Washington Time








2006年11月20日(月)

フロリダのカモメと八戸のウミネコを比べてみる。

テーマ:フロリダ通信
 今回のフロリダ通信の最後に、フロリダで見かけた鳥たちの写真を載せておきます。まずは、首の長い海鳥を二羽(↓)。左の白い鳥は、海沿いのカフェでカクテルを飲んでいたら、突然、カフェの庭に空から舞い降りてきました。 


 次に、ビーチのすぐ傍までやって来て群れていたブラウン・ペリカンたち(↓)。時々、空から水面に急降下しては魚を獲っていました。


 そして、こちら(↓)キツツキワシ。フロリダは野鳥の宝庫ですね。


 最後になりますが、フロリダの鴎(カモメ)と、僕の故郷である八戸に棲息するウミネコを比べてみます。左下が、フロリダのビーチで撮影したカモメ。右下が、今年の夏に八戸の蕪島で撮影したウミネコです(夕暮れ時だったので、かなり薄暗くてすみません)。


 こうして見ると、同じカモメの種類でも、全然違いますね。まず、フロリダのカモメは首も足も短く、全体に不恰好な感じがします。それに対して八戸のウミネコは、スラリとして何とも優雅じゃないですか。目元も大分違いますね。フロリダのカモメは目が比較的ギョロリとしていますが、八戸のウミネコは切れ長の目線です。フロリダのカモメがソース顔、八戸のウミネコはしょうゆ顔とも言えるでしょう。フロリダのカモメの後頭部が黒くなっている点も、目立った相違点ですね。くちばしの色も違っていて、フロリダのカモメはオレンジ一色、八戸のウミネコは黄色いくちばしの先端が、紅を塗ったように赤くなっています。

 八戸のウミネコについては、「青い森BLOG」さんに素晴らしい写真があるので、
こちらのページ から見てみてください。フロリダのカモメと比べてみることで、改めて、八戸のウミネコは美しいと思いました。かなり贔屓目かもしれませんが。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年11月19日(日)

フロリダのナンバー・プレート

テーマ:フロリダ通信

 上の写真は、フロリダで借りたレンタ・カーのナンバー・プレートmyFlorida.com なんて、フロリダ州のウェブ・アドレス入りです。中央部の絵はオレンジでしょうか。このタイプが、フロリダ州の現在の標準プレートだそうですが、他にもいろんなデザインのプレートを見かけました。例えば、こんなやつ(↓)




 やはりフロリダだけに、車のナンバー・プレートも、自然を題材にしたものが多いですね。他にもまだまだ、沢山のデザインがあるみたいです。フロリダ州では、こういった特別なデザインのプレートを付けたい場合には、料金を余分に払わなければなりません。しかも、そのプレート代金は毎年払うのです。大体、年間15ドルから25ドルというケースが多いようです。料金は、プレートのデザインごとに決まっていて、それぞれに徴収されたお金は、目的別の基金や団体などに振り分けられるそうですよ。

 例えば、パンサーのナンバー・プレートを付けている人から集められた収入は、フロリダのパンサーを保護するために活動している団体の資金になる訳です。イルカや亀が好きな人は、そのプレートを自分の車に付けて、こういった生物の保護に多少なりとも貢献できるという仕組みです。こういうファンド・レイジングもあったんですね。何かに応用できないかなあ。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年11月18日(土)

イルカにとって、人間は檻の中の猿である。

テーマ:フロリダ通信
 もう少し、フロリダの話題を続けます。フロリダで、野生のイルカを見るクルーズに参加しました。野生のイルカは、ある程度の大きさの船が近くを通ると、船のしぶきや音に惹かれて寄ってくる事が多いんだそうです。案の定、出航してからすぐに、2匹のイルカが僕らの船を追ってきました。野生のイルカを見たのはいつ以来かと思ったら、あれは確か小学校の6年生の時でした。修学旅行で函館に行ったとき、津軽海峡を渡る青函連絡船を追いかけてきたイルカの群れがいましたっけ。

 フロリダのクルーズで聞いた説明によると、イルカにとって、船の上の人間は、檻の中の猿のような存在なのだそうです。僕らが動物園に行って、猿が寝ていたら、ちょっと見てすぐ他に行ってしまいますよね。それと反対に、猿が奇声を上げたり動き回っていれば、面白くて長々と猿を眺めているかもしれません。同様に、船を追って来るイルカも、船上の人間が奇声を上げたり、大声を出せば出すほど、面白がって長々と船について来るのだそうです。従って、イルカが現れた瞬間から、僕らは大声で吼え続けさせられました。お陰で、イルカたちは、結構長く僕らと遊んでくれましたよ。そんなフロリダのイルカを動画でどうぞ(↓)



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年11月17日(金)

フロリダのワサビTシャツ

テーマ:フロリダ通信
 右の写真は、フロリダの空港で見つけて思わず買ってしまったTシャツ。綺麗な色の魚(何の魚だろう?)の下に、「got wasabi? (ワサビある?)」と書いてあります。よく水族館で魚を見ながら「旨そ~」なんて言っているヤツがいますが、それと同じ発想ですね。

 フロリダ滞在中、何度かシーフードを食べましたが、どうも満足できませんでした(まあ、八戸のシーフード に慣れていれば、そうだよな)。滞在していたサニベル島にも、お隣のキャプティバ島にも、日本食どころかアジア系のレストランも見つかりませんでしたし。でも、キャプティバ島のSouth Seas Island Resort という所に、近々「OKU」という寿司レストランがオープンするという情報を仕入れてきました。ということで、今度行くときは、そこに泊まろうかなと今から考えています。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年11月16日(木)

フロリダのメールBOX

テーマ:フロリダ通信
 アメリカの住宅地では、各家のメールボックス(郵便受け)が家の前の歩道に設置されていることがよくあります。フロリダ沖のサニベル島でもそうでした。でも、この島のメールボックスは、とてもユニークな物が多かったです。こんな具合(↓)に、イルカフラミンゴがデザインされたメールボックスだったのです。この他にも、タツノオトシゴペリカンをデザインしたものも見かけましたが、車で通り過ぎたので残念ながら写真に撮れませんでした。いずれにしても、これらはフロリダならではのメールボックスですよね。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年11月15日(水)

フロリダで俺の胸はハリケーン

テーマ:フロリダ通信

 フロリダ沖の島でよく見かけたのが、ハリケーンの際の避難経路を示すこんな標識(↑)です。この標識、数十メートルおきに建っているという徹底ぶり。フロリダはハリケーンの通り道ということを、改めて思い知らされました。


 それからハリケーンは、フロリダで飲んだビールの名前にもなっていました。このビール(↑)は、「Hurricane Reef」というフロリダの地ビール。よく言えば、スッキリと飲みやすく、悪く言えば、水っぽくてコクがない。まあ、アメリカのビールは大抵そうですけど。味の方は、なんか以前ドイツで飲んだ白ビールのような風味でした。ちなみに今日のタイトルは、昔懐かしいシャネルズの名曲「ハリケーン」の歌詞から。知らないだろうけど。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年11月14日(火)

ハワイは遠いけど、フロリダは近い。

テーマ:フロリダ通信

 先週末に行って来た南の島とは、フロリダ半島沖、メキシコ湾に浮かぶサニベル島キャプティバ島です(↑)。これらの島は、フロリダ半島とは橋で結ばれていました。まず、ワシントンからフロリダ州南西部のフォート・マイヤーズという街まで、飛行機で2時間半くらい。それから、フォート・マイヤーズの空港でレンタカーを借りて、30分くらい走るとサニベル島に着きます。さらに30分くらい走ると、キャプティバ島があります。時差もないし、ワシントンからはとても近いリゾートですね。結構おススメかも。


 サニベル島の白い砂浜には、貝殻がたくさんあって、裸足で歩くと痛いくらいでした。次女はその貝殻をいっぱい集めて、結局かなりの数をワシントンに持ち帰りました(↑)


 砂浜には、こんな生き物たち(↑)の死骸も打ち上げられていました。左はおそらく、日本語でいうカブトガニ。英語名は、「Horse Shoe Crab(馬蹄ガニ?)」だそうです。馬の蹄(ひづめ)に見えますか?
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年11月13日(月)

南の島に行って来ました。

テーマ:フロリダ通信
 先週の金曜日に寒いワシントンを発って、三泊四日で南の島に行って来ました。仕事のこともブログのことも忘れて、リラックス。昼間からビールやワインを飲みながら、娘たちと海岸で貝殻を拾ったり、プールで泳いだり、綺麗な花や海鳥を眺めたりと、束の間の休息でした。

 さて、その南の島とは、どこでしょうか?当ててみてください。アメリカ国内です。今の時期でも、日中は25℃くらいで結構暑かったです。こんな花々が咲いていました(↓)



 南の島と言えば、椰子の木です。この島にも当然ながら、椰子の木(↓)ありました。椰子の木の向こうに沈む夕日は、とても好きな光景です。さて、この島はどこでしょう?

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。