東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。


テーマ:

東京防災にモノ申す!

 

都民が本当に望んでいるのは、
ありきたりの防災本でなく、
一つ一つ考え抜いて作り上げた

防災本だと思う。

 

 


東京都に言った!

 

 

かっこ悪くってもいい。

だって言う人いなんだもの・・・

 

これおかしいって!

 

今ある東京防災について、
マンガなど使ってわかりやすく体裁よく、
まとめられていますが、

 


内容について、
古すぎて今の時代に合わない
間違い、
机上の空論
などと感じるところもあり、
本当に役に立つとは言えない情報も
多くあります。

 

 

 

自主防災を呼びかけながら、

具体的な内容は出せないし、
間違いの箇所もあります。

 

 

たとえばですが、 

 


090ページ

持ち出し袋の中身の紹介

 

ロウソク
今の時代もっといいものあります。
首都直下型地震でもっとも死者が出るのが
火災だと言われています。
安全なLEDライトなど紹介すべきです。

 

缶切
缶詰の誤植と思ったのですが、
食品は別にありますので違います。
プルトップ缶を買わなかった人のためですか?

 

インスタントラーメン
特別に出していますが、
食品の中でなく、特筆ですか?
調理しないとふつう食べられないものです。
鍋も熱源もないのに、かじって食べろというのでしょうか?

 

哺乳瓶
赤ちゃんがいる方だけのものです。

 

 

電池
電池だけあっても、何のための電池でしょうか?
単体で使えません。
懐中電灯に電池、ラジオと電池のように書くべきです。


通帳に印鑑
セキュリティーボックスのない避難所に
通帳に印鑑を持って行くのは

防犯上危ないです・・・

 

それに大規模災害の時は、

銀行も郵便局も身分証明書があれば

預貯金引き出せます!

 

 

 

これはごく一部です・・・

 


はっきり言って
私のように意見をする者は
東京防災本を製作する上で
必要ないのかもしれませんが・・・

 

 

しかし都民が本当に望んでいるのは、
ありきたりの古い変わり映えしない防災から、
納得のいく防災本の登場だと

私は思っています。

 

 

女性目線の防災は、
見せ方、読みやすさでなく、
中身もしっかり女性目線で
見て改善すべきだと

 

私は思います。

 

 

防災アドバイザー 岡部梨恵子

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

岡部 梨恵子(オカベリエコ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります