愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

9月23日は、さようなら原発集会と、亀戸~錦糸町デモでした

静岡で勉強会している仲間たちと参加してきました


実は、前年もすでに騒がれるはずの、デング熱騒動が、今年は23日のデモにどんぴしゃと同時に、騒がれ・・・代々木公園から、亀戸公園に変更!!させられるはめに・・・




しかし・・・変更なんて!なんのその。

ここ「亀戸水神駅」・・・目の前が亀戸公園です。


降りる降りる・・・。デモの参加者で大盛況!!


普段はこんなに人がギュウーギュウーの事はほとんど無い駅だそうです♪


これだけでも、脱原発の意識の高さが伺えますね




公園に着くなり、堂々と目に付いたのが、みなさんもうご存知の「希望の牧場」の吉沢さんです!!


国からの、牛の殺処分を、承諾せず、いまでも被曝しているであろう牛達をも、一つの命として、生かしておられます




犬猫たちがどうしても注目されますが、どうかみなさん、牛達も、本当に無残に扱われました、それを絶対、絶対、忘れないでください。



原発反対を、ただムキに阻止する方もいます。

それは、自由です。

でも、被曝したからと、牛殺しに走った国の事、少しでも憎いと感じてください。





わたしは、少しの募金をさせていただきました、

そして吉沢さんともお話させていただきました


政府はこれからも、殺処分にこだわって迫ってくると思います。

しかし、絶対にその政府の潰しに屈しないよう!!!応援してきました


もちろん強く、吉沢さんは返事を下さりました。






今、餌の、牧草ロールが足りないそうです・・

ご支援のお願いをされていました


せっかく吉沢さん達に救われた牛達、どうか、生かすご協力をみなさんも、お願いします






ブログで呼びかけたところ、ブログ仲間のサンダルフォンさんが駆けつけてくださりました

デモは初とのこと。


この独特な、雰囲気を味わえたかな??





会場の中を歩いてみると、ペットの事を訴えてくださる方に出逢えました


きくと、飯舘村にも行かれた事もあるそうです

ほとんどの方は動物については訴えてはいません

こういう仲間はとっても心強いです


ありがとう!







たくさんのいろいろなグループの方たちが真剣に集まっています





仲間のエリザベスさんと、こちびさんも、デモに参加されていました!!

現地で私を見つけて合流してくださりました


彼女たちは、私なんかよりも、すでに運動をたくさんされています

今回のプラカードも、動物たちの為に作ってくださっています


これが、実際にあった、餓死なんです。

圏内を閉鎖し、国民に、見せない政府。

これが日本の政府です。






「原発なくても 電気は足りる。」


今年は、原発ゼロの夏でしたね

みんな贅沢はしないよう、節電をしながらでも、原発なくても、夏は乗り越えられたんですよ


今は、原発を製造していたメーカーですら、別のエネルギーを作っているそうですね♪


製造メーカーでさえ、手離そうとしている原発。

いつまでもすがる必要もなさそうですね







静岡の仲間はいつも、こうやって動物の犠牲もアピールする為に、気ぐるみを着てくださります

もう年配のおじ様なのに・・・


暑い中をありがとう!!


私は、動物たちの被曝の事を訴えるために、プラカード作ってきました


気ぐるみをみて、声をかけてきてくださった女性

「愛ちゃんですか!?ブログいつもみています!!」と言って、くださりました


嬉しい限りです

こういう仲間がデモに参加されていること。励みです。




参加者なんと1万6千人


亀戸公園から、錦糸町までのデモ出発ですが・・・この人数。

公園から道路に出るまでに、2時間以上かかりました!


ゴール到着はもうすでに夕方の6時をまわっていました・・・

それでも、コールは鳴り止みません


「原発いらない!!再稼動反対!!

命を守れ!!子供を守れ!!動物守れ!!」・・・




初参加のサンダルフォンさん、翌日感想のメールくださりました



「みんな所属している会社も、立場も、住んでる土地も、違う人たちが集まれて、その個人個人の考えが、原発をなくそうという一つの方向に向かっていて・・・・。


もし、みなさん仕事などの状況さえ許せば、あのまま日本中を歩いて行ったんじゃないのかな・・」



もう、これが全てでしょう!!

私も、まったく同感です!!


生き物の為に私はいつまでも、NO!!と言い続けてゆきます




AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも、福島の残された犬猫さん達の為にフードを託してくださったり、TNR資金の応援を、ありがとう!!


感謝しています☆



(9/17日現在のご支援のお礼になります)


「猫家知恵蔵☆Veganという生き方さん」

今月も、TNR資金の応援をありがとうございます!

ご連絡先が繋がらない状態でして、ブログでのお礼だけになってしまってごめんね

いつも、応援をありがとう!そして活動をありがとうね!!頑張るよ☆












↑↑

「アグリッピナちゃん☆」

フードのお礼が大変遅くなってごめんね(泣)

すでに、9月の飯舘入りで、活躍しました!!もう猫さんのお腹に入っています~(笑)

いつも、ありがとう☆かわいいカップル猫さんも・・・♪







↑↑

「猫と暮らす幸せさん☆」

カロリーエースの事気にかけてくれて感謝です!

TNR前と、後、のケアの為や、口内炎の子、ダブルキャリアの猫さんに最適で、元気になっている子がいるので、ホントに助かります☆

いつも応援ありがとう~








↑↑

「こちびさん☆」

いつも行動を起こし活動をありがとう!

そして、飯舘の猫さん達へのフード応援までありがとう!

先日のデモもさすが、お二人の活動には見習わなければならない事だらけです☆いつも感謝しています、一緒にがんばろうね~









↑↑

「ななちん☆」

先日は、みんなで来てくれてありがとう~!

フードまで応援していただいてしまって感謝してるよ

久々だったからゆっくりしたかったけど、また虎たちとみんなで逢おう☆農村・・嬉しかった☆







↑↑

「マーナミーナママちゃん☆」

駆けつけてくれて感謝でした~!ありがとう!!

福島の子の為にフードまで用意してくださりありがとう

Mっちに、なつく(?)マーナミーナちゃん(笑)

面白い画でしたね~是非また、元気な姿を見せてくださいね☆






↑↑

「ダフィバちゃん☆」

いつもありがとう~!!福島の子たちを応援してくれて嬉しい

そして私たちにも差し入れを入れてくれて、ありがとね☆

今度は10月、また飯舘行くから、ワンコさん達に託してくるからね!

感謝してま~す






↑↑

「そぼろさん☆」

先日は飯舘村の応援支援をありがとう~!こちらで選ばせていただいてるよ!

9月の時に、使わせていただいたものです☆

不妊手術にペットシートを大量に使うので、それも交えて、活躍させていただきました☆ありがとう




みなさん、福島の飯舘村の犬猫さんたちに代わり・・・お礼をお伝えします

優しさをありがとう!!




AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村 餌やり活動と猫さんリターン 3日目9/15日




3日目は初日に、不妊手術の為の捕獲をした猫さん達のリターンと餌やりを行いました


そして、2日目にジュピターちゃんのスペイクリニックへの手術のお手伝い捕獲をしたのですが、村へのリターンは、あの「まだお式給餌機」製作の尊敬する、「まだおさん」がして下さるとの事でした!!







比曽坂の茶色の猫さん


餌を運んでいると、どこからか・・現れました

ここはカラスにでも餌をやられている気がします


ガツガツたべてました







次々に、初日TNRの手術の捕獲をした猫さんたちをおうちにリターンしてゆきます


このお方は、血尿でした・・








リターン後、前日入れた餌を見たところ・・・

一粒残らずまったく空です・・・


その様子が、やはり野生の仕業の気がします

これでは、前の餌場のが、かろうじて残っていたかも・・



やはりこの日も白ちゃんが餌を求め出てきました。



粘って子猫を2匹TNRに出せたお宅です

やはりまったく餌がゼロ。


中に入れないので、このシートをめくり、板を少し動かして中に餌を入れるしかありません




試しに前日高い位置や低い位置など、色々な場所に餌を置きましたが・・全滅。


車の中で張り込んでいたら、カラスが一気にこの小屋へ飛んで入る姿を目撃してしまいました・・・

この仕業か。


少しでもカラスの餌食にならないよう、シートの下に餌入れを隠したりもしましたが、今後餌やりさんたちも、何か工夫しておかなければ、むき出しでは、一瞬でカラスの餌になるようです。






餌を置いても、野性の餌食になりますます厳しい、リターン子猫達。





高校近くの餌場ですが、ここは直射日光が当たる事がわかりました

パウチは置けません

すぐに腐るでしょう


勝手に餌場を拡大してはいけないでしょうから、これがギリギリの所かもしれません。




途中道路や、電信柱の上に、お猿さんが堂々と、群れで暮らしてました


犬猫達が襲われる・・・など、こういう被害も、また今年もでてくるのですね・・





村に残って暮らしているおばあさんのお宅に猫さん2匹リターンに来ました

すぐ下の敷地では、大掛かりな除染が行われていました








これで子猫は産まれないから、絶対棄てたりしないでね、と伝えて放してきました


ご飯もなく・・ひょろひょろとここへ辿り付き生き延びて来た子は、相当いるのです


おばあさんの事、餌やりさんたちも、これからも、気にかけてあげてください






サロンの猫さん達のボックスは減っていました

ここも、相当数の猫さんが命拾いを、している拠点です


のんびり、2匹で昼寝でした





みんな耳カット済でした

順番待ちで餌を狙っています







二匹のわんさん

たくさんの餌やりさんが気にかけてくださっていますが、相変わらず、餌は空でした





この子も病気を持っているので、とても苦しそうです

新鮮な水も、入れ替えてあげてください


でもだいぶ体つきがしっかりしてきたように見うけられました






猫さん用乾燥フードも、3日目にもなると、底がついてきました・・


やはり猫さんの数が圧倒的なのと、カラスの餌食になる餌も考え、多目に入れてあげるようになるので、どうしても、最後には底がつきます




先月までは、2匹でおなじみのわんさん・・・だったのですが、この日はお父様とお話が出来ました


もう1匹と共に除染の為に、小屋の場所を移動したそうです

が・・

もう1匹のわんさんが、ジャンプして隣の部屋の窓を飛び越えようとして・・鎖が首にかかったまま入ろうとしたため、そのまま首吊りの状態で亡くなりました


その現場を説明してもらいましたが、あのなつこい姿を思い浮かべてしまい、もうたまらなくなりました






このお宅の帰りの敷地。

この憎い憎い、放射能。


こんなものがなければ、あの子は首吊り死ぬ事はなかった。

さらに、憎しみがわきました




まだおさんと合流しました

私達が捕獲した3匹も、リターンしてくださるという事で、スペイに引き取りの前に、村で餌やりをしてくれていた、まだおさんが駆けつけてくださりました


リターン場所を一緒にまわり、どこに放したらいいか・・など、間違いのないように一生懸命メモをとってくれていました


細やかに1匹づつの餌の事、野生にやられずに弱い子も食べれるような給餌場の計画など・・・話をきくほど、優しい方だと、伝わってきました


心強い味方に出逢えてとても感謝です

まだおさん、ありがとう




道の途中の、命の給餌場です

この日も、順調に減っていました

補充です。



すると、今度は先日の場所から、また放浪の旅に出ていた、チョビに出逢えました!


猫さんの目線では、相当の距離になるとおもわれますが、チョビは歩いて来ていました



まだお式給餌場の、ある場所です

ちゃんと餌はそこは残っていました!


低い位置はこうやってなくなるので、補充です。





アイドル、ピッコロです

おじいさん達が帰ってきていましたので、おやつをプレゼント


ピーちゃん宅も、そろそろ除染が開始されるよう。

その時にピーちゃんが吠えたりしないか心配されていて、どこかに隔離しないといけないかな・・と言われました


首吊りの悲惨な事が頭をよぎりましたので、くれぐれも移動して、鎖をつなぐなら、気をつけて欲しいことをお伝えしました・・







この日もここに餌を補充にきました

ここは、数が多いので、やはりほぼ空に近い状態でした




ここのお宅も、除染真っ只中

作業員さんが、放されていた子型犬が、ここに餌を食べにきてたよ!と教えてくださりました


ジュピターちゃんが探していた子に違いないです

作業員さんありがとう!





途中、餌が切れるまで餌場を周り、補充しました







この日は、餌が何もない状態でした

好きな煮干を混ぜながら、乾燥フードを小屋の中に入れました


パウチとミルクを食べきりで与えてきました

とても元気にされていました


先月リターンした猫さんにはこの日会えませんでした

納屋の上に、猫さん用の乾燥フードを置きました












最後、乾燥フード残り1つしかなかったので(泣)、空のたらいの餌入れには、ほとんど満たなかったのですが、かわりにパウチをたらふく食べさせてあげました



3日目は、割れそうな頭痛が1日続き、相当きつかったです



除染作業員さんの、被曝労働を考えると、飛散している放射性物質も、相当浴びているとおもわれ、いつも怒りを感じます


安全な仕事はあるのです

しかしこんな危険を背負い、村を守ろうと働いてくださる。

作業員さんには感謝しかありません。



しかし、再稼動には断固反対

明日は東京で、「さようなら原発集会」、あります。



飯舘村へ来て、放送されない壮絶な現実をどうか、見てください

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島県飯舘村活動 9/14


2日目の活動は、仲間のジュピターちゃんのTNRの捕獲のお手伝いでした


私たちは朝一でスペイクリニックへ前日の9匹を搬送。

その足で、2時間かけて、飯舘村へ入りました


村で、ジュピターちゃんと合流




飯舘村は今、除染作業真っ只中・・・

家の草木も、花も、思い出も、すべてまっさらに、そぎ取られます。


そしてその思い出の詰まった敷地の土はこうやって、村の中に積まれます。


こういう現実、村の除染を全国ネットで放送すべきです。

こういう事を隠して、再稼動など、賛同を求める事は、ずるいのです。





飯舘村の餌やりさんのブログには必ず出てくる・・・

「川俣 山木屋地区」の猫達です


ここももちろん線量の高い・・・避難区域です


このあたりに生きてきた猫達はこの拠点で、餌やりさんたちの、懸命の給餌活動で、命を繋いでいます。




ここの猫達の、命の給餌ボックス・・・。



ここ、山木屋は、みなさんの記憶に新しいでしょう・・・


「山木屋の原発避難者自殺。東電に賠償命令」


一時帰宅中の山木屋の自宅の庭先で焼身自殺されました


東電に4900万の支払い命じる判決。


原発事故が原因の自殺での東電に賠償を求めた訴訟では初の判決。




こういう苦しみを抱えたまま無念の死にいたってしまった方の思いも背負う地区なのです






飯舘村へはいりました。


私達はジュピターちゃんと合流して手分けして、不妊手術の為の捕獲を始めました


スペイへの手術枠は5匹。


前日の取りこぼしをまわりました

夕方には9匹の引き取りもあったので、4,5時間しか捕獲の時間はありません




この子をなんとしても手術に出したかったのですが、ジュピターちゃんも私たちも、どんな手でも捕まえる事ができない・・


時間もおしてきて、他の箇所へまわりました




途中餌の補充箇所には寄りながら行きました


知らない間に、仲間の餌やりさんたちが、ネットなど張ってくださってありました!ありがとう









ようやく2匹入ってくださりました

オスメスでした



餌がからっぽでした・・


ここは他からも猫さん寄ってきて食べている事がわかったので、餌場が向かいにもあるので、気にかけていただけたら助かります





日に日に積み重なる、除染の土。


ここには何十件の、お宅の思い出が詰まっているのかと思うと。泣けてきます。


そして、庭でのんびり暮らしていた、犬猫達の居場所させも、この放射能は、奪いました





仲間の餌やりさんのまだおさんが、野生に食べられないように作ってくださった「まだお式給餌場」


ちゃんと餌が入っていました!!

心配りに感謝です!


低い位置の餌はやはり減りが早いので、たっぷり補充しました




子猫のTNR捕獲、難航のお宅に戻りましたが、入っていませんでした


さらに次回は、確実に手術に出せるように案を練ります



そしてここには、チョビがいました~


今日はここにいたのね!!

チョビは、放浪猫さんなんです




体つきはかなりしっかりしてきました


懸命な餌やりさんや、フードご支援してくださる方々のおかげですね!チョビ。









もう1件のお宅の捕獲を試みて、私が張り込んでいる間に、彼が隣のお宅の餌やりに行ってくれました!


みんなが心配している、「アカ」は、この日も、ここのお宅で暮らしていました


目が見えにくいので、仲間がいて安全な地区のが安心です




もうTNR時間切れになりました・・

最後のお宅で三毛が入りました


結果この子は、手術はすんでいたお方でしたが・・腫瘍も多く、口内炎もひどい事が先生に診てもらい発覚。


薬を入れてもらい、今後、やわらかいパウチしか食べられない事がわかったのでよかったです


しかし、先も長くないかもしれない。


ただでさえ、放射能は癌にもなるので、地面を直に歩き、水溜りの水を飲む、猫達の身体は常に心配です




この後、ジュピターちゃんと3匹の捕獲の猫たちと一緒にスペイクリニックへ前日捕獲の9匹の猫さん達を引き取りに行きました。


(3日目の活動のつづく)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

【みなさま、飯舘村の犬猫達の為に、フードご支援とTNR賛同ご支援を、今月もありがとうございます☆


追ってお礼を書かせていただきますね】



福島県飯舘村餌やりTNR活動 9/13,14,15

1日目




スペイクリニックに猫さんの不妊手術、8匹枠をいただきました

1日目は、そのための捕獲を1日試みました


先月、子猫を含め6匹捕獲した場所へ捕獲機をセット

取りこぼしを徹底的に手術する為です。




先月TNRしたキジさんが、のんびり歩いていました

元気にしている姿を見る事が励みです


次に仕掛けたまま、すでに数匹TNRしているが、難関の子猫達がいるお宅へ捕獲機をセットに向かいます。







その間に飯舘村に残っているおばあさんの所へ


ここには子猫が産まれていて1匹育っている様子。


仲間のみゅーちゃんが子猫を棄てたりしないように、事前に、説得してくれていました!ありがとう!!

やはり、未手術の雄や三毛、子猫を発見



雄は苦戦の後、ある方法で何とか捕獲!
三毛や子供の為に、そのまま仕掛けたまま、他の家の、様子を見に出発





スタンドにいついているという白キジ、「めったに逢えないよ」という。


今回のTNR対象の白キジも・・・いた!!

ブルーシートの隙間から顔を出しています!!




白ちゃん
みなさんがカロリエースなど懸命に与えてくれてるおかげで、スタスタ歩きとっても元気でした!!




この日も、カロリエースと缶詰2缶もたいげらげました




白キジさんの捕獲もできました。




そして、いつもの餌場に餌をセットしてきました!






おばあさんのお宅に戻ると狙ってたお母さん猫の三毛が入っていました!!


苦戦の中、本当にありがとう、という想いでした
子猫はたった一度姿を現しただけでそのあと姿を見せなかったので来月TNRします



その後子猫がたくさんいた場所に見に行くと、狙ってたサビ捕獲成功!!

先月から、もうここは8匹もTNRしてます、しかもメスばかり…ひと安心




さらに捕獲機を置いてあった子猫が、なかなか捕まらなかった、難関のとりこぼしのお宅





なんと2匹続けて捕獲成功しました。


さらに逃げている子猫狙いでそのまましかけたまま餌やり活動。



途中、にこちんさんが発祥の、餌ボックス箇所



だいぶ減っていたのでご支援を補充しました

命の給餌場です。





くうちゃん宅
さいきん痩せてきたくうちゃん



食欲もあり色々食べたがっていたので煮干しやご支援おやつをプレゼント
少し太るように頑張らないとね(泣)




敷地内に隠れてる黒猫ちゃんにフード補充
まったくの空でした


猫さん用の餌場も何かカラス避けのようなものが必要かもしれません



チーズと仲良し黒猫2匹のお宅


つくなりチーズは身体で喜びを教えてくれました



フードやおやつをバリバリ音をたてて食べてました



黒猫ちゃんはやっぱり仲良く並んでパウチを食べました




乾燥フードまったく空です
野生の仕業でなければいいけど…



隣のお宅です
こちらもフード空…



パウチやたらかまを入れていると2匹警戒しながら待ちきれないようで食べに来ました




ペットのかわいいぶたさん
フードも無く水も空…

とうもろこしの飼料と煮干しをよくかんで食べました



ねこさんのフードも補充


あちこち回収しながら、ここを最後の猫さんに絞りました


合計9匹の猫さんを不妊手術の捕獲に成功しました

このあと宿泊ホテルの駐車場で、みんなにカロリーエースなどの栄養などを少量与えました

(2日目の記事につづく)

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。