幸せな人生の『しくみ』を『デザイン』する方法

好きなことを仕事にしてお金を稼ぎたい。 自由な時間が欲しい。 わくわく楽しく仕事をしたい。
幸せにに生きるためにはどうしたらいいの? というあなたへ。その方法、考え方のヒントをお伝えしていきます。


テーマ:

すっかり秋らしくなってきましたね。
ご無沙汰しています、佐野圭吾です。  

さて、今日は

リクルートホールディングス(以下、リクルートHD)が上場承認。
上場日は10月16日。  


というニュースを受け、
元リクルートの自分が過去を回想しながら
リクルートの強さに迫ってみようと思います。  


リクルートは人材輩出企業と言われ、
各業界で活躍するOB,OGが がたくさんいます。


なぜそんな人材を多く輩出することができるのか?

そこにはこれから起業、独立を考えていらっしゃる方には
多くのヒントが隠されていると思いますので
そういう視点で読んでみてください。

 まずリクルートの現状ですが

リクルートHDの今期業績予想は
売上高1兆2,900億円、
経常利益1,260億円、
当期純利益は651億円。  

かなり大きな企業ですし、
利益率は人材派遣企業などの買収により
過去と比べれば下がっているものの
売上高経常利益率は 約15%前後をキープしており
こちらもかなり高い水準にあります。

実際広告事業の営業利益率は3割を超えています。  


ここまで高い利益率を出せるのは、
強い自社メディア、自社媒体があるからです。


ここはポイントですね。

『自社メディア、自社媒体、自社商品を持つ』

ことは非常に有利です。  



そして現在のリクルートのキーワードは
分社化、株式公開、グローバル化の3点で、
過去からの脱却、新しい収益の柱を確保するべく
動き出した感が強いです。



  さて、現在の状況説明はこれくらいにして
実際にどうして優秀な人材を輩出できているのか?

について、僕の持論を展開していきます。  

まず大きな枠でリクルートのユニークなポイント
下記の5つのポイントがあると思います。


--------------------------------------------------------------------------
1起業家精神を持った人材の採用
2採用に心底力を入れている
3起業家を輩出する組織風土
4豊富な社内制度
5ベンチャー精神、社内新陳代謝
--------------------------------------------------------------------------


順番に説明していきます。
ここから自分の事業、経営に取り入れらる要素を
抜き出して 活用してくださいね。

それではいきます。  



1起業家精神を持った人材の採用

もともとそういう人材、
独立前提で入社する人も多いです。

なので退職する人も他の企業に比べると多いと思います。
やりたいことがある人はその前に修業をするために
リクルートを選んだりする人も多いです。


僕のまわりにいるリクルートOBOGも、そんな人が多いです。

今はわかりませんが、
僕がリクルートにいる時の 典型的な
リクルート人材のタイプは  

・ポジティブ
・論理だけではないが本質は外さない
・地頭がいいタイプ
・学級委員タイプ
・人気者タイプ
・お祭り好き
・飲み好き
・ワーカーホリック

のようなイメージでした。


今はダイバーシティなどをすすめていると思いますし、
プロパー以外の外部からの人材の登用もあると 思いますので、
多様な人がいると思います。

ですが、総じて言えるのは

『思考と行動のバランスいい人材』

が多かったです。  


これはシンプルですが、かなり大事なポイントです。
思考に偏りすぎて、行動出来ない人はかなり多いです。

考えすぎて頭でっかちになって、
使えない新人さんは 困りますよね。

逆に脳みそまで筋肉みたいな、
猛烈体育会系も 量をこなしてくれるのは
いいのですが進化が遅い特徴があります。


やはり

『考えながら走ることができる』

というバランスのいい人材は重宝されます。
そして人間力の高い人達がたくさんいたのも印象的でした。



他にも印象的だったものを取り上げると  




・目標が高い、志が高い

これは 『やりきる力』 が強い人も多かったということです。
これは単に目標を達成するという点ばかりでなく、
深く思考する、最後の追い込みで諦めない、
もうひと踏ん張りができる

ようは

『100点でなく120点を返す』

という意識をもっている仕事人が多かったということです。  





・自主的な活動のできる、セルフスターターである

これは昔の社訓でもある

『自ら機会を作り、機会によって自らを変えよ』

からもわかるとおり、
起業家精神の最たるものかもしれません。

言われなくても自分で考え、
必要な仕事をつくりだせる人材だと いうことですね。  





  ・勉強、学習の習慣を日常的にもっている人が多い

これも言わずもがなですが、そういう人が多かったです。    





・基本働くのが好き、遊びも好き。

これは、『本気度が高い』といえるかもしれません。

仕事も、遊びも、本気。 言い方を変えれば暑苦しい人が
多いってことかもしれませんねw

ただ、同時に『楽しみ度も高い』というところが
リクルートらしさだったかもしれません。    





・新しいことに挑戦することが好き、新しい創造が好き

これは、新規事業などを考える際の、
要件にもなっていましたが

『新しい価値を創造する』

ということに大きな評価をおいている組織でした。

この点に関してはあれだけの大きな会社でありながら、
既存のオペレーションに満足することなく、
日々イノベーションを起こすことを心がけている。

そしてイノベーションを表彰する社内の
文化 が醸成されていたことも大きいです。


余談ですが、



『なぜオレたちがやるのか?』
『オレたちがやる価値があるのか?』
『そこにリクルートらしさがあるか?』


をかなり大事にしていたのも特徴的ですね。


そこまで深く自分たちの意義を考えているからこそ
事業のブラッシュアップも価値も
深く あぶり出されるのかもしれません。


リクルートのサービスのヒット率が高いのは
そんな こだわりの積み重ねの結果なのかもしれませんね。  





・自分の成長をモチベーションに感じている人材が多い

自分自信の成長がモチベーションなので、
成長できる環境さえ用意できれば どんどん働いてくれますw

その分成長できる環境をどんどん提示していけないと
早期に卒業するというはめになってしまいますが。


リクルートは社内転職制度ともいえる、
人事異動の制度があったので
それも功を奏していたと思います。

『成功とは、目標に向かっているプロセス』

僕は幸せな成功とは、実は達成した瞬間にあるのでなく
成功、目標にむかって邁進しいている
プロセスそのものだと思っています。    




さて、ここまで書いていてだいぶ
長くなってきてしまったので
このシリーズは次回に持越しにします。



次回は本日の続きで

『2採用に心底力を入れている』
 

というところから話していきたいと思います。  

それでは、また!    





追伸

しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。


佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、佐野圭吾です。

 

今日は前回に引き続き、質問を頂いた中で
内容として多かったものをお話していこうと思います。

 

今日の質問は下記です。

『佐野さん

こんにちは、○○大学3年生の○○です。
ブログ見させて頂き質問させていただきます。

僕はネットはほとんどスマホを使ってばかりで、パソコンを
使う習慣がありません。周りではパソコンを使って起業をしたり

お小遣い稼ぎをしている知人がいるようですが、いまいちパソコンを
使うことにピンときていません。僕も将来は自分で何か仕事をしたいと思っていますが
ネットで起業ができるのかについて教えてください。

よろしくお願いします。』

 

 

質問、ありがとうございました。

今日の質問は
『インターネットでの起業、ビジネスの可能性について』

ですね。

 

それでは、回答していきます。

 

この質問も的確に答えるとなるとかなり長くなりそうなので
今日は、インターネットで何ができるのか?
その可能性の部分について書いていきます。

 

まず、インターネットで何ができるのか?について
最近では結構なんでもできるようになってきていますが

例えば

1.サービスをつくることができる

2.物、サービスを販売することができる

3.情報発信をすることができる

4.コミュニケーションをとることができる

5.ビジネス、生活をサポートするサービスを利用することができる

6.情報収集をすることができる

 

他にもありそうですが、代表的なものだとこんな感じです。

 

 

1.サービスをつくることができる

最近の代表的なサービスでいえば、Facebook。
マーク・ザッカーバーグが作ったサービスですよね。

つい最近だったと思いますが
『Facebook、時価総額1900億ドルでAmazonを上回る』
って記事になってましたね。

1ドルざっくり100円として、19兆ぐらいってことですかねw
なんか想像もつかないことになってますが、世界的なサービスに
なれば、そんな世界もあるってお話です。

可能性を感じてくださいね!

 

 

2.物、サービスを販売することができる

今で言うと、ネットでの販売は代表的なところでは
Amazon、ebay、日本だと楽天、ヤフオクが有名ですね。

個人でも今は上記のサービスを利用して、商品を販売して
お小遣いを稼いだり、中には事業として取り組む方もいますね。

 

 

3.情報発信をすることができる

これは、個人でブログ、Facebook、Twitterなどを
はじめたり、本格的にビジネスで利用している人は
Youtubeや、メルマガなどを利用したりしていますね。

自分の考えを自由に発信できる世の中になって
きていますね。いいことだと思います。

 

 

4.コミュニケーションをとることができる

これは、代表的なものはSNSサービスですね。

Facebook、LINE、Twitter、Youtubeなど
一昔まえだと、mixiとかGREEとかも賑わってましたね。
あなたも何かしら使ったことがありますよね。

上記サービスを利用することで、パソコンの前にいるほうが
リアルで出会う人の数よりも多くの人と間接的に接すること
ができるようになり、コミュニケーションの量が飛躍的に
増えましたね。

 

 

5.ビジネス、生活をサポートするサービスを利用することができる

代表的なのは、Google、DropboxやEvernoteなどのクラウド系サービス
などでしょうか?今はどのサービスもスマホのアプリなどでも利用可能なので
パソコン限定ではありませんが。

私もGoogle カレンダーや、Gmailなど利用していますし、他にも
タスク管理サービスや、家計簿サービス、各種予約などもできてしまいます。

こういったサービスを利用することで、ビジネスの効率が良くなったこと
は間違いないです。一昔の何倍かの量をこなすようになっていますよね。
使いこなせせれば非常に便利なツールです。

 

 

6.情報収集をすることができる

代表的には、Google検索、Wikipediaなどがあります。
一昔まえまでは、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌
などが絶対的なメディアでした。

一方通行の情報でしたから、
真偽を確かめる手段もなくメディア=絶対に正しい
という図式ができあがってました。

しかしインターネットがあることで、
色々な情報に触れることができるようになり
メディア=絶対に正しいという認識が、
3.11以降の日本では顕著に崩れ始めています。

正しい情報を自分で確かめることができるようになった。
真偽、質はともかくとして、たくさんの情報源(ソース)を
調べることができる環境になったことは公平性という意味でも
良いことだと感じています。

 

 

さて、質問の『ビジネス、起業の可能性について』ですが、

前述の1-3

 

1.サービスをつくることができる

2.物、サービスを販売することができる

3.情報発信をすることができる

 

については、スタートアップでも取り組んでいる人がたくさんいます。

 

1.サービスをつくることができる

ここは少しハードルが高いけれど、プログラミングなどを覚えたりすれば
未来のマーク・ザッカーバーグになれる可能性もある。

もしくは、スティーブ・ジョブズのように、優秀なエンジニアを集めて
チームで商品やサービスをつくることもできるかもしれない。

ただそのためには、センスと市場のニーズ・ウォンツの理解=市場調査
が必要です。

ここについての詳細はまた別の機会に。

 

 

2.物、サービスを販売することができる

オススメはここ。

インターネットでの可能性を知るにはここが最もリスクが少なく手っ取り早い。
具体的には、ヤフオクやモバオクなどで自分の家にある不要品だと思うものを
出品してみるといい。自分では価値がないと思う物でも、他の人には価値がある
ものがたくさんある。

すぐに売れていくのを見て、インターネットの威力と可能性を感じてみるのがいいと思う。
リスクはなく、結果がすぐ出るのがメリットです。

私も大学生の時に、家の不要品を売って、100万円ほどのお小遣いというには大きい金額を
稼ぐことができ、可能性を感じた1人です。

 

 

3.情報発信をすることができる

これは自分でやりたいことが決まっていたり、発信したい内容がある人にはオススメ。

具体的には、自分のメディア(ブログ、Facebook、メルマガ、Youtube)など
をつくり自分が発信したい内容を発信していくことです。

収益は、広告モデル(アドセンス、アフィリエイトなど)でもいいし、
自分の商品、サービスを販売してもいい。
今では決済もインターネット上で完結できます。

ポイントは、自分の持っている情報を惜しみなく出すことです。
自分の顧客や、訪問者にとって価値があると思うことを惜しみなく提供すること。

あとは全体のしくみが出来上がってくれば、収益は安定してきます。

 

ここの具体的なしくみ、ノウハウに関しては、いずれスタートする予定の

しくみデザイナー養成講座(SDTC)にて詳細に解説しようと思っています。

 

以上です。

インターネットを極めていって、しくみを構築していけば
現代の不労所得のような状態を作ることもできます。
イメージは自動販売機です。

 

しかし前提にあるのは、価値を提供することであり、
社会に、顧客に貢献していることです。
それがないビジネスに永続性はありません。

一度期待を裏切られた、詐欺のような商品サービスを
また買いたいとは思いませんよね^_^

 

『健全に価値を提供し、社会に貢献すること。』

 

インターネットは便利な道具ですが、上記の視点は
いつでも忘れないようにしたいですね。
僕はそんな人と一緒にビジネスを作っていきたいと思います。

 

それでは起業できるように頑張ってください。
応援しています!

 

またどしどし質問おまちしています。

ksano@shi-ku-mi.com

 

それでは、また!

 

 

追伸
もっと深くしくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 


この記事の続きはこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、佐野圭吾です。

 

前回、現在しくみデザインをしている業界

『農林水産業』

について書くと話しをしていたのですが、
読者の方から質問を頂きましたので、趣向を変えて
質問に答えてみようと思います。
質問初めてもらったので、嬉しかったです^_^

面白ければまた質問回答させて頂きますので
また感想を送って下さい。

ksano@shi-ku-mi.com

 

さて、今回頂いた質問ですが下記です。

『はじめまして、ブログ拝見させて頂きご連絡させて頂きました。
私は大分県で小売店舗を営んでおります。

昨今インターネットを活用してビジネスを盛り上げようと、
商工会などでもさかんにセミナーのようなものを行い、参加もしています。

しかし正直ホームページの作り方などのセミナーを受けても、
ビジネス全体がつながっていないように感じています。

ビジネスがどうやってつくりあがっているかわからん?という感じです。
もし出来ましたら教えて頂けると幸いです。よろしくお願い致します。』

 

質問、ありがとうございます。
今回は許可をとっておりませんので、
お名前詳細は伏せさせていただきますが

内容としては、

『ビジネスの作り方がわからん!』

ということですよね。

かなりざっくりとした質問なので、この質問に答えようとすると
丸1日かけても説明しきれない可能性がありますから、
ビジネスを構築する際の、思考のプロセスに限って
お話してみようと思います!

 

まずビジネスを作る際に大事なことはなんでしょうか?

収益性?
永続性?
理念?
システム?

色々あると思いますが、私が最初に大事にしていることは
下記の5つです。

 

1.そのビジネスで作りたい世界はどんな世界か?(理想の未来)

2.そのビジネスは何か新しい価値を生み出すものか?(イノベーション)

3.そのビジネスは誰かの役に立つものか?(社会的視点)

4.そのビジネスを本当にやりたいことか?(内的動機付け)

5.そのビジネスは自分がやる資格、意味があるか?(ライセンス)

 

それぞれについてもう少し詳しく解説します。

是非ご自分のビジネスに当てはめて考えてみてくださいね。

 

 

1.そのビジネスで作りたい世界はどんな世界か?(理想の未来)

ビジネスを作るには、ビジョナリーリーダーでなくてはいけません。
あなたは船長です。

船長が行き先をしらない船に誰が乗りたいでしょうか?
素晴らしい目的、目的地があって、それに賛同するから
乗組員(仲間)は一緒の船(ビジネス)に乗ってくれるのです。

さてあなたの目指すべき、世界はどんな世界でしょうか?
それは他の人達がワクワクして、共感するような世界でしょうか?

現実の世界から、そのワクワクの素晴らしい世界への
橋渡し役、先導役があなたです。

そんな素晴らしいワクワクの世界をまずはあなたがイメージしてください。
そこが全ての出発点です。

 

 

2.そのビジネスは何か新しい価値を生み出すものか?(イノベーション)
ここはビジネスの具体的な出発点、イノベーション。

今までの既存商品、サービスにはなかった
価値を生み出すものであるかどうか?

最初の設計でそもそもイノベーションではない、
二番煎じの商品サービスをデザインして、失敗したり
苦労したりしている会社の多いことから
みなさんここのプロセスが抜けていることが多いです。
ここの詳細はまた別の機会に。
3.そのビジネスは誰かの役に立つものか?(社会的視点)

ニーズとウォンツともいいますが。
神田昌典先生の、ニーズとウォンツのマトリックスが
懐かしいですね。非常に重要な指標で、
欲しがる人、必要とされていない商品サービスは
失敗する可能性が非常に高いです。

もちろんただニーズ・ウォンツがあるだけでなく、
誰が欲しいと言っているか?
その人の痛みはどれくらいのものか?
その人と同じ欲求を持っている人がどれくらいいるか?
その人達を簡単に見つけることができるか?

などなど

ここも話せば長くなりますから、また別の機会に。
4.そのビジネスを本当にやりたいことか?(内的動機付け)
儲かりそうだからという理由でビジネスをスタートして
失敗する人をたくさん見てみました。

事業経営の経験があったり、最初のデザインがうまくいけば
最初はうまくいくかもしれません。しかしやっぱりうまくいきません。
ビジネスは一度作って終わりというものではなく、たえず改善、修正が
必要だからです。

そのためには、

この事業をやりたい!
この事業をやっていて楽しい!天職だ!

と思えないと、その改善修正に情熱が湧かなくなります。
今後の自分の人生をかけて登りたい山=ビジネスなのかを
もう一度考えてみてください。
5.そのビジネスは自分がやる資格、意味があるか?(ライセンス)
ここは簡単ではありませんが、事業のデザインを固めていくうちに
このライセンスを取得できるところまで行くことが出来ます。

ライセンスをとるためには、努力が必要ですが
努力をするためには、情熱というガソリンが欠かせません。

ガソリンを補給しつつ、素晴らしいビジネスにするための
デザインを固めていく。

それは当初思っていた設計とは違うかもしれません。
顧客のところにおもむきヒアリングをしなければなりません。
膨大な時間をかけて、イノベーションを起こす商品サービスを
考えなくてはなりません。それは大変な作業です。

そのためにはやはり情熱というガソリンが必要です。

そしてそんな努力を積み重ねた人が
ライセンスを手に入れることができます。

あなたはその努力ができますか?

その情熱がありますか?

 

簡単に解説をしましたが、
私はそんなことをまず最初に考え事業設計に入っています。
クライアントに対する際も同様にここを確認します。

『ビジネスの作り方がわからん!』

参考になれば幸いです。

 

また質問をお待ちしています。
ビジネスに関することでもいいですし、
何か別のことでも構わないです。

ksano@shi-ku-mi.com

 

それではまた!

 

 

追伸
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 

 


この記事の続きはこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、佐野圭吾です。

 

さて、今日は本質的な質問第4弾ですね。

ちょっと長くなってきたので、今日でまとめて終わるつもりです。

なるべく簡単にお伝えしようと思いますが

もしかすると少し難しく感じる方もいるかもしれませんが

頑張りましょう~!

 

『誰に価値を提供するのか? 』

『どんな価値を提供するのか? 』

 

 

さて、まずは質問です。

今日も普段使っていない脳を動かすつもりで

思考のストレッチをしてくださいね。

あなたの扱っている商品、サービスは

『誰に価値を提供するのか? 』

『どんな価値を提供するのか? 』

 

質問の答えを考えたら、続きをどうぞ~w

 

 

それでは、まずは

『誰に価値を提供するのか? 』

ですが、

 

しくみデザインでは、下記のように設定しています。

1.イノベーションを起こす商品、サービスの種を持っている企業

2.比較優位性のある商品サービスをすでに持つが、活かしきれていない企業

3.比較優位性のある商品を持ち、広める手段もあるが、継続するしくみがない企業

 

1番目に関しては、磨けば光る原石を持っているイメージ。

2番目に関しては、マーケティングとしくみ構築のイメージ。

3番目に関しては、まさにしくみデザイン、構築のイメージ。

 

やはり価値のあるものは、光を当てて多くの人達に使ってもらうことが大事です。

そんな広める価値のある商品、サービスを持っている

企業、個人をまずは応援していきます。

 

そもそもイノベーションを起こす商品、
サービスの種を持っていない
企業、個人の方には、商品開発、
商品設計からサポートすることになります。

 

 

次に

『どんな価値を提供するのか? 』

しくみデザインでは、
下記のように定義しています。

 

1比較優位性のある商品サービスをつくるための
イノベーションコンサルティングの提供

2基準を満たした商品サービスを世の中に
認知させるマーケティング施策の提供

3継続的に売上をあげるためのしくみ構築
コンサルティングの提供

 

そして、
上記をサポートするための
優秀なしくみザイナーの育成と配置

 

も価値の1つになります。

 

簡単にいうと

1価値のある商品をつくり(イノベーション)

2それを世の中に広め(マーケティング)

3継続的に売上をあげるためのしくみを構築する(しくみデザイン)

 

という感じです。

 

しくみデザインの部分は、

イノベーションの部分もマーケティング部分も

包括しているイメージですね。

 

イノベーション × しくみデザイン × マーケティング

 

これを極めていけば大抵の企業、個人の役に立つことが
できるだけでなく、ダントツの成果をお返しする
フレームワークを手に入れることができます。

 

そんな力を持ったしくみデザイナーを100人輩出したい。
そのために、100名にしっかりと関わって僕が持っているもの
を全て継承できるように、また同時に一緒に成長していける
仲間として、これからの人生を一緒に作っていきたいと考えています。

 

 

長くなってしまいましたが参考にしてくださいね。

さて、あなたはどうでしたでしょうか?
単純な質問ですが、本質的なコアをつく質問でもあります。
是非、ご自分の事業、商品、サービス
でも考えてみてくださいね。

 

 

次回は、まだ何も考えていませんがw

現在実際に、しくみデザインをしている実例として

『農業』

に関しての情報を書いていこうと思います。

 

 

それではまた。

ありがとうございました。

 

 

 

追伸
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 

優先して特別な案内を出させていただきます。
最初は少人数でしっかりと関わって、スキルを学んで頂き
成長し、成果の残せる仲間になってもらいたいと思います。

結果的に、あなたの得意な分野や、興味のある業界を変えていく
ことができる=自分の人生を自分で変えていける力を持った人
をつくることにつながると信じています。

 

質問も相談も感想も気軽に送ってくださいね~

 


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、佐野圭吾です。

 

 

さて本日は、前々回、前回に引き続き本質的な質問第3弾。

 

『どんな人が世の中に増えたら楽しいですか?』

 

について書いていこうと思います。

 

 

まずは質問です。

 

『あなたは、どんな人が世の中に増えたら楽しいですか?』

 

今日も続きを読む前に、まず自分の中で考えて答えを出してから

読んでくださいね。自分で考えてから読むのとそうでないのとでは

知識の定着率も、学びの質も全く違う結果を生み出します。

騙されたと思って、実践してみてくださいね。

 

 

さてさて、僕自身の上記の質問の答えは

前回もちょっと書いていたんですが

 

『自分の人生を自分で選択して生きている人が増えたら楽しい』

もっと深堀りしたら

『自分の人生を自分の好きなことをして、生きている人が増えたら楽しい』

 

という感じになりました。

皆さんはどうでしたか?

 

このブログをどんな方が読んでくださっているかわかりませんが

『自分で自分の人生を選択して生きる』

ってことを大事に考えています。

 

最近特に、

『自分の好きなこと、得意なことを仕事にする』

ってことが、身近になってきました。

実践している人も10年前に比べてだいぶ多くなって来ましたよね。

 

でも、まだまだそういう人が増えて良いと思っています。

そして、『自分の好きなこと、得意なことを仕事にする』って

いうのは、どんどん簡単になっています。

 

そういう個人を応援するお手伝いも

しくみ構築=しくみデザイナーの仕事

と言えるかもしれません。

 

 

ここであなたの思考の参考までに、

僕が仕事にしている

『しくみデザイン』

の現時点の世界観や目標なんかをシェアしてみます。

 

 

まず、目指しているもの、世界観は

『あらゆる産業の問題を解決する『しくみ』の構築と提供』

比較優位性のある独自のしくみを構築し、業界No1を目指す。
寝ぼけた業界を一新する、構造改革、新たな価値を創造する。

 

です。

 

どういうことかというと

例えば

今まで法人コンサルをしていて感じることは、

『商品設計からそもそも修正する必要がある』

場合が多かったということです。

 

でもこれはなかなか難しい問題でもあります。

『長年販売してきた愛着のある商品をやめる』

というのは、

企業などの内側にいると今までの主力商品をやめる、

改革のハードルもなかなか高いですよね。

実際、全く売れていないわけではないので。

 

ただ経営者の方々がどんな成果を欲しているかによって
全く結果は異なります。

 

業界地図を塗り替えるような結果=イノベーション

を望むのであれば、やはり商品、サービス設計から

見直しをはかることは必須になります。

 

つまり多くの商品サービスは、比較優位性などのない商品を

営業やマーケティングの努力によって販売しようと努力しています。

 

 

でも時代は変わり、環境も変わり、そこに順応、適応していかなければ

価値を提供できなくなっているものがたくさんあります。

 

逆に言えばチャンスです。

世の中に広める価値のある素晴らしい商品サービスをつくる

ための要件、基準を満たせばいいだけですから。

それをデザインしていけばいい。

 

 

もう一度整理すると

 

『寝ぼけた業界を一新する』にはイノベーションを起こさないといけません。

だから、最初にしくみデザインを考える時、商品、サービスの設計は外せません。

そこでイノベーションを起こせる商品、サービスになるようにするために

適切な要件と基準を用意して、それを満たす商品、サービスを考えていきます。

 

そして、現在あるエクセレント・カンパニーはそういった要件、基準を持っています。

皆さんもそういった基準で商品、サービスを考えてみると面白いことが

わかるかもしれません。やっぱりなんでも理由はあるんですよねw

 

 

そして、僕が現時点で目標としているのは

『業界地図を塗り替える、業界No1の商品サービスづくり。』

『日本発の世界に発信していける価値のある、商品サービスづくり。』

『全国100名のしくみデザイナーの輩出。』

です。

 

上記が達成されたら、きっともっとワクワクした世の中に

なると思っています。どの製品もサービスも他とは違うダントツの

価値を提供している個性的なものだと、楽しいと思いませんか?

 

そしてそんな商品、サービスを生み出すお手伝いができる力を持った

しくみデザイナーが全国にいれば、もっともっと日本から、

世界に発信していけるようなものがたくさんできると思っています。

そんな日本になったら、素敵だなーって個人的には考えています。

 

どうでしょうか?

参考になれば幸いです。

 

 

さて、長くなってきたので、今日はこの辺で。

次回は、本質的な質問シリーズのまとめとして、

 

最後に

『誰に価値を提供したいのか?』

『どんな価値を提供するのか? 』

 

について書いてみようと思います。

 

 

それでは、また!

ありがとうございました。

 

 

 

追伸
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 

 

 


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、佐野です。

 

さて今日は、前回に引き続き、本質的な質問の第2弾。

『どんな世の中を目指して仕事をしていますか?』

について、書いていこうと思います。

 

 

まずは質問です。

 

『あなたは、どんな世の中を目指して仕事をしていますか?』

『あなたは、どんな世の中になると幸せですか?』

『あなたが理想とする世界はどんな世界でしょうか?』

 

普段は考えたことのない質問ですぐに答えはでないかもしれません。

ですが考えるということが非常に重要です。

今日も質問にまず自分なりの答えを出してから、

続きを読んでみてくださいね。

 

 

さて、僕の答えですが、

しくみデザインの仕事をしている理由、目指すべきものは

『あらゆる産業の問題を解決する『しくみ』の構築と提供』

です。

 

そして、上記を実現するためのしくみデザイナーを

様々な業界で100名輩出することを目標にしています。

これは前回書きましたよね。

 

ここでさらに、深堀してもっと抽象度を高くしていくと

『全ての業界で不正や、不平等がなくなる世界』

『自分の力で、自分の好きな人生を実現できる世界』

『世界が平和で、争いが無くなった世界』

 

を理想としていることがわかりました。

あなたの答えはどうでしたか?

 

ここで、理想の世界を考えるときのヒントを1つ。

『その理想の世界を人に話した時に、多くの人が共感し応援してくれるか?』

 

どうでしょうか?

あなたの答えは、共感し応援してもらえる内容でしたか?

それともあなたのエゴだけのものだったでしょうか?

 

事業をスタートアップする時には、この

『多くの人に共感され、応援される』

という視点がとても大切です。

 

 

共感され、応援されるためには

自分だけのエゴから昇華させ

 

『自分以外の人達にも価値を提供しているか?』

 

を考えることで方向性を正すことができます。

 

 

皆さんの事業のブラッシュアップに使って

頂けると幸いです。

 

それでは、また!

ありがとうございました。

 

 

追伸

前回の記事を書いた後、質問メールを頂きました。

よい内容の質問であればこちらのブログでも

紹介させていただきますね。

ブログの感想でも、質問でもなにか気になることが

あれば、気軽にメールをください。

ksano@shi-ku-mi.com

 

追伸2
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 

 


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、佐野圭吾です。

 

さて、今回は前回の自己紹介の掘り下げで

『どんなことを考えて、今のビジネスを行っているか?』

について書いてみようと思います。

 

ところで、質問です。

『あなたは、なぜ今の仕事をしているのですか?』

急に聞かれて、しっかりと答えることができますか?

 

事業のスタートアップでは、初期の事業設計、商品設計にも

この本質的な質問に答えることが大事になります。

今日のブログを読みながら是非、ご自分のお仕事についても

考えてみてくださいね。

 

さて、僕がなぜ今の仕事をしているのか?

『どんなことを考えて、今のビジネスを行っているか?』

 

ですが、

『単純に好きだから』

と言いたいところですが、

もう少し深堀りして考えていくと

『自分が好きで、かつ自分は大変だと感じてはいないが

クライアントにはすごく価値のあることを提供できているから』

です。

 

そして僕はビジネスをする中で

『今までにない価値を創造、提供すること』

『業界の構造を一変するようなしくみ、プラットフォームを構築すること』

『自分にしかできない仕事を提供すること』

 

が好きで、そこに価値を見出しています。

 

ビジネスをある程度やってくるとわかるのですが

自分が価値を提供できる仕事というのは、

自分が想像している以上にたくさんあります。

 

そして、やれることはたくさんありますが、

時間は有限です。

 

つまり

『やらないことを決める』

『自分の中での仕事の基準を持つ』

 

ことが大事になります。

 

例えば

儲かるけど、これは自分の基準ではやる仕事ではない。

簡単だけど、自分の大事している価値を提供できない。

 

という判断ができるということです。

 

自分に向いている仕事を探す簡単な質問があります。

 

『報酬をもらわないでもやりたいことは何ですか?』

『時間を忘れて没頭してしまうものは何ですか?』

『今まで一番お金を使ってきたものは何ですか?』

『今まで一番時間を使ってきたものは何ですか?』

 

他にもたくさんありますが、

質の高い質問を自分にすることで

得たい答えを得ることができます。

皆さんも是非ご自分と対話してみてくださいね。

 

 

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、

今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。

それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、

そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。

スティーブ・ジョブズ

 

 

次回は引き続き、本質的な質問

『どんな世の中を目指して、頑張っているのか?』

について書いてみようと思っています。

 

それでは!

今日もありがとうございました。

 

 

追伸
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 

 


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、佐野圭吾です。

 

いきなり問題です。

『この最初の画像の人は誰でしょう??』

わかった人はメールください。プレゼントを用意します!

答えは一番最後で。ちなみにかなり難しいですw

 

 

前回、簡単な自己紹介をさせていただきました。

なんとなくでも佐野圭吾ってどんな感じの人間か

理解してもらえましたでしょうか?

 

 

さてさて、今日は前回の自己紹介の第2弾として、

『佐野圭吾の現在と今後の活動、目指す世界』

について、簡単に書いていこうと思います。

 

まず、現在の活動ですが、

メインの活動は『しくみデザイン』です。

 

書きながら思いましたが、

『しくみデザイン?』

ですよねw

 

しくみデザインに関してはまた別の機会に

詳細を書いていこうと思います。

 

 

簡単にいうと、

『あらゆる産業の問題を発見し、解決する『しくみ』の構築と提供』

『業界地図を塗り替える、イノベーション商品・サービス・プラットフォームづくり』

を行っています。

 

コンサルなの?ってよく聞かれますが。。。

 

コンサルは今は公式にはお受けしていません。

すごく労力も時間もかかるので安請け合いできないのです。
コンサル依頼してくださった方々お力になれず申し訳ありません。
現在の状況だと
お受けできないのです。
悪しからずご了承下さい。

 

 

あらゆる産業、業界のしくみデザインを行いますが

しくみデザインの現在の事業領域は

『農業』です。

 

 

現在は

『農業界にイノベーションを起こすようなしくみを構築する』

をミッションに活動をしています。

 

優秀な外部パートナーとともに着々と進めていますが

これがとっても面白いんです!

これも話すと長くなるので詳細は違う機会に書きますね。

 

 

そして、今後の活動についてですが

2014年8月現在の目標は

『日本にイノベーションを起こすしくみデザイナーを100人輩出する』

『100の業界でイノベーションを起こすようなしくみを構築する』

の2つです。

 

100って数字には特に意味はないですが、キリがいいので^_^

 

佐野圭吾にとってのイノベーションってなんだ??ってお話も

また違う機会に書きますね。

 

なかなか詳細が書けないところもありますが

そんな感じで佐野は活動しています。

 

そしてそんなビジョンに共感してくれた仲間がぞくぞくと

集まりつつあります。これからもっと楽しくなるなーと

書きながらあらためて感じています^_^

 

 

さて、次回ですが

『どんなことを考えて、今のビジネスを行っているか?』

についてもう少し掘り下げて書いてみようと思っています。

 

 

それでは!

今日もありがとうございました。

 

 

 

追伸

『この画像の人は誰でしょう??』

正解は、ヨーゼフ・アーロイス・シュンペーター

イノベーションという言葉を初めて定義した

オーストリア出身の経済学者でした。

難しかったですねー^_^

それでは!

 

 

追伸2
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、佐野圭吾です。

 

さて、前回の初投稿でも宣言しましたが

まずは

 

『佐野圭吾って誰?』

『佐野圭吾って何してる人?』

 

って人が大半だと思いますので、

簡単にだけ自己紹介をさせてください。

 

 

静岡県富士宮市生まれ。

子供ころはやんちゃで人の話しを聞かない

ジャイアンのような子供でした。。。

小さいころに両親が離婚して、父と祖父母に育てられました。

離れていましたが母も献身的に愛情を注いでくれ。結果的に

すごくわがままに育ちました。

後々すごく苦労することになりますが、人一倍そういう人の気持ちも

理解できる、器の大きさを手に入れることができました^_^

 

小学校時代からサッカー歴20年。

現在も他のスポーツのかたわら、フットサルを続けています。

 

大学在学中から、起業ごっこをスタート、とある飲食店の経営を任されたりもしました。

正直、当時は全く経営というものを学んだこともなく、アイデアと行動のみで勝負していました。

筋肉脳といいますか、もともと体育会系なんですよねw

 

明治大学法学部卒業後、リクルートに正社員として入社
(現 リクルートホールディングス)。

ホットペッパーという飲食店のための販促広告の営業をしていました。

採用当時から、将来独立するためにここで力をつけるぞーーーと燃えていましたね。
でも、今考えると周りが見えていない結構、痛いヤツでしたねw

 

当時、研修という研修はなく初日から飛び込み大会でした。

当時のマネージャーからは

『絶対に負けるなよー^_^』

とお達しがあり、ガクガク震えながら気合いと根性だけで

社会人スタートしたことを覚えています。

 

それでも一生懸命汗をかいた結果見事1位を獲得。

編集部ギネスというオマケ付きでした。

長くなるので、その話はまた機会があれば。

 

 

その後、若気の至りもあり、リクルートを飛び出し

紆余曲折をへて、外資系広告メディアの日本法人立ち上げ

に飛び込みました。

 

ここでは、予想以上に大変な環境がまっていました。

営業のしくみを0から構築するミッションでしたが

当時、英語ヒアリングするだけでも精一杯の日々。。。

かなり凹んだ経験の1つですが、この機会があって今の自分に

つながる努力をすることになります。

こちらも機会あればまたお話しますね。

 

その後独立をすることになりますが、

最初は地元静岡の商材を探すところからスタートし

縁あって品質にこだわりのある

地元の生産者の食材を扱うことになりました。

 

こちらも0からのスタートでしたが、

スタートダッシュで軌道にのることができ、

ある程度の実績をすぐに残すことができました。

 

余裕が出来てからは色々な人とのめぐり合わせもあり、

紹介で法人のコンサルティングの依頼をうけたり、

さらに別の領域で事業を0から立ち上げる経験を何度かさせて頂き、

そこでも実績を出すことで小さな成功体験と

独自の理論体系を積み重ねて行きました。

 

 

色々な事業に関わらせて頂く内に、一定の評価を頂くようになり

自分のやってきたこと、成功体験が

『しくみ』

というキーワードでつながることに気が付きました。

 

そこからは

『しくみデザイン』

『しくみ構築コンサル』

として事業をすすめていくようになります。

 

そして現在があります。

長くなってきたので、現在の活動と今後について、次回

『現在の活動と、これから目指すべき世界』

という形で、自己紹介の続きとしてお話させていただきます。

 

まだまだ人生途上ですが、

人生はまだまだ面白さと可能性に溢れていますね^_^

 

それでは!

今日もありがとうございました。

 

 

追伸
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はじめまして、佐野圭吾です。

 

ブログ、メルマガ、Facebookなどなど

『はじめなよ~!!』と周りの人達に勧められながら

なかなかスタートできませんでしたが、今日からはじめます!

色々とお尻を叩いて頂いた、みなさん感謝してますw

 

 

まず最初に、これからこのブログでどんな情報を
伝えていくかを簡単に説明します。

 

このブログでは大きく、下記の2点の情報を発信していきます。

 

1.私佐野がすすめているビジネスについてのこと

2.日常生活の中で感じたこと、考えたことでお役に立つような情報

 

 

1に関しては、

メインの活動である、しくみデザインについての報告などをしようと思っています。

2014年8月現在は、食品業界、農業界、飲食業界についての

しくみデザイン構築を中心に行っているので、そこからお伝えしていきます。

 

また上記のプロジェクトに関する、しくみデザイナー(農業プロデューサー)の

募集に関しても、このブログとメルマガ上で行うつもりでいますので

興味を持っている方はチェックしていてください。

 

 

2に関しては、

主に佐野がプライベートも含めて出会った人達との中で感じたこと、

考えたことや、日々の生活のなかで、

皆さんのお役に立ちそうな情報を伝えていこうと思っています。

 

 

 

はじめてBlogを訪れてくださった方は、佐野圭吾という人間についても

全くわからないと思うので、まずは自己紹介からはじめたいと思っています。

 

 

その後は考えていませんが、

 

・どんなことを考えて、今のビジネスを行っているか?

・どんな世の中を目指して、頑張っているのか?

・どんな人を世の中に増やしたいと思っているのか?

 

などを書いていこうと思っています。

 

知り合いの方もそうでない方も気軽にコメントや質問など

くださると嬉しいです。

 

それでは、また。

ありがとうございました。

 

追伸
しくみデザインの全体像と具体的な起業や、
経営などの情報を発信している

『ReLifeのとりせつ』

というメールマガジンを発行しています。

佐野圭吾のコアに興味のある人は登録してみてください。
今なら登録した人にはひみつのプレゼントを用意しています。

こちらからどうぞ

 


この記事の続きはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。