福島県郡山市のピアノ教室です。

レッスンのことや普段の感じてることを書いていきます音譜
手段はピアノピアノですが、教室の元気が、人から人へ、
周りのみんなを楽しくキラキラ明るくキラキラしてくれるといいな~
と思っています。

  • 22Apr
    • やればできる子 YDK。

      私、頑張った!↑これ、お友達のバースデーケーキ、作ったよ!私もやればできるのだ。(ま、よーく見ると、雑なのがバレるのだが。)そして、今日は、朝10時〜午後6時まで、ピティナ課題曲講習会。中1時間ぐらいお昼休憩以外、ぶっ通しの7時間。講師のデュオールの先生方も、弾丸のように長時間レッスンしてくださいました。頭がパンパンです。久しぶりに、こんなに長時間お勉強しました

      6
      テーマ:
  • 18Apr
    • 今年の花憐団の初演奏。

      日曜は、連弾デュオを一緒に組んでいるえみ先生の教室の、毎年恒例のスプリングコンサートでした。ホテルのバーラウンジで行っています。えみ先生のお母様が主宰の教室ですが、いつも楽しくプログラムが進められます。今年もこんな方たちの連弾や↓OGの音大生によるヴァイオリンの演奏もあったり↓多彩で楽しい演奏会です。ホテルの最上階なので、眺めも抜群で、窓からの風景は遠くの山々が、絵画のようでした。花憐団は、お食事中の第2部で演奏しました。今回は、ベートーヴェンの4手のためのソナタ、魔笛より「パパゲーノ!」と、Sing Sing Singの3曲。なかなか難しかった慌てて、前日と前々日、夜中の12時まで二人で練習しましたやっぱり連弾は合わせの練習をしないと、まとまりませんね…。なかなか練習の時間が取れないので、時間を作るの課題です。この日は曇り空でしたが、高いところから眺める風景は、空が大きく、雲の躍動感が感じられて、気持ちがよかったです。それにしても、他の教室の生徒さんを聴くと勉強になりますね。上手な子が多いように感じる

      7
      テーマ:
  • 12Apr
    • ピアノの練習に向かうために大事なこと

      前回の記事から、ちょっと空いてしまいましたが、前回の続きです。ピアノは、練習しないと上達できないと、書きましたが、この「練習」の時間が短いと、いくら「上手になりたい!」というやる気はあっても、なかなか思うように指は動いてくれません。私の感覚では、ある程度弾けるようになるためには、最低でも毎日30分以上。でも!人が一番難しいことは、今の習慣にないことを、「毎日続ける」こと。私もヨガの先生に、「お家でもやってくださ~い」って言われてますが、なかなかできていません家に甥っこと姪っ子がいるときは、「よし!毎日ピアノをやらせるぞ!」と思ったけど、・・・できませんでした。家事やお世話だけで精一杯。だから、「普通」にしてたら、多分できないと思います。じゃあ、毎日やるためには何が必要でしょうか。ここ10年、生徒たちを見ながら、ずっと考えてきました。教え始めの頃は、無理やり練習させたり、練習練習って言い過ぎたら、生徒が嫌になって辞めちゃうんじゃないかと思っていました。だから、あまり練習のことはしつこく言わず、それこそ「ゆる~く」やっていました。体験レッスンの時に、必ずと言っていいほど、お母さんたちに言われます。「うちの子、別に専門にやらせようと思っていないので、楽しく弾ければー」って。そんな感じで、練習についてはしつこく言っていなかったのですが、そしたら、(初期の生徒さんたちすみません・・・)、生徒たち、本当に練習しなくって、いつまでたっても、何年たっても弾けるようにならないのです・・・最近はつくづく思います。ピアノは、「ゆる~い」感じだと、弾けるようにならない楽器らしい。やっぱり、これは他の習い事と違う点だと思います。私も、水泳とかお習字とか習っていましたけど、家で練習しなくても、それなりに級は上がっていきました。だけど、ピアノは、そういうわけにはいかない。弾けるようになりたいなら、家で毎日やるぐらい、「本気」じゃないと上手になれないんだなと。みんな、ゆる~く、楽しくやりたいって思ってるけど、ピアノは、「本気」じゃないと楽しくやれない楽器だなと。練習の時間も、本当は1時間ぐらいやると、かなり弾けるようになると思うけど、30分でもいい。でも、その30分、「本気」で練習してほしいなと思うのです。そしたら!絶対に弾けるようになると思う!なりますよ!弾けるようになったら、本当に楽しくなるよ!そう気が付いて、生徒たちに練習するように声をかけたり、「練習表」をつけさせるようになったら、本当に弾ける子がどんどん増えてきました。そして、辞める生徒も少なくなりました。でも、最近、さらに欲が出てきたのですが^^;みんな練習するようになったけど、ちょっと「本気」が足りない人もいるようで。。そうすると、同じような練習時間なのに、差が出てきてしまっているのです。誰かが言ってました。ゲームとか、遊園地とか、努力しなくても、その場ですぐ楽しめる「楽しさ」もあります。でも、頑張って手に入れた「楽しさ」とは質が違うって。本気で手に入れた「楽しさ」、味わってほしいな。教室においてある薬師寺のお坊さん大谷てつじょうさんの日めくりカレンダーにも書いてあります。まじめな話が長くなったので、また桜の写真で、リラックス。郡山もだいぶ散ってきました。これは火曜日に撮った写真です。五百淵公園の桜は今年も見事でした。

      9
      テーマ:
  • 06Apr
    • 「ピアノが弾ける」の意味

      新年度が始まりました。郡山は桜が入学式に合わせたように満開になりました。入学式に満開の桜が見れるなんて珍しい!いつもは入学式より2週間遅れぐらいだからね。ところで、ここのところレッスン以外の記事が多くて、レッスンはちゃんとやってるのか?と思われてそうなのですが、レッスンもしていますよ(先週と今週は春休みで、レッスンがない生徒さんもいますが)ただ、レッスンについて思うところがあって、なかなか記事にできないでいました。今日は熱を込めて書きます(笑)私が「思う」こと。それは、ズバリ、「みんなは、どうしてピアノを習っていますか?」いろいろあるかもしれないけど、結局はピアノが弾けるようになりたいからだよね?じゃあ、この「ピアノが弾ける」って、具体的にどんな風に、どこまで弾けるようになりたいんだろう?片手で簡単な曲が弾ける事だって、「猫踏んじゃった」が弾ける事だって、「ピアノが弾ける」事になるし。でも、多分、みんなが考えている「弾ける」というのは、そうじゃないよね?じゃあ、「どんな風に」弾けるようになりたいですか?弾けるようになりたい曲は?学校の伴奏、弾けるようになりたい?「エリーゼために」や「子犬のワルツ」、弾けるようになりたい?なんとなく、「ピアノが弾けるようになりたい」と思うんじゃなくて、「何年生ぐらいまでには、こんな曲が弾けるようになりたい」って、具体的に考えた方がいいと思います。年齢が小さい子は、それが難しいかもしれないけど、小学生ぐらいになったら、発表会や学校などで大きい子達の演奏やコンサート、いろいろな曲聴いたりして、目標持てるといいなと思います。なんかね〜、最近、学年の大きい子達が増えてきて、みんな長く続けてくれていて嬉しいだけど、最近、ふと思うのです。このままでいいのだろうか。もちろん個人差があるからね、一人一人の目標が違っていいんだけれども、この目標設定が私だけが考えていても機能しなくて、生徒自身と共有できないと、実現が難しいように思います。「ピアノが上達に弾けるようになる」秘訣は、まずは、お家で練習する事なのですが、どうもその練習に対する向き合い方に、私と生徒自身の間に温度差があるようです。例えば、「学校で合唱の伴奏者に選ばれたい」と思うならね、簡単そうだけど、これは、「そこそこ」弾けないとなれません。この「そこそこ」になるためには、これまで10年以上生徒を見てきた感覚としては、小さい時から毎日30分以上ぐらいの練習をしてこないと、難しいです。1日10分ぐらいの練習を、週に3日ぐらいやっている子は、申し訳ないけど、かなり厳しいと思います。だから、私は口うるさく、練習を「できるだけ毎日30分以上」というのですが、それができていなくて、いざ、5年生とか6年生になって、伴奏のオーディションに出たいからと言って楽譜をもらってきた時には遅いのです。それで涙を飲んだ子を何人も見ています中学生ぐらいで「子犬のワルツ」弾きたい子も同じぐらいの練習が必要です。小学生で「子犬のワルツ」弾きたいなら、毎日1時間ぐらい。ピアノのコンクールで入賞したいなら、毎日1〜2時間。将来、音大に行きたいなら、毎日2〜3時間。将来、演奏家になりたいなら、家にいる間はずっと(笑)私の感覚では、最低ラインがこのぐらいのような気がします。学校で伴奏したい! でも、練習は長くて15分!っていう子は、ごめんなさい、多分、レッスンでどんなに頑張っても、厳しいです。ピアノという楽器がそれほど難しい楽器なんだなぁと、教えていてつくづく感じます。でもね、分かるよ。「そんなこと言われても、そんなに長い時間できない!」と、思うでしょう。そうだよね〜。なんでできないんだろうね〜長くなったので、続きは次回。重い話が長くなったので、きれいな桜の写真を。水曜日に開成山を散歩しました。桜はいいなぁ。

      11
      テーマ:
  • 02Apr
    • ザ・日本のサロンコンサート

      3月18日の演奏会でお世話になった、猪苗代の小桧山さん宅、だけどいちおう^^; Studio MIYUという名前が付いています。昨日は、ここで、後藤泉さんのベートーヴェン、ソナタ32曲を聴く会の第5回目の演奏会がありました。こんな感じで↓、畳の上に、パイプ椅子を並べ、襖を開け、4部屋つなげて、サロンホール(???)にしてあります(笑)昨日は、ソナタ13番と14番月光と28番。合間に、中学生1年生の今井こうせい君が、バッハのイタリアンコンチェルトと、ベートヴェンの19番と悲愴の3楽章を弾いてくれました。ここにお客さん50人以上。正直、ホールとしたら響かないし、外では犬が吠えたりするし、演奏会の環境としては、良くないかもしれない。でも。ヨーロッパでは、こんな風に、サロンコンサートや、なんてことない場所でも、普通にコンサートが行われているらしい。小桧山さんは、そんな風に身近に音楽会がある社会を作りたいと思っている。だから、これで、いいのかなと。かしこまったところで、いい音がするところでだけで聴くのが音楽会じゃない。そんなあったかい演奏会でした。ホールのような響きはないけど、泉さんの一音一音の音、タッチの感じがとてもよく伝わりました。月光のソナタは、特によかったですねー。1楽章の一音一音の響きは、心に染みました。演奏会の後は、お客さんたち自ら椅子を片付け、テーブル出して、盛り付け、配膳などもやって、おそばを食べる(笑)そして、その食事が、想像以上に豪華!!これだけの食事付きで2500円は安いぞ!50人中半分ぐらいは初めてのお客さんでしたが、アットホームすぎてびっくりしたでしょうね^^;そして、お土産付き。これ↓、なんだか分かりますか?凍み餅。一つ一つ丁寧に紙で包んで干してあります。小桧山さん、「凍み餅と銀杏、持って行って~」って(笑)親戚の集まりみたい。この32曲を聴く会、第6回は7月8日(日)。泉さんの前座で、私も花憐団として演奏します。おもしろいから、来てみてね。

      10
      テーマ:
  • 01Apr
    • 演奏家の素質って

      やっと聴けました、郡山の星、山崎君のリサイタル。彼が中学生の時に、少しだけ聴いたことはあるのですが、昨日は大学生になった彼の演奏。中学生の時も、すごかったけど、昨日も、やっぱり、素晴らしかった。昨日のプログラムは、オールショパン。ショパンのバラード2番、3番と、エチュードop25全曲。このプログラムだけでも、すげーと思ったけど、演奏は、本当に言うことなし。なんと言っても、彼の音が素晴らしい。ずっと聴いていたいと思う。残念ながら、あまり響きのいいホールとは言えないホールだけど、いや、だからこそ、彼の音が本当にいいのがよくわかる。アンコールでは、彼自身が作曲した曲。これも、演奏ももちろん、作曲もすごかった。彼を見ていると、演奏家になるべき人は、彼のような人だなと思う。小学2年生の時にピアノを習い始めたとなっているけど、最初から弾けてたらしい小4の時には、ショパンの「木枯らし」弾いたっていうし、バラード1番見てきてって先生言われたら、次の週には4曲全部弾けてたとか、中学生の時、賛助で出た演奏会で、プログラムには、リストの「メフィストワルツ」ってなってたのに、急遽、ベートーヴェンのソナタ、英雄(だったかな?)を弾いたし・・・。頭の中では楽譜が写真みたいに見えていて、それが流れていくらしい・・・。私にはまったく意味が分からない。。。その上、毎日、朝から晩までピアノを弾いているらしい。。。凡人には到底追いつけない何かがあるのではと思ってしまう。これは、私の、本当に、かなり個人的で、感覚的で、偏見かもしれないが、演奏だけで食べていけるような、プロの演奏家には、2つのタイプがあるような気がする。1つは、山崎君のような、最初から、本能的にできてしまう人。がむしゃらにやらなくても、できちゃう人。いわゆる天才。2つ目は、がむしゃらに練習に練習を重ねてできるようになる人。努力の人。でも、天才肌の人でも練習や努力を怠ったらなれないと思うけど。だけど、天才と思う人だって、相当練習してるから、私のような凡人がそこまで行くには、相当の10倍ぐらいやらないと追いつけないと思う。でもね、その「相当の10倍」の練習をやっている人もいると思う。私は、それができない。だから、凡人以下か本当に、昨日は幸せのひとときでした。また、演奏聴きたいな。もう、完成されているんじゃないかと思える演奏だったけど、これから、またどんなふうに変わっていくか楽しみです。郡山という共通点だけで、親戚のおばちゃんのような気持ちで応援しております

      7
      テーマ:
  • 28Mar
    • 楽しい月謝袋選び❤️

      本当に最近は、いろーんな種類のピアノレッスン用の月謝袋が売っています。昔は茶封筒に線が引いてあるのだけだったのに。ウチでは、何種類も買っておいて、生徒に新しい月謝袋選んでもらいます。これが、みんな楽しみみたい。中学生男子ぐらいになるとね、なんでもいいよってなるんだけど、小学生や女子は好きだね〜。なかなか決まらなくて、レッスン時間が削られそうな時は、カウントダウンを始めますが私が決めてもいいんだけどね、こんなことで喜んでもらえるなら、選んでもらいましょ。

      8
      テーマ:
    • 邦楽を聴こう

      邦楽の演奏会へ行ってきました。実は、高校の同級生で、芸大院(邦楽科)を出た友達がいて、彼女のお母さまは邦楽の先生で、お母様の門下と、他の社中との合同発表会でした。彼女も、今は関東に住んでいるのでが、帰郷して参加。たまに聞く邦楽もいいですね。邦楽というと、ゆったりしたテンポ感や、伝統的な響き(?)を想像してしまうけど、意外と西洋的な要素のある曲もあるんですね。二つの声部の筝と低音の十七絃、尺八に、二分合唱の入った宮城道雄を「新暁」は、そんな西洋音楽的なアンサンブルの雰囲気のある、華やかな曲で、楽しかったです。同級生は、自分の息子、娘と、お母様の3世代で共演。本当に伝統芸能だなぁと思いました。子どもたちもしっかり演奏していて頼もしかったです。がんばってほしいなぁ。

      6
      テーマ:
  • 26Mar
    • 宿題の確認

      いつも発行が遅れてしまう教室だより書類づくりは苦手で、後回しになりがちで。(すみません)今回のお便りでは、「2つの宿題の確認」をお願いしています。1つは、お家で音楽を聴く宿題。去年から始めた宿題。クラシック音楽を1曲選んで、それを10回ぐらい何度も聴く。毎日1回聴いたら、10日、かかるね^^;難しいピアノ曲かオケの曲とかがいいなぁ。最近、この「聴く」宿題を忘れている人が多いので、改めてお願い。自分の中に、音楽の材料をたくさん入れてほしいなぁと思います。もう一つの宿題はリズム読み。オリジナルのリズム読みシートを渡しているので、1週間に1段ずつ、やってきてね。これで、拍感と音符の長さを読む力をつけたい!必ずメトロノームを使うこと!よろしく!

      6
      テーマ:
  • 25Mar
    • 保育士証が来ました!

      去年、受験し、今年の1月に合格通知が来た保育士の試験。合格しても、さらに登録をしないと「保育士」にはなれません。やっと、その登録が完了し、無事、「保育士証」が届きました!ケースまで付いていました!(試験の内容、ほとんど忘れてしまいましたが…)この経験が、これから保育士になろうとしている方の役に立てればと思います。あるいは、本当に、保育士として役立つ時が来るかもしれない。(ピアノの生徒たちに嫌われて、生徒さんがいなくなっちゃったら、保育士になれます^^;)なんか、こんな立派な厳かな紙で頂くと、うれしいものです。失くさないようにします。。。

      6
      テーマ:
    • 新規生徒さんの募集について

      4月より金曜の2枠の空きが出ましたので、新規生徒さんを募集します♪金曜① 15:50~16:30 (堤教室)金曜② 17:10~17:50 (堤教室)上記の時間のレッスンが可能な方のみ体験レッスンを受け付けます。体験レッスンは4月13日以降になります。ご希望の方は、レッスンを受けたい方の性別、年齢、これまでのピアノの経験、レッスンへの希望等を合わせてご記入ください。お問い合わせフォームよりお問い合わせください。↓ KEIKO音楽教室 お問い合わせ お問い合わせありがとうございます。体験レッスンをお申し込みの方は、レッスンを受けたい方の性別、学年(年齢)、これまでのピアノの経験等を「お問い合わせ内容」の欄にご記入ください。 viaKEIKO音楽教室 Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
  • 23Mar
    • おばあちゃんのぼたもち

      春分の日。お彼岸で、祖母の家へ行ってきました。祖母の家は農家なので、お野菜やお米を作っています。行くと、常にお餅もついてあります。祖母は私が粒あんが好きなを知っています。今回も、「けいこは粒あんが好きだから、つぶあんのぼたもち、こさえて(作って)やったぞ」と言って、おいしいぼたもちを頂きました。「いっぱいあっから、もってけー」と、家で食べる分まで、あんこともち米のご飯をいただきました。おばあちゃんのあんこ、最高です家に帰って来てからも、ぼたもちとコーヒーでいただきました。ところで、お墓詣りの後、英会話教室へ行ったら、なぜ春分の日にお墓詣りにをするのかと、外国人の先生から聞かれました。また、やってしまった・・・。こういう、「なんとなくそういうもんだから」というだけでやっていること、いつも外国人と話すと気づかされます。その時は、適当なこと言って答えられなかったので、家に帰って来てから、調べました。今は便利。ネットですぐ出てくる。なぜか分からない人、調べてみてください^^お彼岸にぼたもちを食べる理由や、春の彼岸は「ぼたもち」で、秋は「おはぎ」というのも、そういえば前にも聞いたようなきがするけど、忘れてましたいろいろな国の人と話すだけで、勉強になります。ちなみに、イギリス人は春分の日を「Vernal Equanox(ヴェーノ エコノクス)」と言うそうです。「なんで?」って聞いたら、彼も理由は知らないと言ってましたお互いさま。

      6
      テーマ:
  • 19Mar
    • 蕎麦会とミニ・クラシックコンサート。

      昨日は、本当にお天気がよく、まだ雪が残る磐梯山がきれいに見えました。お蕎麦の試食会とクラシックコンサートの面白い組み合わせの会へ、出演させていただきました。すみません、写真は磐梯山ではなく、その会場のお宅のお庭(笑)世の中には面白い人たちがたくさんいますね(笑)最近、なんだか、そういう方たちとの出会いが多い気がします。昨日のコンサートの主催は、猪苗代の方で、2年前も演奏会に呼んでいただいてお世話になった方なのですが、その方のご自宅でのホームコンサートでした。そのお方、お蕎麦をコンサートへ来た方たちに振る舞うために、家を自分でリフォームして、食事が出せるように保健所の許可まで取ってしまったそう!そして、ピアノを弾ける家族がいないのに、持ち主のいなくなったグランドピアノが家にやってきたために、家でホームコンサートを定期的に開くことにしたそうです。お家は、立派な日本家屋で、襖で仕切られた大広間を解放して、奥の部屋にピアノを置き、そのピアノを囲むようにお客様は座って聴くという、めちゃくちゃアットホームなコンサートです。演奏会の前にお蕎麦タイム!トッピング具材が、もりだくさんで、豪華!!豚の角煮、お刺身の醤油漬け、自然薯、大根おろし、きのこの煮つけ、サラダ。。。そして、デザートは、コーヒーゼリーとフルーツゼリー!!(今回は試食会ということで、無料でした!太っ腹~!)どれもおいしかった!!そして、コンサートは、ピアノソロとクラリネットの曲を聴いていただきました。来てくださった方々とも、たくさんお話しさせていただきました。みなさん、クラシック音楽の好きな方たちばかりで、たくさん面白い質問をされました。「弾いているときの、手の動きはおもしろかった。あれは、なんであんな風に動くのか?」「お家にはやっぱりスタインウェイのピアノで、大きさも大きいピアノを置いているのか?」などなど^^こんな風に身近に生の演奏会が聴ける場所があるって、いいですよね。ここでのコンサート。いつもはピアニスト後藤泉さんの演奏会を行っています。去年から、後藤さんによるベートーヴェンソナタ32曲を聴く会として、シリーズで行っていて、再来週4月1日は、その第5回目。ベートーヴェンソナタ第13番、14番、28番の演奏会があります。その次は、7月8日で、その時は、私もまた、花憐団として賛助で演奏させていただきます。おもしろいので、ぜひお越しください!美味しいお蕎麦もあるし、楽しい人たちにたくさん会えますよ!

      6
      テーマ:
  • 17Mar
  • 15Mar
    • 合格おめでとう !

      昨日は県立高校の合格発表でした。先に私立や推薦(Ⅰ期)で合格をもらっていた子たちも含め、昨日の合格発表をドキドキ待っていた子も、みな、第一志望校の合格の報告がありました。よかった、よかったーー!!みんなおめでとう!!去年の発表会の後に教室を卒業した元生徒からも合格の報告がありました!おめでとう!!!!みんながんばったね。今、教室にいる新高校1年生たちはみんな高校生になってからもピアノを続けると言ってくれています。高校生まで続けてくれるって、うれしいなー。去年、入会してくれた高校生2人を合わせると、今年は高校生が8人!なんか、高校生が8人もいると、なんか楽しい事できるんじゃないかと思っちゃうんだけど、でも、みんな忙しいからなぁ。。でも、何かやりたいなぁ。。。みんな、おめでとう!充実した高校生活を!あ、演奏会のお知らせ↓今週の日曜、猪苗代で、蕎麦会と一緒にやるミニコンサートに出演します。蕎麦を食べてから、演奏会を聴くんだって。しかも無料!クラリネットと一緒に演奏します。よかったらどうぞ♪「ミニコンサートと蕎麦の試食会」3月18日(日)11時~13時半 手打ちそばの試食会13時45分~ミニコンサート場所 Acoustic 「MIYU」 猪苗代町島田1615

      6
      テーマ:
  • 14Mar
    • 只今、4月からの時間調整中。

      只今、4月からのレッスン時間の調整を行っています。現在の生徒さんたちの希望時間を聞いて調整中です。新規の生徒さんは、金曜に1~2枠のみ募集となりそうです。詳しくは決まり次第お知らせします。 viaKEIKO音楽教室 Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 13Mar
    • 中3たちよ、卒業おめでとう!

      今日は、市内の中学校の卒業式があったみたいです。卒業したみなさん、おめでとう!そして、明日は県立高校入試の合格発表だね。どんな結果であれ、次のステージへ進むことには変わらりはない。これまでの生徒たちも、中学生から高校生になると、ぐっと大人に成長してきたのを見ているで、今日卒業した子たちもこれから楽しみです。おめでとうございます!!

      7
      テーマ:
  • 11Mar
    • 3.11と2台のピアノのコンサート

      昨日、メグレズホールで行われた、デュオールさんによる「2台のスタインウェイによるコンサート」へ行ってきました。メグレズホールにあった富岡町から借りていたスタインウェイと、新しく購入したスタインウェイの最初で最後の共演!新しいスタインウエイは、ホール所有の星病院と地域の人の寄付によって購入したものですが、先月、私の教室の生徒たちにも呼びかけたら、お陰様で、みんな想像以上の寄付をしてくださいました!(なんと!うちの教室からの寄付、総額56000円!!私もびっくり!)ありがとうございました!!昨日のコンサートは、病院からのお披露目、お礼のコンサートでした。教室からの生徒たちもたくさん聴きに来ていました。そして、ピアニストはデュオールさん!ずっと、生の演奏を聴きに行きたかったのです。やっと聴けました。いやー、素晴らしかった。あー、連弾って、こうやって弾くんだなーという感じです。高い技術はもちろんですし、呼吸も音色もぴったりで、二人の音が溶け合っていました。スタインウェイの音色もとてもよかったですねー。(私のやっている連弾が恥ずかしい…)本当に素晴らしい演奏でした。あ、そして、トークも面白くて、上手。なんでもできる人たちなんですねー。終わってから、CDにサインしていただきました。ブログでコメントしただけで、初めてお会いしたのに、こちらから名乗る前に「Keikoせんせーい!」と覚えていてくださって、なんといい方たちなのだろうと嬉しくなりました今日は3月11日で、そういう記事が多いですが、元々郡山住民の私は、今は何不自由なく、震災前と同じように生活しています。でも、同じ市内には浜から避難して移住して来た方がたくさんいます。県内でも、そうして移住を余儀なくされて、故郷を離れて住んでいる人と、もともとここにいる人の交流も少なく、そこにも温度差があるような気がします。昨日のコンサートは、年に何回か行われている富岡の方たちのための「こぐま座コンサート」の一つでした。コンサートのように、言葉は交わさずとも、一緒の空間で演奏を聴けることは一つの交流かなと思いました。今日は震災の日ですが・・・これから、器楽のソロコンの伴奏に行ってきます。特別なイベントに行くより、普通の仕事ができる幸せ。ありがとうございます。

      7
      テーマ:
  • 09Mar
    • 卒業、おめでとう!!

      今日は、専門学校の卒業式でした。卒業式より、黒板の絵に感動!学生たちの才能に、最後の日に気付くのでした。。みんな、おめでとう!がんばれーー!

      6
      テーマ:
  • 06Mar
    • 小さな行動が大きな変化を生む!

      日曜、無事、ソフィアさんとのチャリティーライブ、終わりました。ソフィアさんのご家族、お友達、私の友人や友人の紹介で、たくさん来てくださいました。福島からわざわざ来てくださった方もいました。ありがとうございました!!この日、東京は20度まで気温が上がり、お天気にも気温にも恵まれ、人にも恵まれ、最高の日でした。ソフィアさんが、昭和の歌謡曲を中心に、ソフィアさんが、これまでのことや、曲の歌詞と照らし合わせた今の思いをお話しして、一曲一曲ていねいに歌っていきました。私は、それぞれの曲の伴奏。そして、ソロで演奏する時間も頂いたので、3曲ほど、ピアノの曲も演奏してきました。場所は、上野。この私が、大都会の真ん中で(笑)、お客さん30人ほどもいる前で、演奏する機会が来るとは!少し前までは思っていもいなかったことです。なんでこんなことになったか⁈思い返せば、3年前、全く面識もない、私とは住む世界が違うと思っていた有名な方(土岐山さんですが)に、「この方にお会いしてみたい!」と思って、思い切ってメールを送ったのがきっかけでした。そんな方と、今ではお友達のように交流させていただき、ソフィアさんはその方の紹介でした。ソフィアさんと初めて会った時だって、まさかこんな風に一緒に何かをすることができるような方だと思っていなかった。世の中、何がきっかけで、何が起こるか分からないもんだと、なんだか昨日は感慨深いものがありました。初めてこんなに歌謡曲ばかりの伴奏をしました。クラシックばかりやっていると、ポップスのノリが合わないと言われるので、本当に私が演奏した方がいいのかどうかとも思いましたが、結果、とても喜んで頂きました。聴いてくださった方たちも、ちょっといつもと違う雰囲気の歌謡曲が新鮮だったようです(笑)そして、何よりうれしかったのは、私の演奏で泣きそうになったと言ってくれた方いたことです。(でも、実際に泣いてはいない…笑)ここ数年、音の響きや打鍵のタッチについていろいろ試行錯誤してきたので、その効果と私の思いが伝わったようでうれしくなりました。そして、そして、私も自分が演奏する曲について少し解説をしてから演奏したのですが、それが分かりやすくてよかったと、何人からも言われたことは、本当にうれしかったですね。(少し訛っていたとも言われたけど・・・、これはなかなか治せない・・・)とても緊張しましたが、本当に貴重な経験でした。ソフィアさんには、続けましょう!と言われたので、また次回があるのか!?場所を変えて、あるいは福島でもやるかもしれません!?お忙しい昼間に遠いところから足を運んで頂き、ありがとうございました!カラオケ館上野本店さんも、ピアノも音響もあるという、素敵な会場でした!終わった後、来てくださった仲間(というには恐れ多い方たちですが)と食べたカツサンドはおいしかった。上野にある「井泉(いせん)」というお店ですが、ここが芸者さん用に初めてカツサンドを出した、カツサンド発祥のお店だったそう。昨日のお昼に東京から戻り、午後はいつも通りレッスンしました。郡山から帰ってきたら、小雨が降っていて、東京では暑くて仕方がなかったコートの有難みのわかる寒さでした。※追伸!今回のコンサートは、ソフィアさんの意向で、売り上げの一部を「あしなが基金」に寄付されるそうです。

      11
      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。