愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

29日夜、ブログ仲間のななちんからメールで、NHKで飯舘村の犬のこと放送してると教えてくれました!!!



その時、呼び出しくらって地元の野良猫ちゃんの不妊手術捕獲の格闘中でした(笑)

う~っ・・見れない…(泣)



悲しんでいると・・・今日スペイクリニックの代表さんが動画の事、教えてくれました
代表だいすき~アリガトウ!!



YouTubeにあっぷされていたそうです♪
投稿者さん、よく撮っていてくださりましたありがとう!!



「太陽…またくっからな…」
このことばの後に太陽の頭をなでる、おばあさんの涙

たまりません
わたしもこらえきれず泣いてしまいました。



これが人の消えた飯舘村の姿です
ご覧ください…

餌がなぜ、無くなるのかも…頭を悩ませてきた問題の原因も、カメラにおさめられてありました





「原発事故から3度目の冬  厳冬の飯舘村。飼い主を待ち続けて・・・」

http://www.youtube.com/watch?v=pSB1NC9mISs



☆引き続き、一つ前の記事、BS11 夜6時からの番組の拡散もみなさま、お願いします☆

すべては、福島の犬猫を守るために・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

テーマ:

かなり、かなり興味深い内容の番組です

どんどん広めてくださいね♪




BS11 ウィークリーニュース ONZE

2月2日 日曜日 夜6時~6時55分

http://www.bs11.jp/news/2143/




2月2日放送


特集:「山路徹リポート  被災ペット募金2億円の不可解」



甚大な被害をもたらした東日本大震災。

人々がやむなく避難する中、仮設住宅で飼うことができないなどの理由で、犬や猫など多くの動物たちが被災地に取り残された。


そんな状況を変えようと、様々な団体の呼びかけにより多くの義援金が集まったが、およそ2億円が使われずに残っているという。


しかも、被災地で動物保護ボランティアに携わる人など、ほんとうに資金が必要とされるところには行き渡っていない。


震災からまもなく3年、動物救護と義援金の使われ方の有り様を問う。



コメンテーター:山路徹(ジャーナリスト)



==================


見たい!!でも、BSがうちは映らない・・・(泣)


そういえば、私の記事でも、救援本部の実態の新聞記事を載せたことがありました・・

http://ameblo.jp/keirinman1/entry-11602416786.html

義援金の2億円!!

どこへいってしまった??

犬猫に、一秒でもはやく届いてほしくてみんなが一生懸命託した義援金。


みなさん見るべきですよね

時間が経ったからって、うやむやにしてはいけない。

真実を知りたいですね


「本当に資金が必要とされるところに行き渡っていない」そうです


義援金って・・一体誰の為なの????



BS11ウィークリーニュース ONZE

2/2 夜6時ですよ~


見れない私に、ぜひご感想教えてください♪


AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島から帰ってきて、皆様からのご支援が届きました!!

来月も、みなさんからの託されたフード、犬猫さんたちへ。お届けしてきますね

ありがとう!!  (1月26日現在分までのお礼になります☆)




「夢猫さん♪」

飯舘の子の為にご支援をありがとう!!

被災されて夢猫さんこそ、大変な状況での御支援感謝です・・

お電話でもお話できて、色々な想いを聞く事ができよかったです!

障害をお持ちであろうとも、こんなに明るく事細かに周りの事を感じ取っている夢猫さん、素晴らしいです!





「にこちゃん♪」

長きご支援を、ありがとう!!

にこちゃんいつも不妊手術の事も賛同してくださりありがとうね!

にこちゃん達の託してくださったご支援でたくさんの猫さんの遺棄が止まります!!

私は捕獲する係りをこれからも頑張るよ☆

いつも応援をありがとう!!








↑↑

「ブログ仲間のCちゃんより♪」

おうちで使わなくなってしまったフードを・・と託してくださりました!ありがとう!!

ご心配されてましたが、福島ではみんな喜んで食べますから感謝です!

TNRの時には大量のシーツも使用しないとならず、助かりました

沙耶ちゃんから広げてくださった輪です、ありがとう!!

(写真入りキットカット、あんなことが出来るなんてびっくりー)


皆様、御支援を、ありがとうございました!!



===================



福島から帰ってきて翌日・・・

庭の飼い猫をいじめる猫が居付いてしまったから、どうしよう・・!!


と、相談がありました


きくと、オスで未手術。

ケンカもするし、マーキングのスプレーもとにかくひどい


私はとにかくまずは、捕獲して去勢が先だと思い月曜から何日も通いました

数時間粘っても・・何をやってもダメ。


何でこんなにかからないのか


よくよく考えたら、このお宅で捕獲機に二度もかかり、この子を二度とも、遠くへ放してきたようなのです・・



放されたこの子は戻る為に、4車線道路を渡り、ようやく必死で戻ってきた。

それではもう、かかるはずはない

捕獲機なんて見るのも嫌でしょう





とうとういじめると言われてた猫は、にげまわり・・・


この傷だらけの野良猫さんを捕獲しました

目の上は血だらけ


首の後ろは2箇所、噛み千切られたような形で血だらけでした


去勢手術に出しましたが、鼻水がひどく鼻で呼吸できないので治るまで手術できないと言われ、傷の抗生剤だけ入れてもらいました


ここで放したら、この子も野良なので、もう捕まらないかもしれない・・1週間私と共に生活することにしました


うちにはエイズのチョビ達がいて、部屋には置けません

温かくして、車の中で、傷を治すことに。

鼻からピーピーと音が鳴っていました

とにかく栄養をつけさせ、水分も十分与え、昼間のポカポカ陽気には温室のように快適になりました


猫同士のケンカのようですが、すごい目つきで私をにらんでいました

でも、ご飯をいれ、毛布に包むと、ぴちゃぴちゃ・・と食べる音がすぐ聞こえてきて、あっと言う間に完食。


これを繰り返し、毎日傷が小さくなり去勢手術もしていただき、昨日、このお宅に帰しました


目の上の傷も、白くなり、首も、カサブタになり膿はないようです


少しだけど一緒に生活すると、寂しくて。

もう居ない、車の後ろを何度も見てしまう。


放さず私が無理してでも保護した方が良かったのか?いまだに自分のした事が正しいか、わかりません。

しかしTNR(野良猫の不妊手術、リターン)をやると決めたら、もう保護で手一杯にさせる訳にはいかず、手術したら・・放す。これしかない(泣)。



週末には、また地元での捕獲予定しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

更新遅くなりごめんなさい


1/20日福島県飯舘村3日目 給餌活動とTNR(猫の不妊手術リターン)


私が仕事で前日帰宅してしまったので、彼が一人で、手術した8匹の猫達のリターンへ向かいました


みんな1泊、栄養をつけさせてから放します

全ての子が、ミルクにカロリーエース。カップのパウチを完食してくださったようです


また雪の中を放すので、食べてくれてあってよかった・・・




あ、袋を奪う子・・・

ここも彼は、通り道に寄ってくれたんだ


煮干が好物なので、みんな行ってあげてください~




そしてリターン。

粘って粘って・・ようやくかかった三毛さん・・


三毛は何故か取りこぼしが多く、まして子猫を持つ母なのでとにかく警戒心が強く、捕まるまで本当に大変でした


これで、もう産まれない。身震いする嬉しさです。




仲の良い、子供です

お母さんと一緒にがんばって手術受けてくださってありがとう!!

もう逃げ回らずに堂々と生きてくださいね


耳カット・・手術の証です





目やにがくっついていた子のいる工務店


ネットを張ってからかなり上手く給餌ボックス機能しているとのことでしたが・・




血が・・・


そして中も荒らされた形跡があります

もうカラスは入れないのですが、野生の動物なのか・・・


どうしたら猫達が安心してご飯が食べられるようになるのか悩みます






TNRしている石材店です


あ、耳カットなし??

また新しい子かも・・


取りこぼすと一気に殖えます

せっかくの手術が水の泡。次回の手術のときには何とかしないと。







いつも大声で吠えまくっている子です

二匹で元気にしていたようです




初顔です、珍しいロン毛ですね




こちらは、水凍っているようですね・・

首輪のニャンコは、しばらく会えてなかったのですが、彼は出会えてよかった





飼い主のおとうさん今まで子猫を遺棄していたと告白したお宅です

無事、おかあさんと、3匹の子猫手術終了です


とりこぼしなく親子捕獲できてホッとしました





初日に首輪が外れ、走りまわっていたワンコさんは、ナナパパがしっかり繋いできてくださったようです!!


ルンルンで走り回ってたひとときの、開放も終わり、またがんばっておとなしく、ここにいるんだよ




ワンコも繋がれ・・ホッとしたニャンコたち。

みんな追いかけられていたからね(泣)


ようやくひなたぼっこできる




みんなが寄って気に掛けてださるお宅です

いつもこの子が気がかりです


車が来ると、じっとこちらを見て悲しい顔をしています

何かをいつも訴えているように見えます

でも近寄ると噛んだりするのですがいつも食欲あり安心です




集会場の猫達リターン


勢いよく出てゆきますね!

スペイの先生の不妊手術の技術は即日リターンできますので、こんなに元気一杯です





ずっと狙ってたサビネコさん

これでここの場所も、ほぼ手術済になりました


たくさんいました・・他のボランティアさんも入っては手術してきてくださりました

ネットで給餌場を作ってあり、カラスの被害もないので、寄り付く猫さんが出てきて良いことです!

定期的手術する子をチェックして、もう子猫を殖やさないようにしてゆきます




痩せて久々に見つかったと書いた親子です

この日も、仲良く出てきたようです


ここまで大きくなっても親子がいつまでも寄り添うなんて・・やっぱり、人の居ない餌も無い地で、励まし合って生きている。としか思えません









犬も猫も、ニワトリもいるお宅です

比較的犬猫さんには餌があるけど、ニワトリさんを見落としがち・・・・


ここは餌やり仲間のみゅーちゃんがいつもにわとりさんを気にしていたので、彼が安心してもらえるように、寄ってきてくれました

餌も補充して、みゅーちゃんへの報告も♪








3日間の活動

本当にいつ食べられるかわからない犬猫達にとってみたら、私なんて、ほんの1食の給餌にすぎない・・


週末は比較的餌やりさんも来られるけど、平日はマルチーズのあいちゃんのパパが中心となって頑張って訪問し続けてくださっているのですが、やはり人が足りない・・・


飯舘はびっくりするほど広い広い・・

数人で手分けして周らないと、とうてい周り切れないのが現状です


私も。今はスペイクリニックが継続してくださる限り、猫の不妊手術にどうしても力を入れたいので、餌やりさんがどうか増えてくださることを願います










彼に、静岡へ帰る帰りに栃木へ寄ってもらい、動物緊急避難所のマスターのところへ寄ってもらいました


ブログ仲間のrunarunaちゃんから犬たちへ毛布を託して頂きましたのでそれと、私から子犬へのフードを渡してきてもらいました!!

喜んでくださったようです!!



マスター身体がかなりボロボロです

すごい数の犬を受け入れてくださっています

子犬のフードがとにかく足りません


http://ameblo.jp/satoshitomoe/entry-11678118670.html

ブログをみてください、応援お願いします!!


保健所などから命を救う団体さん。末端で光に当たらずとも、熱心に命を救ってくださっています

応援したいと思います☆




彼は、マスターのトコで、散歩のお手伝いをしてきてくれました

最終日も福島で、一人でリターンなどしてヘトヘトだろうけど、マスターの為に♪よくがんばった!!



みなさんからの応援や御支援など感謝しています!!

来月も、飯舘村不妊手術8匹目標に、遺棄を無くす!!地道に頑張ろうと思います


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

1/19日 飯舘村給餌活動 2日目


朝一で、白河のフクシマスペイクリニックへ、前日捕獲した8匹を不妊手術の為に搬送


その後2時間かけて、飯舘村へ・・・



マルチーズのあいちゃんのパパに、是非行ってきて欲しいと打ち合わせしたお宅・・・


ここは、1年以上前に、私たちが猫4匹をTNR(捕獲、手術、リターン)した場所でした。




しかしその後、夏ごろから、給餌に行っても姿が見えず・・・

とうとう草は生え放題になり、もう私たちも、生きていないかも・・・と諦めていたのです


しかし、あいちゃんのパパが、やせ細った親子猫がいる!!と、教えてくださり、行ってみると、いました!!




ちゃんと、耳カットされています

当時は小さな子猫でした


すぐ、当時のブログを開きました

1年前の11月の終わり、確かにTNRしていた親子です




この親子の飼い主は、手術の約束をした翌月、猫の小屋はもう、猫が入れないようにされていました


飼い主に、見棄てられたのでした


「高額請求しないでよ。」

と、言われた悔しい想いを今でも思い出します。




そして当時、行き場のなくなったこの母親は今のこのお宅に住み着いていたのです





もう半年以上姿を見ませんでした

あいちゃんのパパに教えてもらってよかった


やっぱり、いくら草が生え放題で、生存の空気すら見えなくとも、餌をどこかに忍ばせてあげることが必要だと、わかりました




倉庫の屋根裏に新しく給餌場所を作りました

ここなら今度こそ、餌はカラスなどに取られずにすみます


ボランティアさん、ここも、給餌のポイントにお願いできると助かります




次の場所。いつも、小屋の中に給餌場があり、寄付き猫達が生きてゆける大切な場所です


未手術の子を見つけては、TNRを行ってきました

この日は見かけませんでした

餌だけ補充しました




石材の猫さんです


仲間のボランティアさんが、給餌小屋を設置してくださってからは、カラスなどの害は減ったようです



この日は、ずいぶんお腹をすかしていました

餌のセットをしている最中にも、飛び乗ってきました





見ると、給餌場には餌が空でした

ここも、以前TNRしてきました

たくさんいました。いくら給餌ボックスがあっても、数が多いので、きっとすぐ無くなってしまうのでしょう



冷たいパウチに、お湯を入れて混ぜます

「熱いっ・・」ってなってました


慌てて食べるからですよ~(泣)猫舌なんだから、気をつけて






この子も、以前TNRした三毛猫さんです

元気にしてました


警戒心が強く、なかなか出て来ません

フードも空でしたので、入れましたが・・・



たびたび登場する、便器の皿!!


この日も、ここへ補充です

大きな皿を置いても、必ず便器の容器が置かれているので、この三毛さんは、もうこれでないと、ダメなのかもしれませんね


ちょっと、笑顔になれる瞬間です





このお宅も、仲間が10匹以上TNRしてくれました


この頃には、だんだん頭痛もひどくなり、手の感覚、足の感覚もない厳しい寒さに。



パウチに、煮干。

そこへお湯をかけてホカホカのご飯です




置いて、車で見ていると、すごい警戒しながら、2匹・・3匹と現れます





ここは、教えてもらい、初めて来たお宅です

トラックの下が給餌場になっていました


猫大量。と地図に書かれてあったのですが、姿がみえなかったので様子を見ました




温かいパウチにつられて、次々に現れました

ほとんど耳カットされていました


まだ手術されて無い子もちらほら、います

「猫大量。」・・こういう所で、また産み、いっこうに減らないという連鎖が始まるので、なんとかしたいです。





ここのネコさん


「穴の前にパウチ置くと、顔出すよ、きっと。」

と彼が言うので見ていたら、ホントだ。すぐ出しました。


警戒心が強い。

みんなこうやって、一生懸命、敵から身を守って、一人で生きているのですね




そしてここは、通称、猫王国。

カラス避けのネットの中に給餌場があります


最近あんまり見ないよ・・


と、言われていましたが・・



出てきました!

手術済の猫さんでした



また次々に来ます


おー、珍しい、ロン毛もいます。


ここで猫達を見ることは今まで少なかったけど、やっぱり見なくても、給餌は毎回必要ですね




ここのお宅は、団体さんからのフード支援の大きなダンボールが置いてありました




皿には、フードが空でしたので、補充しました

猫さんが庭を走りまわっていました






久々にワンコさん登場です

鎖が、寒さで凍り、グルグル巻きになったままでした


温かい煮干入りパウチをガツガツ

御支援のべジフードも補充☆




二匹で暮らしています

こちらはちょっとビビリさん


寒さで震えながら、懸命に食べてました!




この子は、かなり勢いある子です

飼い主さんからは、給餌を感謝されていますので、ボランティアさんたちまわってあげてほしいです


ただ・・・勢いあまって・・噛む・・・

袋物は気をつけて(笑)即引きずり取られます


煮干大好き、カルシウムこの子にとても合っています




あの噛むワンコさんのすぐ近くの猫さんです


日向ぼっこしていました

とてもなつこくて、餌やりさんたちにも可愛がられているようです




ずっと足もとをスリスリ・・

でも帰る時間になると、諦めたかのように、お座りしました・・

どの子も、家をちゃんと守るいい子です





そして、サロンの給餌ボックスです

ここはおばあさんが補充してくださってありました


ここも命の給餌場ですね

行き場のない猫達も食べることができる・・

ありがたい場所です





一番楽しみにしてきた、場所

飯舘のチョビに逢う事。


チョビー!といつもどおりに叫びましたが、いません・・

他の猫達が寄り付いていました

給餌小屋が、できてから色々な猫達がくるようです

フードも、残っていますし、給餌小屋成功ですね!


チョビ、よく遠くで見かけることがある。

今日も、旅に出てしまったかな(泣)


とても残念な想いでここを後にしました




先月も、チェーンを巻いても、途中から上がれず歩いて向かった場所です

この日も、ここだけは、雪が深い・・


もう手も足も、感覚はなく。疲れもあり、二人とも無言でひたすら歩きました




いました、いました

出て来ないんです


ここのあたりじゃ、夜はとても一人ではいられないくらい真っ暗でとてつもなく寒い。


よくがんばってここを離れず我慢していると、いつも感じます






人なんてめったに上がってこないのかもしれません


ひたすら吠えまくり、温かいパウチを勢いよく食べました

物置小屋の中には餌が大きなたらいに入っていました

これならしばらくはもつでしょう、よかった


一安心・・


そして夕方、スペイクリニックへ猫達を引き取りにむかいました

みんな無事、手術終了


結果オス3匹、メス5匹でした!

メス多いな・・・

これでまた永遠に続く不幸の連鎖。そして遺棄される命をたくさん食い止めました


私はこの日で新幹線で帰宅。

彼は手術後の猫達に、カロリーエースやミルク、パウチなどを与え、1日安静にさせて、翌日(1/20)リターンの為、残ってくれました


マルチーズのあいちゃんのパパ、ママの所で、もう1泊お世話になりました!!仲間と場所の共有をしたり・・食事をご馳走になったり・・ひとときの休息です♪


寒いこの時期、やっぱり、もっと餌やりさんがいてくれたらいいのにな・・・と、感じます


みんな空の皿を前に、空腹に耐えている子ばかりです。

みなさんの託してくださったフード今回も、飯舘の子達は喜んでくださりましたよ、ありがとう!!


(3日目の記事に続く)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。