愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:

「NNNドキュメントスペシャル

カメラマンが見たFUKUSHIMA」


圏内の様子、ワンさん達の悲劇!!!


私は先にこの番組見ましたが・・


泣かずには見れなかった


これが政府が隠しに隠した圏内です!!


静岡方面の方今日、夜中25時53分から

だいいちテレビで放送


宮城テレビも同じく夜中25時53分から


札幌テレビ29(土)26時05分~


青森放送29(土)26時00分~


テレビ岩手29(土)26時00分~



他の地域は残念ながら終了・・・・・


どうにかしてこの放送を探して見てください


この悲しいワン、ニャン達の瞳を見て

まだ、圏内動物救助禁止!!なんて言って

いる政府は鬼です


彼らは血が通っているのでしょうか


この番組をみたら、政府への憎しみが

たまらなくたまらなく溢れます

↓↓↓↓予告です。

カメラマンが見たFUKUSHIMA

です


  http://www.ntv.co.jp/document/


たった今、尊敬すべき早川さんが、放送の

ユーチューブを記事に貼ってあると!!

お知らせしてくれました!!

よかった~


みれなかった方!!

悲しくて苦しくなるこの放送、早川さんの

ページからごらんください!!


http://ameblo.jp/bon-bon-boon/entry-11056672057.html



そしてこの、ビーグル親子・・

二匹とも、元気にしてますよ


泣いて泣いて手放した坊や・・

あの二匹は、坊やを忘れてない


元気に遊んでいますよ

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

私もここに賛同しています

ぜひ、仲間で連携しましょう。




このたび、葛尾・飯舘・浪江の計画的避難区域の

動物の保護・給餌活動の連携と、情報の共有化を行って行くこととなり、

ここに、ご報告させて頂きます。



もし、こちらのブログもしくは、Twitterを見られてる方で、

この区域に給餌に来た事がある。

もしくは、継続して今も行っているという方がいらっしゃいましたら、



是非こちら、

inusukihanasuki0902☆mail.goo.ne.jp(☆は@にかえてください。)


に一度ご連絡ください。



すでに仲間が集まっている掲示板

http://8256.teacup.com/takemunmun1013/bbs  

にご案内します。




誠に申し訳ないのですが、こちらでメールを何度かやり取りさせて頂いて

ご案内出来ると判断した場合のみパスワードを教えるものとします。

決して敷居は高くございません。



この後、もうすぐ冬になり地域によっては、入る事もままならなくなっていきます。

そういった時に、どこから保護していった方が良いのか。

また、長く給餌に来れてないポイントが直ぐに解る等、情報を共有する。

住民の方ともめること無く活動を行うためのモラルの徹底。

等、多くの役割を果たす掲示板となってます。



団体の枠など まったく関係なく。ここにいる人たちは、同じ志の仲間です。


今現在も、この区域には人は住んでいません。


連携出来れば、春まで生き残る事の出来る命が沢山あることでしょう。

保護やTNRを効率よく行うためにも、

是非、ここの給餌をしてる方。


ご一報を宜しくお願いします。

もし、給餌活動をしてる方を、知ってる方でも良いです。


連絡先になる、ブログやTwitterを教えて頂ければ 

こちらから伺う事は可能ですので。宜しくお願いします。


みんなで協力して、是非多くの動物の命をを救いましょう(^O^)/


上記のところへ一度ご連絡してくださいね!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週仲間のシェルターで小屋の工事をした時に


撮った写真を、先日飼い主さんへ送りました



愛ちゃんのブログ
幸せそうでよかったですと返信がありました


みんなここでは幸せです



愛ちゃんのブログ
愛ちゃんのブログ



そして今週再度行き、小屋の工事を

仕上げてきました!!


 

吠え声の問題。

寒さの問題。

木で仕切れば安いけど、湿気での病気の問題

を考え、高いけどクレートを用意してくれました




ここの方は全てがワン達の幸せの為を思い

お金をかけてくださっています


工事しかできないけど、ワン達が事故しないよう

しっかり工事してきました




この看板犬達も熱心に工事をみています




ちょっと周りは黒くてワンさん達かわいそう

だけど中には断熱材入ってるし、このシートは、

近所の方にも迷惑かからないように、防音シート

なのよ


(こちらのワンも、しっかり工事みてます)





そしてワンさんも、工事のお手伝い




こちらの子犬さんもずーっとお手伝い



ヒモをひっぱって・・




手伝いなのか邪魔してるのか・・




子犬さんたちはみんなダンボールをビリビリ

楽しそうに散らかしてます






飼い主さんにお手紙とあなた達の元気な

写真送ったからね


私も被災ペットを4匹預けています

愛ちゃんのブログ

私が預けている子は飼い主さんが、仮設を

出る、までのお預かりです

が・・


ずっとここで預かってもらうと、その間に福島

からくる飼い主のいない被災ペット達が入る

スペースが無くなってしまうでしょう・・



私が預けた子をここから出す事で、そこへ新たに

救える命が入居できます



愛ちゃんのブログ

福島の応援として静岡近辺のお方で期間限定

で一緒に飼い主さんの帰りを待って寄り添って

上げられる方がいらっしゃいましたらお力を

お貸しくださいね・・・






そして、このお方は、ホケンジョで、殺害される

寸前にこのシェルターで引き受けた命です。




非常に熱心に活動して下さっているこちらの

方が命を引き継いでいてくださりました

http://happytaillove.web.fc2.com/activity.html



このワンさんの生い立ちは私にはわかりません


しかし、お顔とお体は見るからに人間の手で

かけあわされたものではないでしょうか?




入れたご飯を、一生懸命、一生懸命食べました。




必死で生きていました。

生きていたから食べられました。





「生きているんだよ!死なずにすんだよ!」

と、力いっぱい吠えました。


写真を撮りながら胸がつまりました




君は、あのままホケンジョにいたら、

ここに居る命では無かった。


ホケンジョの冷たい部屋で、何をされるか

毎日毎日が命がけだっただろう


今この瞬間、美味しそうにご飯を食べる

事は永遠に無かった・・・・・






君に聞きたい・・・・


処刑を待つ日々とは・・・

どれほど怖いものなのでしょう。


教えてください・・・・・






嬉しい事にも立ち会えました・・

この子犬のお方、里親さんのお宅へ旅立って

ゆきました


「さっき最後にみんなでダンボールを囲んで

走り回れて楽しかったよ。

ここでの生活を忘れないよ。

一足先に、幸せになりにゆくね。バイバイ・・」





こうやって被災地からの子達は、仲良く

なっては、サヨナラを繰り返しバラバラに

なってゆきます・・






前回来た時は、手術の跡が痛くて痛くて

イライラを隠せなかったワンさん


すっかり穏やかになり無駄に吠える事も

なくなり劇的に成長されました


一時はだれも近寄れない位、噛んだお方。


愛情もって接し続けてくれました

こんな見違える程です


野犬にならせるのも、ならせないのも全て

人間次第。


原発地域で、飲まず食わずを何ヶ月もさせて

いまさら、「野犬になった!!」とは何でしょうか


政府の奴が、そうさせたのです






前にも紹介したこのお方。

政府から見捨てられていた代表です。


しゃべれたら聞いてみたいです

人の居なくなった街で、おこっている悲劇を。






私が滞在している間にも、このように支援が

送られてきました


フードは驚くほどのスピードで、一袋、二袋・・

終わってゆくそうです


団体さんたちには、質の良いフードをこれからも

支援してゆかねば・・


命をあんなにたくさん救ってくださってるのだから





こうやって、地元福島から離れた

知らない地でワンさん達は生きています


頑張って食べて食べて生きてます


飼い主さんを忘れた子は一人も居ません




福島の置き去りの子達にも、このように

頑張って食べて!生きて欲しい・・


来月は福島入りします。


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:
連休で、以前圏内へ共に入った仲間
が作ってくれたシェルターへ

この寒い冬を過ごすための、屋根つき
の小屋の工事のボランティアへ行って
きました





基礎工事から始めます


 
ちょうど、中古の小屋が無償で手に
入ったので、私たちからワンさんたち
へのプレゼントです







今度は屋根がついてるから冬は暖かいね
奥行き6mもあります
たくさん入れます
時間が無く、防音シートや断熱材は
急きょ次回来た時の工事になりました
もっと暖かく、もっと吠え声が響かなく
なります!


この子達は、ここの看板犬といっても
おかしくない
親子です☆
とにかくヒモがいつもぐるぐるまかさり
くっつきざるを得ません




 

私が前回お預けした(仮設住宅より飼えない
為に一時預かり)してきた子達☆

喜んで出てきてくれた
覚えててくれて良かった・・
大切に預かってくれていて本当に仲間に
感謝してます



 
室内での奇跡の一枚
福島からの預かりのワンさんと、
ここで拾われたニャンさんです
こんなに仲良くなってた・・




お散歩もこんな素敵な山に囲まれた
場所でいきいきとしています




このワンさんは手術したばかり・・

いろいろ心の病を抱えて、ようやく
人間とも触れ合えるようになったようです

心のかっとうを、人間にぶつけず
リードを自ら噛み、何とか人間を傷つけず
克服しようとしています




以前、楢葉でたくさんの方の協力
で救助されたワンさんです

飼い主さんが飼える場所に来るまで
ここに協力をしていただいているのです
ここがなければ、圏内でどうなってしまって
いたか・・わかりません・・

政府に見捨てられていた
いち、命です。






そしてこのワンさんは、この日里親
さんへ渡りました・・

いつも優しい顔をしてゆっくり穏やかに
散歩をした思い出があります

譲渡先で、長いワイヤーで走り周れる様
作って待っていて下さった里親さん・・

そして、渡した後、ずっと後を追ってきて
くれて離れるのを悲しんでくれていた
ワンさん・・

渡しに行った方が号泣しながら
こちらへ電話してきてくれました

被災犬を早く譲渡するのが使命
なのですが、こんなに胸が熱くなるのは
仕方ないのかもしれないけど・・
正直、全て自分のもとに置いておきたく
なるものですね・・(泣)



 
ここへ来るたび想う事があります


どんな団体さんも個人ボラさんも・・
待ったなしの・・「生き物」を扱っています

大きい施設小さい施設、関係なく、
親にすてられた子を救う気持ちに
変わりない・・

そして、毎日が生き物を扱う時間に追われ
一杯、一杯だと言う事・・

批判や、文句なんて言えたもんでは
ありません・・

命を面倒見ると言う事は、簡単ではなく
いままで関わってきてくださった団体さん
個人さんには、感謝をしてこれからも
皆、後方支援で資金や餌を援助してゆく
事を絶やしてはいけないと、さらに思い
ました・・



この連休も・・たくさんの仲間のボラさんが
次々と福島入りしてくれていました・・

ご報告のメールをいただくと・・
瘦せた子達の顔が浮かびます・・

仲間のボラさんとはこれからも情報を
分かち合い、交互に福島入りしてゆきます


終わった感がある被災ペット問題


まったく終わっていません。
まだ泣いてる子が山ほどいます!!
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。