2016年3月28日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第292回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

「非常識」な訪日客と国際化 目の前で知る異文化

政治・経済・文化など、日本が国際社会の主役の一員であることに疑いはない。私たちも「国際化」という言葉を日常的に使い、国際社会の一端を担っているとの自覚がある。しかし、日本はいま本当の意味で国際化の波にもまれているのではないかとつくづく思う。

日本政府観光局が今月半ばに発表した2月の外国人観光客数(推計値)は、前年同月比で36・4%増の189万1400人に上ったという。円安に伴う割安感や、格安航空会社(LCC)路線の拡大などの背景に加え、春節休暇で中国や台湾などから日本を訪れる観光客も追い風になった。

海外からの観光客は年々増え続けており、これからもしばらくこの傾向は続くと予想される。大阪でも中国や韓国、マレーシアなどからの観光客を見ない日はない。ミナミなどでは観光バスが列をなして止まっており、街を歩けば大きな買い物袋を抱えた一群に出会うことがある。「爆買い」のおかげで繁華街の小売店や一部の量販店は大いに潤い、観光客を運ぶバスや電鉄などの輸送会社は大幅に利益を上げているという。

その一方で、「外国人観光客はマナーがなっていない」「そこらじゅうにごみを平気で捨てて困る」「トイレの使い方が汚い」といった批判的な声を聞くことも多くなった。筆者も知っている老舗ホテルの幹部スタッフも「爆買いで買って来られた電化製品などの箱を部屋に捨てて帰られるため、お客さまがホテルを退去した後、山のように積み上がった箱の処分に担当者が追われています」と困った顔で言われたことがある。「郷に入れば郷に従え」という言葉はあるが、なかなかそれを受け入れてもらえないのが現実だ。

だが、国際化というのは本来、そういう側面も併せ持つのではないのか。「英会話を学んで外国人の方々とコミュニケーションを図る」のも国際化のひとつだろうが、文化が異なれば生活習慣や社会通念が異なってくることを理解することも、国際化とは何かを学ぶ上で大切なことだろう。日本人には当たり前だと思っていた常識やマナーが他国では決して当たり前ではない。日本人には眉をひそめる行為も、他国では常識だったりする。外国人観光客が大挙して押し寄せている現在、それを目の前で知ることも本当の国際化ではないだろうか。

海外からの観光客が増えるのは日本経済にとって非常にありがたいことである。と同時に、異文化を理解し、受け入れることも私たちは忘れてはいけないのだ。

(近畿大学総合社会学部准教授)
AD
2016年3月21日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第291回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

地元を照らす新しい試み ローカル番組終了を惜しむ

関東で生まれ育った筆者が、記者時代も含めて関西に住んでいる期間が、通算すると今月で丸12年を迎えた。関東に帰った時に友人に「ねぇ、関西弁しゃべってみてよ」と言われても口をついて出てこない。だが、関西でできた親しい友人たちを目の前にして気が緩むと、つい怪しげな「関西弁もどき」が出てしまう。それを周りの人がどう思っているのかはともかくとして、それだけ関西での生活が身体にしみ込んでいるのだろう。

そんな自分が関西をさらに広く深く知ることになったきっかけの一つが、ケーブルテレビ「J:COM」の『関西TODAY』という番組にコメンテーターとして出演したことだった。月曜から金曜にかけて夜に30分間放映されるこの番組が2014年6月に始まった当初から、隔週水曜日に出演してきた。

海外や全国レベルのニュースももちろん扱うのだが、より重きを置いていたのは、その日に大阪・京都・兵庫・和歌山で起きたトピックを取り上げるコーナーと、地元の人々が関わっているさまざまな活動を時間をかけて取材したものを扱う特集コーナーだった。時には「こんな超ローカルなネタ、よく見つけてきたなぁ」と感心するものもあり、それだけ地域に住む人たちの目と同じような見方で、物事を見ていたということなのではないだろうか。

昨年の統一地方選挙を扱った選挙特番もひと味変わっていた。多くの放送局は、大阪府、大阪市、堺市の議会選挙が行われた4月12日に力を入れていた。だが、『関西TODAY』が選挙特番を放映したのは4月26日の統一地方選後半戦で、筆者も出演した。吹田・八尾・寝屋川といった政令市以外の一般市の選挙結果に力を入れていた。そのため、番組では画面上にL字型にあらわれる帯の部分を活用して、放映エリアごとにその地域で行われた選挙の開票の模様を時々刻々と伝えた。

さて、その『関西TODAY』が25日で最終回を迎えることになってしまった。筆者が最終出演を終えた先週、在阪の放送局で記者として働く友人から「丁寧な番組で、本当に勉強になるライバル番組だった」という褒め言葉をもらった。他局が扱うローカルニュースより細かいネタを追って、新しいものを作り出す姿勢を持ったこの番組に、1年10カ月にわたって関わることができたことを誇りに思っている。

番組終了まであと数日。みんなで育ててきたこの番組を、最後まで応援していただけるとありがたい。

(近畿大学総合社会学部准教授)
AD
2016年3月14日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第290回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

猫の目の原発仮処分 原発ないとなぜ値下げ先送りか

美しい若狭湾に面した福井県高浜町は人口1万人ほどの小さな地方都市だ。筆者も夏になると海水浴などで訪れることがあり、高浜原子力発電所の威容は湾越しに何度も見ている。地元の人たちが原発と共生せざるをえない状況についても一定の理解はしているつもりである。

その高浜原発について大津地方裁判所は先週、3、4号機の稼働を差し止める仮処分を命じた。決定の理由は、原発の安全性の立証責任は関西電力にあり、十分な説明を尽くしたとは言いがたく、また大地震が発生したときの対策についても十分証明されていない等とした。今回は仮処分とはいえ、稼働中の原発の停止を求めるなど前代未聞。それだけに再稼働を進める政府の原発行政や他の電力会社に一定のブレーキをかけることは間違いない。

東日本大震災で福島第一原発の大事故が起こり、いまも約7万人もの被災者が政府の指示によって避難を余儀なくされている。安全・安心と言われる原発がいったん大事故を起こすと取り返しのつかない事態になることを多くの日本人は嫌というほど実感した。

だから、仮に原発を再稼働させるにしても、安全対策のために用心の上に用心を重ねるのは電力会社に求められた最低限の義務であり、立地地区はもちろん、少なくとも近隣の町にその対策と説明がないまま再稼働することは困難であることを知るべきである。

しかし、その一方で司法判断が揺れ動いているのも事実だ。高浜原発については福井地裁が再稼働停止の仮処分を出したかと思えば、一転して稼働を認める判断を下した。そして今回の大津地裁の仮処分である。司法の態度が猫の目のようにクルクルと変わることに原発立地地区などが困惑していることは事実であり、そのような混沌(こんとん)とした状況を避けるためにも政府は何らかの決断をしなくてはならない時期に来ていると思う。

また、高浜原発の停止で電気料金の値下げは先送りになると関電は説明した。だが、大事故が起これば経営の屋台骨が傾きかねず、稼働中でも安全対策や放射性廃棄物の貯蔵施設などで火力発電以上に莫大(ばくだい)な金がかかるのが原発の宿命だ。だったら、稼働停止によって値下げが先送りされる理由をわかりやすく説明してほしい。また、停止と引き換えに仮に値上げが実施されたとしても、少なくとも筆者はお金よりは安全を選びたい。合理的な根拠があるのなら、値上げも甘んじて受け入れるだろう。5年目の「3・11」を迎え、つくづくそう思う。

(近畿大学総合社会学部准教授)
AD
2016年3月7日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第289回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

トランプ旋風見守る有権者 初の女性大統領への思い

「過去の大統領選のように国民が『この人に大統領になってもらいたい!』と願うポジティブなムードはなく、『この人が大統領になるのは嫌だ』というネガティブな考えが先行しているような気がする」。「トランプ氏が出ていなければ、ここまで盛り上がらなかったと思う」。

11月の大統領選に向けた民主・共和両党の予備選が集中する「スーパーチューズデー」を終えた米国。その様子は日本でも盛んに報道されている。でも、さらに生の声を知りたくて現地の米国人や日本人の知人6、7人に話を聞くと、冒頭の答えが返ってきたのだった。

スーパーチューズデーを終え、共和党ではドナルド・トランプ氏、民主党ではヒラリー・クリントン氏が首位を走っている。なぜ彼らを支持するのかは、報道されているように多様な理由があるのだろう。知人たちは独自の見方や周辺の人たちの様子を教えてくれたのだが、中でも印象に残る話が2点あった。

一つめはトランプ氏を支持する人々の特徴だ。米国は経済面でも軍事面でも世界でトップの超大国。誰が新しい大統領になるかによって、その影響は全世界に及ぶと言っても大げさではない。だが、当の米国には、生まれてから一度も国を出たことがなく、自国以外にはほとんど興味がないという人も少なからずいるらしい。そういう人たちにとって、移民が入らないようにメキシコとの間に大きな壁を築こうなどと威勢のいいことを言ってくれるトランプ氏のような人物は、「力強い」「われらの大統領」という単純なイメージが浮かぶようなのだ。米国という超大国の中にいる人たちが、自国の持つ巨大な力に気づかずにいるということが衝撃で、強い印象に残った。

二つめはクリントン氏が女性であることの意味である。米国にはいまだかつて女性大統領が誕生したことがない。先進国でも英国やドイツでは既に女性首相が出ているが、あれだけ男女同権をうたう米国でまだだということを「恥」だと感じている米国人もいるのだという。ようやく女性大統領が実現に近づいたが、この機会を逃すとまたしばらくは強力な候補者が出てこないかもしれないという危機感もあるようだ。ただ、女性という意味では新鮮さを感じさせるはずのクリントン氏も、政治経験が長すぎるために「またあの人か」と若者には不人気なのだとか。

両氏いずれが当選しても日本にも大きな影響が及ぶため、その行く末は米国人だけでなく日本人も気になるところである。

(近畿大学総合社会学部准教授)
2016年2月29日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第288回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

ゼミ旅行で感じる多様性 30年ぶりの北海道は厳寒

受験生だった頃、勉強に飽きると分厚い列車時刻表を開いては旅を「妄想」するのが常だった。晴れて大学生になってようやく妄想を実現できるようになって訪れたのが北海道だった。上野駅を夜行の急行列車でたち、翌朝着いた青森から青函連絡船に乗り、北海道内に入るとたまにしか来ない列車を乗り換えて移動。夜はユースホステルを泊まり歩いた。

初回は友人数人と共に訪れたが、翌年にはひとりで行くことにした。生まれて初めてのひとり旅は心細かったが、同じような大学生たちとの出会いも多かった。中には卒業後に就いた仕事で会社を超えて助け合ったりしながら、いまだに友達付き合いが続く人もいる。

大学時代の旅は初秋だったが、約30年ぶりに先週訪れた北海道はどこもかしこも真っ白だった。来月卒業する4年生のゼミ生たちが旅行先に選んだのが北海道だったのだ。関西空港から新千歳空港まで飛び、札幌市内に2泊した総勢約10人が、雪が降りしきる中で北海道大学構内を散策したり、札幌市内を見下ろす展望台から夜景を眺めたり、ラーメンを食べたり、小樽の運河沿いを歩いたりした。

大阪から札幌までは空路でたったの2時間弱。夜行列車と連絡船を乗り継ぐ旅とは比べものにならないほど近い。宿泊先もシティーホテルで、仲の良い友達同士の2人部屋か3人部屋。ユースホステルでどんな人がいるかわからない相部屋に泊まるのは、楽しみな半面で緊張感もはらんでいた。

だからと言って「あの頃の大学生はたくましかった」「今の子たちは軟弱だ」と決めつけようとは思わない。時代によってはやりすたりはつきものだからだ。きっと筆者よりも前の世代の人たちは違うスタイルの旅をしていただろうし、今の学生たちが50代になる頃にはまた変わっているだろう。

むしろ、どんなスタイルであれ、日常を離れて旅をすることの大切さを今回の旅を通じて感じてもらえれば、それで十分だと思う。それは「普段と違った時間が楽しい」と感じられるだけではない。自分が当たり前と思っている日常生活が、たった2時間移動しただけで全く異なると知ることで、日本、そして世界には、いろいろな生活があることが体感できる。たとえば、日中でも氷点下のままの気温、雪道を転ばず器用に走る人たち、凍えるほど寒いのに薄着の人たちは、関西から訪れたわれわれには驚きの連続だった。大げさかもしれないが、違いを知ることは多様性を認め合うことにもつながると思うのだ。

(近畿大学総合社会学部准教授)
2016年2月22日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第287回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

「無言館」で聞こえた声 戦争がもたらす「損失」

薄暗くひんやりとした建物の中から、何かとてつもなく大きなかたまりのような重い気持ちを抱えながら出て、陽(ひ)だまりの中にあるベンチに腰をかけようとした時、先に座っていた70代の母が「大きな損失ね」ともらした。驚いた。つい先ほどまで建物の中で絵や彫刻を眺めていた筆者の心の中にも、全く同じ言葉が浮かんでいたからだ。

信州・上田にある『無言館』は、戦没画学生の遺作、遺品を展示している美術館である。『信濃デッサン館』の分館として1997年に開館したというニュースを耳にして以来、いつか訪れてみたいと思っていた願いがようやくかなった。

無言館とそのそばに建つ第二展示館『傷ついた画布のドーム』には、戦死または戦病死した人たちの絵画や彫刻などの作品、本人の写真、戦地から家族に送った手紙、作品制作に使った道具などが展示されている。多くの作品には、館主の窪島誠一郎氏による短い説明が添えられている。そこには、出征前の本人の言葉や様子、戦後どうやって遺族が作品を守ってきたかなどが書かれている。

無言館に展示されているのは、それと説明されなければ出征を目前にした人たちが作ったものとすぐにはわからない作品が多い。だが、絵を描きたい、作品を作りたいという強い願いが戦場に行けば断たれてしまうという切実な思いが、そこにはあった。と同時に、彼らは単に兵士だっただけではなく、芸術家だっただけでもなく、家族や友人に愛されているごく普通の生活を送る人でもあった姿がそこには示されていた。

展示されているのは日本人の作品だけではない。フランツ・カフカの代表作「変身」の装丁を担当し、東部戦線で行方不明となったドイツ人画家アルベルト・シャモーニ氏の作品も置かれている。

冒頭の「損失」という母の言葉には続きがあった。「あんな絵を描ける人たちが亡くなった損失ということだけじゃなくて、他にもいろいろなものを持っていた人たちがいたでしょうに亡くなってしまって」と話したのだ。

戦争は損失しか生み出さない。ごく単純なそのことをより多くの人が知るにはどうしたらいいのだろう。そんなことを思いながら、無言館の「絵繕い基金」にささやかな金額を寄付した。そのお金は、戦没画学生の遺作、遺品の修復・複製化、保存作業に特化して使われるのだという。

(近畿大学総合社会学部准教授)
久しぶりに2月20日(土)放映の「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)に出演することになりました。

「マイナンバーだけじゃない!知らないと損をする!今年から変わる◯◯!2016」というテーマで、社会科の授業を行います。

どうぞご笑覧ください。また、できるだけ多くの方に見ていただきたいと存じますので、情報をお知り合いに伝えていただけますか。よろしくお願いいたします。
2016年2月16日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第286回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

「男の育休」に罪はない 父親も子育てに関わる社会に

育児休暇を3週間取った友人男性がいる。本当はもっと長く休みたかったそうだが、それでも「新生児とほぼ2人きりで過ごしてみればどういうストレスがかかるか身をもって分かるので、母親業への理解と感謝が深まる」と語っていた。彼はラッキーな方だろう。日本ではいま男性が育休を取得することそのものが難しい。

そんな中で、衆院議員である妻の出産後に自分が育休を取ると宣言していた宮崎謙介衆院議員に注目が集まっていた。世間の反応はさまざまで、サラリーマンと違っていわば自由業に近い国会議員が育休を取るのはおかしいという意見も一理あるし、この点は議論の余地があるだろう。ただ、筆者個人としては、国民を代表する国会議員が育休を取れば社会の意識が変わる可能性もあって意義があるし、同議員にはぜひ取ってほしいと思っていた。

だが、ここに来て様相が変わった。週刊誌に宮崎議員の不倫疑惑が報じられたのだ。そして、同議員は12日に開いた記者会見で疑惑を認め、議員辞職の意向を表明した。妻の出産前に夫が浮気するというのは時々耳にする話だとはいえ、もし自分がその妻の立場だったらと想像するだけで悔しさや怒りが入り混じったやりきれない気持ちになる。

ただし、今回はあえてその話は横に置いておきたい。というのは、この話の影響で男性の育休取得そのものまで悪いイメージを持たれるという副作用が懸念されるのだ。

少子高齢化が加速する一方で、女性の労働力も経済の発展に欠かせないものとなっている日本。子どもの増加が望ましいにもかかわらず、保育園不足など、決して育てやすい環境は整っていない。となれば、父親にももっと子育てに関わってもらわざるを得ない。男女平等の社会なのだから、男性が子どもの面倒を見てもおかしくない。

それに、育児は大変な労力を伴うものであると同時に、大きな喜びをもたらすものでもある。その楽しみを母親のみでなく、父親も享受できれば、自分の子どものことをより深く知るきっかけともなる。冒頭の友人は自身の育休を「自信を持って子育てのスタートを切れる」ものだったと評している。

今回の件で、いつの間にか育休問題がいびつな形で捉えられそうなのが残念である。育休のあり方の議論はもう待ったなしのところまで来ている。これからの日本社会を考える上で、宮崎議員の問題と完全に切り離して真剣に考え始めなければいけない時期に来ていると、筆者は思うのだ。

(近畿大学総合社会学部准教授)
2016年2月8日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第285回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

がん退職せず働き続けたい 厚労省の試みで支援体制を

厚生労働省の人口動態統計によると、日本人の死因のトップは1981年以降がんがトップだそうだ。約4年前に筆者もがんと診断された。9日間の入院の間に手術を受けた後、5週間にわたり月曜から金曜まで連続で放射線治療を受けるために通院した。その後は3カ月に1度主治医のもとへ通って検査や診察を受けており、今のところ再発や転移はない。

幸い初期だったために入院期間が短く、その間に大学で行うはずだった授業のコマ数は少なく済み、すぐ補講をして遅れを取り戻すことができた。大学教員ははたで見ているよりも仕事量が多くかなり忙しいが、授業の担当時間帯を厳密に守りその他の必要な仕事さえ済ませれば、授業以外の時間帯は比較的自由が利く。そのため、午前か午後のあいている時間帯に大学を抜け出して5週間にわたる放射線治療を受けることができた。そして、現在に至るまで、がんのために仕事をやめなければならないかもしれないと感じたことはない。

だが、報道によると、すべてのがん患者がそうではないらしい。ある研究では、診断後に仕事を辞めた人の割合は3割を超えるという調査結果が出たという。短時間勤務が認められず退職したりするらしい。

ただし、筆者自身も人ごとではいられない。仮に再発・転移ということになって、前回より長く厳しい療養生活に入ることになった時はどうなるだろうか。仕事を失うことは、治療のためのお金を生み出す源を失うことを意味する。いくら保険に入っていたとしても、すべてをまかなうのは難しい。

こうした状況の中で、がん患者が仕事と治療を両立できるような対策の指針を、厚労省が2月にもまとめ、企業を指導していくと報じられた。医師と企業が病状や仕事内容を情報交換する文書の「ひな型」を作り、短時間勤務などで配慮するよう促すそうだ。

医療の進歩に伴って、がんにかかっても生き続ける人はこれからも増えていくだろう。筆者の周囲にも、同世代やもう少し若い年齢でがんにかかった後も忙しい仕事を続けている人たちがいる。

今回の厚労省の試みが1日も早く効果を発揮し、各患者の状況に合ったサポート体制が整ってほしいと、がんを患った当事者として強く思う。そして、まだ今は当事者ではない人たちにも自分のこととして受け止めてほしい。なお、今回はがんによる退職のことのみを書いたが、その他の疾病も、そして昨今話題になっている介護のための退職も同じ支援が必要だろう。

(近畿大学総合社会学部准教授)
2016年2月1日付の大阪日日新聞に、週刊コラム「金井啓子のなにわ現代考 世界の現場からキャンパスへ」第284回分が掲載されました。 本紙のホームページにも掲載されています。

↓↓↓↓↓

ネット遮断の時を設ける価値 便利な道具をどう手放すか

大学生との連絡にスマートフォンのメッセージアプリを利用している。高校生とは違い、大学生は取っている授業も大学に来る曜日もバラバラなので、用事があってもすぐにつかまらない。

その点、スマートフォンさえ手元にあれば連絡事項を伝えたり、面談の日時を決定できるアプリは便利なのだ。それに、メッセージを相手が読んだかどうかがわかる機能も備わり、伝えたい情報が相手に届いていることを確認できるので助かる。

学生より上の世代とは、どちらかと言えばメールでやりとりをすることが多い。大学は出勤している時間帯や曜日がさまざまな人がいる職場なので、こちらの都合がつく時に送って相手の都合がつく時に読めるメールはありがたい。

ある日同僚が「スマートフォンは持たないことにしている」「メールをチェックしない時間帯を設けている」と話した。あまりに便利過ぎて、そちらが気になって研究の時間が削られてしまうかららしい。

筆者は、パソコン用のメールアドレスに届くメールも全てスマートフォンで見られるように設定してあり、少し時間があくと「何か届いていないか」とチェックする癖がある。記者時代に24時間いつでも連絡があれば動けるようにと意識していた名残があるのかも知れない。

だが、面倒な仕事が増えるメールを夜中にふと見てしまって、眠りが浅くなってしまうこともある。実際のところ、そのメールを読んだからと言って夜中に何かできるわけではなく、朝になってからそのメールを見て動きだせば済む話なのだ。「ネット中毒」という言葉は他人事と思っていたが、もしかしたら自分自身もいつの間にかそうなっていたのかも知れない。そこで最近になって、夜から朝にかけての一定の時間はメールをチェックしないという自主ルールを設けてみた。すると、何にも縛られないこの時間が意外に快適なのだ。

メッセージアプリも見ない時間帯を設けたいのだが、課題提出など何か急ぎの連絡があるのではないかと気になって、まだそこまでは至っていない。ある学生から夜にメッセージをもらい、即答しづらい複雑な話だったし、かと言って緊急の用件でもないため返事をせずにいたら、数時間たって「読んだのに無視ですか」などとたいそう怒ったメッセージが届いて驚いたこともあった。

便利だからといって早く返事すればいいというものでもない。ネットを通じたつながりを時には遮断する時間も取りつつ、じっくり考える余裕も必要だろう。

(近畿大学総合社会学部准教授)