ここ数日、ニュースで話題になっている「ビットコイン」。


はじめて耳にした方も多いのではないでしょうか。


新聞やテレビの伝え方を見ていると


「詐欺話に引っ掛かった投資家たち」という


感じの報道でしょうか。


受け取り方はさまざまでしょうが、


金=GOLDをまだまだ大本命と考える私からすると


このビットコインという制度は


「現代の貨幣制度に対する挑戦」


という側面もあるのではないか、と考えています。


米FRBを親分とした各国の中央銀行制度。


「現行ルール」を脅かすものが出てくれば


なにがなんでも潰してしまわねば、


と考える人たちが出てきても不思議はありません。


(これはあくまでも少数意見でしょうから、いろんな角度から見てこんな意見もある、と頭の隅においていただくくらいでよいかもしれません)


1月24日の記事でも取り上げました


「ドイツの金融監督庁の発言」のニュースも


いろんな解釈はあるでしょうが


「金の値段が上がると困る人たちに攻撃されている」


と受け取ることもできます。


言うまでもありませんが


今、私たちが使っている紙幣は「不換紙幣」ですね。


1945年からのブレトンウッズ体制では


「金・ドル本位制」をとっていました。


「1オンスの金は35ドルと交換できる」


ことが約束されていたわけです。


逆にいえば


「35ドルを持って行けば1オンスの金がもらえた」


(交換してくれた)わけです。


しかしながら1971年


ニクソン大統領は「金とドルの交換停止」(ニクソンショック)


をしましたので1オンス≠35ドルとなったわけです。


金(GOLD)とのつながりはないけれども


紙(紙幣)をお互い信用しあって「お金」としようということです。


ということは・・・


逆算すればわかると思いますが


紙幣の枚数が増えれば


金の価格は自然に上がるはずです。


QE1、2とアメリカの金融緩和が進んでいるときは


自然と金の価格も上がっていました。


しかしQE3でさらに金融緩和を拡大したあとは


マネーの量は増えているにもかかわらず


金の価格は下がったわけです。


相対的にみて金の値段が上がるということは


ドルの「価値」そのものは下がって行くということ・・・


それでは「みんながまた金に走り出す」


なんていうことになると困る。


=米ドルが世界で一番安全なんだ


というルールの中で生きている人から


攻撃をうけても不思議はありませんね。





「金の価格上昇」と


「ビットコインのすそ野が拡がって利用者が増える」


とうことは


大袈裟かもわかりませんが


「現代の貨幣制度をおびやかす」


という点において似ている部分があるのかもしれません。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

←ポチっとお願いします。明日は新月。そして本日~3日はほとんどのマーケットでアストロロジーの変化日です。相場の反転にご注意を。

にほんブログ村

AD

NY金は5日から本日入電分まで


9連騰で上昇幅は73.2ドル(終値ベースで)。


相対力指数は73ですので買い玉を大分減らして頂いた、


あるいは色気を出して新規売りをしてみたい


というお客様には売って頂きました。


本日13:39現在、25円安の4324円/gと


うまく下がってきてくれています。


NY金で節目の1300ドル、


東京金では4270円あたりまでは押してくれれば


と考えています。


ただ、「新規」で売った玉に関しては


気持ち早めの利食いをお奨めします。


3カ月も4カ月ももみ合った相場が上に抜けてきた


=上昇トレンドが生まれたとするとまだまだ「若い相場」です。


去年の日経平均やドル円(為替)のように


長らく溜まった相場のエネルギーが放出された


となるとスルスルっと上値を追う可能性も十分ありますので。




白金、ゴムは下落幅の0.382戻り~半値戻りあたりで


こっちはすぐに半値戻り以上→全値戻しとまでは


考えないほうが良いと考えます。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

←ポチっとお願いします。昨日は東京金は「売り屋」は踏んだ(損切った)か両建ての買いを建てたか、した人が多かったような気配がします。息の長い相場に発展するためにもここは「小休止」してくれてもいい場面ですね。

にほんブログ村

AD

満月を境にして

テーマ:

節分(4日)近辺で、


いろんなマーケットで安値が出たあと切り返し


どのマーケットを買っていても


利食いどころはあったのではないでしょうか。


6日の、ゴムのサーキットブレーカー2発分の下げ(10円幅)


が来たときにはさすがに痺れてしまい


買い増しをかけることはできませんでしたが


その翌日からあっという間の20円以上の反発です。


今月に入ってからの、


しかも上海市場が旧正月で休んでいる中での暴落は


「東京市場の買い玉を一網打尽にしてやろう」


という内部要因が大きく影響したものと考えられますね。


それにしてもゴムは「クセの強い」銘柄です。


私はゴムに愛着があって


方眼紙に手書きでチャートをつけていますが、


ただでさえクセの強いゴムが


それに輪をかけてこんな動きをされると


「常に参戦する」ことは難しくなります。




出来高が細り、取組高が減って・・・


ここ最近の


コーヒー(上場廃止)、粗糖(1日の出来高2~3枚?)とか


穀物でいえば


トウモロコシ(1日の出来高1500枚平均?)


大豆(1日の出来高1000枚平均?)


のようになってしまわないか心配です。


「板」が薄いと大きな注文は出しにくくなる一方、


大きな注文で売り崩したり、買い上げたりで


仕手銘柄のように意味もなく乱高下してしまいます。


まだ1日の出来高は10000枚平均くらいですので


なんとかなっていますが


業界全体の出来高が減っているなか


ゴムまでそちらの仲間入り


→将来的に上場廃止への道をたどらないよう祈りたいです。


(取引所さん、経産省さんがんばってください!!)





話が少し逸れてしまいました。


相場の方は15日満月を境にして一旦落ち着くか。


NY金は相対力72、東京金は71。


東京金が70を超えること自体がちょうど1年ぶりです。


なんどもなんども


「気持ちをへし折られそうになる」動きをこなしての高値更新


ですので


買い玉を安いところでたくさん仕込めていたわけではありませんが


じっとしておいて良かったというお客様が多かったですね。


指数70超や満月(15日)という日柄を考え


今日はさすがに買い玉を減らした方が多いですが


フラフラしながらも


「安値を切り上げ、高値も少しずつ更新」


という展開になってきていますので


押したらまた買い出動してもらいたいです。


どうしても


ゴールドマンサックスの1000ドル、



BNPパリバの1050ドルなどの予測が頭にこびりつき、


売りの目線で戦おうとする方が増えてきているように感じる日々


ですが


「6000円/gか10000円/gかはわからんが


最終ゴールは上か下かと聞かれれば上にある」


ことだけは曲げずに戦っていきたいです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

←ポチっとお願いします。株=日経平均はリバウンドした幅を今日の前場で、ほぼ全値消してしまったような動きですね。株は「満月底!」でしょうか!?

にほんブログ村

AD

陰の極みか・・・節分底?

テーマ:

中国のシャドーバンキング問題、


新興国=フラジャイルファイブ問題が


マーケットを揺れ動かしています。




中国の理財商品の償還問題は、


利回りは保証されないものの


元本については返還されるとのことで


目先の危機は脱したか。


31日から(6日まで)旧正月入りで中国マーケットは休場、


ですので金曜日以降にならないとわからない部分も多いですが


一旦は、デフォルトの危機は回避されたと見て良いと考えます。



この問題と時をほぼ同じくして湧いてきた


「フラジャイルファイブ」(←米モルガン・スタンレーが名付けた)

(インド、インドネシア、トルコ、南アフリカ、ブラジル)


の問題ですが、


こちらはトルコが政策金利を


一気に2倍に上げる荒技をみせたものの


マーケットはリスクオフ


・・・何が起きるかわからない怖さから


持っているポジションを減らして様子をみたい・・・


といったところでしょう。


NYダウ、日経平均とも株式市場が大幅調整し


為替もドル円は円高に大きく調整し


本日100円70銭台をつけました。


このリスク回避の売りや円高の影響で


商品市場も全面安となっております。


ここまで市場のムードがどんよりしてくると


「リーマンショックの再来か」といったような記事やコメントが


大きく取り上げらりたりもするでしょうが、


私は「陰の極み」に来ているのではと考えます。


日経平均、ドル円、商品では白金、


このあたりが相対力指数32です。


ゴムに至っては1/27に続き20を割るか、


といったところまで来ています。


なかなか、


この味の悪いところ買いに行くのは勇気がいると思いますが


少なくとも投げさせられないようにはしたいものです。


週末には雇用統計を控えており、


アメリカの債務上限問題も再燃してくる可能性もありますので


もうひと波乱あるかも知れませんが


体力があれば買い下がりで行きたいです。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

←ポチっとお願いします。NY金はフラフラしながらも直近2カ月の高値圏を維持しておりますが、東京金は円高の煽りでまたもやレンジのど真ん中あたりまで下がってきてしまいました。月足で見ると1月のNY金は陽線、東京金は陰線となっており非常にやりにくい状態が続きますね。

にほんブログ村

NY金は2日続落のあと高値更新

テーマ:

前回記事掲載後の流れですが、


NY金は13日に1250ドルを抜けて


先月、12月の終値ベースでの高値1261.1ドル(12/10)を


抜ける期待感が高まりましたが


その後は小幅ですが売られました。


17日に再度1250ドルを取り返してきましたので


今度こそ抜けるか、と思いきや


キング牧師の誕生日(NY市場休場)明けの21日は


10.1ドル安の1241.8ドル。


22日は3.2ドル安の1238.6ドルと続落し


「また時間がかかるか・・・」とため息混じりな感じで


お客様とも話しておりました。


先週何度もつけていた1235ドルあたりの安値を


割り込めばまた1200ドルを見に行く可能性も否定できず


「買い方」の心をへし折りに来るような動きでした。


ところが本日、特に大きなイベントもない中で


23.7ドルの大幅上昇、終値1262.3ドルと


大陽線を引きました。


フラフラしながらも昨年11月20日以来の2カ月ぶりの高値。


この間、NY金の取り組み高は30000枚程度増加。


私がつけている順張りチャート(P&F)でも買いサイン点灯。


一目均衡表で見ると、


NY金はようやく「雲」の中に突入したところですが


東京金は「雲」を抜けてきております。


東京金のHigh and Low(これも順張りチャートです)が


これも買い転換してきており、


いろんな条件は揃いはじめています。





先日、ドイツ金融監督庁のケーニヒ長官が


「金と為替は不正操作されている」との発言をし、


捜査する(=アメリカとケンカする?)旨を会見していました。


「金価格が上がると困る」ところから


今後も何度も何度も攻撃を受けるかもしれませんが


その「咎め」はいつか噴出する、


と長い目で見て行けばよいと考えます。




ガソリンについては1週間横に這ったあと


14日(月)にドンと下げて1400円程度下がってくれましたので


終了しております。


先月安値80510円、今月安値80610円、


ここを割ってくると80000円割れも望めますが


大台替わりの節目でもありますので


「欲張り過ぎず」が得策と考えます。