2010-08-17

Al Fresco Object: E.R.Butlerの建築資材

テーマ:Al Fresco Object

こんにちは、平野佳です!


Alfresco、またはAl Frescoという言葉をお聞きになったことがありますか? 

Al fresco: 新鮮な空気の中で  アウトドアで

Alfrescoな場所、もの、心のAlfrescoを求めて旅をします.



小さな楽しみ



アクセサリーはお好きですか?といってもネックレスやイヤリングの話ではありません。家の中のアクセサリー、例えばドアノブや引き出しの取手。アメリカでは優れたものを扱う店が結構あります。人気のセレクトショップのチェーンAnthropologieでは、引き出しの取手は人気商品の一つです。

日本では賃貸マンションを改造することは難しいですが、アメリカでは賃貸であっても、壁を塗ったり、可能な限り住居を好みのインテリアに変えて住まうということはごく普通です。家具も古い家具を塗り替えたり、取手を変えたりして楽しんでいます。



さて、骨董街として有名なボストンの通り、チャールズストリートに、E.R.Butler & Co. という建築用ハードウェアのショールーム兼ショップがあります。彼らは、ドアノブ、ヒンジ、取手などを製造販売しており、19世紀から歴史的建築物に対しても建築用ハードウェアを供給してきた他老舗2社が合併吸収し、現在に至っているとのこと。



Al Fresco by Kei Hirano

    クラシックなエントランス

Al Fresco by Kei Hirano

     アート作品のようなディスプレイです



Al Fresco by Kei Hirano



どうです?きれいでしょう。ちょっとそそられるものがありませんか。私が取手フェチなのでしょうか・・・・・




ただ美しいという理由


このショップの面白いところは、ハードウェアだけではなく、陶器、ガラスそしてジュエリーを一緒に販売しているところです。まるでギャラリーのような趣。まさにただ「美しい」というだけでそこにある、という感じなのです。オーナーの美的センスが感じられます。




Al Fresco by Kei Hirano





建築資材がメインの店に見えないですね。そこで見つけたドイツのガラス器があまりに美しいので、写真に挑戦してみました。どうでしょう?





Al Fresco by Kei Hirano




極薄の入れ子のガラスカップです。薄氷のような感触でしたが、ハードな金属資材と一緒に飾られていて、その意外な組み合わせが素晴らしい。




身につける時計やジュエリーは、服そのものよりストレートに、持ち主の個性や生き方を反映している場合があります。トレンドではなく、その人の経験、人生観、美意識などが映し出されるのですね。同様に、家具や建築のパーツも、小さいながら家のオーナーの意識を主張をするものです。細部まで気が配られているのは、とても素敵なことだと思っています。


Kei Hirano

写真撮影Kei Hirano
























コメント

[コメントをする]

コメント投稿