愛ちゃんのブログ

原発事故後は、福島の残されたペットへの
給餌活動の記事、脱原発の記事をメインに書いています


テーマ:
今回の件では軽率な発言をして皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



この件でのリンク先のブログ記事も、ある方から名誉毀損にあたるとご指摘を受けました。
お詫び申し上げます



この件で、ご自分のブログも荒らされてしまった仲間の皆様、
本当にご迷惑をおかけして申し訳ありません。


そして優しいメッセージをくださった皆様本当にありがとうございました
AD
いいね!した人  |  コメント(100)  |  リブログ(0)

テーマ:

(まず色々ご迷惑をおかけした方々にお詫びを

申し上げます・・・福島の現状を伝える為に

ブログを書かせてください・・)




第一声は・・

「紐がグルグルになり繋がれてる犬が

残されているんだ!!」


広野へ入り、検問で話をしている私たちを見つけ

地元の方が走ってきました


「連れて行く時間はいくらでもあった!!

4月まで十分時間があるのになぜ!!」・・・


被災者の方が、被災者へ怒りの言葉を

叫びました・・


愛ちゃんのブログ


愛ちゃんのブログ

常磐道の最終出口の広野インター



愛ちゃんのブログ
警察の検問地点




愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ
今でも道路があちこち沈んでる

楢葉地区



工事でたびたび楢葉に入り、残された動物に

餌を与えてくださっていて何とか生き延びて

いる動物がいると、おっしゃっていました


犬は、ほとんど捕まらない

固形のドックフードを山のように置いて行った

ようだが、すべてカビて、腐り、それをカラスが

食べ、ハクビシンが食べ・・犬はまったく食べないと。


「パンやご飯を与える習慣が多かったので固形の

フードは好まない子が多いのでは?」との事。


そして、道路に沿った雨よけのある下へ餌を

置いて下さった方がたくさんいたそうですが

そこへ子猫などが来て、車にひかれている事が

たびたびあったそう。


「犬達は、きっと、一時帰宅で帰って来た住民が

冷蔵庫の腐った物を、外へ出して行くので

かろうじて、その食べ物で生きているのでは

ないか・・」と言っておられました


「犬の死体を、自分達はあまりにかわいそうで

川に流して供養してあげている」とおっしゃりました


また行き場の無い子を自分の家で保護もして

くださったようです


しかし、「まだまだ圏内には首輪につながれた

まま、餌もなく何とか生きている子がいる!!

どうしたらいいか・・かわいそうでたまらない」と

顔をゆがめておっしゃりました



東電はドカンとなって百万円。

病院の先生は患者を残して逃げてしまい・・

放された牛のお乳を成人の牛が飲んでる


かわいそうだろ・・と。

写真を見せてくれました


こんな驚く話ばかりでした・・




この子は水もほとんど無し、餌は食べないカビた

フードが小屋の中に残されてしまいました

寝る場所が・・無いのです
愛ちゃんのブログ
小屋の中には食べずに残された乾燥フード



愛ちゃんのブログ


このままどうなってしまうのだろう・・


飼い主さんが見つからない限り連れてくる事も

できません


(飼い主さんとやっと御連絡とれました!!

この飼い主さん・・この子が噛んだり皆さんに

ご迷惑をかけてはいけない・・と思い

保護の依頼もできなかったそうです・・

毎日この子の事が気がかりで、たまらなかった

そうです・・でも・・見捨ててなかった・・

良かった・・保護の方向へ進めます!!)


圏内には、住民さえも入らせない壁があるようです

生きていても、死ねというのでしょうか



「ノミの薬、やってやらないとこの時期ダメ

なんです」


工事の方、放された子にも病院からいただいた

ノミの薬を、ソーセージで何とかおびき寄せ、

だましながら付けてあげるそうです


そのノミの薬も・・底をつき・・

「なんとか手にはいりませんか・・?」

「ホントは放射線量も測ってやりたい・・」

「ガイガーないでしょうか・・」


悲痛な叫びでした


こんな状況と知らず、そこまで用意はして

来てなく、とにかく、持っている餌を出来る限り

おいてきました・・

缶詰、固形フード、ニボシなど・・


足りない分は送ります!!

どうか・・飼い主が来るまで命を繋いであげて

欲しい!!


電気がとまり、飼っていた金魚も相当なくなって

しまったようです

しかし、生きている金魚を懸命に助けた

とてもお優しい方でした・・


こちらのワンコさんも、近寄ると逃げてしまう

放されたワンコさんだそうです・・

乾燥フードが残されていましたが・・

なぜか食べないそうです


愛ちゃんのブログ
大量に撒かれたフードですが・・

食べないままカビてしまいました
愛ちゃんのブログ

愛ちゃんのブログ
逃げまわってほとんど姿を見せない

ワンコさんだそうです

缶詰の餌でようやく警戒しながら

顔を出してきたようです

これだけ警戒するようになると保護が

厳しくなります




その後、葛尾へ行き、命を繋いでもらっていた

ワンコさん達に、餌をあげました

(飼い主さんは判明しております)

人を見るのが嬉しいらしく、首輪が外れそうな

位、喜んではねます!


他のボラさんが2日前に来て下さった張り紙も

あり、一安心・・

しかしよく食べます

おしっこも自分の小屋の周りにしないとならない・・

辛い事です


猫さんもいて私達が移動する度にまた同じ子が

近くに現れます

寂しいのか・・飼われていた猫さんでしょう。


小川があり、比較的キレイな、水が流れていて

猫さんには、ありがたい川でした



その後、浪江に行き、ご連絡をとってあった

圏内に残って餌をあげてくださっている方に

餌を託しました


この餌は、たくさんの方が、28キロ圏内の子に

あげてください!と送ってきてくださったものです


そしてあのイノシシさんにも支援してくださって

ジャガイモやリンゴなどを渡しました!!


手紙や、御菓子、サプリなどもお預かりしてきて

全てお渡ししました!!


大変恐縮なさっておりました・・

この方の、家にはたくさんのワンコさんが餌を

もらいにやってきます


そして猫さんにも屋根の下に餌をおいて

くださっています


原発28キロで、検問・・。

以前も何度も何度も来るたびに警察さんと話を

しても、「許可証がなければ入れません・・」

の一言です


今回は、以前この方のご連絡先を引き継いで

くださった協力者様のおかげで・・

検問場所で待ち合わせする事まで

ようやくたどり着き・・お逢いできました


浪江はまだ水道が一部ダメなようです

川の水を利用したり、ペットボトルの水を使用

したりしてしのいでいるようです


そしてみなさんが心配していた・・イノシシさん

ですが・・やはり、またどなたか、柵をあけて

逃がしてしまいました・・


その方はきっとオリの中では死んでしまうだろう

との、優しさだと思います・・


でも、いまだに、イノシシさんの所へ餌をおいて

置くと、食べにきているようです

餌だけは食べにここへきてくれている子が

いるようです

ずっと小さい頃から、ここで育っていたようなので

野生では厳しいのでは・・とおっしゃっていました


戻ってこれる能力があります

4匹全員、生きていると信じたい!!


他に何か欲しい物や動物に必要な物があれば

次回来る時に必ず用意するので言ってください

とお伝えしました


聞くところによると、車で1時間程走らないと

買い物が出来ないようです

途中、ほとんどお店は閉まっています


「自分は大して何にも出来ないのに・・こんなに

たくさんの方から支援をいただき逆に申し訳

ない・・」と、恐縮しておりました・・


私達は、このお方がいらっしゃるからこそ

28キロ圏内の子達が、ご飯を食べられる。


その子達の面倒まで託してしまい・・

こちらの方が申し訳ない想いです


ここのあたりのワンコさんも、やはり固形より

半生タイプのものなら、食べるようです・・


腐りにくいから、乾燥フードを選んで今まで

あちこち置いてきたけど・・

ワンコさん達にとって、乾燥フードは喜ばしく

なかったのですね!

そんな話も次回の訪問の時の支援のヒントに

なりました


「皆さんのたくさんの支援をありがとう!!」と

お伝えください・・と、次の日もご丁寧に電話

くださいました



そして帰りに、いつも気になっているお宅へ。


先日、ワンコさんが突然いなくなり

(保護された可能性が高い)

飼い主さんが悲しんでおられ・・

ワンコさんは戻っているか・・見てきました

しかし、新しく住み着いたワンコさんと2匹の

毛並みのキレイな猫さんしか見当たりません


やはりまだ見つからないようです・・

餌を置き、上のお宅のワンコさんにも

餌を置き、帰らなければならないギリギリの

時間になってしまいました


あの、皆で命を繋いだニワトリさんの

小屋の前を通りました・・


もちろん・・保護していただき、、あの20羽

近く生き残ったニワトリさんはもういません

次のお家で命を繋いでいるでしょう


次回の福島の訪問は、今までわからなかった

必要な物もわかり、餌と同時に持って行く

事ができそうです

AD
いいね!した人  |  コメント(137)  |  リブログ(0)

テーマ:

27・28番様からいただいた大切なメッセージへの

7/16 6:36の返信内容の訂正について


27・28番様が、おっしゃられたように受け取れる返信内容だったとの

ご指摘があり、下記に訂正いたします。 

まったく返信内容が27・28番様に関係が無い事を下記に

お知らせいたします。



いつ:11日 その日より各ブログで色々な方が2日間の保護の拡散

    より、知りました。

どこで:その中の富岡町役場東日本大震災関連サイト、と言うもの

     を見ました。

名前:書いてあった方のブログ名は大変申し訳ございませんが

    控えさせてください

    (多数の方が一斉に拡散されておりました)


ご指摘の5点の訂正とお詫びです。


①私は富岡役場のサイトをたまたま見てしまい、保護は富岡だと

 思っていました。27・28番様の本意ではございません

 申し訳ございませんでした。

 27・28番様とは関係はございません。

②そこには依頼のある子の保護という、事が書いてありました。

 なので、それを読んで、放浪犬猫の事は保護してもらえないのか

 と思い、勘違いして申し訳ございません。

 それは27・28番様からお聞するまで知らず申し訳ございません

 よって27・28番様のご活動とは相違があり関係はございません。

③27・28番様が、勝手に保護して里親に出す事はなく、そのような

 誤解を招く書き方をした事をお詫びいたします

 27・28番様のメッセージを読むとそのような流れではない事が

 よくわかります。

④富岡町の役場のサイトを拡散されておりましたので、私はここ

 だけの活動と勘違いしてしまい27・28番様に同意を求めてしまい

 申し訳ございません。

 他の方々も、入っていた事を知りませんでした。

⑤個人の仲間の方が、ニュースやネットで出ていた所へ色々かけて 

 聞いてくれた時に、そのように聞いたそうです。

 どこへ電話したのかは相手がしてくれた事で申し訳ないのですが

 はっきり残っておりません。連絡先が多数あったようでした。

 なので27・28番さんへの返信は、誤解を招いてしまったようで

 申し訳ございません・・


 元から勘違いしてしまった内容で返信をしてしまった事を

 27・28番様、訂正とお詫びを申し上げます。


 せっかくの重大なメッセージをいただいておきながら

 27・28番様の本意ではない返信を返してしまった事をお詫び

 いたします


 たくさんのご活動を感謝いたします!!

 

 そして、メッセージをいただいた事をここでもう一度お礼を

 お伝えいたします!!ありがとうございました。


 そして訂正を申し訳ございませんでした・・

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の記事は、ずっと信頼している方からの

情報として、掲載していたしました・・


預かった子の犬種や、状態、今までにどのように

大事に飼われていたかの様子までその子

を見ればわかるので、野犬扱いではとうてい

おかしい・・との、見解がありました


しかし、この問題は、私達が見るからに飼い主と

はぐれたか、離れ離れになってしまったのだ・・

と、言っても、受け入れる方は、野犬でしょう・・

と言えば、そこで食い違います


震災で飼い主と離れさまよっていたとしても

野犬にとらえられてしまう事があるのでしょう


だからと言って、こちらがその子の住んでいた

場所、飼い主を示せる証拠も、ありません



全ての保健所への怒りの電話、ファックス

海外からの抗議まで殺到してしまい

これ以上記事を載せておくと

大変な誤解を招き、各保健所や団体様の

生命をも壊す事になり、記事を取り消す事に

いたしました・・


お仲間様にお伝えしてくださった方々には

大変申し訳ありません



そして、この記事に関して早急に取り消さないと

関係ない所の方まで御迷惑がかかると

色々調べてくださった方々、申し訳ありません


福島県の全ての方を一番傷つけてしまい

謝罪いたします


各保健所に色々調べてくださった方が、

被災とわかる子は処分なしと断言して

くださっています


私が書いたことが一番の問題ですが

保健所への電話等は、申し訳ありませんが

中止してもらえる事を願います


証明ができない事を書いてしまい謝罪

いたします

いいね!した人  |  コメント(44)  |  リブログ(0)

テーマ:

この書き方では


「レスキューの妨げになる」

「妨害するな」

「抗議が続き命が救えなくなるので消せ」


など多数ご指摘を受けました・・


ボラ様、救助の方々・・申し訳ございません


皆様から頂いた大切なメッセージを

残すため本文のみ消させていただきました

いいね!した人  |  コメント(71)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。