産後ママの育児不安・ストレスを緩和!つくばでの子育てライフを食と愛で支えます

ベビーシッターに代わり産後ママを支える専門家。子育てが軌道に乗るまでの期間、お母さんの日常生活を支えます!
ひとりでがんばらないで。ほっとできる時間を産後ママにプレゼント♡
野菜たっぷりの、産後の身体の回復やおっぱいの為に良い食事を心を込めて作ります。

出産祝いは「休養」のプレゼントを♡ご自身へのプレゼントにも最適です。

通常のサポートと同じ内容をお試し頂けます。

産前の方もぜひご利用下さい。



初回限定プラン】


おためし120分


4,000円(別途交通費)



詳しくはこちら

テーマ:
~母親もすくすく育つ世の中に~
家事代行 + ベビーシッター + 愛情の
新しい形で
産後のお母さんを支える
すとうけいこです。
 
 
 
産褥期(さんじょくき)とは産後6~8週間のことを指し
妊娠・出産により大きく変化した体を回復させるためにとても大切な期間です。
赤ちゃんのお世話も大変なこの時期、周囲の人を頼って出来るだけ休むようにしましょう。
お母さんは、人にゆだね感謝することを学ぶ時期です。
 
 
 
産褥期の養生についてはこちらをご覧ください。
 
 
 
〈産後5週間〉
徐々に元の生活に戻れる時期です。
産後の1ヶ月健診で問題がなければ
元の生活に戻していけるでしょう。
とは言っても完全な回復とまではいきません。
夜中に授乳やお世話で睡眠不足の時には
なるべく赤ちゃんと一緒に昼寝をして補いましょう。
 
 
 
外出も短時間なら出来るようになりますが
遠出は産後8週間以降が良いでしょう。
 
 
 
またこの時期は、心身をリハビリし、
アイデンティティを立て直す時期でもあります。
 
 
 
少しずつ動いて、自分の体と向き合っていきましょう。
筋肉がおちていますので
体力を取り戻すためにも
無理のない範囲で家事と育児をしていくと良いですよ。
 
 
 
出不精にならないように注意も必要です。
 
 
 
 
出産は病気ではないため
休むことに抵抗がある方
周囲に理解してもらえずになかなか休めない方も
いるかも知れませんが
産褥期の体は目には見えませんが
著しく回復しようとしています。
 
 
 
妊娠中の長い期間かけて変わった体が元に戻るのは
簡単ではありません。
 
 
 
「本当に自分にしか出来ない事なのか?
やらなくても生活に支障が出ないかな?」
と考えて、家族でも出来ることは
任せて休むことに専念しましょう。
 
 
 
 
もし家事が出来る人がいない
生活に支障が出てしまうという場合には
地域のサービスや、家事代行を頼んだり
食事の宅配サービスを利用を考えても良いかも知れませんね。
 
 
ドゥーラサポートは
家事代行やベビーシッターの垣根を取り払い
実家のお母さんのように
やさしくお母さんに寄り添い
家事・育児のお手伝いをいたします。
 
 
 
 

 

初めての方限定!

ドゥーラサポートおためしプラン

 

 

 

モニター募集中!

猫の手も借りたい!イブニングプラン

 

 

 

 

お客様の声

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)