慶應義塾体育会卓球部のブログ

慶應義塾体育会卓球部のアツく激しい活動報告!


テーマ:

 
 
 
 
 
 
 
 
みなさーんルンルン
 
 
 
 
 
 
 
 
梅雨に入りジメジメしたこのシーズンいかがお過ごしでしょうか? 
 
 
 
 
今週は、4年の馬越悠がブログを担当します馬
 
 
 
 
 
 
 
 先週、子分のしみ◯んこと清水から、
 
 
 
 
まるで不満の塊ムキーのような紹介をうけましたが、 
 
 
 
 
 
 
仲のいい部員ニコニコ
 
 
 と 
 
 
優秀な首脳陣お願い
 
 
 と 
 
 
奴隷のように忠実な後輩達グラサン
 
 
 と 
 
 
頼りになる先輩方照れ
 
 
 と 
 
 
理解のあるコーチ陣 ウインク
 
 
に囲まれるこのチームになんの不満があるというのでしょうかニヤリ
 
 
 
 
 非常に侵害ですね 真顔
 
 
 
 
事実はあの画像の謙虚なぼくの姿だけですてへぺろ
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 と・こ・ろ・で 
 
 
 
 
 
 
 
今週は、1週間の半分近くが大会という試合ウイークでした 筋肉卓球筋肉卓球
 
 
 
 
ので、ご報告させていただきます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは!
 
 
 
 
 
 
 関東学生選手権 
 
 
 
 
が6月28-30日に行われました 爆笑
 
 
 
 
 
 
ただでさえレベルの高かった関東新人の出場選手に加えて、 
 
 
 
 
全日学出場経験のある選手も出場するこの大会 ガーン
 
 
 
 
 
我々にとっては、全日学に次ぐビッグトーナメントであります プンプン
 
 
 
 
 
秋リーグに弾みをつけようと、部員一同挑みましたが、 
 
 
 
 
 
 
男女共に
 

 


ダブルスは最高2回戦、
 
 
シングルが最高3回戦
 
 
 
 
という厳しい結果となりました ぐすん
 
 
 
 
 
 
 
 
そんななか、イチオシだったのが!!
 
 
 
 
 

{E7202B8E-627F-4C4A-AB12-75B927077E75}

 


 
 
 
 急成長中キラキラ3年 橋本の一戦です炎
 
 
 
 
 
 
先日の入れ替え戦のラストで死闘を演じた選手と、フルセットの熱戦を繰り広げました!
 
 
 
 
 
 
 残念ながら、逆転負けを喫したものの、 いずれ来るであろう炎橋本時代炎を予感させる試合となりました 目目
 
 
 
 
 
 
 
また、
 
 
 
 

 

{C8EA5353-C61D-4B8B-960F-B3A5C3954EE5}

 


 
 
女子主将の緑川も敗れはしたものの 1部校の選手にフルセットと健闘しました! 
(写真はイメージです)
 
 

 
 

 
 
 
 
ち・な・み・に、 
 
 
 
 
 
 

 

 

{6F939958-A410-4932-A3DB-068DD2BF1415}

 

 
 
わたくし馬越はというと
 
最近何かと話題のカットマン久道
 
とのメガネカットペア馬で、本大会ベスト4のペアに予想外に善戦するも、1-3で敗れ 
 
 
 
 
最近恒例となりつつあるのですが、
 
 
 
シングルでは、ダブルスでの調子がうそだったかのようなガチガチのプレーで無残に散っていきました ゲロー
 
 
 
 
最近、シングル中も久道をコートでチョロチョロさせといたほうがいいのではないかと思っております ガーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
次は !!
 
 
 
 
 
東京新人 
 
 
 
が7月1日に行われました グラサン
 
 
 
 
 
この大会は、一定のレベルの戦績を残した選手が出場できない大会でありながら、ベスト4の選手には今年度の東京選手権の出場権が与えられる、なかなかおいしい大会です 
 
 
 
 
 
が、日本卓球界のレベルアップの煽りなのか、この大会も年々レベルが高くなっております ガーン
 
 
 
 
 
 
そんな中でも勝ち残ったのがこの男ルンルン
 
 

 

 

{5B10528F-4B7C-432A-AE8E-11B225373142}

 

 
 
昨年度東京新人ファイナリスト!
 
 
2度目の登場、久道選手です!
 
 
 
 関東新人ベスト32 ダブルスベスト4の選手に対し、
 
 
 
アクロバティックなプレーで見事勝利しました   !
 
 
 

 

 

{5B172DE8-50A0-4A96-BD72-88C6DD583716}

 

 
 
準々決勝では、昨年の入れ替え戦で敗れている東洋大の選手に、
 
 
前回とは一味違う久道をみせるも、
 
 
相手の見事なカットうちにつかまりリベンジはなりませんでした ショボーン
 
 
 
 
 
そんなわけで怒涛の試合ウイークでしたが、今週のインカレにむけてあらためて頑張らねばなりませんね気合いピスケ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
そんなところで、
 
 
 
 
 
 
 
残すところあと一回となったブログの担当ですが
 
 
 
 
 
 
今日もやります!受験のはなし!
 
 
個人ブログか!なんて言わないでてへぺろ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 今回のテーマこちら 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぶらり 
 
 
 
 
 
予備校探し
 
の旅 
 
 
 
 
 
 
イェイ、イェイ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
時期によっては書きにくいこのテーマ 
 
 
 
 
 
 
本当は3月くらいに書きたかったのですが、時期も合わず、 せっかくなので今回書きたいと思います 
 
 
 
部活も引退し塾に通い始めるであろう現役生もよかったら参考にしてください ニヤリ
 
 
 
 
 
 
 
まず、
 
 
 
 
 
 
 
浪人生には大きく分けて二つのタイプがいます 
 
 
 
 
 
その1 
 
 
 
 
諦めきれない!夢上回り型 
 
 
 
このタイプは、現役時代から頑張って勉強していたものの、何らか理由で失敗するも、夢を諦めず再チャレンジするタイプです。つまり、受験期の辛さが継続される以上に夢への思いが勝るタイプです。失敗したものの、真面目に取り組んだ彼らには、失敗と言う名の、強力な経験が蓄えられています
 
 
 
 
 
その2 
 
 
俺はまだ本気出してないだけ!0からスタート型 
 
 
 
 
 
こちらは、現役時代ちゃんと勉強してなかったタイプです。つまり、真剣に取り組んでないが故に、浪人することに全く抵抗がないタイプです。夢と希望に溢れているといえば聞こえはいいですが、要するに現実の厳しさをまだみていないタイプです。先ほどのタイプと違い、ポジティブに取り組める可能性もありますが、経験値が低く、現役生がする失敗をして一年が終わる可能性があります。
 
 
 
 
 ちなみに僕はその2です 滝汗
 
 
 
 
 
このあたりの違いは、受験生としての自己分析として割と重要であり、予備校探しでも重要になってきます 
 
 
 
現役生も状況は違えど、似たような違いはあるので今一度考えてみましょう
 
 
 
 
 
 

 
それを踏まえて、僕が予備校探しでポイントにしたことは以下のことです
 
 
 
①都会であること 
 
②小規模であること 
 
③英語の強化が確実に見込めるところ 
 
 
 
 
①は、愛媛近県の予備校だと、早慶合格者は東大京大などの併願者が多くなります。故にぼくのようなタイプが受かるには情報がない訳です。当然そのような情報は、都会の方が多くなります。
 
 
地元では、「早慶なんてありえないニヤニヤ」と言われた僕の成績も、
 
 
東京だと、「こんなもんでしょキョロキョロ」という感じです
 
 
これが、受かっている実例の情報量の差です
 
 
 
 
とはいえ、浪人してるような奴を都会に一人で送り出すのは、親としては不安なので、却下だったのですが、
 
奇跡的に、同じタイミングで叔父叔母夫婦がシンガポールから東京に帰ってくることになり、東京での浪人が決定しました 
 
 
ツイていると言わざるおえません
 
 
 
 
 
②は、小規模の方が生徒一人一人に目が届きケアがしっかりしているから、
 
 
 
 
 といえば聞こえはいいのですが、 
 
 
 
 
 
要するに 
 
 
 
 
「あんた大教室やったら絶対話聞かんやろ(母)」 
 
 
 
ということです滝汗
(僕は授業中ずっと窓の外か好きな子をみているタイプです)
 
 
 
 
小規模な予備校は大手にはないメリットもあるぶん、無難さがないため、精神的に冒険になります 
 
 
大多数が成功してるから大手な訳です
(もちろん絶対数も多いのですが)
 
 
なので、大手の方が失敗しても納得しやすいです
 
 
 
それでも小規模にしたのは、母がそれ以上に、ぼくが話を聞かないリスクを恐れたということです滝汗
 
 
 
 
 
 
 
 
③は、私大志望だったこと、志望校が英語重視だったから 
 
 
 
言い換えれば、
 
 
 英語だけでも伸びたら最悪の事態は防げる 
 
 
 
ということです 
 
 
 
 
英語だけでも伸びれば、第一志望の慶應には、SFCと言うチャンスがあります 
 
 
 
 
また、第二志望はこの時点で英語以外の数学と国語はどうにかなっていたので、英語が伸びればそこは抑えれると踏みました
 
(なので、英語以外の科目は最高の結果が得られたとは言いませんが、最悪の結果は防げました)
 
 
 
 
これはある意味今の受験界の現状を物語っています
 
 
 
 
英語だけできる人にはチャンスはありますが、英語だけできない人は割と終わり
 
 
と言うことです 
 
 
 
 
知人は、数国社理は高いレベルでできたにも関わらず、英語のみ高いレベルでできなかったので、国立の二次で苦労したそうです 
 
 
 
 
まぁ、英語だけできないは終わり、は言い過ぎかもしれませんが 
 
 
 
 
英語だけできればチャンスがあるのが今の受験界だとは思います キョロキョロ
 
 
 
 
 
その最たるものが慶應義塾大学SFCです!
(だからディスられるんです)
 
 
 
 
結局、週10教科の内6教科が英語と言う予備校に行ったので、
 
 
あんな受験生活で受かったのもそりゃそうだって感じもします 滝汗
 
 
 
 
 
 
 
そんな訳で、馬越親子は大都会東京に、大手も含め予備校探しの旅に出て飛行機
 
 
 
 
 
結果的に、母がたまたま見つけた、条件の揃った、大都会の小さな予備校に通うことになります
 
 
 
 
 
 今考えると、母の考えが全て的中しているのだから、本当に頭が上がりません ガーン
 
 
 
 
 
ちなみに
 

 

 

{743CE3FA-5F4D-4F8C-8669-6CCB8AF4EB78}

 
 
早稲田大学卓球部の浪人の弟子、三浦高校の伝説である彼も、僕の紹介で同じ予備校です 
(彼曰く、浪人は「孤独であるが故に、自分を知る時間」とのことです) 
 

 
 
それがなければ、彼もその予備校に行っていないわけですから、運命って不思議なものです真顔
 
 
 
 
 
 
 

 
最後に、
 
 
現在息子の100%が浪人している、馬越母の口癖なのですが、
 
 
 
 
 
「いろんな予備校あるけど、どこでも劇的に伸びる人はいる訳で、結局その予備校の魔法にかかりきれるかなんじゃない」 
 
 
 
 
 
母の日にプレゼントした、ティッシュで作った花を、
 
「ティッシュのむだムカムカムカムカムカムカ
 
 と一蹴した人間の言葉とは思えませんが、 
 
 
 
 
 
みなさんは自分のいる組織の魔法にかかれているでしょうか? 
 
 
 
 
 
もっと言うと、自分に魔法をかけることができているでしょうか? 
 
 
 
 
 

 
予備校でも、 
 
 
 
 
自習型のところ 
 
 
個別型のところ、集団授業のところ 
 
 
 
詰め込み型のところ 、勉強法を売りにするところ
 
 
 
 
 
 
 
色々ありますが、どんな予備校でも逆転合格する人もいれば、うまくいかない人もいます 
 
 
 
予備校に限らず、どんな環境であれ成功する人がいれば、うまくいかない人がいるわけです
 
 
 
 
だから、どんな環境でも、
 
 
夢を叶える自分を信じる魔法
 
 
をかけきった人が成功するような気がします 
 
 

 
その手取り早い方法が、予備校であり、組織という環境だというだけです
 
 
 
 
それがあれば、辛い時に踏みとどまれます
 
 
 
そして、うまくいかなくても、
 
できることはやったニコニコ
 
、と過程に納得ができます
 
 
 
 
 
だから、あなたが信じれる環境をみつけ、邁進できた時点で、
 
 
 
ある意味成功なのかもしれませんニコニコ
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
え?今のお前はどうなんだ、って? 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
ノーコメントで(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
来週のブログは! 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、女子副将だった
 
女子副将 岡田裕美子です! 
 
 
 
 
 
 
就活で、人当たりの良さに一層の磨きをかけてしまった彼女の 
 
 
 
 
北海道旅行かに座
インカレレポート
 
 
をお楽しみにグッ
 
 
 

 

 

{ED484B19-5FEE-4831-B463-8EC51616DF68}
⚠︎気になる方は北海道の幸に触れた後の岡田と↑を比較してみてね

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

慶應義塾体育会卓球部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。