Washington Time








1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010年02月05日(金)

インド関係のつぶやきをまとめてみる。

テーマ:インド通信
 ミッション無事終了。明日の朝早く、ニューデリーを発ちます。ツイッター を初めてまだ5日ほどですが、ブログとの一番の違いはスピード感と気軽さでしょうか。とりあえず、今回の出張中の、インド関係の自分のつぶやきを以下にまとめておきます。


・ニューデリーはとてもセキュリティが厳しいです。インドの諜報機関が「1月26日のRepublic Dayの前後にテロがある」という情報を掴んだとか。ムンバイの悲劇もあったことだし要警戒。ホテルに入る際は、空港のセキュリティ・チェックと同様でし た。内戦中のコロンボを思い出した。(2010/2/1)

・こちらの新聞によれば、大国インドからバンクーバー冬季五輪への参加者はたったの3人。リュージュ、クロスカントリー、ジャイアント・スラローム(大回転)に各ひとり。(2010/2/1)

・ランチはスパゲティ・ボロネーズ。味が少し違うなと思ったら、挽肉はビーフではなくラムでした。さすがインド。ここでは牛は神聖ですからね。そういえば大学院の時Public Policyの授業で、Kill the Sacred Cowという表現が出てきた。意味は「聖域に踏み込む」。(2010/2/2)

・Twitter Adds 110 Million Potential New Users With SMS Deal in India http://bit.ly/4B9qjx (2010/2/2)

・今回インドに来たのは、ブータンのプロジェクトに関する融資契約書の最終的な交渉のため。明日からここで、ブータン政府の代表団とニゴシエーションです。僕が世銀側の交渉団長を務めます。Keicho, the Negotiator. (2010/2/3)

・The longest day in New Delhi is finally over. Tomorrow should be shorter. (2010/2/3)

・インドにセグウェイがやってくる。でも車より高いらしい。インドには世界で最も安い車(Tata Nano)がありますからね。(2010/2/4)

・インドのデリー大学で、キャンパス内での喫煙に対して罰金制度を導入。喫煙が見つかると、罰金200ルピー(約500円)。高いのか安いのか?(2010/2/5)

・インド人、嘘つかない。餅もつかない。(2010/2/5)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年02月04日(木)

新世界ワインより新しいインド・ワイン

テーマ:インド通信
 最近読んだワインで考えるグローバリゼーション という本によれば、インドのワインは「新しい新世界」のワインなのだそうです。ワインの世界ではヨーロッパが旧世界で、カリフォルニアやオーストラリアなどが新世界。インド・ワインは、それよりもっと新しいという訳です。その新しすぎるインド・ワインを飲んでみました。Grover VineyardsSauvignon Blanc(↓)


 この白ワイン、はっきり言って美味しかった。これを選んで正解でした。当然ながら、他の輸入ワインより断然安かったし。それに、冷えた白ワインは、スパイスの効いたインドの料理に合いますね。

  Grover Vineyards は、カナタカ州バンガロールより40キロほど北の、Nandi Hillsという高原にあるのだそうです。このワイン、覚えておこう。インドのワインって、これから世界市場でもっとメジャーになってくるのだろうか。美味しかったから、その可能性は否定できない。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年02月03日(水)

炎のタンドーリ

テーマ:インド通信

 インド料理で一番好きなのは、カレーでもカバブでもなく、タンドーリかもしれない。で、上の写真は昨日食べたタンドーリ・チキン。タンドーリとは、ヨーグルトや香辛料などに漬け込んだ食材を窯で焼いた料理で、大抵は炎のようなオレンジ色をしています。

 昨日、ホテルの部屋にルーム・サービスで注文したのですが、「20分で出来ます」と言われて、きっかり20分で運ばれてきました。ということは、タンドーリの段取りは予定通り。味も期待通り。ご馳走様。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2010年02月02日(火)

Indian Idol

テーマ:インド通信
 火曜日は、ワシントンにいたら娘たちとアメリカン・アイドルを見る日。最近知ったのですが、アイドルを発掘する似たような公開オーディション番組は世界中でやっていて、ここインドにもありました。その名もIndian Idolです。今まで四回やっていて、5回目の今年も数ヵ月後にスタートするんだとか。で、去年の四回目に初めて女性が優勝してインディアン・アイドルになったらしい。そのSourabhee Debbarmaさんが、コチラ(↓)。なかなかの美声です。Enjoy!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年02月01日(月)

Follow Me~Twitterを始めました。

テーマ:インド通信

 インドに来る飛行機の中でTwitter for Dummies を読み終えたので(とても分かり易いガイド本でした)、予定通りTwitter を始めてみました。まだよく勝手が分かりませんが、できれば日本語と英語の両方を使い分けて、世界中からつぶやいてみようかと思っています。課題は、このブログとどう棲み分けるのかという点かもしれませんが。

 ちょっと残念だったのは、Twitterで「Keicho」というアカウント名が既に使われていたこと。あれこれと迷った挙げ句、仕方がないので「TKeicho」というアカウントにしました。ということで、Twitterでフォローしてくれる方を大々的に募集します(下のアイコンをクリックしてください)。今週中にフォローしていただいた方には、慶長が必ずフォロー・バックしますので。
よろしくお願いします。

Twitter Button from twitbuttons.com Twitter Button from twitbuttons.com Twitter Button from twitbuttons.com
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010年01月31日(日)

ガンジー殉教の日

テーマ:インド通信
 今朝早く、インドのニューデリーに到着しました。驚いたのはセキュリティの厳しさ。ホテルに入る際、荷物をスクリーニングされ、僕自身も金属探知機を通過させられました。まるで空港のセキュリティと同様です。内戦中のコロンボもそうでした。なんでも、インドの諜報機関が「1月26日のRepublic Dayの直後にテロがある」という情報を掴んだのだとか。まだ記憶に新しい「ムンバイの悲劇」もあったので、警戒が強まっているらしいのです。何事もありませんように。

 さて、こちらのニュースで知りましたが、昨日1月30日は63年前にガンジーが暗殺された日で、「Martyrdom Day(殉教の日)」と呼ばれているんだそうです。今日のインドの新聞には、それに関わる記事や広告がいくつも載っていました。そんなインドの新聞記事から拾ったガンジーの名言を、いくつか下に載せておきます。いつものように、和訳の責任は慶長にあります。

Recall the face of the poorest and the weakest man, and ask yourself, if the step you contemplate is going to be of any use to him. (最も貧しく最も弱い男の顔を思い浮かべよ。そして自分に問うのだ。あなたが踏み出そうとするその一歩が、果たして彼の役に立つかどうかということを。)

The industry should regard themselves as trustees and servants of the poor. (産業は、自らを貧困層の信託者かつ奉仕者と見なすべきなのだ。)

If I have the belief that I can do it, I shall surely acquire the capacity to do it even if I may not have it at the beginning. (もし自分にできるという信念があるなら、たとえ最初は能力がないとしても、いつかきっとやり遂げる能力を身につけることができるだろう。)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年07月07日(火)

象とガンジー

テーマ:インド通信

  インドのトリヴァンドラム界隈で見つけた、インドを象徴するような二つの彫像(↑)。一緒にいたインド人が、座っているガンジーの像は結構珍しいと言っていました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年07月05日(日)

キングフィッシャーで飛んだ

テーマ:インド通信
 インド亜大陸の最南端に近い、ケララ州の州都トリヴァンドラム(Trivandrum)に来ています(トリヴァンドラムには、ティルヴァナンタプラムという長い別名があるそうですが、これも最近のインド都市名の変更 のひとつだろうか?)。昨日、バンガロールからトリヴァンドラムまでは、初めてのキングフィッシャー航空 で飛んで来ました。でも、一時間ちょっとの近距離便だったためか、機体も小さなプロペラ機で、評判のサービスも何ら特長がつかめませんでした(やはり国際線に乗ってみないと、良さは分からないのでしょう)。


 さて、このキングフィッシャー航空に初めて乗ってみて僕が最も興味を惹かれたのは、スチュワーデスさんたちの真っ赤なミニスカートの制服でも、インドのボリウッド・スターが溢れるファッション雑誌のような機内誌でもありません。それは、この航空会社に割り振られている二文字のコード でした。なんと、キングフィッシャー航空のコードは、ITだったのです。僕が乗った飛行機の便名は、IT4206でした。ご存知のようにキングフィッシャー航空は、インドのシリコン・バレーと呼ばれ、IT関連企業の集積が進むバンガロールを拠点にしています。だからきっと、航空会社のコードも意図的にITにしたんでしょうね。誰が決めたのか知りませんが、なかなか遊び心に富んだお偉いさんが、この航空会社にはいるようです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年07月03日(金)

青い翼のキングフィッシャー

テーマ:インド通信

 宿泊しているバンガロールのホテルの中庭に、Kingfisher(↑)が来ていました(日本語ではカワセミなんですね)。翼が青くて、とても美しい鳥です。実はスリランカでも何度も見かけましたが、いつも撮影に失敗していたのです。今回も、青い翼がもっとよく写るようにと、横に回りこんで撮ろうとしたら、飛んで行ってしまいました。小型のデジカメではこのあたりが限界でしょうか。

 このキングフィッシャーという鳥は、インドで一番美味しいビール のブランドにもなっていますし、そのビール会社が運営しているキングフィッシャー航空のシンボルにもなっています。そして、その会社はここバンガロールを拠点としているのです。そういう意味では、バンガロールはキングフィッシャーを見るのに最も相応しい場所だったのかもしれません。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2009年07月02日(木)

辛くないインド・カレー

テーマ:インド通信

 バンガロールの街にくりだして、昨夜のディナーはインド・カレー(↑)。左から、じゃが芋のカレー、魚のカレー、そして鶏肉のカレーです(奥はガーリック・ナン)。赤っぽい色からも分かるようにトマトが沢山入っていて、辛すぎず、とても食べやすかった。一般にインド・カレーは、スリランカのカレーに比べたら辛くないですね。まあ、カレーの種類や地方によっても違うんでしょうが。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。