京都についてはオッズどころか開催も危ないので参考程度で。
(なお開催したとしてもおそらく馬場が論外)

 

中山11R 京成杯GIII(3歳オープン) 芝右2000m 15頭
騎手人気によるものも多く思いのほか各馬の差は少ない。
前走年末GIIで2着の2.が今度こそ重賞勝利を獲れるか気になるところ。

 

(気になる1頭)
12.アサギリジョー
タイムに限れば人気上位の8.に近い、不人気理由は乗り役が若手であることと後方追い込みまたは先行差しなので成否が極端であること。
軸には厳しい紐または複勝で。

 

(主力)
1.サーベラージュ
2.マイネルスフェーン
14.ベストリゾート

---
 

京都11R 日経新春杯GII(4歳上オープン) 芝右2400m 14頭
長距離戦なので実績で拾い出すとほぼ無難な馬券となる。
ただし天候と馬場が酷いので分厚く買わないこと。

 

(気になる1頭)
14.モンドインテロ
逆周りではあるが外端枠での実績も一応ある。
末脚頼みの馬なので直線での位置取りをエスコートできるかが肝だが乗り換え初戦なのでそこが未知数。
元の川田騎手騎乗なら上位人気だったが、その分人気薄なので穴としては面白い。

 

(主力)
4.シャケトラ
6.レッドエルディスト
8.ミッキーロケット
10.モンドインテロ
 

AD

1/14 JRA 愛知杯GIII展望

テーマ:

午前9時現在でまだ単勝オッズのみなので主力馬はざっくりで書いているので購入前にオッズ要確認。

 

中京11R 愛知杯GIII(4歳上オープン牝馬) 芝左2000m 15頭
牝馬GI敗退組VSオープン&生え抜き馬、距離長めなのでここは実績を重視したい。
主力としてはエリザベス女王杯5着の7.マーメイドSクビ差2着の14.あたりが順当。
11.は乗り換え初戦だが昨年の同レース0.3秒差4着なので展開しだいで十分チャンスはある。

 

(気になる1頭)
15.ダイワドレッサー
近走の好成績が左回りに集中しているので、中位でハイペースとならなければ3着に入る恐れあり。
紐または複勝で。

 

(主力)
7.プリメラアスール
11.マキシマムドパリ
14.ヒルノマテーラ
 

AD

中山11R フェアリーステークスGIII(3歳オープン牝馬) 芝右1600m 16頭
アルテミスS敗退1.2.6.11.13.15.に加えて阪神JF敗退4.5.9.とリベンジ組多数で、トライアルと言うより敗者復活戦。
乗り換え無しは1.2.3.6.9.12.15.で近走良好は500万下上位を取った1.3.のみ、ただしいずれも牝馬戦で着差僅差なので抜けてはいない。
生え抜きは3.7.8.10.12.14.16.で安定感は混合戦でも上位成績のある16.でダート1800だが着差抜けは8.
このようにデータを挙げるほど面倒で難しいレース。

 

(気になる1頭)
8.モリトシラユリ
堀井厩舎との関係はアポロシリーズを担当している騎手。
展開について柔軟と見るか不安定と見るか見方は分かれるが前走の着差を考えると力負けよりコース取りが肝となってくる。
紐または複勝で

 

(主力)
16.キャスパリーグ

 

---

 

京都11R シンザン記念GIII(3歳オープン) 芝右1600m 15頭
実戦数少なく判断の難しい馬が多い割りに人気と実績にズレは少ない無難な状況。
重賞参戦馬6.8.9.15.で目ぼしいのは8.のみ、朝日FS5着の8.は展開も安定しているので紐には残しておきたい。
人気上位5.7.は近走の成績は良いが乗り換え初戦または2戦目なので相性未知数。

 

(気になる1頭)
10.マイスタイル
先行馬なので逃げ残りに期待、ペースに耐えられるかだけが心配。

 

(主力)
5.ペルシアンナイト
7.アルアイン
8.トラスト

 

AD

中山11R 中山金杯GIII(4歳上オープン) 芝右2000m 13頭
生え抜き7.は着差少なくグレード勝てる足か微妙、10.は去年のリーディング騎手だが乗り換え初戦。
ブラフの可能性もあるので紐が妥当、軸は実績もある3.が無難。
西日本からあまり出てこない小牧騎手が6.と共に遠征に来ているのは気になるがオープンはともかくグレードなのでここは除外。

 

(気になる1頭)
8.マイネルフロスト
先頭からの逃げ残りは厳しいが3番手辺りに伏せることができればチャンスはある。

 

(主力)
1.シャイニープリンス
3.ツクバアズマオー
(7.ドレッドノータス
(10.ストロングタイタン

 

---

 

京都11R 京都金杯GIII(4歳上オープン) 芝右1600m 18頭
人気の筆頭は菊花賞3着の6.だがマイルは2歳戦以来。
実績踏まえると4.か18.だが、いずれも騎乗しているのは大分前なので甲乙つけがたいのでどちらを軸とするかはお好みで。

 

(気になる2頭)
2.ケントオー
休養明け2戦目で主戦騎手に戻ってきた。
様子見か本気かは未知数だが、位置取りは柔軟なので紐に入れておきたい。

 

12.ミッキージョイ
逃げ勝ちが多かった馬だが前走で違った展開も見せており伸び代は十分。

 

(主力)
4.ブラックムーン
6.エアスピネル
18.ガリバルディ
 

中山9R ホープフルステークスGII(2歳オープン) 芝右2000m 14頭
乗り換え無しは1.2.5.6.7.、対する乗換初戦3.4.8.10.11.12.13.14.
この先のダービー戦線を踏まえると買うより見るべき一戦。

 

(気になる1頭)
11.マイネルスフェーン
注目は同グループの14.だが中央初戦、こちらは未勝利だが複勝率100%。
展開はこのシリーズにしては融通が利くので3着残りに期待。

 

(主力)
2.レイデオロ
4.アドマイヤウイナー

 

---

 

中山10R 有馬記念GI(3歳上オープン) 芝右2500m 16頭
編成を見て「なぜそこにムスカテール!?」となった以外は良馬多数。
軸は1.鉄板だが紐難解。

 

(気になる1頭)
10.アドマイヤデウス
前々走1.相手にクビ差の逃げ、複勝または紐に。

 

(主力)
1.キタサンブラック
2.ゴールドアクター
6.サウンズオブアース
11.サトノダイヤモンド
14.シュヴァルグラン