February 03, 2011

グローバル人材になりたくない30代社員 「約6割」 ?

テーマ:グローバル人材
アルー株式会社が発表した「グローバル化に対する中堅社員の危機感」という調査を読みましたビックリマーク

「グローバル化に対する中堅社員の危機感」30-39歳中堅社員意識調査発表


概要は下記の通りですが、グローバル人材になりたくない30代社員 「約6割」 というのはまずいですね~あせる
どう思おうと個人の自由とは言え、日本の企業が規模の大小に関わらず、今後マーケットを求めて海外に打って出なければいけないのは厳然たる事実であり、そのためにはそこを担える人材が必要なことは間違いありません。
なぜ、なりたくないと言っているのか、その理由は分かりませんが、早いうちに海外に触れていれば、別に海外だって大したことないぜ!と思うような気がするのですが、海外に慣れてないと不安や恐怖が先立ってしまう可能性もあります。
アジアカップで優勝したチームジャパンのメンバーの多くが普段アウェイの地で戦っている海外組ということから分かるように、タフな環境でもまれた人材が強いのはサッカー選手もビジネスパーソンも変わりません。


【調査の概要】

今回の調査の結果、グローバル化に対する現場社員の課題意識の現状および今後の方向性が明らかとなりまし た。

まず、「職場でグローバル化が進んでいる実感があるか」について質問しました。その結果、約6割が「実感 している」と回答しました。また、実際に職場で起きている事例については、「海外拠点・取引先の増加」、「外国人採用」、「語学力強化・海外研修実施」な どでした。続いて、「外国人と仕事をすることへの不安」に関する質問では、約7割が「不安を感じる」と回答しており、その理由については、「語学力」、 「意思疎通」、「文化・価値観の違い」に不安という声が多数あがりました。また、中堅社員が感じる「外国人が仕事上で『強み』として持っていると思うスキ ルやスタンス」については、1位「語学力」、2位「積極性」という結果となりました。

次に、「日本人の若者がグローバル人材として育つと思うか」については、「とてもそう思う」、「ややそう 思う」との回答が、約3割でした。続いて、中堅社員自身が「グローバル人材として活躍したいか」の質問では、「なりたい」との回答が、約4割となりまし た。さらに、「仕事で海外へ行くとしたらどのような機会で行きたいか」については、1位「海外出張」、2位「行きたくない」でした。 最後に、「職場からの要請でアジア新興国で仕事をするなら、どの国で最も働きたいか」を質問しました。その結果、1位「シンガポール」、2位「タイ」、3 位「中国」となりました。

急激に加速するグローバル競争を勝ち抜いていくために、今後組織のグローバル化も進んでいきます。そのよ うな状況において、日本人が活躍していくためには、一貫した育成体系によって、早い段階からグローバル化に対応できる人材としての階段を登らせることが重 要となります。また、若手のうちに海外派遣研修など、ビジネスを通して異文化経験を積ませることで、語学の習得だけでは得られない、本当の意味での多様性 の理解と対応力が培われます。このような環境をつくることで、あらゆる状況においても対応できるグローバル人材へと成長させることができるのではないので しょうか。



【調査結果抜粋】

■あなたは、「新興国市場で活躍するグローバル人材」になりたいと思いますか。

  ・はい  42.3%
  ・いいえ 57.7%

■あなたが、もし、仕事で海外へ行く機会があるとしたら、どのような機会で行きたいと思いますか。

  1位「海外出張」(28.3%)
  2位「行きたくない」(24.0%)

■あなたは、もし、職場からの要請でアジア新興国で仕事をすることになったとしたら、最も働きたいアジアの新興国はどの国ですか。

  1位「シンガポール」
  2位「タイ」
  3位「中国」

豊田圭一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。