軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。

ご訪問ありがとうございます!

 軽キャンパー(軽自動車のキャンピングカー)“ドリームミニ”の製作販売をしている栃木県のお店、“軽キャンパードットコム”のブログへようこそ♪

 毎日の営業に関する話題をはじめ、全国のキャンピングカーイベント、オートキャンプ場、そしてお勧めのアウトドアグッズの情報に至るまで、バラエティーに富んだ内容の記事を発信中です!質問やツッコミ、また耳寄りな情報などありましたら、お気軽にコメントを残していってください。

軽キャンパードットコムのロゴ このブログを管理しているお店“軽キャンパードットコム”。軽キャンパー“ドリームミニ”を作って売ってます!
ランドマークアメリカのロゴ 大きいキャンピングカーを中心に販売する中古車販売店“ランドマークアメリカ”“軽キャンパードットコム”の姉妹店です。
アメーバブログで最新情報も発信中!

軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-読者登録

NEW !
テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



自動車業界に特化した事業展開をしている株式会社カーノルが、

ハイエース専門のカスタム情報サイト「FunCars (ファンカーズ)」を立ち上げました。




★ハイエース専門★
★カスタム情報サイト★
★FunCars (ファンカーズ)★



ファンカーズ カスタム
※カスタムショップの情報や、

ファンカーズ イベント
※イベント情報、

ファンカーズ 投稿
※投稿写真コーナーなどコンテンツは盛りだくさん♪

 自動車業界に特化したインターネットビジネスの企画・開発・運営、マーケティング、プロモーション、コンテンツの企画・制作を行っている株式会社カーノルが、ハイエース専門のカスタム情報サイト「FunCars (ファンカーズ)」を立ち上げました。

 全国で30社以上あると言われるハイエースを主な取扱車種とするカスタムビルダーが、その技術の粋を集め製作しているカスタムハイエース。現在流通しているカスタムパーツだけでも6,500点を超えるそうなので、すでに一大産業に成長しているといっても過言ではありません。

 また、利用方法も多岐にわたり、キャンプや車中泊、移動式オフィス、アウトドア・モータースポーツなどなど…。それぞれのカテゴリーで毎日更新される情報を的確に収集するのは、非常に困難な状況です。

 そこで生まれたのがこの「FunCars (ファンカーズ)」。全国のカスタムショップや関連イベント、新パーツリリースなどの情報提供や、会員同士のカスタム写真共有コーナーを通し、カスタムハイエースを主語としたオンラインコミュニティスペースを形成します。

 今後は会員の増加やSNSとの連携によりさらに広がりを見せるコンテンツだと思われます。カスタムハイエースファンは、アクセス必須ですよ。

ファンカーズ ロゴ





↓ドリームミニ最新情報はコチラ!当店HP
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



「ドリームミニ」のベース車のほとんどは、

「スズキ エブリイ」です。

2015年の2月に、

いわゆるDA64系(型式:EBD-DA64V)からDA17系(型式:HBD-DA17V)にフルモデルチェンジされましたが、

それからしばらくたった同年12月に、

GA・PA・PC・JOIN・JOINターボの5つのグレードの内生産台数の多いPAとPCに、

特別仕様車として「リミテッド」が設定されました。

この2つのグレードも当然ながら「ドリームミニ」のベースとして選択してもらえますので、

本日は「PAリミテッド」1台にしぼって、

あらためてそのスペックや価格設定を紹介させてもらいたいと思います。




★特別仕様車★
★PAリミテッド★


スズキ エブリイ 特別仕様車 PA リミテッド
※いくつかの快適装備に加え、シフトを3つの種類から選べるようになっています。

 快適・安心装備として、電波式キーレスエントリー(ハザードランプアンサーバック付)と、スモークガラス(リアドア、クォーター、バックドア)、全面UVカット機能付ガラス、セキュリティアラームシステムが付いています。

 もちろん、これらの装備は車の使い勝手と快適性を格段に良くしてくれますが、特別仕様の中で一番の大きなポイントは、何といってもシフトが5MT・5AGS・4ATの3種類から選べるようになっていることです。「オートマ限定免許でも運転できるマニュアル車」と鳴り物入りで登場した5AGSですが、その変則タイミングに違和感を覚えるドライバーも少なくなく、まれに不満の声をお聞きすることもありました。まずは、2速発進モードを設定して対処しましたが、やはりそれ以上を求める声があがり続けたのでしょう、その後JOINターボにしか設定の無かった4ATを採用するに至りました。

 前期型DA64系のPAは3ATでしたので、4ATの採用は明らかなグレードアップです。燃費性能は下がるでしょうが、そのパワーとスピードに期待が持てる仕様となっています。5AGSと4ATとの価格差は16,200円しかないので、4ATを選びたいドライバーは多いのではないでしょうか。

PAリミテッド価格表

駆動式・
ミッション
エコカー
減税
本体価格
2WD・5MT減税945,000円
2WD・5AGS免税1,053,000円
2WD・4AT減税1,069,200円
パートタイム
4WD・5MT
-1,074,600円
パートタイム
4WD・5AGS
減税1,182,600円
パートタイム
4WD・4AT
減税1,198,800円

PA価格表

駆動式・
ミッション
エコカー
減税
本体価格
2WD・5MT減税923,400円
2WD・5AGS免税1,031,400円
パートタイム
4WD・5MT
-1,053,00円
パートタイム
4WD・5AGS
減税1,161,000円



スズキ エブリイ PAリミテッド・PCリミテッド 専用サイト





↓ドリームミニの詳細はコチラ!当店HP
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



DOPPELGANGER OUTDOOR (ドッペルギャンガー アウトドア)より、

オールインワン薪ストーブセット「はじめてのまきちゃん」が発売になりました。




★DOPPELGANGER OUTDOOR★
(ドッペルギャンガー
アウトドア)
★はじめてのまきちゃん★


はじめてのまきちゃん1
※冬キャンプを応援する♪あなたのはじめての薪ストーブ。

はじめてのまきちゃん2
※温まるだけでなく、本格的な直火料理もできます。

はじめてのまきちゃん3
※すべてそろったオールインワン薪ストーブセット。

はじめてのまきちゃん4
※主な特徴。

はじめてのまきちゃん5
※製品サイズ。

はじめてのまきちゃん6
※専用キャリーバッグにすべて収まるので、持ち運びも楽々♪

参考価格(税込み)32,400円
サイズ(mm)
【最大全体サイズ(煙突8本使用時)】
(約)W260×D422×H2,910
【ストーブ本体】
(約)W260×D422×H235(天板厚さ:3mm)
【煙突(1本あたり)】
(約)直径57×長さ377(最大煙突長:(約)2,600mm)
【収納サイズ】
(約)W280×D490×H350
重量約12.5kg(付属品含む)
材質
【本体】
スチール
【煙突、グリル用網、火かき棒】
ステンレススチール
付属品
  • キャリーバッグ
  • グリル用網
  • 耐熱窓(ガラス)
  • 火かき棒
  • 煙突固定リング
  • 煙突(377mm×8本継ぎ)
  • 取扱説明書

 長さが調節できる煙突や火かき棒、交換用の網や収納用キャリーバッグに至るまで必要なものがすべてそろったオールインワン薪ストーブセット「はじめてのまきちゃん

 名前の通り初心者にこそ使ってもらいたいお手軽薪ストーブですが、そのスペックは本格派です。奥行きが一般的な薪の長さとほぼ同じ42cmなので、切らずにそのまま入れられてとても便利ですし、煙突は最大8本を継ぎ合わせることで260cmまで伸ばすことが可能なので、室内室外問わず使用場所の幅を広げることができます。しかも、バーベキューなど本格的な直火料理にも対応♪これ一台あれば冬の夜長を乗り切れますね。

 また、ストーブ本体の耐熱塗装は錆止めの効果がありますし、それ以外のパーツはステンレススチールでできているので、全体的に劣化しづらくお手入れも簡単です。

 そして、すべてが幅280mm×奥行き490mm×高さ350mmの専用キャリーバッグに収まるので、持ち運びにも便利です。ただし、付属品も含んだ重量約12.5kgは、女性にはちょっと重いかも…。基本的に男性が持ってあげてください。


※はじめてのまきちゃん(薪ストーブ) MS1-486 設営動画



※はじめてのまきちゃん(薪ストーブ) MS1-486 薪の焚付方法



はじめてのまきちゃん(薪ストーブ) MS1-486 撤収動画


↓こちらで手に入ります。(32,400円 → 27,600円、2017/02/21現在)





↓ドリームミニ最新情報はコチラ!当店HP
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



「ドリームミニ」のベース車のほとんどは、

「スズキ エブリイ」です。

2015年の2月に、

いわゆるDA64系(型式:EBD-DA64V)からDA17系(型式:HBD-DA17V)にフルモデルチェンジされてから久しいですが、

現行型のDA17系には、

標準装備あるいは大半のグレードに標準装備されている5種類の安全装置(1)と、

ジョインターボの4速オートマ車とジョインの5AGS車にセットでメーカーオプション設定できる4種類の安全装置(2)が存在します。



標準装備されている5種類の安全装置(1)は、

有無も言わさず最初から装備されていますし、

前期型DA64系から継承されている周知(?)のものばかりなので、

名前だけをあげておきます。



全グレード標準装備

  1. 64km/hオフセット前面衝突に対応した軽量衝撃吸収ボディー「テクト」
  2. SRSエアバッグを運転席・助手席に標準装備
  3. 身体をしっかり拘束するシートベルト
  4. 歩行者傷害軽減ボディー

JOINターボ、JOIN、PC・PA・GAの5AGS車に標準装備

  1. EBD「Electronic Brake force Distribution」付4輪ABS「Anti-Lock Brake System」(JOINターボ、JOIN、PC・PA・GAの5AGS車に標準装備。)


続いて4種類の安全装置(2)に関しては、

後付け対応がないので43,200円(税込み)の費用を追加して新車オーダー時に装備依頼を出す必要があります。

また、

2015年の2月時点では軽ワンボックス初採用の装置ばかりで馴染みがありませんので、

おさらいの意味も込めて少々説明させていただきます。




1.衝突被害軽減ブレーキ
「レーダーブレーキサポート」


衝突被害軽減ブレーキ[レーダーブレーキサポート]
※追突事故の危険を察知して、衝突を回避、または被害を軽減。

 走行中よそ見や居眠りなどで前方の車に追突しそうになった時に作動し、被害を回避あるいは軽減してくれる装置です。

 ただし、作動条件は、約5km/h~約30km/hで走行中に前方車両をレーザーレーダーが検知している場合に限ります。そして、前方車両との速度差が約15km/h以下の時は衝突を回避できる場合があり、約30km/h以下の時は衝突の被害を少なくするとなっているので、渋滞などでの低走行時を想定した装置なのが分かります。

 注意点は、作動時のほとんどが意識外の急停止でびっくりするので、その後のクリープ現象の前進を止めるために忘れずにブレーキを踏みなおすことと、ワイパーブレードの劣化によりフロントガラスが著しく汚れている、あるいは豪雨・豪雪などの時は作動しない場合があることです。実際作動しなかったとの体験報告を見たり聞いたりしたことがありますが、その時の走行速度(30km/h以下で走っていて追突しそうになる状況ってあまりないですよね)や天候、フロントガラスの状態がわかりませんし、30km/h走行時に作動したけど衝突の衝撃と重なってよくわからなかったなど不確定要素が多いので、性能や効果のほどはいかんとも言い難いです。




2.誤発進抑制機能


誤発進抑制機能
※ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避に貢献。

 「ブレーキとアクセルを間違えて急発進、コンビニのガラスを突き破ってしまった」など、年配のドライバーによくみられる誤発進を防止するための装置です。

 作動条件は、車両が停車または約10km/h以下での徐行中、前方約4m以内の障害物をレーザーレーダーが検知している状況において、4速オートマ車ではシフトを「前進(D、2、L)」に、5AGS車では「前進(D、M)」に入れ、かつアクセルを強く踏み込んだ場合です。

 そして、作動内容としては、エンジン出力を最大5秒間抑制することで発進・加速をゆるやかにすると同時に、メーター内表示灯の点滅とブザー音でドライバーに危険を知らせるというもの。

 言うまでもなく前向き駐車の時にしか役に立たない装置ですし、大体の場合駐車位置の4m先には壁だったり別の車だったりがあるので、どの程度強く踏み込んだら作動するのかが気にかかります。その判断があまりに厳しい(踏み込みが浅くても作動する)と、毎回の駐車がおっくうになってしまいそうなので。




3.エマージェンシーストップシグナル


エマージェンシーストップシグナル
※光の合図で後続車に急ブレーキを知らせる。

 走行中の急ブレーキに反応し、ハザードランプが自動で高速点滅することで、後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促します。

 作動条件は、急ブレーキを検知した際の車速が約55km/h以上の場合です。

 これは、急ブレーキをかけた車の後続車のドライバーになってみないと効果のほどがわからない装置ですね。急ブレーキをかけた際通常のブレーキランプは点灯しますし、車体自体もビタッと止まるので、それだけで後続車も瞬間的にブレーキを踏むと考えられますが、それよりも早い反応を促されるようであれば、有益ということになると思うので。この高速点滅が急ブレーキ時のサインだというのが全ドライバーの共通認識になれば、俄然なくてはならない装置に格上げされるはずですが。




4.ESP(R)
「車両走行安定補助システム」


ESP(R)[車両走行安定補助システム]
※光の合図で後続車に急ブレーキを知らせる。

 「ESP」は「Electronic Stability Program」の略称で、AGの登録商標です。

 機能としては、コーナーなどで前輪が滑ってしまった時、あるいは後輪が滑ってしまった時などに、横滑りを抑えるスタビリティコントロール、発進・加速時に駆動輪の空転を抑えるトラクションコントロール、急ブレーキ時にタイヤのロックを抑えるABSを総合的に制御することで、カーブからの飛び出しやスピンを防ぐというものです。

 エンジントルク低減の度合いやブレーキをかける車輪とその強さは走行状況により変化するので、タイヤと路面間のグリップの限界を超えて横滑りやスリップを起こした場合にはその効果は期待できないとありますが、車両の走行安定性を失いパニックに陥りそうになった時に、少しでも助けになってくれるというならかなりありがたい装置です。その瞬間自分では冷静に判断しているつもりでも、逆方向にハンドルを切ったりしますので。(自分でも経験済みです)



以上です。



正直言って安全装置(2)の4種類すべてが、(安全装置(1)についても同様ですが)

危機的状況に陥らなければ効果のほどを確認できないものばかりです。

ですから装備させるかどうかはドランバーの判断で、

どちらがお勧めと言いきることはできません。

ただし、

後付けは不可能で、

新車注文時に装備の意向を示さないといけないということだけは覚えておいてください。

スズキ エブリイ 安全装置 専用サイト





↓ドリームミニの詳細はコチラ!当店HP
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



西日本最大級のイベント「大阪キャンピングカーショー」が、

3月25日(土)~26日(日)の2日間にわたり、

インデックス大阪にて開催されます!




★大阪キャンピングカーショー2017★



日程2017年3月25日(土)~26日(日)
時間10:00~17:00
会場インデックス大阪 1・2号館
〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102
入場料(当日券)
  • 一般(中学生以上):1,000円
  • 小人(小学生):600円
  • 未就学児:無料
  • くるま旅クラブ会員は、入場引き換え券の提出で本人含む合計2名まで無料(会期中一回のみ)
    入場料(前売券)
    • 一般(中学生以上):700円
    • 子供(小学生):400円
       
       来る2017年3月25日(土)と26日(日)の2日間にわたり、大阪市のインデックス大阪1・2号館にて、「大阪キャンピングカーショー2017」が開催されることが決定しました。

       キャブコン、バンコン、軽キャンパー、トラベルトレーラーにトラキャンなどなど…。先日開催された「ジャパンキャンピングカーショー2017」初出しの新モデルをはじめとした総数150台にものぼるキャンピングカーが、会場内所狭しと並べられます。この機会に、気になるあの車を、見て、触れて、体験しちゃいましょう♪

       商談会も兼ねているので、当然その場での成約もOK。また、それだけでなく細かい購入プランの相談にものってもらえるので、本気でキャンピングカーオーナーになりたいビギナーの皆さん、もしくは買い替えを考えているベテランの皆さん双方にとって、見逃せないビッグイベントとなっています。

       もちろん、車両展示販売だけでなく、キャンピングカー関連グッズやパーツの展示即売、アウトドア関連情報発信ブースなども設置されるので、最新情報の収集にももってこいです。一日かけて練り歩きましょう。

       その他にも、ひとりキャンプ芸人ヒロシのトークショー(3月26日≪日≫のみ)や、K&Dによるマウンテンバイク パフォーマンスショー(3月25日≪土≫のみ)、しげきひろしのけん玉パフォーマンスショー(3月25日≪土≫のみ)、フリースタイラーNARIによるアスリートパフォーマンスショー(3月26日≪日≫のみ)など見ごたえたっぷりのステージイベントもたくさん開催されます。また、キッチンカーも登場するようなので、お腹が空いても無問題♪家族そろって一日中楽しめるイベントになりそうです。

      ★★ステージイベント★★

      • ひとりキャンプ芸人ヒロシトークショー「一人でキャンプも楽しいとです」(3月26日≪日≫13:00~)
      • K&Dマウンテンバイク パフォーマンスショー(3月25日≪土≫11:30~/14:30~)
      • しげきひろしのけん玉パフォーマンスショー(3月25日≪土≫10:30~/13:30~)
      • ペペペペン議員「ショーンくんが遊びに来るよ!」(3月26日≪日≫12:30~)
      • フリースタイラーNARI アスリートパフォーマンスショー(3月26日≪日≫10:30~/14:30~)
      • 彩羽森(さいばしん)のRVパークセミナー(3月25日≪土≫12:30~/3月26日≪日≫11:30~)
      • キャンピングカーショー〇×クイズ(3月25日≪土≫15:30~/3月26日≪日≫15:30~)
      • 会場内で木登り体験!ツリーイング(有料≪対象:小学3~6年生≫)


       入場料は、当日大人(中学生以上)が1,000円で、小人(小学生)が600円ですが、それぞれ700円、400円になるお得な前売り券も発売中ですので、行く予定の方は必ず手に入れておきましょう。

      ★★前売り券販売店★★





      ★★車両出展予定社★★

      • 有限会社アールブイ・ビックフット
      • ADDSET Mobil Coach Design
      • エートゥゼット
      • オーエムシー
      • オートショップアズマ AZ-MAX
      • オートワン
      • 大森自動車 CCFオオモリ
      • オグショー愛知
      • かーいんてりあ高橋
      • カーショップスリーセブン
      • カスタムセレクト
      • カトーモーター
      • Camper Assist by ロータスRVセールス㈱
      • キャンピングカープラザ
      • アネックス
      • セキソーボディ
      • トイファクトリー
      • トーザイアテオ
      • フロットモビール
      • ミスティックプランニング
      • キャンピングカーランド/ファンルーチェ
      • キャンピングカー広島
      • レクビィ
      • インディアナRV
      • Craft Box
      • ケイワークス
      • ZIFER JAPAN
      • 株式会社スマイルファクトリー
      • 株式会社ダイレクトカーズ
      • TACOS
      • ㈲ティピーアウトドアデザイン
      • 株式会社東和モータース販売
      • トーザイアテオ株式会社
      • 株式会社トヨタテックス大阪
      • ドリーム・エーティー有限会社
      • 株式会社ナッツ
      • 西尾張三菱自動車販売株式会社
      • 日産ピーズフィールドクラフト
      • HYMER プレミアムショップ 岡モータース
      • VanRevo バンテックニイガタ
      • ビークル
      • フジカーズジャパン
      • ホワイトハウス
      • マックレー
      • マリナ’RV
      • ユーアイビークル
      • リンエイプロダクト

      ★★用品出展予定社★★

      • ㈲カーセールス・ワタナベ
      • キャプテンスタッグアウトレット
      • キャンピングカーパーツセンター
      • 車中泊専門店オンリースタイル
      • ロータス


      ↓オフィシャルサイト
      大阪キャンピングカーショー2017ロゴ



      最後に、

      1日がかりでしっかり会場内を隅から隅までチェックするために、

      持って行くととっても便利なグッズをご紹介します。

      月刊オートキャンパーさんの記事からの抜粋です。

      1. 肩にかけられるバッグ(両手が使え、大量のパンフレットを入れられる物)
      2. メジャー(しっかり数字で把握しましょう)
      3. メモ(頭じゃ覚えきれない数の車です)
      4. デジカメ(後で分かるようにそれぞれの車名を先に写しましょう)
      5. 脱ぎやすい靴(車内見学OKの車はできるだけチェックしましょう)





      ↓ドリームミニ最新情報はコチラ!当店HP
      $軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ


      いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)