闘魂日記<by 伴走社>

研修の取組みを通じて、人が育つ職場とはどうあるべきかを考えます。そして、研修成果、自己革新の行動が継続し、成果に繋げる取組みを追求していきます。


テーマ:

先日、私の恩師がお亡くなりになりました。

 

いつもいつも言われることがありました。

 

「西さん、君は何をするためにこの世に生まれてきたんだ?

命の使い方って書いて使命。

何をすることでこの限られた命を使うんだ?」

 

25歳で出会った頃から、ずっと問いかけられました。

 

最初は何を言われているかよく分からず、愚痴でも言おうものなら、よく怒られました。

 

「目の前の事、終わった事をぶつくさ言ってもしょうがないだろ。そうなったのも、“あんたがまいた種”なんだよ。でも、まいちゃった種のことを後悔してもしょうがない。

これから西さんはどんな種をまくんだよ。

ブツブツ文句を言って、目の前の事がつまらない、そんな毎日を過ごして、歳とって「俺の人生つまんない人生だったな」って後悔するのかい?

そんなの誰だって嫌だよ。

だから、みんな今を必死に生きるんだよ。

どんな種をまこうか?どんなふうに育てようか?どんな花をつけようか?

そんな中で、色んなことが起こる。面白くないこと、矛盾してること、腹の立つこともいっぱい出てくる。

その時に、西さんの使命は何なんだ?ってことが大事になってくるの。

自分も、色んなことやってきた。ひどいこともいっぱいしてきた。だから、選択したくない、種なんてまきたくないって逃げたくなる。

けど、この命を何に使うのか?ってことが、人生では常に問われてるの。選択を迫られてるの。そこから逃げちゃダメなんだよ。」

 

歳を取るごとに、色んな経験もして少しずつわかってきたような気がしました。

そして、2年前に会社を立ち上げた時に言われました。

 

「スッキリした顔になって。

ようやく西さんも、自分の使命がハッキリしたようだね。」

 

でも、まだまだ弱い自分がたくさんいます。

先日、100kmウルトラマラソンに挑戦した時も、80km手前あたりで、足の痛みやら何やらで色んなことにくじけてしまって、途中諦めてたくさん歩いちゃいました。

でも、横を走りすぎていく人を見て、また走り出したけど、時すでに遅し。

85kmの関門で8分オーバーとなり、リタイヤです。

後悔してもしょうがないけど、途中で諦めた自分が今では悔しくて悔しくて。

来年のリベンジに向けて、今から新たな種をまき始めています。

 

人生も同じだなぁって、つくずつ感じました。

 

さて、これからどんな種をまいていこうか?

その先にある、私の使命に向けて。

 

「君は何をするためにこの世に生まれてきたんだ?

何をすることでこの限られた命を使うんだ?」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

㈱伴走社さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。