2008-01-11 22:24:21

徐々に3歳クラシックの香りがしてきました!

テーマ:ブログ

 今週開催の京都でGⅢ「シンザン記念」が開催されます。そして、その後、中山GⅢ「京成杯」、そしてOPの「紅海S」「若駒S」と春3歳クラシックに繋がるレースがあります。いよいよ、3歳クラシック戦線に各陣営が始動していく感じですね。ここでは、まだ現時点での有力馬が出走してくることは、殆どないでしょう。

しかし、昨年の「シンザン記念」には、牡馬牝馬の有力馬2頭が激突したレースでした。「ダイワスカーレット」「アドマイヤオーラ」です。もちろん、結果はこの2頭でワンツーフィニッシュ。

 ひと昔前は、「シンザン記念」京成杯」の勝ち馬や、ここに出走してくる馬は、本番(桜花賞、皐月賞、オークス、日本ダービー)には縁の薄い、いわゆる殆んどGⅠ馬にはなれないイメージがありました。もうふた昔以上になれば、「京成杯」には、名牝「テスコガビ-」や快速「アローエクスプレス」が勝ったレースではあるが・・・しかし、近年10年の「シンザン記念」の結果を見てみると、12年の勝ち馬「ダイタクリーヴァ」が皐月賞を僅差の2着、そして、14年の勝ち馬には、「ダービー馬はダービー馬から」の格言と見事果たした「ウォッカ」の父「タニノギムレット」がいる。18年の3着馬にクラシックではないが、GⅠ「NHKマイルC」を制した「ロジック」、そして昨年の2着馬に、昨年の「桜花賞」「秋華賞」「エリザベス女王杯」とGⅠ3勝と「有馬記念」2着と連対率パーフェクトの「ダイワスカーレット」昨年の優勝馬の「アドマイヤオーラ」だって、皐月賞トライアルの格高きGⅡ、または3歳牡馬クラシックの登竜門とも言われる「弥生賞」に勝ち、本番の「皐月賞」では堂々1番人気(結果4着)、ダービーだって3着と十分主役を張ってきた。こういった背景から、「シンザン記念」のとらえ方もだいぶ変わってきたような感じですね。以前より「シンザン記念」から漂うクラシックの香りが濃くなってきた。ちなみに、昨年の「京成杯」勝ち馬の「サンツェッペリン」は、皐月賞を僅差の2着だったのだから、「シンザン記念」「京成杯」は単なる馬券的中だけでなく、本番に向けての予測にも軽視できないレースとなってきたと認識すべきなんでしょうね!

 明日の競馬は、重賞もなく、根っから競馬が好きでないと競馬場やウィンズ等にはあまり足を運ばない、あまり混雑していない、雰囲気も比較的落ち着いた(レースの最終コーナーからはガヤガヤしますがね・・・)玄人好みの開催パターンではないでしょうか!?

さて、明日の開催レースの中で、中山10R特別レースハンデ戦「東雲賞」には、1頭、馬券的妙味もそうなんですが、血統的に日本では今では貴重な産駒が出走しますね。「クラウニングワーク」という名のサラブレットですが、父は「神の馬」とも言われた「ラムタラ」。注目したい馬ですね。

「ラムタラ」は現役時代、皆さんもご存知の通り、奇跡的戦績をおさめた。欧州3冠馬(エプソムダービー・キングジョージ・凱旋門賞)をわずか4戦で達成して、4戦4勝で引退。その後、日本に種牡馬としてシンジケート44億円で組まれ、第2の馬生を大きな期待を背負って上陸してきた。その時、日本では種牡馬として「サンデーサイレンス」の長きにわたる時代の真っ最中であり、「ラムタラ」は、その牙城を崩すのではないかと思っていた。が、しかし・・・はっきり言って全くと言っていいほど、産駒はダメだった。多分、時代が悪かったと思う。この時代、日本では繁殖牝馬が「ノーザンダンサー系」が非常に多かったため、同じ系統の「ラムタラ」との交配では、血が濃くなってしまう恐れがあったから、良い繁殖牝馬に恵まれなかった感がある。サンデーサイレンスは、ノーザンダンサー系とはかぶらないため、結構選び放題だったと思う。ラムタラの父「ニジンスキー」、そして祖父「ノーザンダンサー」が競争馬として種馬でも大成功をおさめたのに、ラムタラが大成功をおさめないはずがない!ラムタラの日本での最後は、非常に寂しいものだった。廃用寸前の状態で英国に売却された。売却額は購入時の1/100以下の約2,750万であった。日本での種牡馬としての批評は様々であるが、「スピード能力の不足」が大きくあげられることに、非常に違和感を感じる。偉大なサラブレットを欧州で種牡馬として大成功をおさめたかもしれないのに、競馬界ではまだ超一流ではない日本に連れてきた結論は、個人的には非常に寂しい限りである。個人的に「ニジンスキー」系統は好きであり、ニジンスキーの子で、日本で活躍した「マルゼンスキー」は、「超特急」や「スーパーカー」とまで言われた快速馬であったことを考えると、スピード能力の不足による批評では納得できないです。「マルゼンスキー」の現役時代をよく見て下さい。その子供達が日本での活躍ぶりをよく見て下さい。私の持論を少しは理解していただけることを祈りながら、本日はこれにて筆を置きます。では、また明日。


最近、ブログ村に参加です。ぜひ、清き一票を!

にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ   にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

そして、人気ブログランキングも。プチッと!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サラブレット紀行~馬券勝負からロマン・ドラマまでを満喫しよう~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。