Keio Challenger

慶應義塾體育會庭球部が運営する慶應チャレンジャー公式ブログです。


テーマ:

皆さんこんばんは!!

 

本日も大会を支えるスタッフたちを紹介していきます!!

 

インタビュアー 本玉 圭、カメラマン 下村

がお送りする本日インタビュー第二弾は....

 

スポンサー部門

ホスピタリティ-部門です!!

 

 

スポンサー部門

菅原智代、長瀬汐里

 

本玉:この部門は主に何をしている部門ですか?

 

菅原:スポンサーの方と直接関わる部門で、信頼関係を築いてお金を集めてくる部門です。クラウドファンディングなどで大会の資金を増やせるかを考えています。

 

長瀬:交渉などでお金をもらうことの代わりに何ができるかを常に考えています。お金をもらえるのは当たり前じゃないからお互いWINWINの関係になれるかが大切だと思っています。

 

本玉:楽しいことや大変なことを教えていただきたいです。

 

 

長瀬:大変なことは、お互いWINWINの関係が成立させること。そして同等の価値のものをリターンするのに加え「想い」を伝えて交渉するのが難しいことです。楽しいことは、色々な企業の人とコミュニケーションをとることで社会こういう形で成り立っているんだなと感じました。

 

菅原:大変だったことは、学生でできる範囲のことで企業の求めることを返しきること。この大会に協力しようと思ってもらえるように考えることが大変でした。嬉しいことは、最初は文化祭の延長だと思われていたことが、少しずつ本大会出場者のランキングが目に見えて変わってきたことなど、認められてもらえるようになってきたことや、応援しているよと言われることが原動力につながっています。

 

本玉:企業と連絡を取り合う中で、ミスしたらの怖さはありますか?

 

長瀬:変なことを言えない戸惑いはあります。ですが自分の熱意をぶつけることが怖さよりも大切だと思いました。

 

菅原:簡単に信頼関係が吹っ飛ぶということは頭の中にあるし、お金を出してもらうことが当たり前じゃないということをいつも思っています。

 

本玉:この大会にかける思いを教えて欲しいです。

 

長瀬:この大会を満足してもらえるものになるように全力で頑張ります。

 

菅原:年々進化している大会なので、やれることやりきって、得られるものを得たという大会にしていきたいです。

 

 

ホスピタリティー部門

竹ノ内太郎、尾崎淳、俵原佑太、中村進ノ介、上川雄暉、中村礼、福田真大、落合健太郎 、亀井陸、小清水拓生

*本インタビューでは竹ノ内、尾崎、上川、中村礼をインタビューしました。

 

本玉:主にホスピタリティー部門は何をしていますか?

 

尾崎:じゃ総括頼むわ(笑)

 

竹ノ内:選手の身近なところ。例えばホテルの管理、ホテルからの移動手段であるバスや選手の控室など選手の身近なところを管理している部門。選手や審判と直接関わるから、そのような人たちからの大会の評価を大事にしている。

 

 

尾崎:ホテル、バス、ラウンジと担当者が分かれていて俺と進ノ介はホテル担当。今年からプラスホスピタリティっていうバケモンが付いたから(笑)、今までのマニュアルが全く通じずめちゃくちゃ苦労した。

 

本玉:楽しいことと苦しいことは?

 

尾崎:えー楽しいこと….

 

上川:英語で話せることや選手と関われること。デスクとかで強い選手のアップやオフコートでの過ごし方を勉強になるけど、やはりプラスホスピタリティというバケモンは本当に大変でした。

 

 

一同:(笑)

 

上川:どんなに想定しても結局は無駄になることが多かった。でも逆に達成感はどの部門よりも強いと思う。

 

中村(礼):一回選手のカバンがちぎれて、それを直してほしいと言われてそれも対応した。そして感謝されるとうれしいし、選手にとってより良いホスピタリティをしようと思った。選手の衣食住を管理するので拘束時間と疲労度が大きい、その分達成感も大きいけど(笑)

 

本玉:夜中1時半までやっていましたからね(笑)。ではプラスホスピタリティとは詳しくどのようなことをやっていますか?

 

上川:ホテルの管理やバスの送迎ですね、大金が動くので大変です。

 

本玉:労働時間の長さナンバーワンの部門ですね!

 

尾崎:今は暇だけどな!

 

一同:(笑)

 

本玉:最後大会にかける想いは?

 

 

尾崎:“おもてなし”、全部俺らの行動の根底にあるのはおもてなしの気持ち。選手のために、観客のために、審判のために俺らは行動している。選手が喜ぶ顔が見たいからね!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

慶應チャレンジャーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。