愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

前回の楢葉の柵の記事は、みなさん

引き続き、承諾いらないので、何の柵

か、どんどん、写真を見せて聞いて

みてください!!

http://ameblo.jp/keirinman1/entry-11092880850.html


皆さん頼みます・・!!






(飯舘①の記事の続きです)


前回の猫さんのお宅からすぐ上のお隣さん・・


たっくさん、います。います。


愛ちゃんのブログ


まず、このお方たち・・・


お出迎えしてくださいました。

どうやら、このお2人・・ここのお宅の方では、

ないようです


放されています


もしかしてどこかではぐれて、ここにたどり着いた

と思われます


ボラさん方・・このお顔を覚えておいてくださいね

もしかすると、助けを求めているお方かもしれません








愛ちゃんのブログ


中にゆくと、鶏達の声が・・

そしてワンさんがいます


鎖が引きちぎれそうな位、お腹すいた!!と必死です


入れ物にいれても、こぼしてしまうほどの勢いでした

私がワン達にあげる、一番安心なおやつの「煮干」


福島の子たちは、意外と食べてくれないのですが

カルシウムだからね


いつ飼い主さんくるかわからないから、たくさん

あげました









愛ちゃんのブログ


「こっちも!こっちも!きてよ」


ここには繋がれてるワンさん2匹・・




この子ですね


となりのおばあさまが、すごく吠える子がいるのよ

と言ってました。




「そりゃ・・こんなにお腹がすいてたら

どんなにいい子だって、吠えたくなるもの。」




お隣さんの評判よりも、とってもいい子。

吠えるのが仕事、たくさんたくさん、食べました



「ちゃんとご飯もらっているの?あなたたち

おかあさんは、どこにいってしまったの・・」







愛ちゃんのブログ


ひょっと・・中を

みると、猫さん!!たくさん!!


うわ・・餌どうしよ。

と思っていたら、やっぱり猫さん通用口ありました





愛ちゃんのブログ


猫さんサイズ通用口。



この中へ、餌ばくだんを、たくさんいれといたよ

かじって、いつでも新鮮なものをたべてね


鶏さんの水を彼が全部入れ替え、さすがにもう

鶏さんフードは用意してなかったので・・


ワンさんフードをおすそ分けしました


怖がって端に逃げる鶏さんたち・・

以前の葛尾の、ニワトリさんを思い出しました


「入り口が開けられて、たくさん居なくなって

しまった。

もうあんなかわいそうな目にあわせたくない・・」





飼い主さんにたくさんのフードの支援を玄関に置き


「勝手に鶏の小屋にワン用フード置いて

申し訳ない。

他のボランティアさん達にも、気にかけて餌を持って

寄って頂くよう伝えますね」


と書き、出ました






愛ちゃんのブログ


毎回、飯舘に来るたびに置く、屋根のある元バス停

です。


屋根があるから、安心なんです・・

きっと他のボラさんもきていただいているだろうと

思っています






そして、臼石地区へ


ここでは、ALIVEふくしまさんが、声をかけて

くださいました

とても熱心に活動されていて、ありがたかったです


私達の力なんかは微量です


ALIVEふくしまさん、飯舘の子をこれからも

見守りつづけてください・・嬉しかったです!!



愛ちゃんのブログ

ここは、ボラさん情報で、たどり着いた場所。

瓦屋根の大きな家?


もう鎖が途中で切れてます

飼い主さん連れていかれてるようです








愛ちゃんのブログ


そのお隣さん・・

とってもとっても、嬉しそうな顔をして吠えていました


誰もいない


餌も空、うんちが2日分?くらいかな

小屋の外にありました


置き去りではないよね





愛ちゃんのブログ

とても綺麗にされてて、日陰もあるし、

ひとまず安心


たっぷりたっぷり餌をいれて


飼い主さんには、ビタワンを置いて、張り紙を。


「一時預かりの、お力になりたいです。

餌を他のボランティアさんと連携してまた、あげに

寄らせていただきますね。


困ったらこの携帯に電話ください・・」


そう書いて、餌にぺたっと貼ってきました







愛ちゃんのブログ

そしてお隣さん・・

こちらのお方も、一人ぼっちです


なんだか悲しそうに見えました


餌の入れ物が、とてもちいさい

木をくりぬいたものでした


固形をあげたけど、あまり好きではないんだね

無添加パウチを入れてあげたら、そうとうにおいを

嗅いで、ようやく食べたね


飼い主さんが頻繁にきてるからと思いたいんだ

だけど、うんちがたくさんあったよね


やはり、餌の支援に貼り紙をしてきました






愛ちゃんのブログ

そして、またお隣さん


こちらのお方は、お腹すきすきでした


私達人間を見て嬉しそうにしています

勢いよく食べ過ぎて、裏で吐いて、それを今度は

ゆっくり食べなおしていました。


ここにも、小屋の横に、支援の餌と、張り紙を。


最後にもう一度、餌をたくさん入れてさようなら・・






この翌日、張り紙をした飼い主さん数件から

電話がありました!!


「けさ来たら、たくさん餌が置いてくれてあって

本当に、ありがとうございます・・


2日おきくらいには、来ています・・


なので、保護は大丈夫です。


今までも餌を置いてくれている事があり、

みなさんがこうやってきてくれていたんですね


ありがたい・・」


とおっしゃりました・・

どうか、どうか、早く一緒に住んであげてください



「でも、困ったときは携帯に必ず電話ください

携帯番号捨てずに持っていてください」





私もこの子たちを見捨てないです。

そして福島も見捨てない。




(次の記事は、飯舘の続き、残ってくださっている

おばあさんの家です!!)


AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニュースで、圏内動物団体許可!

と、言って、喜ばせムードですが、それもまだ

詳しい事が決まっていないのに、発表している

そうです。



そんな裏では・・

こんなモノが着々と作られています・・




愛ちゃんのブログ



愛ちゃんのブログ




愛ちゃんのブログ


楢葉の牛さん達。


この子たちどうなってしまうの?










愛ちゃんのブログ

これ。


問題のこれ。



出来たばかりの、これ、何???






愛ちゃんのブログ


役場は、住民の了承もとらず、柵???を


楢葉の町にあちこち作らせているようです





「圏内には、牛を見かけたら、電話をください。

看板があちこちあります」    


(地元の方の話より)















愛ちゃんのブログ

この柵の中で、命をまっとうさせるまで飼うモノ

でしょうか???






「福島県保健所と楢葉町役場は、住民を無視して

柵作りさせています。


まさか・・安楽死柵では!!??」  


(地元の方の話より)








愛ちゃんのブログ


牛さんがなにやら、近づいてきていますけど・・・・






「もし、安楽死柵であれば・・・・


餌を中に仕掛け、牛を誘い、囲い込みして、


外に出られなくなって、麻酔銃で撃たれるのだろう」


(地元の方の話より)





これ、なんの為の柵ですか??

読んでる皆さん、これ、

命をまっとうさせてあげる

為の柵なのか・・


くわしい方に写真をどんどん見せて

あげてください

(承諾いりません)



そして、どなたか民主以外の

愛護議員さんで、

お知り合いがいる方・・

鑑定していただいてもらいたい・・



楢葉では、不明の、柵??が

確実に

作られています。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


愛ちゃんのブログ


2日目は、朝から飯舘村を、重点的にまわる予定です


掲示板に書かれた場所や地図を参考に廻りました

川俣方面から、飯舘村比曽地区へ




愛ちゃんのブログ

いきなり、放浪の子!?

この子の先には、黒いワンさんも・・



すぐに白くて青い首輪のワンさんに、餌をあたえよう

すると、近くの家に住民の方が・・


一時帰宅されてました!


この白いワンさんはこの方のワンさんで、本当は

放してはいけないんだけど、12月に入ったら、

一緒に住める場所が見つかったので、保護しに

来られるそうです





愛ちゃんのブログ


色々な話をききました


このあたりは、みな、公認でワンさんが放浪して

しまっているようです・・


線量も6,0はあるようで、かなり高いようです



「遠くからわざわざご苦労様です・・」

私達の活動も、認めてくださり、少しホッとする

瞬間でした




そして、飯樋地区へ・・



愛ちゃんのブログ

掲示板に

「道路から見える位置で飼い主を待ってずっと

道路をみています。」


と、書かれていたこのお方は・・・



飼い主さん一時帰宅されていました!!


よかった、話すチャンスです


ここのご主人様、突然の見知らぬ私達の訪問も

ワンさんの事で話したいと言うと、中にあげて

くださいました・・






愛ちゃんのブログ

飼い主さん、仮設の為、どうしても子の子を連れて

ゆけないそうです・・


この子は交通事故で足を片方怪我していて、預かり

に出すのも、かわいそうで、この地で自由に

暮らさせてあげたいとの事でした・・・



しかし、避妊手術をされていなかったので、それでは

放しておくわけにはいかない!!

と、私達は言いました



一番よいのは、妊娠しないようにしてあげること。


これ以上子供を増やす訳にはいきません・・


私が、責任持って、手術をしたいとの要望で、

受け入れてもらいました。

費用も、できる限り私が見てあげようと、思います


(この後、とてもありがたい事に、病院までの搬送の

協力者様が見つかり、連携できそうです。

御協力感謝しています☆)


一つ不幸な命を増やさない事ができました・・






そしてすぐ近くのお宅へ・・


愛ちゃんのブログ

ここには、おばあさまと息子さまが帰宅されてました


「この子達がいるから、定期的に帰ってきてるんだ」

とおっしゃってました


みまもり隊の方々にも、来た時は餌を置いてもらう

よう頼んであると言ってました



一時預かりの協力をしましょうか?と言いましたが

どうしても困ったら考えるとの事です





愛ちゃんのブログ

実はこんな臆病さんもここにはいました


「おじゃましてごめんね。あなた達の餌やりは

ちゃんと他のボランティアさんにも、伝えるから

安心してね」



飼い主さんも、「ここへ寄った時は、小屋の横の

倉庫に餌の支援を置いていってもらえると、

助かる・・」

と言っています


そこにあれば、みまもり隊も餌を与えてくれるよう






愛ちゃんのブログ

そしてこの猫さん・・


特徴あるから、間違って保護しないと思うけど

猫さん通用口がやはりあるので、ボラさん餌御願い

しますね



おばあさん、この子に会うために、

わざわざきたそう




くるなり、猫さん、おばあさんにすがるように

飛びついてきて・・・、

嬉しかったと・・

何度も何度もその事を、私達に話してくれました






愛ちゃんのブログ

「おっきな、海苔の巻いてあるおにぎりを、

おばあさん,あなたの、お皿に入れてあったね!

きっと、あなたに食べさせたくて、にぎって持って

きてくれたのね」




いつまでも、いつまでも、すりすりしてました

動物は、どんな飼い主でも、忘れたりしません



ここのお宅にも、たくさんのワンニャンフード

差し入れしてきました



そして、私の携帯番号・・

「何か困ったら、必ず電話してください」




飼い主さんと番号交換して、

これで、この子達は困っても、私達がいます


大丈夫です



そして、隣のお宅へゆきました・・

隣にもたくさんいます・・(続く)

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:



今回も、仲間が福島の子に託してくださいました!



マロちゃんのママ・・毎月毎月託してくださり・・

ありがとう・・

全て、原発区域の子達のお腹にちゃんと

入っているからね

愛ちゃんのブログ

「うれしいな、わたしも感謝しているよ」


うちの猫さんもいつも喜んで箱にはいってるよ








愛ちゃんのブログ

今回は、掲示板の仲間達が、行ってくださって得た

情報を元に、重点的にまわりました


みなさん毎月何度も何度も足を運んでくださり・・

ありがとう・・


わたしなんて、数回しかいけないのに、みなさん

いつもいつも感謝してます









愛ちゃんのブログ

石黒地域

「穴だらけで、風が入ってさむいよね・・

プラスチックが冷たいね

小屋に毛布があったらいいのにね・・」




この子と下の子は、同じお宅です

猛犬注意の看板からすぐ近くです


餌はありません

入れ物には枯葉がびっちりでした


この日は雨でした・・


どこを廻っても、猫さんは隠れてほとんど会えません

でもポイントはみなさんから聞いていましたから


いなくてもちゃんと、猫さん用においてきてあります






愛ちゃんのブログ

上の子と同じくこの子の入れ物も空でした


首輪で繋がれています


この子は、私達をみると、このように陰に隠れ

ブルブル震えています





愛ちゃんのブログ

餌を入れてあげるのですが、出てきても足音ですぐ

逃げてしまいます


飼い主さんは、ボラさん情報だと、3~4日に一度帰宅・・


そんなに間があいてるの!?


1食与えないだけでも、自分だったら出来ない。

3日??

6食も与えられてないの??



だったら、飼い主さん!!

大きな餌袋を、ガバッと口を広げて置いて

あげてくれないかな・・・

愛ちゃんのブログ


「あなたの・・震える気持ちもわかる気がするよ・・」









愛ちゃんのブログ

とても気になっていた場所。


子猫が・・増えてしまっていると・・・





愛ちゃんのブログ

雨なので、外には、サッと親猫が通りすぎただけで

子猫は家の中にいました


せつない・・。ゴミだらけです


しかし中にはいって片付けられないし、

外で暮らさなくても雨風を

しのげる場所があっただけ良かった。





愛ちゃんのブログ

唯一、猫さん通用口かな。


雨に濡れず、ここに餌を置くことできてよかった。






愛ちゃんのブログ

そしていつも行く場所・・


やはり雨で、猫さんは不在でした・・

ワンさんはあれからどこへ行ってしまったか・・・



他の仲間のボラさんとも気にかけている葛尾や

風越の場所へ他にもあちこち餌を置き・・


浪江にむかいました





愛ちゃんのブログ

相変わらず素敵な山ばかりです。

大好きな山を見て思います


ここに放射能が積もっているなど思いたく

ありません

東電と政府がした事は、金の為の欲望、いや

それだけでない。



自分達だけ良ければいい



犠牲になった街に、足を踏み入れなさいよ。


自ら、放射能をあびながら生活している方々の

声をききに来なさいよ。






愛ちゃんのブログ

浪江検問すぐ手前です

このあたり毎時6,0マイクロです


写真はうまく撮れませんでしたが、餌の周りに

たくさんの子猫がきています


次から次から・・・


どうしたらいいのでしょう

もう人間を見て、共存できる子にはなってません


私達を見てどう映っているでしょう


一歩でも近づくと、突然散ります


周りはすっかり真っ暗・・ズームでようやく撮れた

写真でした


保護なんてどうやってすればいいのでしょう・・




帰り道今日2度目の警察にとめられました

どんな車でも、必ずとめます


ペットの餌やりで・・と言うと

「まだ、たくさん残されていますか?

私達も、職務があり餌をあげることはできず

かわいそうだと思う。


検問内では、どなたか自由に圏内に

もってゆけるよう餌をおいて下さっている方も

いるんですよ~」

と教えてくれました


「圏外に出てきたら、救われ、圏内なら・・

もう二度と生きて外へは出してもらえない・・

その線引きは、おかしく感じますよね・・」


とも、言ってました


やはり、圏内の子は放射能の拡散?!

生きて出してもらえない・・とは


なんとも、政府の大臣の口からでる

言葉にきこえました





愛ちゃんのブログ

翌日は、飯舘を一日まわります


前日は車中泊で震えていたので、この日は

福島市へ入り、ベットで寝る事にしました


何があるかわからない・・ホテルなんて予約せずに

きました


福島市・・・活気がありますよ

ほんの数時間前に防護マスクをしていなければ

ならない地域に居たとは思えないくらい


別世界。


皆、元気に街に出て居ました


しかし、福島市でも毎時0,9マイクロくらいあります






愛ちゃんのブログ

この日は、福島の地物のお店と言うところで

これを、食べにきました


「浪江 焼きそば」


もやしがたくさん

美味しいです


原発に故郷を奪われた浪江の方々、そして

きょう出会った浪江の子達を思い出しながら

食べました


特徴は太い麺です

支援です

福島のお酒のセット利き酒も

彼は美味いと飲みまくっていました


次回は飯舘の記事です

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:


愛ちゃんのブログ


「反原発デモ・・・」

と言うと、賛否両論あるんだろう



私は、経産省の前での座り込み

「原発いらない福島の女性たち」の叫びを

聞くため、デモに参加した




放射能の怖さを自ら知りながら、置き去りペットの

為に、放射能区域へ飛び込んだ私も、


もちろん、原発に怒りを抱く一人である





愛ちゃんのブログ




福島の女性は強かった。

怒りに声を震わせながらも、皆に強く訴え

子供達の将来を悲しんでいた・・・


私は、動物達の顔が浮かんでいた

福島ネットワークの女性方々の訴えを聞きながら


私は、「動物」に置き換えて考えた


泣きながら、女性の訴えを聞き、

人の居なくなったあの地を


思い出した



瘦せた命だけが、何とか生きているあの

福島を。



被害者は、人間同様、動物達・・全てだ。

閉鎖され、餌を与えに入る事すら禁止。


飼い主が一時帰宅で連れて帰るのも禁止。


よくも政府がそんな決まりを作れたもんだ。





愛ちゃんのブログ

私の目的は・・・


「動物は原発の被害者」


「原発が無ければ、ペットや牛は餓死させられる

事は、無かった・・!!」


この事を知らしめる為だった


私達、人間は被害者でもあり・・

動物や植物、子供達への

加害者でもあるのです・・



同じ静岡からの参加者の方がおっしゃいました

「私たちは加害者です。すべての命を犠牲に

している今の原発をなくそう!!」


そうです!!


今回の事故で福島にはたくさんの動物が

閉じ込められ、放射能の拡散と言われ、餓死を

させられている・・


もし浜岡が同じように、爆発したら・・・

また、政府にだまされ、二、三日で帰れるから

ペットは置いてけ、と言われ、もう永久の別れ

にさせられるんです


それも、骨と皮にさせられ、それでも飼い主を

待って待って待って・・・・餓死させられるのです


あなた方も、それは他人事ではないのです


明日、大地震がきたら、原発が爆発したら・・

あなたの地で・・・


同じ残虐な悲劇が繰り返されます。




個人ボラさん愛ちゃんに会ったの巻


裏にも、たくさんの動物達の現状を貼り、デモで

知らせてきました


反原発・・・

それでもまだ、賛否両論あるのでしょう


でも、私は、動物達の、カタキをとるために!!

亡くなって逝ったあの子達の、気持ちの代弁者

として・・・!!!


「原発いらない。今すぐなくそう!!」





追記:

わざわざ、ブログ仲間のななちゃんが・・

福島の動物達に!!と・・支援を持って会場

まで駆けつけて来てくれました☆

必ず福島の子に託すよ!!ありがと☆

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。