Washington Time








2005年07月17日(日)

武器の応酬より言葉の応酬

テーマ:ワシントン通信
 ワシントンDCのお隣、バージニア州アーリントン郡の教育委員長になったばかりのデービッド・フォスターさん は、就任にあたって、外国語教育の充実に取り組むことを表明しました。彼がカリキュラムに加えたいと思っている外国語は、アラビア語中国語だそうです。それは今後の国際社会において、アメリカとアラブ地域、アメリカと中国といった関係が一層大事になるという彼なりの予測からです。フォスター氏は、「言葉の応酬でコミュニケーションを交わせる国々の間では、武器の応酬はまず起こらないだろう」とも言っています。セキュリティの観点からも、アラビア語、中国語は大事だということでしょう(中国語は経済の観点もかなり入っているはず)。

 うちの娘たちはアーリントンの公立学校に通っているので、このような考えを持つフォスター氏の教育委員長就任を歓迎したいと思います。アメリカの外国語教育と言えば、やっぱり一番ポピュラーなのはスペイン語です。実は娘たちが通う小学校でも、9月からスペイン語の課外授業が始まります。うちの長女も申し込んだのですが、希望者が多く、抽選の結果ハズレでした。まあうちの子達には、スペイン語や他の言語の前に日本語をマスターして欲しいんですが、なかなか難しいですね。

 それにしても、アジアの言語となると、これからはやはり中国語の重要性が高まるのでしょうね。日本の経済成長が著しかった時代は、アメリカでも日本語ブームだったと聞いたことがありますけど、あれは遠い昔のことのようです。中国語ができない僕が言うのもなんですが、何かと軋轢の多いお隣の中国ときちんと「言葉の応酬」ができるように、日本でももっと中国語教育に力を入れる時ではないでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Keichoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■慶長さんへ

マレーシアは多民族社会なので世界に対する関心が高いということもいえるのですが、思っていたよりも閉じた社会だなという印象も受けます。これについてはまたどこかで書きます。

5 ■koro@Malaysiaさんへ

マレーシアから有難うございます。これだけ移民が多いんですから、少なくとも、小さい頃から外国語に触れているアメリカ人は多いはずですよね。それなのに、世界を知らないアメリカ人が多すぎるのはどういうことかと、本当に疑問です。マレーシアはどうですか?

4 ■久しぶりに

コメントします。「アメリカ人は他の言語をしゃべらない」とかよく言われますが、実際にはけっこう学校では習っているんじゃないかなーというのが僕の印象です。もちろん言語を習うことと国際的な感覚を身につけることは別ですけど。

3 ■言語習得は相互理解の第一歩かも

ということで、皆さんコメント有難うございました。森下福史さん、初めまして。「模範」だなんて、そんな大それたことは何もないです。国際公務員関係については、このブログより本家のホームページ(http://www.keicho.com/)の方に多く掲載されていますので、そちらを参照ください。今後ともよろしくです。

koaraさん、リンク有難うございました。中国に友人がいるなんて素晴らしいですね。コミュニケーションを大事にして、将来の日中関係改善に寄与してくださいね。期待しています。

michiyoさん、世界にひとつの言葉だけだったらつまんないような気がします。話が通じない者同士が通じたときの喜びが減るし。ドイツでも中国パワーが凄いんですね。僕も中国語、やろうかな。

2 ■無題

もし世界に一つの言葉しかなかったらこんなにいさかいは無かったでしょうね。たまのバイトで見本市に商談に行くと中国パワーが凄くて、中国語の必要性を感じます。前にもコメントしましたが、ドイツはまだ考えが古くて娘は6年生でラテン語を必須教科として取らされています。ロマン語系、ゲルマン語系などすべての原語はラテン語に通じるっていうんで英語の授業より早くこの教科を始める学校も多いです。しかしドイツ人、アカデミックな人でも英語がダメって人かなり多いです。

1 ■とてもいい言葉です。

koaraと言います。
リンクの件ではお世話になりました。
さっそく貼らせていただきました。
「武器の応酬より言葉の応酬」とてもいいです。私も、中国の友人とコミュニケーションを図るには、まず言葉からだと思い、中国語を少し勉強していますが、なかなかはかどっていませんけど、マイペースで友好関係を築いていきたいです。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。