愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

2月23日の飯舘村給餌活動の続きです。(①より続く)









あの、缶詰に顔を突っ込んで、抜けなくなっていたお宅です

10匹以上はいます


いつもフードを入れても入れても、すぐ不足してしまうほど、猫がいます。

でも仲間がTNRして下さったので、未手術はここはほぼゼロです

もう新しい猫が来ない限り、殖えません。



餌だけ与え続けていた時期に、一気に殖えたんですね

良くないです。



大雪のときに、みなさんが通ってくださり、元気にしていたようです

特攻隊のボラさんたちには、感謝です!!





便器の容器の三毛猫さんのお宅です

やはり大雪で緊急だからか、飼い主さん置いてくれた?今回は大きなたらいがあって、よかったよ、彼が言っていました


でも一応、便器にも、乾燥フードいれてきてあげたそうです




ロン毛の居ついた猫さんのようです


耳カットなし??

これは、早急に手術してあげないと、せっかくここにいる子達は飼い主さんがしっかり手術してくれてあるお宅なので・・・

殖やす訳にはいきません





いつも10匹ほどわらわら出てくるお宅です


道が無いほどこんなに雪が盛り上がっていて猫達の姿は見えず、ひっそりです

フードは補充してきたようです









こちらも数ヶ月前から、マルチーズのあいちゃんのパパに給餌ポイントに加えてもらうよう教えてもらった、お宅です


とにかくたくさん猫が居ます

この車の下が給餌場になっています

出てきた猫達にはパウチを。

トラックの下にはたくさん乾燥フードを、補充しました




屋根が、もう倒壊です!!

いつもビビリのワンコさんです


このままで大丈夫!?

屋根が不安です





煮干しも、いつも喜んでくれるので、今回も与えてきたようです


鎖がいつもぐるぐる短くなっているので、自分で直せないから、心配です

人が居ないことは、危険がいっぱいです





集会場フード補充

ここも、猫さんたくさんいますが、雪の時もみなさんきてくれてなんとか持ちこたえているようです











特攻隊ボラさん達がかわるがわる、来てくださった痕跡がそれぞれ見られます


緊急はほぼ、みなさんでまわってくださったので、またふり出しから戻るような感じの給餌で彼はまわったようです








ん~・・・・猫たち殖え続けているお宅です

子猫がいつ来ても、います



私も、仲間も、何度もTNRに入っているのですが・・・もともとの数が、とてつもないので、殖え続けています




ここにも耳カット無い子も見られ、春になって子供がお腹に入っている状態の子を手術はもう嫌です



その堕胎をよく思わない人たちだっています


そうです、堕胎なんて誰もさせたくないんですよ


それでも!産ませていいなら、産んだ子、全部保護して里親さん見つけて・・・・それを限りなくやってくださる方がいるのなら、ツライ思いしなくていいんです。


捕獲するボラも。 手術する先生だって!!




それが、できないのだから。だから、早期不妊手術にどうか、賛同してください。







給餌仲間がいつもニワトリさんを気に掛けてくれているので、彼は、野菜を調達していったようです


少しだけど、野菜も、白菜しかなかったけど、食べてくれたみたいだよ!


雪が溢れて金網から中へ入っている・・・


にわとりさんにも、厳しい冬です






彼もおじさんだけど・・やっぱ。男の子なんですね。


こういう乗り物系、好きですね、しっかり写真きてました。


これが命を繋ぐ、除雪機です


もっと早く早く、今回は除雪して頂きたかった・・・

数百もの犬猫が居るのは、承知だったでしょうから。




飼い主さんが、給餌お願いします。と言ってブログにもお知らせしたのですが、それでも、来てる方が少ないようですね。


訂正になりました。


飼い主がいるからいかなくて良い。となっていましたが、行ってください。


私たちこの子、来ると、ほとんどフードが空ばかりですよ

それにものすごい勢いで食べてます


通るなら、ご飯あげてください。煮干が好物です。






彼が、ナツミントさんから頼まれ、行ったようですが、猫のうたさん、いなかったそうです。


すみません。


ナツミントさん、フード補充はいたしましたので、申し訳ございません。






先日は、タヌキさんも、ここの猫ハウスで死んでいました

その前の他の方のブログでも、猫が死んでいたと書かれていました


かいせんなのか?伝染病なのか?


猫のみなさん、本当にギリギリの状態で生きてる子ばかりです


もちろん自然に死んでゆくことは、仕方ないでしょう


でも、私たちは、餓死と、遺棄(人の手で意図的に殺す)、だけは、どうしてもさせたくないから、給餌をし、TNR(産ませない手術)をするのです


この大雪で、たくさんのボランティアさん方々、命がけで来てくださり、ありがとうございました



私たちは、3月半ばに、TNR(不妊手術)を、今度こそ、雪で中止になった分、確実に行います。


フード御支援頂いた方々様、資金の御支援いただいた方々様・・飯舘でしっかり使用させていただきました、ありがとうございました!!

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島へ通い始めてから、もうすぐ丸3年になります。


始めは、葛尾や浪江、田村などがメインでした。

プルトニウムが騒がれ・・・飯舘にかなりの犬猫が残されていることも把握し、今は飯舘の給餌と不妊手術メインになりました。




15、16,17日に飯舘に24時間掛けて向かうも、豪雪で、17日の日だけようやく飯舘へ辿りつき・・それでも、数件しか周れないという過酷さから、1週間経ちました。



たくさんの餌やりさんが特攻してくださり・・・

彼は、やはり缶詰に顔を突っ込んで抜けなくなってた猫を思い出し・・・1ヶ月先では遅いんだと、今週日曜日も、一人で飯舘へ、向かいました







やはり、雪は降ってはいないけど、まだまだ、豪雪に変わりはありません。


教えていただいた、かんじきを、今度は購入し、用意してゆきました

かんじきも、手に重い荷物を持っていると、沈むそうです


ソリに荷物を載せて運ぶのが一番理想だそうです





スガヤ地区からまわったそうです

何か荒らされているようにも見受けられます






給餌ボックスが空のようで、ご支援のフードを、補充です







頻繁に飼い主さんが帰られているお宅だそうですが、鎖が、凍った毛布に絡みついていたそうです・・


やはり雪の時期の毛布は、凍ってしまうので危険のようですね





この区域は飯舘の中でも、除染活動が早い地区でした

以前の姿は無く、主な木を除いて、ほとんどがすくい取られてしまいました。


こういう自然を変えることや、庭の草木が一斉になくなることで、猫達が、居なくなったり、環境がかわり戸惑っていたことが、よくわかりました


猫たちにとっては、全部そぎ落とされることは、居場所を奪われるのと同じです






それがよくわかるのが、この子です

ボラさんにはお馴染みの猫さんで、なつこい


でもいつも、いちはやく除染された自分の家に居ることが少なく・・・こうやってこちらの方へ来ていることが多いのです





道はない。


想像を絶するほどの、大雪です

前年も、ここまでの大雪はなかったです


歩くことにも、以前の数倍は、時間も、体力も奪われる。

何をするにも、とにかく労力がかかりすぎるとのこと・・





色々な餌やりさん達が、工夫して飯舘での給餌活動をされていて、こういうソリなどのアイデアも、取り入れさせていただいています。


先週よりも、雪が下にギュっと、詰まって硬くなってきたので、まだ、先週よりは、歩きやすくはなったそうです








この子への道は、とにかく長い田んぼ道。

そして緩やかな山道。


先週は大雪で、道など何にもなく。

せめて、裏山からよじ登ろうとも、まったく太刀打ちできず断念。


心配で、マルチーズのあいちゃんのパパも、先に気にして行ってくれたようです

孤立した家が本当に心配でした


私たちも入れないなら、もちろん住民さんだってはいれないのですから。

でも命は、とり残されています。






先週のブログには、小屋まで雪に埋もれる写真を載せました




ようやく、小屋入り口も、しっかり見えるほどになりました

煮干がとても好きな子ですので、ご支援の煮干を喜んで食べたそうです☆





3本足の猫さん達がいるお宅です

猫さん達はこの時間には見れなかったようですが、玄関にご支援のフードを、補充したようです





先週の写真では、豪雪で、ビニールハウスも埋まるほどでした

この子達は、大きな小屋の中に居ることができますので、少しは救われたでしょう


短毛の黒さん。



最近いついている、ロン毛の黒さんも、健在だったようです




先週はこのハウスも、ほぼ埋まるほどでしたね

あいちゃんのパパさんに、雪をかいて出してもらっていた写真で、どれだけ過酷だったか、わかりました


ブルーシート、張り替えていてよかった・・・

あのままでは、軽くつぶされて終わっていたでしょう・・

給餌以外にも、目を光らせてあげることの重要さが大雪でわかりました







この子も、原発の被害者です。

少しスリムになったかな・・あまり太りすぎたら良くない


自然の食べ物が良いそうです

この日も、りんごです、よく噛むんです。本当にかわいいペットです




私達なかなか出会えない、ぶたさんとこの、猫さんです

ぶたさんの小屋の中なら、雪も入らず、少しは暖がとれます




珍しく、中にいました

小さな入り口もどこかにあり、出入りはきっとできるようになっているのでしょう


中に、入れるなら、少しは寒さから解放されるかな。




不妊手術してリターンした親猫さんです

元気にしていてよかった



お母さん猫と一緒に手術済の子猫たちも出てきたようです


もう子猫といえないですね、顔がお母さんに似てきた。

成長は早い。



不妊も済ませているので、妊娠したら・・・殖えたら。どうしよう・・なんて心配すら、まったく、ありません


餌さえあれば・・もう自由に迷惑も掛けずに生きてゆけます。

全ての子に、不妊手術を、私はこの先も目指していきます。




(飯舘村給餌活動② に、続く)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島へのフード、たくさん届いています☆

みなさまからお預かりした、フードは、飯舘村の犬猫さんたちへ託させていただきます


いつもありがとうございます!!








↑↑↑

東北震災応援チャリティー御参加の皆様♪」


今月も、集めてくださった御支援金から、被災地の子供達と被災地の動物の為に…複数回に分けて送りますと、ブログ仲間の、りこさんを通してフードのご支援託していただきました☆


今回も、リクエストしたものを、的確に送ってくださり感謝しています

前回のフードたちも、この大雪で飯舘村で、活躍しましたありがとう!







↑↑↑

「がた ねぐらさん♪」


いつもメッセージをくださったり、福島の犬猫さんたちを心配してくださりありがとう!!

フード御支援頂き感謝しています

飯舘はまだまだ雪は相変わらず多いようです・・

餌がなくさまよっている子がいると思うとくるしいですね、来月必ず届けてきますね!!ありがとう!









↑↑↑

「わんママさん♪」


フード御支援と、不妊手術の為の御支援金も、ありがとうございます!!

いつも、ブログで紹介してくださったりして、助かっています


飯舘のことも、長く応援や記事を書いてくれて、心強いです!

飯舘のちょびに最近逢ったという、ボラさんが居なくてもう、心配・・

たくさん、フードありがとう、ちょびにも届けられますように☆


=============================



私の所属している、脱原発の会の代表が、いつも、どうぶつも原発の被害者!!と、認めてくれていて、今日は、「日曜日の朝日新聞にこんな記事が出てたよ~」と、教えてくれました。




ニュースの本棚という所に、動物の倫理、とあります。


ここには和歌山のイルカの老い込み漁(泣)の写真がありました。



アップで読んでみると・・・(朝日新聞2/23より引用)


人間よりも命が軽いのか



ケネディ駐日大使が「米軍政府はイルカの追い込み漁に反対します」と発言し波紋呼んでいる。


それと前後して、コンビニが、フォアグラを使った弁当の販売を中止したことも報道され西洋流の、動物倫理思想についての注目が、集まっています。


こう書かれていますよ~コンビニの決断、これは拍手であり、革命の第一歩でしたよね!!☆




「動物の命は人間より軽いのか」 M,ベコフ。


という、本が紹介され、動物の権利論の核心にあるのは、スピーシーシズム(種差別)、つまり生物種が異なれば別扱いしていいと言うのは差別にほかならない。



動物は自分でその差別を告発できない。

だから、生物学者が彼らに代わって発言しなければならない。



と、書かれていました。


これを考えると、3/1日の緊急災害時動物救援本部のありかたフォーラムは、まさに福島に残された犬猫たちが叫べない代わりに行動すべき、と確信しました


嬉しい事に、今日も、仲間のブロガさんから、仲間を連れて参加するよ!!と、ご連絡いただきました


こうやって、すれすれのところで誰かが動くことが革命に繋がります、ありがとう☆

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん飯舘村の犬猫さんのこと、たくさん心配してくださりありがとう。現在の集計を仲間のマルチーズのあいちゃんのパパがわかりやすく書いてくださりました。


http://ameblo.jp/t-hibidas/entry-11779764197.html


是非読んでください

↓↓↓



非常事態の飯舘村:犬猫は?

NEW !
テーマ:

 
 15日の豪雪によって飯舘村は雪に埋もれてしまった。
原発事故で全村避難している住民は帰宅することが困難になった。
何しろ唯一と云っていい飯舘村への進入道路の12号線が雪に埋もれ通行止めになってしまった。





残された犬・猫のもとへ

 9日に積もった雪の影響で、給餌ボランティアが少なく(この週は私以外のボランティアは10日の「まだお」さんだけだった)、また雪に阻まれ訪問に時間がかかる給餌活動になっていたところに、追い打ちをかけるような今度の豪雪。尋常なことでは対応できない事態に、事故以来給餌に通っている多くのボランティアが緊急出動した。

 15日には24時間かけて静岡から「愛ちゃん&しんちゃん」ペアが、また20時間かけて千葉から「Jupiter」さんが郡山まで到達した。

今回もメインはTNR目的だったが急きょレスキューに変更、翌16日は、ペアに飯舘村へ向かってもらい、私が自宅から道路情報を逐一入れる役と分担した。行く先々での渋滞と通行止め(東北道・4号線も止まる)に、粘って粘って待ったが泣く泣く断念した。
「しんちゃん」だけもう一泊残って、飯舘村に向かうことになった。



 17日、このころより東北道や4号線は部分的な通行止めに復旧、郡山から飯舘村に向かった「しんちゃん」は、通常の3倍の時間をかけて川俣まで到達。
12号線は川俣から南相馬まで通行止めながら、飯舘村臼石まではなんとか通行可能な状態まで除雪されていた。

 「しんちゃん」が村に入ったことを確認して、私も飯舘村に向かった。
3時間かけて・・・。 



一刻も早く犬猫にたどり着かないと危機的状態に思えた。
雪道に必須の「カンジキ」は、9日の大雪後の給餌で必要性を感じてネットで購入していたのが役立った。
それでもこの日は二人で8軒の訪問が出来ただけだった。
雪のカベは厚い。




 入村できたことをすぐにネット配信、また装備には「カンジキ」が必須であることを付け加えた。
逸る心で待っていたボランティアさんたちは、「行ける」「行こう」となったのでしょうねえ、
18日からは安否確認・給餌が精力的に行われるようになったのでした。







現在の状況は?

その根拠は、この一週間で毎月訪問するお宅の数に近い訪問が出来たからです。


 
 現在、飯舘村に残されている犬猫のいるお宅は、私が知る限りでは約210軒です。犬は200匹、猫はその倍はいると思われます。


毎月犬猫のいるお宅のうちの約68%をボランティア全体で訪問しています。

残り32%のお宅は、ボランティアに知られていない、飼い主さんの帰宅頻度が高い等の理由で訪問されていないと思われます。

ちなみに68%の訪問先は毎月ほとんど同じお宅です。


 多くのみなさんの奮闘で安否確認は9割以上終わったと云えるのではないでしょうか。



 今月の到達は以下のようになっています。


2月 1日~14日  94軒訪問して延べ回数は261回
2月15・16日    訪問なし
2月17日~23日 124軒訪問して述べ回数は286回

(トータルでは、130軒訪問して延べ回数は457回になっています。残り一週間の踏ん張りにもよりますが例月の8割程度になりそうです)





 安否確認が必要になった17日から今日までの一週間での訪問軒数124は、約60%に相当します
ボランティアが訪問している軒数の約9割です。
 (参考)過去3か月の訪問率
2013/11 68.8%
2013/12 70.3%
2014/01 66.4%





17日~23日の給餌ボランティア(敬称略)

17日(月)しんちゃん(静岡) 私(郡山)

18日(火)チーム銀次(東京) natsumint(東京) けいちゃん&たかはし(東京) 犬班A。&まるこ(郡山) 隊長&岳っち(三春) 私

19日(水)ナナぱぱチーム(埼玉・東京) やっち組(二本松) 私

20日(木)参加なし

21日(金)てんこちゃん&あきやま(東京) しもむら(那須塩原) やっち組 私

22日(土)natsumint隊 仁ママ&よしこ(静岡・千葉) Jupiter(千葉) 犬班A。&まるこ 私

23日(日)natsumint隊 Jupiterの会のまだお(茨城) しんちゃん 





これからのこと

 消息不明だった小宮のワンコは、飼い主さんの手で倒壊納屋から救出されていた。気がかりだったことが一つ解消した。
今のところ生命の被害は報告されていませんが、それは犬についてのことであって猫の動向は把握しがたく不明です。これからも注意深く観察がいるのではないでしょうか。
安否確認から重点を給餌に移して通常の訪問に切り替えが始まっています。今日の給餌活動は、中3日4日になってきているお宅の訪問が多くなっています。春までまだ紆余曲折が予想されますが、命をつなぐ活動を「カンジキ」履いて・・・ 
これからも


追1)
2月はTNRができませんでした。シーズンは待ってくれません。3月は成功させましょう。対象になる猫の情報をお寄せください。

追2)
愛犬「あい」は、回復いたしました。ご心配をおかけしました。





 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつも、福島の飯舘村の犬猫さんの為に、フードをありがとうございます





先週の豪雪で、毎日、たくさんのボラさんが、一生懸命都合をつけて、飯舘へ入ってくださっているのですが、やはり想像以上の雪・・・いつも数十件周れるところが・・・いまでも、数件しかまわれないという、異例の事態です



いまだに、飯舘のチョビの小屋や山の上の基礎から顔を出してるびびりワンコさんとこなど・・・誰も入れていないとのこと(泣)。



先週、彼が必死で飯舘へ入った時に・・缶詰から顔が抜けなくなった猫を見たときに・・・被災地へ初めて行った時のような、気持ちになって、1ヶ月先じゃ・・・もう遅いんだ!!と、おもったようです・・・・



彼は、急きょ、今日の夜、現場での仕事あがりに、飯舘へ車を走らせるようです



先週の豪雪にも、どんな苦難の道路も、何とかクリアした、愛車の四駆



みんなが入れない飯舘の区域があれば、1件でも2件でも、その為だけでも行く!!と、昨日、うちから、ありったけの、ご支援のフードを積み込みにきました!!



とにかく、必死でがんばれ!!

他のボラさんが行けなかった場所・・辿りつくこと。祈る!!!




=================


フード御支援のお礼です☆いつもいつもありがとう!!!!



「ちいにゃん♪」


いつも御支援をありがとう!!

今回も、不妊手術のための資金に使わせてくださいね!


ファミマがね、数人からの声でもフォアグラ弁当を販売中止にしたこと・・これは革命の第一歩だね!どんなバッシングがあろうとも、これは素晴らしいことだよね!こういう活動はいつか必ず認められる・・勇気をありがとう!






「きょうこ様♪」


御支援とフード、託してくださりありがとうございます

飯舘の犬の事も、心配してくださりありがとう!!


色々な想いはあると思いますが、どのボランティアさんも今は投げ出すことはできない・・やるしかない!がんばりますね、ありがとう!今日も積んで明日飯舘へ託してきます☆

↓↓↓









「うさぎさん♪」


フード御支援と、廿日市のシカさんへの切干大根もありがとう!!


この豪雪で毎日ボランティアさんが仕事を休んで飯舘へ行ってくださったり必死で命を繋ごうとされているよ(泣)

小屋の入り口はふさがれて、緊急事態だよね・・フード今日積み込んだよ、明日夜彼が託してくるからね、ありがとう!

↓↓↓









「ハルさん♪」

仲間のブロガーさんが繋いでくださって毛布を送ってくださりました!

実はこの到着した日・・栃木の動物緊急避難所が数日孤立・・電気もこない、木が倒れ帰れない、30匹もの犬たちは、雪が小屋へ入り毛布はビチョビチョ


SOSが出ていたところでした・・ハルさんからの毛布は即、この犬たちへ託すことができ(泣)大変助かりました・・ありがとう!

↓↓↓










「ぼくDくん♪」

いつもフードの御支援をありがとう!!


ぼくD君も、きっと雪の影響がひどかったでしょう・・その中を、私の方まで気に掛けてくださりありがとう!

緊急で彼が今日夜、飯舘へ向かうよ、犬はサイエンスで栄養つけさせておくね!ちょうど、積み込めたから、助かったよ・・いつもありがとう!!

↓↓↓





いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。