず、ようやく今回はタイミングが合いました

捕獲機の中でも、食欲旺盛!!






そして、サロンのネコサンです
ここはいつでも誰でも食べることができる餌場ボックスがあります



だからこそ生き延びれるネコサンがたくさんいて、代わりに殖える事も考えられます

見つけたら早期に不妊して行けば、終わりに少しでも近づきます




道で捕獲できたネコサン


彼が捕獲していると、不妊手術をいつも応援してくれている見守り隊さんが、横を通り、


「顔見るとすぐ逃げてしまう子!!その子やっと捕まった!?良かった」といってくださったそうです


村のネコタチの耳カットは、かなり浸透してきましたので、見守り隊さんも目をつけてくださってたのですね





工務店奥の離れたお宅


ジュピターちゃんが必死でTNRやってくれたお陰で未手術は、ほとんどいなかったのですが、やはり餌を求めて居ついたのか、居候なのに、堂々としている「親分。」




見るからにオス!!

ただ彼が言うには、逃げ回ってた時みたいに威勢が良くなくて、

「腹がへった~」という感じに、トボトボしてたそうです


捕獲機の中で暴れもせずひたすらパクパクパクパク…食べ続けていました



石材の餌場です
ここにもたくさん寄り付いていて命の餌場ですが、さらにフードの減りが早いように思えます




石材でも捕獲できました

マメに回って下さる、hibiさん情報が、無駄に産まれる命をかなり食い止めてきています




5匹までは順調に不妊捕獲できた彼


ちくいち、報告メールをわたしにくれてたんですが、6匹目からはトーンダウン。


時間とタイミングで捕獲は思うようにはいかないことが多いのです




hibiさんと合流して苦戦をしながら、一件に、一時間かけながら捕獲したようです、





この子は飯舘一有名な…まめちゃんです



写真集なんかご覧になった方もいるでしょう
除せん作業員さんに、「まめってネットで検索するとでてきますよね~」なんて、前に他の所で言われたりもしました


有名猫!!




まめの所に居ついている猫や子猫を張り込んで、ジュピターちゃんが今までTNRしてきてくれました

今回は最後の一匹…

ずいぶん品のあるフサフサネコサンでした
メスかと思ったら男の子でした




たくさんのボランティアさんが気にかけてくださる山木屋の交差点です
ここは、見る限り10匹以上は餌を求めて来ています
川俣ですが、避難区域の線量高い場所です

秩序があり、食べる順番があるそうです
猫の社会もすごいですね





ここも粘りに粘って一匹
三毛の親と子猫がいることを聞き、翌日のTNRにまわしました





可愛らしいお方ですね


わかってるネコサン達は、このお方がきても、のんびりしています


野生と猫とは、まさか仲良くはならないでしょうが?人が消え、餌もなく、必死に生きる姿を、お互いが尊重してるように、わたしは見えました

あるお宅で
「猪を捕まえしとめたんだ。」と自慢げに言われる帰宅されてた村の方・・・。



飯舘に入ると、とにかく生活感がなく「シーン」と静まり返り、ゾクゾクと、変な錯覚をおこすときがあります



「野生も同じ命」と考える日は、やはり静まり返る村でさえも、来ることはないのでしょうか




(2日目 飯舘村TNR活動 に続く)



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。