経営分析カウンセラー、そして税理士のおいかわもとのです(^-^)

 

経営者、ビジネスマンの皆様の

本質的な悩みや心の重みを少しでも軽くできれば・・という想いでこのブログを書いています。

 

このブログで出会えたことに感謝します(#^.^#)

 

前回の記事

にも少し関連しますが

意外と気づけていない経営者の方のもう一つの盲点。

 

あぁ、なんだか追い詰めるみたいで

心苦しい(/ω\)

ですが書いてみます。

 

******

 

前期までは割と好調だったのに、

数字から見た結果から分析すると

非常に苦しい今期。

 

売上も伸びず、かといって

経費のコントロールは日々やっている(つもり)。

 

だけど、資金がない!!

 

経営していると、良いときもあれば悪いときもある。

そんなことは分かっているけど、、ど悩まれる経営者の方も多いでしょう。

 

*****

 

さて、このような悩みを抱えられている経営者の方とお会いすると

 

なぜか、毎日違う高級ブランドバックを持って出社していたり、

 

 

なぜか、接待交際費が昨年度より大幅に増えていたり

 

 

なぜか、高級車を買替えていたり。。。

 

 

前年以前が好調だったりする場合は

経営者の方の私生活部分が必要以上に物質的に潤っており、

その姿勢が全社的に危機感につながっていなかったりします

 

そうすると、社内では

経費を節約、売上を伸ばせ!!とげきを飛ばしていても

説得力はないどころか、

 

雇用側から見ると

「自分たちの働きは全て社長の懐を潤わせているだけなのか!?」という

錯覚さえ生み出してしまいかねません。

 

 

起業後3、4年経過し、年商が上がってきた時に、

経営者の方の身の回りのものがやたらと高級化すると、

反比例のように従業員のモチベーションが下がります。

 

そして、その下がったモチベーションは売上の減少、経費コントロール意識の

低下につながり、

 

結果として資金繰りが苦しくなる。

 

 

とても些細なことではありますが

もし気づかれた方は

少し身の回りものを見直してみてくださいね。

 

http://stat.ameba.jp/user_images/20160902/15/keieshanomiryoku/cc/b8/g/o0359002813738420026.gif

今日も読んでくださってありがとうございました☆

 

経営者・ビジネスマン向けに

経営についての本質的な課題解決のためのカウンセリング

を行っています。              

まずはどのようなお悩みをお持ちかをこちらのサイトから
お気軽にお問合せ下さい。
⇒click!「エグゼクティブカウンセリングお問合せフォーム」

https://ws.formzu.net/fgen/S37207412/

※完全予約制です     

また、経営の具体的な資金対策、会計税務につきましてのご相談は
こちらのサイトからお問い合わせください。

汐留パートナーズ税理士法人http://www.shiodome-okinawa.com/

 

 

AD