February 22, 2011

Globish(グロービッシュ)

テーマ:グローバル人材
英語にはアメリカ英語(American English)、イギリス英語(British English/Queens English)、オーストラリア英語(Aussie English)、ニュージーランド英語(Kiwi English)など、国によって様々な「英語」があります。また、シンガポールで話されている英語はシングリッシュ、インドで話されている英語はインドリッシュなどと呼ばれています。

そして最近いろいろなところで耳にするのがグロービッシュという言葉にひひ

フランス人、ジャン・ポール・ネリエールが、ネイティブ英語圏でない国や地域でのコミュニケーション・ツールとして提唱した言葉で、よく使われる英単語1500語を使い、簡単な文法でビジネスや旅行のほとんどは対応できるそうです。

一般財団法人グローバル人材開発 は、グロービッシュに関して下記のように書いていました。

グロービッシュは、美しく格調高い表現を目指すものではありません。洒落た言い回しや、皮肉めいた謎かけのような表現は苦手です。そのような言語と しての美点は“英語”に譲ります。グロービッシュは単なる「道具」でよいのです。


ビジネスの場面でも丁寧な手書きで書状を書くことは、パソコンが導入されるまではとても重要でした。現代のビジネス社会において、ワープロでの文書 やメールでの通信文が飛び交うことを否定することはできません。だからといって、手書きの美しい字で書かれた文字や書状が否定されることはなく、趣味とし て、芸術として、あるいはビジネスの場面でももちろん評価されています。比較するものではないのです。


「グロービッシュ」と「従来の英語」もビジネスの場面において比較する必要もなく、共存してゆくものです。英語もネイティブ並みに使いこなせたら、 それは素晴らしいこと。でも今、英語を最高レベルに習得するのが、今の優先事項でないとしたら… まずは、グロービッシュを使いこなすのはいかがでしょう。


日本の忙しい社会人にとって、英語の勉強にどれだけ時間を使えるでしょう。特に仕事の責任が重く、ますます忙しい立場になるとともに、英語が必要な 場面が増えてくる。完璧な英語を目指していたら、グローバル化のスピードについていけません。コミュニケーションは、グロービッシュで十分です。


グロービッシュの1500 基本単語とその派生形だけで十分です。難しい単語を使う必要はなく、肝心なのは仕事の中身。相手がネ イティブであっても、英語力に引け目を感じることなく、本来のビジネスの目的を達成することです。グロービッシュなら、短期間に習得できます。


とはいえ、グロービッシュは、ブロークン・イングリッシュ、未熟な英語ではありません。「Globishで話す」と決めれば、英語のネイティブも TOEIC満点の人も、皆同じルールを使うのです。サッカーでGK以外は、ハンドは使えません。何故? それがサッカーのルールだから。グロービッシュで 1500の単語しか使えないのは、何故?
それがグロービッシュだから。



言わんとしていることは非常によく分かるような気がしつつ、1500語でどこまで話せるのかなぁというところで純粋に聞いてみたいというか、使ってみたい というか、、、すごく興味ありますビックリマーク
(とは言え、自分自身が何語くらいの語彙があるのかもよく分かってませんがあせる

いずれにしても、今後、新たな市場を求めて海外に打って出ていかなければならない日本企業が多い中で、最大の課題は英語という道具を使って、海外の人たちとコミュ ニケーションを取りながら仕事をしなければいけないことだというのは疑いのない事実です。そして、英語をうまく使えない日本人が多いというのも事実。

だから、グロービッシュでその障壁が取り払われるとしたら、それは多いに活用すべきではないですかね~ニコニコ

豊田圭一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。