金井啓子ブログ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


テーマ:
2014年11月21日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第222回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141121/20141121030.html

 「負けたくないね。追っかけたい。縁あって俳優を選んだんだからね」。これは先日死去した俳優の高倉健さんが、数年前にテレビのインタビュー番組で同じく俳優だった大滝秀治さんについて語った言葉である。

 それまでも筆者が大好きで最も憧れる俳優は健さんだったが、その言葉でさらに熱が入った。不本意ながら俳優の道を選んだという彼が、「縁」として仕事を受け入れて人々の期待にこたえ続けてきたことを知って心を打たれたからだ。多くの実績を積み重ねてきた彼ならではの、重みのある言葉である。筆者は直接お目にかかる機会には恵まれなかった。それでも、せんえつながら「俳優」の部分に自分の職業を当てはめて座右の銘とまでするようになった。筆者の場合、別に不本意な就職だったわけでもないが、それでも仕事で面白くないことがあるたびにこの言葉に励まされている。

 健さんに憧れ始めたのがいつだったのか、はっきりとは覚えていない。でも、「好きな男性のタイプは?」と聞かれると必ず「健さんみたいな人」と答えるようになって久しい。映画の中の寡黙で不器用で男らしい彼にひかれたのだろう。ちなみに、筆者の一押しは「駅 STATION」。酒場で紅白歌合戦の「舟唄」を静かに聴くシーンがたまらない。

 実際には不器用でも静かでもなく、ずいぶんおちゃめな人だという話を時折耳にしていた。前述のインタビューで、明るくてユーモアにあふれ、細やかな心配りの人だと知って、ますますほれ込んだ。

 死去のニュースが伝わってテレビ、新聞、ネット上で人々の発言を見るにつけ、多くの人にとって大きな存在を失ったのだと実感する。遠からずこんな悲しい日が来ると覚悟してはいたが、筆者もすっかり気落ちしている。いつの日か直接お会いしてみたいという無謀な夢はもうかなわないものとなってしまった。でも、冒頭の言葉は筆者の背中を押し続けてくれることだろう。このご縁をありがとう、そして、合掌。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
AD
いいね!した人

テーマ:
2014年11月14日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第221回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141114/20141114030.html

 アニメソング、海外ドラマ、仮面ライダー、凶悪犯罪、孤独死、シェアハウス、スポーツの機械判定、スマホゲーム、戦場報道、大学サッカー、東京五輪、バラエティー番組、YouTube、若者ホームレス。実はこれ、筆者のゼミの4年生たちが取り組んでいる卒業制作の記事のテーマだ。

 社会でいま起きている現象から各自がテーマを選び、彼らが感じる疑問を解き明かすために、参考文献を読んで複数の取材相手にインタビューをして記事を書くというのが流れである。テーマは実に多様だが、記事を書くことによってその情報を周りの人々に伝えるだけの価値があるテーマなら何でもよいとしているためだ。

 ただし、残念ながら彼らの記事はゼミ内での公開に限定している。取材相手の中には取材を受けることをちゅうちょしたり、取材内容をネットで拡散されることを危惧したり、学生であるだけに不正確な情報を書く可能性もあると懸念したり、といった人たちがいる。だから、取材を申し込む時点でゼミ内公開に限ることを先方に伝えている。

 それでも、この記事制作は学生たちにメリットがあると考えている。企画書やインタビューの依頼状を書いて見知らぬ人に郵便で送り、手紙が届いているか電話で確認し、メールでやりとりをできることになっても言葉遣いには気をつけなければならないし、取材の約束がとれたら初対面の人に適切な服装で遅刻せずに会いに行き、限られた時間の中で具体的な答えを引き出せるような質問をして、インタビュー後はテープ起こしをした原稿を読みやすいように整理する。これだけでも多くが学べることが分かるだろう。

 ちなみに4年ゼミの中で記者志望はごくわずか。マスコミ以外で働く予定の学生がほとんどだ。それでも、こういった経験は一般企業であろうと公務員であろうと、社会とのつながりを学んだことは役立つはずだ。

 締め切りは12月半ば。これから旅立っていく社会に鋭く切り込んだ記事を楽しみに待ちたい。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
AD
いいね!した人

テーマ:
2014年11月7日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第220回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141107/20141107032.html

 「やまぼうし農園」のことは本コラムで既に数回書いた。昨年度までの4年間に近畿大総合社会学部で客員教授を務めた女優の浜美枝さんの授業を受けた学生たちが、「近大農園」として立ち上げ福井県おおい町で主に活動している農業サークルである。その後、改名して現在に至っている。

 同町のコメ農家の一家に支えられながら主にコメ作りに取り組んできた彼らが、3度目の収穫期を迎えた。今年は初めてもち米に挑戦。シカに田んぼを荒らされたり、交代で大阪から草刈りに通ったり、苦労は多かったようだが、筆者にももち米ともち米粉を届けてくれた。さっそく中華おこわを作ったら、ホクホクとおいしいものができた。作った人の顔が分かるから、なおさらおいしく感じたのかもしれない。

 言うまでもなく、食べ物は命を保つために不可欠なものである。欠かすことのできないものを自分の手で作って確保する大切さを体感している彼らには、たくましさを感じる。もし筆者が近大生として浜さんの授業を受けた後にやまぼうし農園で活動していたら、どんなことを考えていたのだろうか、その後歩む道のりはどう変化していたのだろうなどと考えると、彼らをうらやましく感じたりもする。

 まもなく幹部が4年生から3年生に引き継がれるらしい。浜さんの授業を受ける機会がなかった現1年生も加わり、サークルは続いている。

 最近、今年収穫したもち米ともち米粉で作ったさまざまな料理を持ち寄って、試食会が開かれた。その中から特にメンバーの人気が高かったものを作って、収穫祭に出店するのだという。投票の結果、みたらしだんご、シフォンケーキ、スノーボールクッキーを作って売ることが決まった。筆者が試食会に出した中華おこわも作る可能性があるらしく、楽しみだ。

 その収穫祭、9日の日曜に若狭町の「かみなか農楽舎」で開かれる。大阪からでもそう遠くない。作り手が見える食べ物を求めて、足を運んでみてはいかがだろうか。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
AD
いいね!した人

テーマ:
2014年10月31日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第219回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141031/20141031031.html

 いわゆる大阪都構想の協定書が大阪府・市の両議会で27日、反対多数で否決された。ただし橋下徹市長は事態の打開は可能だとして、諦める様子は見せていない。

 例えば、議会に民意という名のプレッシャーをかけるため条例請求に必要な署名を集めることを大阪市民にアピールし、「住民投票のための住民投票条例」の実現も目指すとした。また市長は、議会の意志を素通りして専決処分による住民投票の実施の可能性も排除していないとされる。しかし、いずれも王道を外れた行為であると考える。

 専決処分は首長に与えられた権限とはいえ、実施には厳密な要件が必要だ。災害などで議会が開かれないか、議会が決めるべき議題をわざと議決しない場合などに限られる。現在、府市の議会ともそれらの要件を満たす状態にはない。また、「住民投票のための住民投票条例」など間違いなく議会は否決する。都構想の根拠法である大都市地域特別区設置法にそのような手順は定められていないからだ。

 先日、在特会会長と“意見交換”した橋下市長は、参政権を持っていない在日韓国・朝鮮人に文句を言う前に国会議員に訴えろと諭した。これは筋の通らないヘイトスピーチなどではなく、実現可能な道を歩むべきだという主張なのだろう。

 ところで大都市地域特別区設置法では、住民投票に至る前段階として議会の承認が必要であると定めている。この議会承認が民意無視というのであれば、実現不能な住民投票のための住民投票ではなく、また脱法的な専決処分などではなく、国会での法改正を目指すべきである。維新の党もあるのだ、全く不可能というわけでもないだろう。あるいは来春の統一地方選で府市の両議会で単独過半数を取ることも王道の一つである。

 筆者は大阪都構想には絶対反対という立場ではない。耳を傾けるべき内容は含んでいると思っている。だが、目的のためには手段を選ばないかのような政治手法には、何かしら危うさを感じてしまうのだ。

(近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

テーマ:
2014年10月24日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第218回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141024/20141024037.html

 いわゆる「タメグチ」を利く学生が、筆者の周囲にはたまにいる。年長者に対して敬語を全く使わず、同年配の友人に対するのと同じ調子で話すのだ。筆者は自分で言うのも口はばったいが、あまりエラそうにせず親しみやすい教員だと自負している。だが、それでも適切な言葉遣いは大切だ。実際、くだんのタメグチ学生に話しかけられても、まじめに話を聞こうという気持ちが薄いのが、率直なところである。言葉遣いは話し合いの内容に影響を及ぼすほど重要ということの表れだろう。

 さて先日、大阪市の橋下徹市長が在特会(在日特権を許さない市民の会)会長の桜井誠氏とヘイトスピーチ問題をめぐって大阪市役所で意見交換会を行った。だが意見交換会とは名ばかりで、実際は「あんたなぁ」「オマエが」などといった罵詈(ばり)雑言が飛び交い、桜井氏が市長につかみかかる寸前となるハプニングまで起こってしまった。さらに翌日には、市長のあまりに乱暴な口の利き方に怒った市民から市役所に抗議の電話が殺到したという。

 ヘイトスピーチが問題視される団体に対して同レベルの罵声を浴びせる橋下市長。逆にヘイトスピーチの愚劣さを世間に知らしめたという意味では市長の作戦は成功だったかもしれない。市長の挑発的な態度に「よくやった」「スカッとした」という意見も聞く。だが、市長も政治家で公人である以上、ほどほどの品性は持ってほしいと思う。

 翌日の会見で記者から世間へのイメージ悪化を問われた橋下市長は「マイナスと感じる人はマイナスと感じたらいい」と突っぱねたが、団体代表とはいえ一般人に対して大阪市の顔である市長が罵詈雑言を浴びせたことは市民からすれば決してほめられるものではない。英国のガーディアン紙や米国のウォール・ストリート・ジャーナル紙も「(桜井会長の無礼な言葉に)橋下市長も無礼な言葉で応じた」と世界に向かって報じている。恥をかくのは市長ひとりではない。大阪市民も一緒なのだ。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

テーマ:
2014年10月17日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第217回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141017/20141017033.html

 学生への授業だけでなく、社会人向けの講演も少しずつ増えてきた筆者だが、教室や会場で頭を垂れる居眠り姿を見つけた時ほど落胆する瞬間はない。教員になったばかりのころは、眠っている学生をつついて起こしたりもした。人の話を聞くのに眠るとは無礼だと、相手を責める気持ちがあったことも否めない。

 だが、他の人の講演や授業を意識して聞くようになると、「聞き手を眠らせない話し方」が大切だと感じるようになった。どうやらツカミが重要らしい。仮にどんなに大切な内容が詰まっている授業や講演であっても、ダラダラと「これが大切」「あれも大切」「そういえばこれも重要」とメリハリなく話し続ければ、退屈して集中力が切れた聴衆が夢の世界にいざなわれても仕方ない。

 ツカミが大切と書いたが、その内容や方法は場合による。面白い話で大笑いさせて聴衆の関心を集めてスタートする時もあれば、ややショッキングな話で驚かせるのもアリだろう。または、簡潔に重要ポイントを並べる方法もある。

 こんなことをあらためて思ったのは、2週連続で台風がやってきて、テレビでそのニュースを見ていた時だった。ご存じの通り、ほとんどのチャンネルが台風一色なのだ。台風が重大なニュースであることは分かる。だが、他のニュースを伝える時間を大幅に削ったり、他の番組を休止してまで延々と伝えるやり方に改善の余地はないのか。荒れ狂う波打ち際からの実況中継は本当に必要か。状況が時々刻々変わるから台風報道を続けるしかないという人もいるかもしれない。だが、いま多くの局がやっているように画面の左と下のL字型の部分で相当量の情報が流せるし、本当に緊急なものはニュース速報を入れればいい。

 今後の台風報道では、テレビ局には漫然と情報を流し続けるのではなく、メリハリの利いた報道の仕方で視聴者をがっちりツカむことを望みたい。十年一日だった選挙報道を変えた局もある。不可能ではないはずである。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

テーマ:
2014年10月10日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第216回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

https://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/141010/20141010028.html

 自分が言いたいことを聞いてほしい相手に届けるには、どうしたらいいのだろうか。実はこれ、最近ある団体で筆者が行った講演のテーマだ。この問いに対するいわゆる「正解」はないのかもしれない。ただ、筆者がたずさわった記者という仕事は、情報の受信と発信のプロが行うものである。記者の仕事ぶりに対して毀誉褒貶(きよほうへん)があることは十分承知しているが、それでもあえて記者に学ぶことがあるのではないかと考えた。

 講演では「記者に必要とされるチカラ」として9項目を挙げた。それは(1)身を守れる(2)他の人の考えを聞ける(3)なんでも面白がれる(4)柔軟でとっさに判断できる(5)自分が絶対に正しいと思い込まない(6)相手を説得できる(7)話したくない人に話したい気にさせる(8)分かりませんと正直に言える(9)分かりやすく伝えられる、というものである。

 9項目のうち情報発信の能力として特に大切なのは「他の人の考えを聞ける」や「自分が絶対に正しいと思い込まない」だろう。自分が言いたいことがある時、聞いてほしい相手は異なる意見を持っている可能性がある。耳に痛い言葉もあるかもしれない。しかし、自分が正しいと思い込まずに自分を客観視できれば、それでも伝えるべきと信じる言葉を相手に受け止めてもらえるのではないだろうか。また「分かりやすく伝えられる」能力も欠かせない。情報量が多い記者ならいくらでもいるが、それを万人が理解できるように伝えられる人はそう多くない。内容もさることながら、それを伝える言葉を磨くことは重要である。

 今回の講演は社会人対象だったが、実はこの話は大学の講義でもしたことがある。就職活動で求められるコミュニケーション力の強化につながると考えたからである。今後も折に触れてこの話はしていきたい。ついでに、それをきっかけに記者に親しみを持ち、近頃つとに評判が悪い記者のイメージの回復にもつながることを祈っている。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

テーマ:
2014年10月3日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第215回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://blog.ameba.jp/ucs/entry/srventryupdateinput.do?id=11933857253


この夏、筆者は大阪府内で自転車の集団を見掛けるたびに凝視していた。NHKのBSプレミアム「にっぽん縦断こころ旅」の俳優・火野正平さんをはじめとする一団かと思ったからである。

 番組では視聴者が心に残る風景をつづった手紙を火野さんが朗読し、自転車でその風景を実際に訪ねる。それだけなのだ。にもかかわらず、番組の人気は高いらしい。番組が長く続いており、街角で出会う人たちが「見てますよ」と声をかける様子からも、それがうかがえる。

 番組の最大の魅力は作りこまれていない自然な雰囲気だ。多くの女性と浮名を流した火野さんが、かわいい若い女性に自ら近づいたり、積極的なオバチャンに声を掛けられて困った表情を見せる場面はほほ笑ましい。大まかなルートは設定されているのだろうが、先頭を走る彼が気になるもの、人、店を見つけて自由に立ち寄る。彼はあまり愛想がいいとは言えないが、ユーモアを交えて話す様子は温かみがある。そしてもう一つ気持ちいいのが、交通ルールをきちんと守っている点だ。

 この番組はとにかく単純な作りである。しかも、莫大(ばくだい)なお金がかかっているとも思えない。アイデア次第でいくらでも面白い番組が作れることの証左とも言える。芸人がひな壇に並ぶバラエティー番組が成功すれば似たものがいくつも生まれるテレビ業界で、一味違うものを創造しようとした力に拍手を送りたい。

 筆者の周りには放送局への就職を望む者が多い。彼らは既に放映された番組を面白がり、似たものを作りたいと願っている。だが、できればまだ存在していない新しいタイプの番組を生み出してくれないだろうか。

 さて、残念ながら筆者は「ナマ正平」に会えなかった。筆者の職場や自宅の近くを通ったと番組で知って歯ぎしりしているところだ。だが、実際に会えば多くのオバチャンと同様に奇声をあげて近寄っていったであろうことを考えれば、会えなかった“幸運”をありがたく思うべきかもしれない。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

テーマ:
2014年9月26日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第214回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/140926/20140926036.html

 筆者がコメンテーターとして出演するJ:COMチャンネルのニュース番組『関西TODAY』(11チャンネル、月~金19時58分開始)が始まって約4カ月たつ。当コラムの読者の方々にもご覧いただけただろうか。

 狭い地域に焦点を当てるという点では、地上波の関西ローカル局も役割を果たしている。だが、当番組はケーブルテレビ(CATV)が制作し、大阪の大部分、京都南部、兵庫南部、和歌山北部をエリアとする。通常よりさらに狭い地域で放送するニュース番組というのがこの番組の特徴である。

 この特徴をうまく生かした番組になっていると自負しているが、とにかく視聴者への距離が近い。全国や関西全体の番組で扱うには「小さ過ぎる」ニュースを丁寧いにすくい上げている。

 番組半ばにある特集コーナーが特に個性的である。例えば、筆者の出演時だけを挙げても、大阪で女性を対象に開かれた起業セミナーや、堺市の子育て支援、京都で発生した馬町空襲、大阪府南部の買い物難民対策、寝屋川市の英語教育などと、バラエティーに富む上にテーマが細かいのだ。大東市の市長の生出演もあった。

 もう一つの特徴が、『まちかど注意報』というコーナーだ。各府県の警察がメールで知らせたひったくり、露出、痴漢、詐欺、声掛けなどについて、地図で地点を示しながら伝える。全国ネットの番組が報じる事件は数が少なく遠いものに感じられるが、この番組では自分の周りでこれほど多くの小さいが深刻な事件が起きていることを知り、身が引き締まる。

 視聴者にとり、世界の遠く離れた所で起きた重大な出来事を知るのはもちろん大切だ。だが、それと同時にごく身近な情報も生活には欠かせない。そのニーズに応えられているのがこの番組だろうと、自信を持っている。

 さて、隔週水曜日に出演している筆者、次の出番は来週10月1日である。変わった切り口の番組を見たい方々、チャンネルを合わせてみてはいかがだろうか。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

テーマ:
2014年9月19日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第213回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。


↓↓↓↓↓

http://www.nnn.co.jp/dainichi/rensai/gendaikou/140919/20140919032.html

 ご本人は親切か親心で言っているつもりでも、言われている側からすれば、これが実に大きなお世話なのである。

 東京都議会の超党派でつくる「男女共同参画社会推進議員連盟」の総会で、会長に就任した自民党の野島善司都議が「結婚したらどうだ、というのは僕だって言う。平場では」と報道陣に述べ、これがまたまた不適切発言だとして、後になって謝罪する事態になった。ちなみに「平場」とは普通の場所のことで、野島議員いわく、この場合はプライベートの場という意味らしい。

 さて、ご存じのように、都議会では自民党の鈴木章浩都議(現・無所属)が今年6月、晩婚化対策の質問をした塩村文夏議員に「早く結婚したほうがいいんじゃないか」などとセクハラとも取れるヤジ発言をしたことが問題視されたばかり。「僕だって言う」の野島都議は、鈴木都議の発言は「議会での不規則発言は禁止されている。私生活を論評してはいけない」と一応のくぎを刺した上で、問題なのは「発言者個人に対して開かれた場(議会)で言ったこと」などとした。その上で「結婚したらどうだ、というのは僕だって言う」などと述べたのだ。

 しかし、これが余計なお節介なのである。世の中には男女を問わず、結婚したくてもさまざまな事情で結婚できない人がいれば、一生結婚しないと決めている人だっている。結婚の相談をされたのならともかくも、そうでないのなら自分の価値基準だけで「結婚したらどうだ」と言うのは独り善がりでしかない。

 ところで、新聞やテレビで野島議員の姿を拝見すると頭部が見事にはげている。この頭を見て「カツラをかぶればどうだ」「植毛もあるぞ」と言われたら、ご本人はどう思うだろうか。どの場であっても決していい気はしないだろう。それこそ余計なお世話、失礼千万な話であろう。だが、野島議員の「平場では」発言は、余計なお世話という意味でまったく同じ。謝罪は結構だが、この点はよくよく理解してほしいものである。

 (近畿大学総合社会学部准教授)
いいね!した人

[PR]気になるキーワード