東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。

【初めての方へ】

☑めんどくさがり屋さんだけど、
どんな時も家族を守りたい…。

☑備蓄をしたいけど、
モノが多すぎて場所がない…。

☑何を買っていいのか
 わからない…。



そんなあなたのために、
ずぼら主婦である岡部梨恵子が
防災備蓄について
わかりやすく伝えます!


しかし・・・


私は学者ではないし、
防災や地震学を
専門に
学んだわけではありません。


いつも・・・
子供を持つ母親として、


万が一の時、
どんなことを
子供たちや家族に
してあげたいかを
一番に
考えてきました。


6年近く・・・
いろいろと
試行錯誤して
生み出した
主婦が考えた
防災術


それをブログで
お伝えしています。




2016年に
防災士になりましたが、



やはり
一母親として、
一主婦としての目線で、


防災、備蓄について
取り組んでいっています。


私のブログが
気に入った方だけで
いいです。


私も応援しますから、
あなたの大切なご家族を
守るために
がんばっていきましょう!





防災アドバイザー ・ 防災士
岡部梨恵子
NEW !
テーマ:

一番辛かったのは、
トイレでしたね。

 

非常用トイレでは
したくない・・・と

正直思いました(笑)

 

 

昨日の断水の中で

8時間生活をしました!

 

そのことについて

FacebookやLINEなどで

励ましのメッセージを

たくさんいただきました。

 

また今日お会いした方にも、
直接ねぎらいのお言葉を
いただきました。

 

有難うございました!

 

 

そうですね・・・

昨日水を使わない生活をしてみて、

当たり前のようですが、
一番辛かったのは、
トイレでしたね。

 

非常用トイレでは、
したくない・・・と正直思いました(^_^;)


よく被災した時、我慢したことを
聞くと

特に避難所では、
トイレに行きたくないから
水分を我慢したと聞きました。

 

 

ホント
その気持ちよくわかります。

私も知らず知らずのうちに水分を
我慢しました。

 

 

でもこれって夏場だったら
ちゃんと摂らないと
熱中症になりますよね。

 


またエコノミー症候群にも
なりますよね!

 

 

エコノミー症候群について

ちょっと説明:

 

人間は、同じ姿勢でずっといると、
ひざの裏など、特に血流が悪くなっている部分に
血栓ができやすくなってしまいます。

 

この血栓が血流に乗って
肺まで流れ、
肺の血管を塞ぐと呼吸が

できなくなります。

 

そのせいで

心臓の機能が低下し、
最悪の場合は死に至るのです。

 

 

恐いですね。

 

それでは、

エコノミー症候群を
防ぐためには、どうするか?

 

水分をしっかり摂ることと

軽い運動をすることです。

 

 

血栓ができるのを防ぐために、
必要な水分量は

 

体重1kgにつき
1時間1mlと言われます。

 

例:
体重が50kgなら、
1時間に最低50mlの水分を
摂らなくてはならないということです。


ご参考にしてください。

 

 

そして出来るだけ、

非常用トイレセットで
排便、排尿してみましょう。

使用前のトイレです!

 

この写真は、

メーカーさんのHPからの写真です。

 

 

 

 

使い勝手がどんなものか

臭いがどうなのか

想像しているより

 

今使用してみて、

知っておくことを私はお勧めします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)