愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

24日飯舘、3日目です


前日は夕方から頭痛と吐き気がひどかった

ホテルで水をがぶ飲みして吐きました


何度も吐いたら頭痛がなくなりました




愛ちゃんのブログ

1日目に連携搬送した猫さんを病院から引き取り

してきました


ワクチン、不妊手術済みです


一足先にワクチン打った猫さんがお迎えです


他に搬送した子と同様・・

なんとこの猫さんも・・もうすでに産んでいました


放すとウロウロ、ニャゴニャゴ子供を呼んで

一気に子供達の待つ納屋へ駆け込みました


間に合わなかった。


お母さんにはこの子猫は殺さないように。

4ヶ月したら、必ず手術するから絶対に殺さないで

と約束しました






愛ちゃんのブログ
ここにもカラス対策の為給餌ボックスつくりました



愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ

いつもフードが無く、すごい声で吠えていたので

どうしても気になり来ています


ホワイトボードを前回置いて行ったので

何かこの子の事で書いてないかも気になり・・


でも、ちゃんと飼い主さん返事書いてくださって

くれました☆



愛ちゃんのブログ

飼い主さんの様子もわかり安心しました


前回置いて行ったダンボール支援も、やはり

カラスに角をつつかれていたので・・


これからは、プラの衣装ケースに変えます




愛ちゃんのブログ

ここに来てよかったのは

長く貼ってくれてあるワイヤーの繋ぎ目のところで

鎖が引っかかり、ワンさんがそこから、餌や小屋の

場所にこれなくなっていました


即式ですが、落ちていたホースと、テープで、すべりを

よくして、無事に小屋まで来れるようにしました




愛ちゃんのブログ

もしかして、数日水のみ場まで、たどり着けずにいた

のかな・・


ヒヤッとしました


とにかく来てよかった



愛ちゃんのブログ

もうお腹に子供がいて大変な事になるのが

目に見えているのに


許可が無ければ手術ができない


どうか飼い主さんチラシを無視せず返事をください



愛ちゃんのブログ
どうか

どうか


手術の許可をください


1匹産まれたら、そこからまた4、5匹産まれ

またそこから4、5匹産まれ・・また4匹、5匹・・・・

永遠に。


私達の資金では、もう抱えきれない莫大な数に

膨れ上がります




愛ちゃんのブログ
「手術お願いします。」・・・


その一言をどうか

早急に電話いただきたい


産まれてから、「困った」では・・

私達は抱え切れません


棄てる、流す、埋める

それでいい。

の考えはもう人間として辞めてもらいたいから




愛ちゃんのブログ
ボックス内は、しっかり使用されてました




愛ちゃんのブログ

ぼんぼんチームでどんどんTNRしてくださっています


このように猫が集まるところだからこそ

必要なのです


もしここもほっておいたら

あっという間に数十匹に膨れ上がります




愛ちゃんのブログ
もう1匹、手術で搬送してあった子は

後日たこちゃんが、わざわざ引き取り返してくださりました


子猫が待ってるその場所まで、丁寧に搬送してくださり

感謝です・・


知る限りでも、すでに産んでいます

知らないところでも、大量に命を産んでいることは

間違いないです


手術してゆけばいつか終わりがくると信じたい

それには産まれる前に、止めなければ意味がありません


切実な問題です。


みなさんのフード感謝いたします!!食べさせてきました

温かいお気持ちありがとう!!




愛ちゃんのブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:

福島入り2日目 飯舘村



みなさんからのフードやパウチ、牛乳みんな喜んで

食べていましたほろり


私一人では買いきれない分たくさん託していただき

感謝です!!





愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ

初顔の2匹です

まだ・・なかなか心をひらいてくれなかった・・なき



愛ちゃんのブログ

見守り隊の女性から、ある場所にトリのエサを

ばら撒かれて、カラスやらスズメやら・・

大変迷惑している、「おたくが撒いたか?!」と

怒っていました


私はその場所はしりませんでした



そしてここは、今までネコさん居たのに・・・


フードの袋を犬??がひっぱって側溝に

落としたようで、片付けが非常に大変だった・・

「ありがた迷惑になってしまう・・!」

といわれました


ネコさん居るとの情報なのに・・もう保護以外道は

なくなりました・・





愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ

いつもきていた場所ですが、やっぱり鎖に繋がれてない子

が、ここの御宅に来ています

2匹くらい放浪来ています


繋いでおいてもらわないと・・これから大変な事に

なります・・・






愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ

ネコさんあまり状態がよくないようでした

目やにが多いネコさんが多いです





愛ちゃんのブログ

私達をみて一生懸命寄ってこられた方です

もう、首の辺りが、噛まれたのか、ひどい状態でした


今は駆け寄って出てくる猫さん達を私はとっても緊急

だと思っています


荒れた田んぼにカエルが鳴いています

猫達は、そこに行って空腹を満たそうとしている


溜まった放射能を口にすることになり、大変危険です


ギロギロになった背骨を見て・・

ガツガツ食べる姿を見て・・


胸がつまり・・たまりません・・






愛ちゃんのブログ

仲間の情報で訪れた家

運よく飼い主さんとお逢いできました


そうとう走りました

山の中で寂しいだろうと思います


野生の生き物にフードを盗られるのでやはりフードは

たくさん置いていけないようです・・





愛ちゃんのブログ

ホワイトボードに書き込んでくださっていたおうちです


嬉しかった


初めてお逢いするのに、ボードでのお言葉から、

優しい飼い主さんという事がにじみ出ていました


その通りの飼い主さんでした


以前ダンボールに支援を入れて置いた物が

カラスにダンボールを破かれなおかつ、中の袋も

引っ張り出され散乱していたようです・・


「せっかく頂いたのに・・」と言ってくださりました

でも私が悪いのです


これからは、ダンボールもダメ。

プラ衣装ケース、もしくはご自宅の物置に入れて張り紙

に変えます


またお逢いできる事を楽しみにしています・・じーん





愛ちゃんのブログ

このようにフードを置いてある所が多いです


ネコさんの唯一の隠れ家です

基礎部にどうか、野生動物たち来ないでほしい




愛ちゃんのブログ

室内で飼われていた猫さんです

可愛がられているのですね!




愛ちゃんのブログ

鎖がなくても、このように中で自由に走れる小屋は

いいですね


フードも入っていました

これなら少し安心です




愛ちゃんのブログ

長いワイヤーで走り回れるようになってから

来るたびに元気になっていくお方です


何度も飼い主さんとはデンワでお話してるのに

なかなかお逢いできなくて・・ようやくようやく

お逢いできました


餌やりさん達を非常に感謝してくださっていましたよ


飼い主さんが居たから、今日のあなたは、いちだんと

生き生きしていたんだね・・すまいる






愛ちゃんのブログ
前日、不妊手術の為、病院に搬送したネコさんのお宅で

子猫の鳴き声を聞きました



まさか・・と思い先生に電話すると・・

おっぱいが大きかった産んでしまった後かも・・

と言われました


食い止められなかった・・




愛ちゃんのブログ

不妊手術しても、すぐ戻せばちゃんと授乳はします

とにかく、2日間この子達はお母さん不在で生きなければ

ならず、慌てて詳しい方に聞き、


お尻を叩いて、おしっこをさせて

目が目やにでぐちゃぐちゃで、かさぶたのようにくっついて

いたのでふやかして、何とか目を開けさせました


とにかく人間の匂いがつかないように。

慎重に。




愛ちゃんのブログ

そしてダンボールの中で子猫4匹寄り添い

暖をとっている中・・


その奥に、1匹だけ未熟な子がいて・・

すでに亡くなってしまっていました



愛ちゃんのブログ


みんなのそばで眠らせてあげることしかできませんでした


捕獲するネコ、ほとんど全部、全部が妊娠です

もう愕然とし、さすがに私達めげるほど・・


すべてがすべてが、妊娠です


そしてこうやって増えて死んでゆく猫が当たり前のように

いるのです


不妊手術さえしてあれば死ぬ事はなかった命。



餌もそうですが、飯舘村、今はもうTNRしかない

莫大な持ち出し費用はかかっても、もう今は1日も早く

食い止めてあげることしかないと確信しました



(3日目に続く)

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:
つくしさんのブログからです。

つくしさんも書かれてみえるように、
飯舘村住民の方が村や保健所等に疑問があれば何度も何度でも自分がわかるまで聞いてください。
そして、交渉してみてください。
聞く権利があります。意見を言う権利があります。
ペットは飼い主さんだけが頼りなんです。。。

飯舘村住民でない私が村や役場に何を言っても結局は部外者になってしまうのです。

やっぱり、守れるのは・・・守らなければいけないのは飼い主さんなんです。。。

私は、それがペットを飼った者の責任だと思います。


http://ameblo.jp/suginanoko/entry-11287824942.html




飯舘の犬猫については






●原発事故以前から飼育は禁止ではありません。






●今は政府の正式な避難指示区域であり、来月からも


 他の旧警戒区域と同様3つの区域に分かれます。


 線量が高く人は住めませんし3区域とも宿泊は禁止されています。






●避難を強要されており仮設住宅に住んでも、村の政策で


 ペット飼育が禁止です。


 (グッドプラクティス集
を参考にしてほしいです。)






●避難指示区域であるにもかかわらず、県が勝手に被災ペットから


 除外して、県も保護を拒否しています。






●単なる犬の放し飼いは家庭動物等の飼養及び保管に関する基準


 (第5の1)には反していますが、法律違反ではなく、条例違反です。 


 犬を繋いでいて他の動物に襲われた時に無人である可能性が高く、


 すぐに人間が対処出来ないため殺されてしまうおそれがあります。






●原発事故で線量が高いため居住が出来ないのに、ペット飼育を


 住民の自己努力と民間の援助に任せることは この地域の


 ペット行政を所管する県としてはあまりにも無責任です。


 (動物愛護法
では国が基本指針を定めた後はそれに沿って


 都道府県が動物愛護管理推進計画を定めて実務を行う


 ことが書かれています。よって県がペット行政の責任者です。)


 


村と県が放浪している犬を捕獲するのは狂犬病予防法と


福島県条例が根拠だと思われます。(簡単に①~⑥に分けました。)






狂犬病予防法
では第六条に①犬の登録をしない ②鑑札をつけない


狂犬病予防注射を受けない、④注射済票をつけない犬を抑留


しなければならないとしています。また、第十条で狂犬病が


発生した時は知事はけい留を命じることになっていますが、


第十八条では⑤狂犬病発生時のけい留命令に違反して


けい留していない犬を抑留させることが出来るとなっています。




福島県では犬による危害の防止に関する条例
があります。


第三条でけい留または檻に入れるよう書かれています。


第三条の二では⑥けい留していない飼い犬は知事が抑留できる


とされています。




例外として、住居等建物の内部や堅固な柵や塀で囲われた敷地内、


生後90日以内の仔犬、警察犬や猟犬、他へ危害を与えない状態


での訓練であれば、係留しなくてよいことになっています。




そしてもう一つの例外として、施行規則
(最後のところ)
の中では


次の場合も係留しなくてよい場合として明示されています。


「山間へき地等において人、家畜、耕作物等を野獣の被害から


守るために飼犬を使用するとき。」


(このあたりのことがこちらの元農水相副大臣のブログ
で読めます。


2007年ですが中山間地域問題として犬の放し飼いが出てきます)




以上のようなことを踏まえての提案ですが、飯舘村の犬の飼育者は、


村と県(本庁の食品生活衛生課か出先の相双保健所)に


飯舘の場合はどうすれば、




1動物愛護法第七条にある所有者の責務を果たすことが


 出来るのか?




2環境省告示の家庭動物等の飼養及び保管に関する基準、


 第1、一般原則1()の決まりを守ることが出来るのか?




この事について必ず書面で回答をもらったらどうでしょうか?




)「家庭動物等の所有者又は占有者(以下「所有者等」という。)は


命あるものである家庭動物等の適正な飼養及び保管に責任を負う者


として、動物の生態、習性及び生理を理解し、愛情をもって


家庭動物等を取り扱うとともに、その所有者は、家庭動物等を


終生飼養するように努めること」




今回の生活状態は住民の責任ではありませんから、行政として


教えてくれるでしょう。その方法を住民に知らせずに通常の法律と


条例で業務を行うことは許されないと思います。




そこでもし、「檻に入れるように」などのアドバイスがあれば、


事故が無ければ必要のない出費ですからそれを国と東電に


請求出来ると思います。(村か県がまとめるべきですが。)




しかし、宿泊が出来無い場所にペットを置くことは、上記12から


(福島県内では知りませんが)普通は相応しくない行為と見なされる


でしょうし、エサやりに通う労働が大変な負担だとして、仮設住宅近くに


シェルターを設置してもらうなどの交渉をするべきだと思います。


資金調達の方法は村や県が知っていますので、民間人が支援金を


集める必要はありません。




昨日八幡平のクマ牧場経営者の言葉として、クマ同士をケンカさせて


死亡によって頭数を減らし、最後に残ったクマには2週間くらいエサを


やらずに餓死させる計画だったことが明らかになりました。


(記事こちら




住民にペットを大事に飼う方法を教えないまま、法律と条例の業務に


拘るならば、飯舘村と福島県はこの経営者と同類になると思います。


無人の集落に犬を鎖で動けない状態にしたまま残し、野生動物などに


襲わせて殺させることで犬の頭数を減らし、住居から遠い場所に犬が


いるために、ついつい餌やりが滞る問題が発生しますが、


そうすることで自然と残った犬を餓死させるという計画なのでしょうか?


今までが今までなのでどうしても悪い想像をしてしまいがちですが、


行政機関がそこまでのことはしないだろうと信じています。




住民の方は村や保健所等に疑問があれば何度でも聞いてください。


権利であると同時にペットを飼う人間の義務だと思います。


そして、一回きりのやり取りではなくて、対話、交渉をして下さい。




今まで一緒に生きてきた家族です。ペットはあなただけが頼りです。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


福島入り1日目

1番でまずは仲間の餌やりさんが飼い主さんと

がんばって不妊手術の話しまとめてくださったところの

猫さんのワクチン搬送から開始です


愛ちゃんのブログ

二匹のうち1匹は簡単に保護でき幸先よいスタート・・
しかしもう1匹は姿見えず、捕獲機仕掛けて時間切れで

1匹だけとりあえず病院搬送




愛ちゃんのブログ

急いで戻ると、全然知らない子が捕獲機に

かかってしまっていた・・
かわいそうだけど、依頼されておらず

フードだけ与え、逃がしました・・




愛ちゃんのブログ

その後、新たに仕掛けると本命の子がすぐ

かかってくれました!!


大暴れしましたがすぐ布をかけて気持ちをしずめました
ごめんね・・でもこれで不幸な子猫が食い止められる

そして途中、給餌しながらまた同じ病院へ搬送!!


女の子でした
危なかった・・よかった

私たちが福島入りしている間に引き取りにきます



愛ちゃんのブログ
そして次のTNRに急いで向かう途中で給餌も

がりがりと言われていたこの子。飼い主さん昨日も今日も
こられていました

支援はあるからいいよ。と言っていたので、しっかり与え

ていてくれると思います



愛ちゃんのブログ

初めてのお方です

ちょうど飼い主さんがこられました


愛ちゃんのブログ

こちらも私達は初めてです

託して頂いていたリゾットを開けると、一つ二つ・・

次々に食べます



愛ちゃんのブログ


愛ちゃんのブログ

餌やりさんがとても心配されている場所です

みんなちゃんと出てきました

フードは空ですが、皿やタライは置いてありました



愛ちゃんのブログ

前に、目をやられていたネコさんです

右目はだいぶ治っていましたが、涙がひどいです・・



愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ

いつも気になり寄っている子です

給餌ボックスは作動しているようですが

フードは空です、中の袋もなくなり・・猿かカラスが

引っ張り出している可能性も無いとはいえません




愛ちゃんのブログ

次の捕獲場所です

中のにゃんさんが、捕獲されるこの様子を見ています



愛ちゃんのブログ

仕掛けて数分でかかりました

そうとうお腹すかせていたのでしょう

暴れて血だらけにならないよう、すぐ布をかぶせました


この子はちーむぼんぼんさん達に連携していただきます

送、は、私達

迎、は、頼れるぼんぼんさん達がわざわざ行って下さりますhttps://sites.google.com/site/bonbonmerimeri/

不幸な子ネコ子犬を食い止めるにはこういう活動しか

もう効果がありません

ぜひHP見て応援してください!!




愛ちゃんのブログ

ここに遊びにきてました・・

ちゃんと迷子札がセットされていたのでよしとします



愛ちゃんのブログ

ご指示どうり、この中にフード支援もいれてきましたよ!


愛ちゃんのブログ

近くのおたくでなかなか良い給餌ボックスがありました

飼い主さんかな?カラスの対策してますね


愛ちゃんのブログ

他にもたくさん出会いましたが、

こうやって陰から出て来る子は、決まってガリガリで

首辺りには噛まれたあとや、皮膚病ばかり・・


こういう子を見逃してはいけないと思った

ここにいる!!って事をわざわざ教えてきてくれてるから


動物も、夏の間、あの子達は水分が足りません

与えにきてあげてください



(飯舘村2日目に続く)




いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:


みんなが待つ福島へ出発しま~す


前回のブログにもたくさんの託していただいた

フード載せました

みんなの想いを必ず食べさせて、支援として飼い主さんへ

必ず運んできますうふふふふ♪


みなさん確かにお預かりしました~ぁ!!!



愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ

出発前に、おうちに届いていました!!


いつも応援して託してくれているM.Bちゃん♪

間に合ってよかったですよ~ 涙


無着色をさがしてくれたようで感謝です!!

そしてほうれいせん消える韓流コスメ・・

初です、韓流ほろり

今日ホテルでやってみます笑

そして、支援金も託していただきありがとうございましたぬ~ん



明日から3日間は、

給餌はもちろん


大事な仲間が飼い主さんと話してくれて

ようやく決まった猫さんのワクチンの搬送や、


いつも頼りぱなしで助けてもらってばかりのぼんぼんさん

達と連携のTNR捕獲搬送・・



その病院代にM.Bちゃんと、

前回紹介した、ちいにゃんさん

からの託していただいた支援金を使わせていただきますほろり


みなさんからのフードはもちろん飯舘の子へうきうき

ありがとう、ありがとう・・!!


(ずっとぺタも出来ず、せっかく読んでぺタくださっていた

 仲間の方々、心からありがとうnamida☆☆

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。