◆◆【時代の読み方】 これを外したらまずいでしょ! 12月の見方

時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。

これを外したらまずいでしょ! 12月の見方

3日の日ロ外相会議に続き、15日に来日するロシアのプーチン大統領が、どの様な考えを述べるのか、北方問題は解決に向かうのか、注目されます。

13~14日に開催されますアメリカFOMCの会合では、アメリカの金利再引き上げが行われるでしょう。それを前にして、時系列的に見ますと景況感指数、雇用統計、財政収支などの発表される数値も気になり、場合によりますと、可能性は低いですが、金利引き上げを来年に繰り越すこともあるかもしれません。

とりわけ、記述するほどのことではないのですが、今年末を持って潘基文国連事務総長の任期が満了となります。慰安婦問題で、自国の韓国寄りの発言をするなど、その職責における公平性を欠く発言は、顰蹙を買いました。リーダーシップのない事務総長としても国際的に知られた歴代事務総長としては最も評判の芳しくない事務総長でした。もっとも、各国の思い通りに動かすために、リーダーシップのなさが変われて就任したのですから、当然のことでしょう。一方、アフリカを始め、発展途上国を訪問するなど、あまり目立たない面での活動もあり、評価をすべきではないのでしょうか。

 

12月の見落とせない出来事
米ISM製造業景況感指数、ユーロ圏失業率、中国製造業PMI 
米雇用統計、日マネタリーベース
日ロ外相会議 
伊憲法改正国民投票
生物多様性条約第13回締約国会合(~17日)
5~9IAEA核セキュリティ国際会議 
米貿易収支、ユーロ圏GDP 
党首討論 
ECB定例理事会 
TPP自然承認 
 上旬与党税制改正大綱決定 
12米財政収支 
13~14米FOMC 
14臨時国会会期末 
15 プーチン大統領来日(~16日) 、米経常収支・CPI
15~16 EU首脳会議
19日銀金融政策決定会合 
20 黒田日銀総裁会見 
21 3カ月気象予報
22 米個人所得・消費・GDP
23 天皇陛下誕生日(83歳)祝日
26 金融政策決定会合議事要旨
28 米消費者景気信頼感指数
29 金融政策決定会合主な意見
30 東証大納会
31 大晦日、潘基文国連事務総長任期満了
下旬予算案閣議決定 

 

映像に見る今日の話題】欄が独立しました。

【 注 】
【今日のブログ】や「映像」は、閲覧と発行時間が異なる場合には、掲載ブログとは異なるブログが表示されたり、リンクが切れていたりすることがあります。

時事独善解説全 般独断と偏見で、今、世の中で何が起こっているのかを解説
今日は何の日ビジネスパーソン毎日が何かの記念日、運営者のひとり言を記述
今日の出来事ビジネスパーソン今日、何が行われるか、また、今、何が起こっているかを映像で観る
経営時事用語ビジネスパーソン時代の流れを理解するために不可欠な用語を解説
独善解説集ビジネスパーソン上述「時事独善解説」のバックナンバーをご覧いただけます
AD

■■【経営コンサルタントの使い方】 営業強化支援1 発展し続ける企業が辿る“秘密 の道 No.34

とびだすうさぎ1

~ 経営コンサルタントを使いこなせない社長は引退せよ ~

■3-5 営業強化の経営支援の例1 通算34回

 

これまで研修内容について触れてきましたが、同様に部門別の経営支援においても方法論は異なってきます。

 

たとえば、営業部長が自分の役割をきちんと担っていないと、「営業は足で稼ぐ」という言葉を鵜呑みにして、その思想を基本にして部下管理をしてしまい、自分も営業パーソンと同様に受注や売上、納品や代金回収に東奔西走してしまい、その結果、無管理状態になり営業効率も上がりません。

 

その様な会社の営業部門では、受注活動の進捗状況を時系列的に把握し、その進捗状況を見ながら、管理職が担当者にアドバイスをし、受注確率を高めていくのです。そして、最終的には注文にたどり着き、納品・売上を行い、アフターフォローから次の受注に結びつけていきます。この繰り返しが、「自分のお客様」として固定客化し、受注・売上が安定的に伸びていきます。

 

その基本は、顧客別に営業活動方針を明確にすることです。それには、経営計画に基づき、管理職の部門方針を明確にする必要があります。その部門方針をもとに、各担当者が自分の行動方針を明確にし、それに基づく行動計画を立て、それに基づき実施し、結果を確認するのです。

 

<続く> 次回掲載をお楽しみに

 

【 注 】

弊著、経営者・管理職のための「発展し続ける企業の“秘密”の道」(グロマコン出版、A5サイズ約60ページ)は1,000円(税/送料込み)でおわけしています。

 

■■ 当ブログ発行ポリシー ←クリック

■■ 人事活用マニュアル ←クリック

AD

◆【経営コンサルタントの独り言】12月3日(土) つぶやき改訂版 日本の祭がユネスコの無形文化遺産に登録、おめでとうございます!!

晴れ 晴なのにGooの洗濯指数は70 厚手のものは乾きにくい

平素は、ご愛読をありがとうございます。

「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。

祭

日本の祭がユネスコの無形文化遺産に登録、おめでとうございます!!

昨日のブログで「歳を重ねるにつれ」と「歳を取ってしまうと」と対比して良い面とそうでない面を記述しました。

「解りにくい」という声もありますが、一方で「含蓄のある表現」「文学的で言い得て妙」などとお褒めの言葉をたくさん戴きました。

コメントを下さった方には感謝いたします。(申し訳ありませんがコメントは限定メンバーのみ受付)


昨日は、「秩父夜祭の日」でした。

奇しくもそのタイミングで、「日本の祭がユネスコの無形文化遺産に登録」というニュースが飛び込んできました。

秩父夜祭りといいますと、京都祇園祭、飛騨高山祭と並ぶ日本三大曳山祭りの一つですが、これらを含む全国の山車が登場する33の祭り「山・鉾・屋台行事」が登録されることになったのです。

父の出身地であります山形県新庄市、260年以上続く「新庄まつり山車行事」も含まれています。

豪華な山車のパレードや江戸時代の作法にのっとった行列が特徴で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/ab56e70b55f7c3dd86677ecec383b1b5

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161201/k10010791161000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_031

 

 

AD

◆【今日は何の日 経営情報】 12月3日 みかんの日 あなたのアンテナ感度が高まる

晴れ

【今日は何の日】は、ウェブサイトと連動して、関連情報やその他の情報も併せて【経営マガジン】としてお届けしています。

そちらも併せてご覧下さると幸いです。

http://www.glomaconj.com/glomaconsph/topics.html



前日のマガジン ←クリック

一年365日、毎日が何かの日です。
季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス
日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

 

※ 未発信のブログを含みますので、時間になりましてから再訪問をお願いします。
 
みかんの日

「いいみっか(3日)ん」の語呂合せで、11月3日と12月3日を「みかんの日」として全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定しました。

【Wikipedia】
みかんは、ミカン科ミカン亜科(ミカン属、キンカン属、カラタチ属など)に属する植物の総称。柑橘類。

日本を代表する果物です。

サラリーマン時代に、カナダから重要なお客様が毎年来ていました。果物好きで、昼食は千疋屋から取り寄せた果物バスケットが饗されました。それがどのくらいの値段だったのかは知りませんが、当時の私の給与の10~20%位に相当したのではないでしょうか。

日本のみかんは好きか?と問うたところ、口ごもりました。オレンジを食べ慣れている彼らには、温州みかんはさっぱりとしすぎているから、「もの足りない」とは言えなかったのでしょう。

私の子供の頃には、「みかん釣り」とうゲームがありました。木綿針に糸を通して、それをみかんめがけて投げつけるのです。刺さった針について糸をたぐって土俵の外に出すとそのみかんが自分のものになります。

正月に主に行う家族団らんのゲームで、こたつに入ってみかんや殻付き落花生(ピーナッツというのはバターピーナッツをわが家では指しました)を食べた記憶が子供の頃の正月の思い出として印象深いです。
 
 


※ 未発信のブログを含みますので、時間になりましてから再訪問をお願いします。

深夜発信 午前1時頃
今日のつぶやき】 前日のつぶやき一覧、後刻改訂版も発信

早朝発信 午前7時頃
今日は何の日 経営マガジン
【今日は何の日】【映像に見る今日の話題】【一口情報】など、ビジネスに活かせる情報を満載したマガジン

午前発信 午前9時頃
経営コンサルタントからのメッセージ】 グローバル化が進んでいる

正午発信 毎日異なったテーマでお届け
時代の読み方・週末版】 この一週間のひとり言 平成28年12月3日(土)

気紛れ便
日により発信時間・内容が異なり、休刊もあります。
 
 
 
日本産業を支えてきた金型
日本産業を支えてきた金型工業ですが、今日では中国などに技術流出が起こり、苦境に陥っています。しかし、精密さを要求される用途の金型の場合には、日本の匠の技術が活きてきます。

1957(昭和32)年11月25日に、日本金型工業会が設立され、それを記念して日本金型工業会が1974(昭和49)年に、この日を「金型の日」として制定しました。

同工業会のサイトによりますと、金型とは、「材料の組成または流動性の性質を利用して、材料を成形加工して製品を得るための、主として金属材料を用いて作った型の総称」とあります。

その例として自動車のボディーを上げています。ボディーは金属板をプレス加工によって形にしています。

これは、金属板という材料ですが、材料が樹脂のような場合もあります。射出成形といってペレットという材料を膨らませて形を作るペットボトルなどに利用することができます。

同工業会のサイトは、専門的で、素人には少々解りにくいのですが、日本の産業を支えてきた技術だけに、サイト訪問をすることをお薦めします。

今後、中国を始め、日本の金型技術者が流出した国々が日本に追いつく日は遠くないかもしれません。

WEB版の経営マガジンは、内容が一層充実していますので、覗いてみてください。

http://www.glomaconj.com/glomaconsph/topics.html

 
カシャリ!一人旅

ケイタイやスマホのカメラで撮影したものもありますので画質があまりよくありません。
私の限られた感性での写真ですので、たいした作品でもありません。
自分自身の作品を、自分のために整理したものです。

都道府県別インデックス

目的別概要付きインデックス

 

←クリック

http://www.glomaconj.com/glomacontoha/glomaconkenkyukai.htm

プロコンサルタントがあなたの登録をお待ちしています。

 

経営者のための情報

 経営トップへの提言
 独立起業のABC
 経営トップ15訓
 経営戦略を考えるツボ - 時代の見方
 今日は何の日
 元気な会社・成功企業事例紹介
 経営四字熟語
 日本の名言、世界の名言
 経営者のための経営コンサルタントの選び方

 

◆◆【時代の読み方】AIが顧客満足度を高めるために利用できる 2016/12/02

とびだすうさぎ2

時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。

AIが顧客満足度を高めるために利用できる 2016/12/02

大手企業では、コールセンターの人件費の増大に頭を悩ませています。

その解決策のひとつとして、マスコミを賑わせているAI(人工知能)を利用できないかという取り組みが進んでいます。

と、言いましても、人口合成語でロボットが回答するというわけにはまだ至っていません。

コールセンターでの受け答えの改善を目的とした取り組みです。

図るためのアドバイスとなるようなレベルですが、すでにそれを利用し始めている企業があります。

コールセンターにおけます、顧客の満足度をAIを使って把握し、それをオペレーターの対応改善に利用しようというのです。

電話口での顧客の満足度は、顧客の声の高さや明るさなどで測定することができるというのです。

AIが、例えば、どのような応対で顧客が不満を感じるかなどを100点満点で採点します。

それを参考にして応対の改善に繋げようという試みです。

まだ、緒に就いたばかりですが、今後いろいろな面でのAIの活用が進むでしょう。

 

映像に見る今日の話題】欄が独立しました。

【 注 】
【今日のブログ】や「映像」は、閲覧と発行時間が異なる場合には、掲載ブログとは異なるブログが表示されたり、リンクが切れていたりすることがあります。

時事独善解説全 般独断と偏見で、今、世の中で何が起こっているのかを解説
今日は何の日ビジネスパーソン毎日が何かの記念日、運営者のひとり言を記述
今日の出来事ビジネスパーソン今日、何が行われるか、また、今、何が起こっているかを映像で観る
経営時事用語ビジネスパーソン時代の流れを理解するために不可欠な用語を解説
独善解説集ビジネスパーソン上述「時事独善解説」のバックナンバーをご覧いただけます

◆【時代の読み方】インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 1

時代の流れを時系列的に見ると、見えないものが見えてきます。NHKの放送や新聞・雑誌などを見て、お節介心から紹介しています。

■■ インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 1

近年、中国の高速鉄道がなにかと話題になっています。NHKやまぐまぐニュース、Gooニュースなどをもとに、鉄道についても造詣が深い『冷泉彰彦のプリンストン通信』を中心にまとめてみました。

ここでは、この分野にあまり馴染みのない方を対象に、ポイントをわかりやすく紹介することを目的としています。詳細は、氏を初めとする、その分野の専門家の情報をご覧下さると幸いです。


■1 リニアモーターカー

リニアモーターカーといいますと、2025年を目標として運転開始を計画しているJR東海のリニアモーターカーをイメージする人が多いでしょう。

しかし、東京の地下鉄に、すでにリニアモーターカーは採用され、運行されています。都営大江戸線は、リニアモーターカー駆動なのですが、ほとんどの人がそれを知らないで利用しています。

お役所の宣伝下手の現れなのでしょうか。

かつて、成田・羽田間をリニアモーターカーで結ぶことを、JALが企画したことがあります。その時には、ドイツのリニアモーターカー導入を検討していました。しかし、コスト面などから企画段階で立ち消えになってしまいました。

私達はJR東海の中央リニアのイメージが非常に強いですが、そのイメージの中に、「磁気浮上式リニアモーターカー」というのが「リニアモーターカー」だと思い込んでいるのです。

上述の都営大江戸線は、電動のモーターを利用していません。線路の中央に磁気ベルトのように磁石が並べられていて、S極とN極のオン・オフで前進させているのです。

磁気浮上式リニアモーターカーでなければすでに日本でも利用が開始されているのです。
さらに驚くことに、中国では、磁気浮上式リニアモーターカーが実用化されているのです。

ご存知でしたか?


■2 世界一の鉄道網は?

前回、中国ではすでにリニアモーターカーが実用運転されているというお話をしました。
私が初めてそのことを聞いたときに、マユツバか、磁気浮上式ではなく、大江戸線と同様に磁気駆動式のリニアモーターカーではないのかと疑いました。

2010年12月の時点で、中国には世界一長い 8,358 km の高速鉄道網がありますと、中国鉄道部が公表しています。しかし、2011年1月に国際鉄道連合が発表した統計では、中国の営業中の高速鉄道は 4,175 km であるとあります。

「白髪三千丈」などといわれますように、中国の数字は、針小棒大化されていますので、発表数値を鵜呑みにはできません。しかし、日本は1964年に東海道新幹線を開業させて以来、高速鉄道の総延長距離で40年以上にわたり世界をリードしてきましたが、中国に追い抜かれていることは認めざるを得ないでしょう。

ただし、中国の高速鉄道網というのは、高速化された在来線、高速鉄道用の新線とリニアモーターカーからなっています。そのうちの 2,197 km は世界最高の営業速度である 350 km/h に対応していると言っています。 【参考資料】 【Wikipedia】

後述のように、失敗続きの中国高速鉄道ですが、習近平主席政権維持の一環として、目玉商品となっていることを忘れることはできません。

2016年7月1日に中国共産党創建95年の記念式典が開催されました。習近平主席は、「中国の経済発展と国力増強を一党独裁の成果だ」と述べました。2017年秋には、党代表大会が開かれます。それまでに、習主席が軍部や党の権力を完全掌握できていないと失脚の可能性もあります。

イギリスのEU離脱問題は、欧州が重要な輸出相手であるだけに、大きな痛手です。中国の経済成長は下降の一途を辿っているだけに、なりふり構わず成果を強調しなくてはならなかったのでしょう。

輸出額が減少している中国にとっては、そのかさ上げとして、高速鉄道の受注がインパクトある商品なのです。そのために破格の条件を出していて、いざ着工となると実現能力が追いついていないという問題に直面するのです。


■3 車体の安全性は?

中国の高速鉄道網といいますのは、幹線での高速列車の運営が、2007年4月の中国国鉄によるCRH型車両導入により開始されました。

中国には、もともと高速鉄道の技術はありませんでした。

中国鉄道部では、中国独自の高速鉄道技術であると言っていますが、世界の代表的な高速鉄道技術を寄せ集めただけのものです。

技術が移転されて国産化が進んでいますが、中国国外の技術で製造した車両の技術トラブルは、その国外メーカーが責任を負わなければならないという横暴さが大手を振って歩いています。

ひとつの体系化された高速鉄道技術を持っているわけではありませんし、すべてが時速350 kmで運転されているわけでもありません。

中国高速鉄道技術の基本となっている一つは、日本の新幹線「E2系」をベースにしたものです。

そのほかに、ドイツ・シーメンスやフランスのアルストム、カナダのボンバルディアのモデルをベースに改良したものなど、各社の技術をベースにしていますので、異なった技術ベースの高速鉄道車両で運営されているのです。

基本設計は、各社のオリジナルのままですので、車体形状もバラバラです。

基本設計はそのままで、モーターを強力化し、ギヤ比を変えて高速化しているだけです。駆動力を上げただけで、300キロとか、350キロでの営業運転を可能にしているのです。

例えば、日本のE2系の場合をみますと、日本における国内仕様では営業最高速度は275キロです。中国のCRH2は時速350キロ、CRH380は380キロ運転という仕様です。(【Wikipedia】)

各社基本設計では、車体の空気特性や強度などはキチンと計算されていますので、無理矢理350キロで走らせても、車体が浮き上がって脱線したり、部品が脱落したりする可能性は少ないでしょう。

しかし、中国製の車両や運転管理技術はどうなのでしょうか?

【参考資料】
冷泉彰彦のプリンストン通信
まぐまぐニュース
Gooニュース
NHKサイ

 

 

 

映像に見る今日の話題】欄が独立しました。

【 注 】
【今日のブログ】や「映像」は、閲覧と発行時間が異なる場合には、掲載ブログとは異なるブログが表示されたり、リンクが切れていたりすることがあります。

時事独善解説全 般独断と偏見で、今、世の中で何が起こっているのかを解説
今日は何の日ビジネスパーソン毎日が何かの記念日、運営者のひとり言を記述
今日の出来事ビジネスパーソン今日、何が行われるか、また、今、何が起こっているかを映像で観る
経営時事用語ビジネスパーソン時代の流れを理解するために不可欠な用語を解説
独善解説集ビジネスパーソン上述「時事独善解説」のバックナンバーをご覧いただけます

 ◆【経営コンサルタントの独り言】12月2日(金) つぶやき改訂版 「光陰矢のごとし」もう、12月なのですね

晴れ 東京では15℃と外での活動には気持ちの良い日になりそうです。

 

平素は、ご愛読をありがとうございます。

「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。

 とびだすピスケ2 とびだすピスケ2

「光陰矢のごとし」もう、12月なのですね

 

光陰矢のごとし
少年老いやすく
学なり難し

 

歳を重ねるにつれ、時間経過が早くなります。一方で、歳を取ってしまうと時計の廻り方が遅くなります。 人により、時間の長さの感じ方が異なるのですね。

「歳暮」とは、「歳(年)の暮れ」、すなわち年末という意味で「せいぼ」と読むのが一般的ですが、「さいぼ」とも読みます。

  一年の終わりを表し、12月の季語でもあり、時には比喩的に「老年期」を意味することもあります。その意味では、私も「人生の歳暮」期に何年も前から入っていることになります。

  年末はお歳暮の季節でもあります。すなわち「歳暮」「お歳暮」という言葉は、現代では贈答品とか年末の贈り物の習慣を指すようになりました。

言葉というのは、変化するものですが、もともとの意味が薄れることが寂しく感じるのは私だけでしょうか。

12月1日というのは、日本で最初の一万円札が発行された日でもあるのですね。

映画好きの型はご存知の通り「映画の日」でもあります。

詳細は、下記ブログをご覧下さると幸いです。

http://blog.goo.ne.jp/keieishi17/e/9ceaec426ac399eef923849225ec3559

 

■■【今日は何の日 経営情報】12月2日 秩父夜祭 都心に近く、勇壮なお祭りのひとつです

サッ

 

【今日は何の日】は、ウェブサイトと連動して、関連情報やその他の情報も併せて【経営マガジン】としてお届けしています。

そちらも併せてご覧下さると幸いです。

http://www.glomaconj.com/glomaconsph/topics.html

 

一年365日、毎日が何かの日です。
季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。
これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。
独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。
詳細 ←クリック

今日は何の日インデックス日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます

秩父夜祭

テレビの長寿番組の一つに「笑点」という番組があります。話材を集めるために後半の大喜利をよく見ます。その中で秩父-大月戦争というのがあります。それぞれの出身のメンバーの毒舌合戦です。

ここに出てくる秩父には、300年以上の伝統あるお祭りがあります。秩父夜祭りといい、京都祇園祭、飛騨高山祭と並ぶ日本三大曳山祭りの一つと言われています。

私は、生まれが東京都の西の方で、秩父とはそう遠くはなく、子供の頃伯父に連れられて行ったことがあります。まだ、小学校に上がる前のことで記憶も定かではありませんが、山鉾と囃子で練り廻る神興の記憶はテレビで放映されると蘇ってきます。

他の二つの曳山祭りほど知名度はありませんが、都心から2時間もかからずにこのようなお祭りに接することができるので、興味ある方は必見ではないでしょうか。

12月2日が、神馬奉納祭で、奉納された神馬の毛色は、翌年の農作物の豊凶を占うのに使われます。夜の神輿御祭には豪壮な屋台囃子にのって神興が御旅所へ曳いて行かれます。

見ものは、なんといっても山鉾と屋台です。屋台は、神道民俗の要素を備えていて、左右に下座を張り出すと歌舞伎の舞台にもなります。



※ 未発信のブログを含みますので、時間になりましてから再訪問をお願いします。

深夜発信 午前1時頃
今日のつぶやき】 前日のつぶやき一覧、後刻改訂版も発信

早朝発信 午前7時頃
今日は何の日 経営マガジン
【今日は何の日】【映像に見る今日の話題】【一口情報】など、ビジネスに活かせる情報を満載したマガジン

午前発信 午前9時頃
経営コンサルタントからのメッセージ】 グローバル化が進んでいる

正午発信 毎日異なったテーマでお届け
時代の読み方】インチキ呼ばわりされる中国の高速鉄道 1

気紛れ便
日により発信時間・内容が異なり、休刊もあります。

今日は何の日などの記念日は誰が決めているのでしょうか

11月24日は「進化の日」でしたが、1859年11月24日に、ダーウィンの「種の起源(On the Origin of Species)」が刊行されたことを記念して制定されたことをブログでお伝えしました。

記念日といいましても、誕生日なの個人的な記念日もありますが、国民の祝日のように国が決めた記念日もあります。

近年は、地方自治体が自分の地域や特産品などをPRすることも行われるようになりました。

民間企業や中には小さな商店までもが販売促進のために記念日を制定して活用しています。

日本国内には記念日を「指定」や「制定」する任意団体が複数あるようです。

公的な団体ではないですが日本記念日協会や日本記念日評議会、国際記念協会などがよく知られています。

記念日を活用したい企業は、検討されては如何でしょうか。

 

WEB版の経営マガジンは、内容が一層充実していますので、覗いてみてください。

http://www.glomaconj.com/glomaconsph/topics.html


【経営コンサルタント(志望者)へのお勧めブログ】
経営コンサルタントへの近道・資格取得
コンサルタントバンク人材銀行
経営コンサルタントになろう
経営コンサルタントQ&A
独立起業支援

 
コンサルタント情報  
◆ コンサルタントの人材銀行が装い新たにスタート



コンサルタントにとって、クライアント開拓は頭痛の種です。コンサルタントにとって、実力アップを図らなければ、時代遅れのコンサルタントになってしまいます。クライアントさんからの質問や課題に、どの様に対応したら良いのか、迷うこともあります。

自分の専門外の分野に関する引き合いがあったときに、仲間がいると心強いです。仲間がいれば相談もできます。コンサルタントという職業に特化した情報も入手しやすくなります。相互信頼できる仲間いますと、仕事の依頼も来るようになるかもしれません。これを私達は「共業・共用・共育」と言っています。

一人のメンバーは、皆のために、皆は一人のために

あなたは、あなたの強みを活かしてください。そうすれば、あなたの仲間、あなたを支援したり、困ったときに助けてくれたりするでしょう。

個の力を組織的に活かす

これが、私達のコンセプトです。 登録に登録料は不要です。 サイボウズを使っていますので、訳のわからない仕組みより安心してコミュニケーションできます。

一緒にレベルアップし、一緒に仕事をし、ノウハウを共用しませんか。


あなたをコンサルタントバンクに推薦いたします。

コンサルタントは、いろいろな機会に自分が紹介されることで人脈が豊かになってゆきます。

コンサルタントを目指す人は、プロのコンサルタントと交流する中で成長してゆきます。

実践の場で、共業・共用・共育を推進しながら、コンサルティングを通じて社会貢献をしましょう。

サイボウズを利用していますので、機能上から、定員(300人)になり次第締め切らせて戴きます。



プロコンサルタントがあなたの登録をお待ちしています。

http://www.glomaconj.com/consultant/conbank-jouhou.htm

http://www.glomaconj.com/glomacontoha/glomaconkenkyukai.htm

◆【資格取得参考情報】 日本経営士協会の理念を映像で見る

ちょっとした情報が、私達の智慧となることは多々あります。その情報が知恵の源泉であることに気づかないで機会損失を起こしていることは、それ以上に多いのかもしれません。


経営コンサルタントの資格といいますと「中小企業診断士」を連想する方が多いと思います。

中小企業診断士制度がスタートする10年以上前、戦後復興期に当時の通産省や産業界の勧奨を受け、日本公認会計士協会と母体を同じくする、日本で最初にできた経営コンサルタント資格が「経営士」なのです。

中小企業診断士制度が発足したときに、中小企業診断士(当時は「中小企業診断員」と呼ばれていました)の育成に、日本経営士協会会員が協力しました。

日本経営士協会は、60年余の歴史と伝統のある経営コンサルタント団体で、経営コンサルタントのプロ集団でありますとともに、若手経営コンサルタントの育成に尽力しています。

中小企業診断士資格を取得するには、相当なる覚悟を持って受験準備をしなければなりません。ところが、すでに経営コンサルティング業で永年企業支援をしている先生方にとりまして、受験勉強をするゆとりはあまりないでしょう。

そのようなベテランの経営コンサルタントが、資格がないためにビジネス拡大におきまして機会損失をしていることも事実です。

日本経営士協会では、実力・実績・経験を重視した資格付与審査をしていますので、それらの先生におきましては、中小企業診断士よりも資格取得をしやすいと言えます。

日本経営士協会の理念を映像で紹介していますので、この機会に是非ご覧下さることをお薦めします。学科試験なしで資格取得ができる「特別推薦制度」を利用する道へのお手伝いも致します。


◇ 立ち読み
◇ 全映像(7分)
【 注 】 映像開始まで時間がかかることがあります。

 

経営者・管理職経営者・管理職経営者として必要不可欠な情報をお届けします
経営コンサルタントコンサルタント経営コンサルタントを目指す人、プロコンサルタント
経営コンサルタント になるには士業・志望者経営コンサルタントを目指す人の60%が参考にする
学生・院生学 生ビジネスパーソンとしてのあり方を考えましょう
グロマコンとは全 般グロマコンの名前の由来、経歴、専門分野、著書等をご紹介します

 

■■【経営コンサルタント資格取得のQ&A】経営士補はアシスタントコンサルタントの資格

 

 

1970年代から経営コンサルタントをやっている経験から、独断と偏見でもって皆様からのご質問にお答えします。また、一般企業の経営者・管理職には、経営士・コンサルタントがどのように誕生し、どのように研鑽しているのかを知っていただける機会でもあります。

 

 

【質問】経営士補とは

 

 

(特)日本経営士協会には、資格会員というのがありますが、その中の「経営士補」とは、どのような資格なのでしょうか。 

 

 

 

【回答】

 

 

同協会の資格会員には、経営士と経営士補とがあります。

 

 

 

経営士補というのは資格会員に分類される会員種の一つであり、経営士を補佐して企業・組織の経営支援の手助けをできる資格でもあります。プロの経営コンサルタントとしてやっていこうとする人、プロ経営者・管理職として経営コンサルタント的手法や発想を自分の経営管理に取り入れたいという先進的な考えの人などが対象です。

 

 

 

主に、下記のような人にお勧めできます。

 

 

 

◇ 経営コンサルタントとして独立起業準備を進めている人

 

◇ コンサルティング・ファーム勤務者あるいは類似業務

 

◇ 経営関連の学部の大学卒業生または大学院在学・卒業された方

 

◇ 企業内で企画部門や社内コンサルタント業務に従事している人

 

◇ 先進的な経営に関心の高い経営者・管理職・社員

 

◇ 「士業」と呼ばれる国家資格またはそれに準ずる資格を有する人

 

 

 

経営士補は、アシスタントコンサルタント的な活動をしながら、経営士・コンサルタントとしての独立を目指し、経営士の資格取得をめざす人には最適です。

 

 

 

【このコーナーの目的】

 

 

 

「経営コンサルタントって、一体何をやってくれるのですか?」と企業の経営者・管理職から訊かれることがあります。ガクッとしてしまいますが、われわれ経営コンサルタントが、平素きちんと説明をしたり、その仕事ぶりを見ていただいたりすることが少ないからと反省をしています。

 

 

 

また、これから経営コンサルタントを目指す人たちは、「中小企業診断士資格を取らないと経営コンサルタントにはなれない」「経営コンサルタントになるにはどうしたらよいのでしょうか」「高校生ですが、経営コンサルタントになるには大学のどの学部がよいでしょうか」等々いろいろな質問を受けます。

 

 

 

そのような質問にお答えして参りたいと思いますので、ご質問がありましたらお寄せください。

 

 

 

■■ 社長さん達のためのページ ←クリック

 

■■ 経営コンサルタントのメールマガジン ←クリック

 

■■ 経営コンサルタントをめざす人のページ ←クリック

 

■■ 経営コンサルタントQ&A ←クリック

 

 

 

◆【経営コンサルタントの独り言】12月1日(木) つぶやき改訂版 オートフォーカスカメラの日

傘 東京の今は、本降りです。でも午後には曇りになるそうです。

平素は、ご愛読をありがとうございます。

「つぶやき」の改訂版ができましたので、ここにお届けしますので併せてご覧下さると幸いです。

カメラ

オートフォーカスカメラの日

今日、カメラ機能がないスマホ/携帯電話機を持っている人を探すのは困難なくらいにカメラは持ち歩かれています。

日本経営士協会事務所から近いこともあり小石川後楽園庭園にはしばしば行きます。

年配の方が立派な望遠レンズを付けたカメラを持って盛んにシャッターを切っています。
池面を飛ぶ野鳥を撮っているのでしょうか。

私もかつては思いカメラと交換レンズを持って写真を撮ったり、現像したり、引き延ばしたりとやっていました。

今は、肩こりもありますので、息子サンタが買ってくれた一眼ミラレスを使うことがほとんどです。

交換レンズも持ち歩きますが、12mmから50mmのワイドズームでほとんど用が足りてしまいます。

写真に詳しい人なら、このことから私の撮るのは風景写真が中心であることが直ぐにお解りでしょう。

ブログ【カシャリ!一人旅】の写真を撮っています。

日本全国処々を回った写真を全部掲載したいのですが、撮る方が多く、溜まるばかりです。

これまで掲載した写真はほんの一部でしかありませんが、お時間の取れますときに【カシャリ!一人旅】をご覧いただければ幸いです。

http://www.glomaconj.com/butsuzou/meisho/indexmeisho.htm